2020年12月20日

第117回 高城山(蕪丸城址/八上城址)・法光寺山(法光寺城址)・井根山(般若寺城址)



先週、加西アルプスに行った際、途中で目に止まった八上(やかみ)城址。トイウコトハ…今日は、光秀シリーズです(笑) …と、その前にっ、丹波篠山市作成の…麒麟 ナラヌ(笑)“猪がくる”(https://youtu.be/BDQBdKldBfA)、どうぞ〜(爆笑) コレホンマ??

@蕪丸城(奥谷城)址

20201220-072849-z0_R.JPG
応仁の乱の軍功で 細川勝元より丹波国多紀郡を与えられ 小守護代となった波多野清秀。拠点としたのが、高城山 南西麓の尾根先に築いた蕪丸城(奥谷城)。

20201220-072957-z0_R.JPG
かつての大手口から

20201220-073057-z0_R.JPG
登っていきます。

20201220-073117-z0_R.JPG
屋敷跡に到着〜!

DSC_4122_R.jpg
蕪丸城(奥谷城)主郭への直登ルートです(汗) ドコデモ ノボレル ヨウ ニ ナッテ キマシタ(笑)

DSC_4124_R.JPG
曲輪〜。

20201220-073707-z0_R.JPG
ワクワクする〜。

DSC_4135_R.JPG
虎口〜。

20201220-073940-z0_R.JPG
蕪丸城(奥谷城) 主郭跡に、到着〜!

20201220-074124-z0_R.JPG
竪堀〜(輝)

DSC_4132_R.jpg
木の間から、高城山山頂(八上城址)〜。

DSC_4133_R.jpg
主郭北端の大堀切〜!スゴーイ

DSC_4136_R.jpg
主郭から見た 南側の腰曲輪〜。

20201220-075558-z0_R.JPG
北側の巻き道から下山します。

20201220-080137-z0_R.JPG
この道路の対岸からは、城郭を防御するための水濠跡が見つかっています(輝)

A八上城址

DSC_4141_R.JPG
波多野氏は、細川氏の内輪もめに乗じ、勢力を拡大。

20201220-081240-z0_R.JPG
高城山に、八上城を築き

20201220-081256-z0_R.JPG
先ほどの蕪丸城(奥谷城)は、支城として改修したのだそう。フムフム

20201220-081441-z0_R.jpg
春日神社口から

20201220-081638-z0_R.JPG
登っていきます。

DSC_4145_R.jpg
主膳屋敷跡に到着〜!

20201220-082016-z0_R.JPG
ひたすら…階段がつづきます(汗)

20201220-082224-z0_R.JPG
ここで、ちょっと復習〜(笑)(詳しくは、第86回をご覧ください)
坂本城を居城とした光秀に、信長が命じたのは…丹波平定。

20201220-082615-z0_R.JPG
八上城は、八木城(第86回)・黒井城とならぶ、丹波三大山城の1つ。ソウダッタ ソウダッタ

20201220-082712-z0_R.JPG
伝 鴻の巣に到着〜!

20201220-082756-z0_R.JPG
わぁ〜、時代劇に出てきそう〜。
第一次丹波攻略で、光秀は…ここ八上城の波多野秀治(ひではる)の裏切りにあい、ボコボコにされました。オボエテル〜

20201220-083051-z0_R.JPG
なので…第二次丹波攻略は、秀治をターゲットに、周到に準備を行います。

20201220-083241-z0_R.JPG
伝 下の茶屋丸に到着〜!

DSC_4150_R.jpg
めっちゃええ景色〜(輝)

20201220-083314-z0_R.JPG
京都府には、丹波富士が3つ(弥仙山・半国山(第77回)・牛松山(第80回))ありますが…ここ高城山(兵庫県)も丹波富士と呼ばれているのだそう。

20201220-083658-z0_R.JPG
1578(天正5)年10月、細川藤孝らと、第二次丹波攻略に動き出した光秀。

20201220-083739-z0_R.JPG
伝 中の壇〜!

20201220-084216-z0_R.JPG
伝 上の茶屋丸〜!

20201220-084823-z0_R.JPG
1578(天正6)年3月、黒井城(氷上郡)城主 赤井(荻野)直正が病死すると、光秀は八上城を攻囲。

20201220-085240-z0_R.JPG
向城(むかいじろ)となる般若寺城・勝山砦などを築きます。

20201220-085357-z0_R.JPG
右衛門丸跡に到着〜! 石垣 スゴッ

20201220-085457-z0_R.JPG
わぁ〜。

DSC_4161_R.jpg
勝山砦〜。イマ ハ ゴルフジョウ(笑)

20201220-085603-z0_R.JPG
氷上郡と多紀郡との間に、金山(きんざん)城を築いた光秀は、ドンドン ト 秀治を追い詰めていきます。

20201220-085733-z0_R.JPG
三の丸跡に到着〜!

20201220-085908-z0_R.JPG
せいさんな籠城戦が続く中、城内は分裂。

20201220-090158-z0_R.jpg
二の丸跡に到着〜!

20201220-090338-z0_R.jpg
ヤバイ!なに、この景色――!(輝)

DSC_4166_R.jpg
二の丸から見た、三の丸〜。

20201220-090444-z0_R.JPG
1579(天正7)年6月、ついに秀治・秀尚・秀香は捕らえられ、八上城は落城します。

20201220-090907-z0_R.JPG
高城山山頂 オヨビ 八上城 本丸跡に

20201220-090928-z0_R.JPG
到着〜!

20201220-090850-z0_R.JPG
安土に送られた三兄弟は、信長の命により磔刑(たっけい)に処され、波多野氏は滅亡します。

20201220-091014-z0_R.jpg
歴史がつまった場所デス。

DSC_4188_R.jpg
本丸から見た、二の丸〜。

DSC_4176_R.JPG
八上城は、ここを本城とし

DSC_4186_R.jpg
西むかいの法光寺城を支城とする

DSC_4185_R.JPG
東西3qにおよぶ一大要塞だったのだそう。

20201220-091643-z0_R.JPG
石垣〜(嬉)

20201220-091738-z0_R.JPG
スゴ〜イ!

20201220-091138-z0_R.JPG
岡田丸跡に到着〜!

20201220-091252-z0_R.jpg
ここから見ると…光秀に包囲されているのが、わかるなぁ。

20201220-092615-z0_R.JPG
進んでいくと

20201220-092936-z0_R.JPG
伝 蔵屋敷〜。

20201220-093043-z0_R.JPG
伝 池東番所〜。

20201220-093146-z0_R.JPG
朝路池にむかいます。

20201220-093215-z0_R.JPG
大竪堀〜。

20201220-093429-z0_R.jpg
朝路池に到着〜。ナンダカ…フシギナ 空間 デス。八上城落城の際に、朝路姫(秀治の娘)が身投げしたのだとか。

20201220-093531-z0_R.JPG
1人でこの池の水面をのぞき、自分の顔が美人に見えた者は、年内に亡くなるらしい…(怖) 年内ッテ…アト11日シカ ナイシ ケッカ…水鏡に顔は、映りませんでした(笑)

20201220-093725-z0_R.JPG
池東下の番所〜。

20201220-093124-z0_R.JPG
分岐まで戻り

20201220-094212-z0_R.JPG
藤ノ木坂コースを進んでいくと

20201220-094629-z0_R.JPG
はりつけの松跡に到着〜!

20201220-094746-z0_R.JPG
伝 茶屋の壇〜。

20201220-094910-z0_R.JPG
伝 馬駈場(うまかけば)〜。

20201220-095207-z0_R.JPG
いい道やね〜。

20201220-095255-z0_R.JPG
芥丸跡〜。

20201220-095410-z0_R.JPG
このルートも…

20201220-100053-z0_R.JPG
階段地獄です(笑)

DSC_4199_R.JPG
振り返って〜ヤバスギ ヤロ(驚)

20201220-100529-z0_R.jpg
キャ――! スゴ〜い(喜)

20201220-100647-z0_R.JPG
木の中に木がある〜。

DSC_4201_R.JPG
えっ?? 石垣??

20201220-101527-z0_R.JPG
注意案内で、危険箇所と記載されている場所。フツウ ニ トオレマス

20201220-102016-z0_R.JPG
防獣柵を出ると

20201220-102144-z0_R.JPG
藤之木坂口に出てきました〜。

B法光寺城址

20201220-104112-z0_R.JPG
城下町を守るための支城として築かれた法光寺城。

20201220-104134-z0_R.JPG
稲荷神社から

20201220-104502-z0_R.JPG
登っていきます。

20201220-104907-z0_R.JPG
道は…あるようなないような感じですが(汗)

20201220-105252-z0_R.JPG
東向きに、尾根をめざして進んでいくと

20201220-105330-z0_R.JPG
フェンスにつきあたるので、アトハ フェンスに沿って登るのみ!

DSC_4205_R.JPG
めっちゃ急〜(笑)

DSC_4206_R.JPG
おっ! 曲輪??

20201220-110551-z0_R.JPG
北郭1に到着〜!

DSC_4208_R.jpg
なにこの木〜(輝)

20201220-110816-z0_R.JPG
進んでいくと

20201220-110915-z0_R.JPG
北郭2に到着〜!

20201220-111255-z0_R.JPG
さらに進むと

20201220-111352-z0_R.JPG
北郭3に到着〜! ナンカ 急に アレタ …

20201220-111759-z0_R.JPG
このフェンスが、電気柵じゃなくて…ヨカッタ。

20201220-111824-z0_R.JPG
法光寺山山頂が見えてきました〜。

20201220-112344-z0_R.JPG
おっ!

20201220-112440-z0_R.JPG
法光寺山山頂 オヨビ

20201220-112415-z0_R.JPG
法光寺城 主郭跡に

20201220-112457-z0_R.JPG
到着〜!

DSC_4216_R.JPG
それほど広くはありません。

20201220-113654-z0_R.JPG
それでは…下山します。

20201220-114912-z0_R.JPG
ひょえ〜(急)

20201220-115856-z0_R.JPG
神社までは戻らず

20201220-120006-z0_R.JPG
鳥居の東側に、でてきました〜。

C般若寺城址

20201220-122010-z0_R.JPG
般若寺城は、篠山川を隔てた井根山に築かれた八上城の向城。

20201220-122615-z0_R.JPG
般若寺発電塔の

20201220-122629-z0_R.JPG
脇の道から、登っていきます。

20201220-122649-z0_R.JPG
入るの…ちょっと躊躇する雰囲気が漂っていますが(笑)

20201220-122926-z0_R.JPG
いざ入ってみると

20201220-123039-z0_R.JPG
いい道が

20201220-123119-z0_R.JPG
続きます〜。

20201220-123152-z0_R.JPG
わっ!

20201220-123248-z0_R.JPG
なんか立ってる〜。

DSC_4227_R.jpg
井根山山頂 オヨビ 般若寺城址(城将:明智治右衛門(光秀の兄))に、到着〜!

20201220-123545-z0_R.JPG
南に八上城〜。

DSC_4234_R.jpg
光秀も

DSC_4240_R.JPG
見たであろう

DSC_4232_R.jpg
この、のどかな景色を眺めながら

DSC_4238_R.JPG
お昼ごはんにします。今日は、簡単カップ麺〜(好) アッタマル〜

DSC_4237_R.jpg
もう一度、高城山(八上城址)を眺めたら…

20201220-135805-z0_R.JPG
下山します。

20201220-135946-z0_R.jpg
キャ―――!

20201220-140109-z0_R.jpg
高城山(八上城址)を一望〜!

20201220-140353-z0_R.JPG
道は続いてるけど…イッテ モ イイ ミチ ナノカ??

20201220-140507-z0_R.JPG
わっ、井戸跡〜。

20201220-140542-z0_R.JPG
こんなところに

DSC_4243_R.JPG
でてきました〜。今日も無事に下山完了です。

※蕪丸城址は登山口に駐車スペースあり。八上城址は春日神社の北に広い駐車場あり。法光寺城址は西八上公民館駐車場を利用。般若寺城址は般若寺公民館駐車場を利用。(公民館駐車場は地元の方に確認済)春日神社にトイレあり。

posted by SORA at 20:12| 登山