2020年12月05日

第114回 城山(周山城址)〜黒尾山

ス0_R.jpg

12月2日放送の、NHK歴史探偵で、周山城がとりあげられていた。

ス2_R.jpg
えっ!めっちゃ すごない?? 行ってみたい〜!! 久しぶりの明智光秀シリーズです(笑)

DSC_3969_R.JPG
篠山藩周山代官所跡から出発します。

DSC_3970_R.JPG
明智光秀公ゆかりの寺 慈眼寺〜。逆臣の汚名からか、墨で真っ黒に塗られた光秀公の坐像が、お祀りされています。

DSC_3977_R.JPG
1579(天正7)年10月、丹波平定(第86回)を成し遂げた光秀は

DSC_3975_R.JPG
東丹波支配の拠点として、若狭と京を結ぶ街道をおさえるこの地に、周山城を築城〜(1581(天正9)年頃・城主:明智光忠(娘婿))。

DSC_3979_R.JPG
中国 周の創始者 武王が、善政を敷いたという故事にちなみ

DSC_3981_R.JPG
地名を“縄野”から“周山”に改めたのだとか。 デモ…“秀山”説モ アル ラシイ…ソレ ナットク!

DSC_3982_R.JPG
この説明をCGにしたのがぁ…

ス3_R.jpg
ジャジャ―ン!

DSC_3983_R.JPG
「気をつけて登城してくださいね」 行ってきま〜す。

DSC_3985_R.JPG
大手門から

DSC_3988_R.JPG
山に入っていきます。

DSC_3989_R.JPG
京都一周トレイルの案内にそって

DSC_3990_R.JPG
進んでいくと

DSC_3991_R.JPG
キャ〜(輝)

DSC_3996_R.jpg
わっ!ひらけた!

DSC_4002_R.jpg
キャ―――!時代劇にでてきそうな景色〜(輝) 180度、眺望がひらけます〜。

DSC_4005_R.jpg
弓削荘方面〜。

DSC_4006_R.jpg
山国荘(やまぐにのしょう)方面〜。

DSC_4008_R.JPG
丹波国東部の宇津荘を拠点に、下剋上の波に乗って、皇室御領である山国荘など、近隣諸郷を押領していってた宇津頼重を

DSC_4007_R.JPG
光秀は、1579(天正7)年7月に追討〜。

DSC_4009_R.JPG
それにより、山国荘は、朝廷のもとに戻りました。

DSC_4010_R.JPG
光秀には、第106代天皇 正親町(おおぎまち)天皇から、恩賞が与えられたのだとか。

DSC_4012_R.JPG
わっ!

DSC_4015_R.JPG
兵糧(ひょうろう)蔵跡に

DSC_4018_R.JPG
到着〜!

DSC_4017_R.jpg
ここからの眺めも、幻想的〜。

DSC_4022_R.JPG
コレ、直登は…ヤバすぎる(汗) ノデ

DSC_4021_R.JPG
左の道を進みます。

DSC_4025_R.jpg
わぁ〜(輝) 左手に景色を

DSC_4027_R.JPG
右手に遺構を見ながら

DSC_4030_R.JPG
進んでいきます。

DSC_4034_R.JPG
二の丸跡に

DSC_4038_R.JPG
到着〜!

DSC_4044_R.JPG
急に

DSC_4045_R.JPG
タイムスリップした感じ。

DSC_4035_R.JPG
光秀も見た景色かなぁ…。

ス4_R.jpg
いよいよ

DSC_4046_R.JPG
本丸にむかいます。

DSC_4051_R.JPG
わっ!

DSC_4066_R.JPG
わぁ〜!

DSC_4058_R.jpg
城山山頂

DSC_4053_R.JPG
周山城 本丸跡に

DSC_4060_R.jpg
到着〜!

DSC_4063_R.JPG
ここに

ス5_R.jpg
こんな天守が、あったんやねぇ〜。

DSC_4065_R.JPG
本丸の端っこ〜。

DSC_4069_R.JPG
本丸から見た、二の丸〜。

DSC_4070_R.JPG
本能寺の変の10ヶ月前…1581(天正9)年8月14日、光秀は

DSC_4074_R.JPG
茶湯の天下三宗匠(そうしょう)の1人、堺の豪商 津田宗及を

DSC_4075_R.JPG
ここに招き

DSC_4081_R.JPG
十五夜の月見を楽しんだのだとか。

DSC_4083_R.JPG
トップダウン型の安土城に対し、このお城は、ボトムアップ型だったのだそう。 ミツヒデ ラシイ 

DSC_4085_R.JPG
くだっていきます。

DSC_4087_R.JPG
歴史に…圧倒されそう〜。

DSC_4088_R.JPG
井戸跡??

DSC_4089_R.JPG
矢印にしたがって

DSC_4090_R.JPG
進んでいくとぉ

DSC_4091_R.JPG
わっ!井戸跡に到着〜!

DSC_4092_R.JPG
タシカニ…カツテ ココデハ 人々が、生活していたんやねぇ。

DSC_4094_R.JPG
黒尾山にむかいます。

DSC_4096_R.JPG
小姓曲輪(上の段)に

DSC_4097_R.JPG
到着〜!

DSC_4100_R.JPG
小姓曲輪(下の段)にむかいます。

DSC_4102_R.JPG
えっ!

DSC_4103_R.JPG
なにここ??

DSC_4104_R.JPG
えっ!!

DSC_4106_R.JPG
ヤバイ ヤバイ!!

DSC_4108_R.JPG
えっ!!

DSC_4111_R.JPG
本物やんなぁ??

DSC_4113_R.JPG
スゴ過ぎる―――!!

DSC_4114_R.JPG
もうこれ見れただけで、満足―――(幸)!

DSC_4116_R.JPG
こんなところに

DSC_4117_R.JPG
こんなに歴史のつまった場所があるなんて

DSC_4120_R.JPG
知らなかった…。

DSC_4123_R.jpg
わぁ〜! まだ紅葉してるねぇ。

DSC_4125_R.JPG
この坂を登って(汗)

DSC_4127_R.JPG
右が…砦跡〜。

DSC_4128_R.JPG
砦跡を下から〜。この辺が

ス6_R.jpg
西の城の主郭です〜。

DSC_4130_R.JPG
かけだしたくなるような道を歩き

DSC_4132_R.JPG
黒尾山に、むかいます。

DSC_4135_R.JPG
わぁ〜!

DSC_4139_R.JPG
岩々ゾーンをぬけると

DSC_4140_R.JPG
わっ!

DSC_4142_R.JPG
黒尾山山頂に

DSC_4143_R.JPG
到着〜!

DSC_4147_R.JPG
竜ヶ岳から地蔵山(第76回)、ドドーン!

DSC_4149_R.JPG
眺望はあまりありません。

DSC_4151_R.jpg
少し戻って、愛宕山方面を眺めながら、朝Cafeしま〜す。

DSC_4164_R.JPG
お餅と少量の水を入れたら

DSC_4165_R.JPG
じっくりと焼きます。ウ〜ン、イイ ニオイ ガ シテキタ〜

DSC_4166_R.jpg
できたかなぁ?

DSC_4177_R.jpg
クリームチーズをのせて、お醤油をかけたら

DSC_4187_R.jpg
きな粉をたっぷりとかけて… クリームチーズきな粉餅の 完成〜! う〜ん、もっちもち〜、美味しい〜!

DSC_4160_R.JPG
ポカポカ暖かくて、気持ちいい〜。のんびりと、珈琲タイムもすませたら

DSC_4199_R.JPG
下山します。

DSC_4204_R.JPG
珍木ゾーン(笑)

DSC_4208_R.JPG
この

DSC_4212_R.JPG
石段たちも

DSC_4215_R.JPG
当時のものなかなぁ(輝)

DSC_4231_R.JPG
山国荘を眺めならが…光秀は、なにを思ったのだろう…。

DSC_4232_R.JPG
あっちもぜ〜んぶ、光秀が平定したんやもんなぁ。

DSC_4237_R.JPG
色々考えると…胸が熱くなります。

DSC_4242_R.JPG
今日も無事に下山完了です。

DSC_4244_R.JPG
「気をつけてお帰りください」 は〜い!

DSC_4246_R.JPG
あっ!朝と変わってる〜! サア ドコ デ ショウ?(笑)


※篠山藩周山代官所跡駐車場を利用。道の駅ウッディー京北にトイレあり。

posted by SORA at 20:12| 登山