2020年07月16日

第86回 城山(八木城跡) 春日神社周回

590.jpg

丹波国は都に近かったため、平安時代から寺社などの荘園が多く、既得権益が強く残る地域だったらしい。そのため、有力な戦国大名が育たず、荘園と地方豪族の衝突が相次ぎ、荒廃していたのだとか。そんな丹波を平定した明智光秀(輝) 今日もっ…追います(笑)

DSC_0005.JPG
春日神社から出発します。
1571(元亀2)年9月比叡山焼き討ち後、宇佐山城主だった明智光秀は、織田信長に近江国志賀郡を与えられ、坂本城を築城。志賀郡の平定にあたりました。ココマデ ゼンカイ ノ オサライ(笑)

DSC_0009.jpg
その後…1575(天正3)年1月、信長に丹波平定を命ぜられます。八木城は、氷上の黒井城・多紀の八上城とならぶ、丹波三大山城の1つです。

DSC_0012.jpg
内藤如安(ジョアン)は、八木城主であった内藤国貞の孫(母が国貞の娘)。

DSC_0185.jpg
国貞の死後、実子の貞勝が家督を継ぎ、如安は執政になったのだそう。 ヤギエキ ニ アッタ ジョアン ノ カンバン(輝)

DSC_0018.jpg
京都縦貫道の下をくぐると

DSC_0019.jpg
登山口に到着〜!城山山頂(八木城跡)を目指します。

DSC_0022.JPG
光秀は、黒井城の赤井(荻野)直正にターゲットを絞ったものの、八上城の波多野秀治(ひではる)に反旗を翻され、命からがら坂本城に撤退します(汗)

DSC_0023.JPG
北屋敷群跡に到着〜!内藤家家臣団の屋敷跡らしい。

DSC_0024.JPG
1576(天正4)年4月には天王寺合戦、翌年2月には紀伊雑賀(さいが)攻め、10月には大和信貴山城の戦いに参戦している光秀ですが

DSC_0025.JPG
同じ10月末から、丹波攻略を再開します。メッチャ イソガシイ ヤン

DSC_0026.JPG
第二次丹波攻略は、波多野秀治をターゲットに、周到に準備を進め、慎重に攻略していきます。

DSC_0027.JPG
そのはじまりが、内藤氏一族の居城であった、ここ八木城と亀山城でした。

DSC_0028.JPG
そして、丹波攻略の拠点とするために、光秀は新たに亀山城(第80回)を築城します(1577年)。

DSC_0029.jpg
対面曲輪(くるわ)所跡に到着〜!斜面上の尾根が、大八木但馬之対面所跡らしい。

DSC_0030.JPG
対面曲輪直下の登城道を進みます。

DSC_0034.JPG
1578(天正6)年、赤井(荻野)直正が病死すると、翌年6月八上城を、8月黒井城を落城させるとともに、塩見信房の居城であった横山城も落城させ、福智(知)山城として改修(城代:明智秀満(娘婿))。

DSC_0035.JPG
そして…10月、長きにわたる丹波平定を成し遂げました〜!(輝)

DSC_0036.JPG
信長は「天下の面目をほどこし候」と絶賛!

DSC_0038.JPG
1580(天正8)年8月、丹波一国を与えられ、光秀は全盛期を迎えます!

DSC_0039.jpg
わっ!石垣がでてきました〜(輝)

DSC_0040.JPG
登ると

DSC_0041.JPG
二の丸跡に

DSC_0043.jpg
到着〜!

DSC_0046.jpg
馬屋跡から、もう一段登ると

DSC_0047.jpg
キャ―――!

DSC_0048.JPG
八木城本丸跡〜! そして

DSC_0053.JPG
城山山頂に

DSC_2955.jpg
到着〜!

DSC_3010.jpg
亀岡市内の奥に、明智越え(第80回)〜! メッチャ キレイ〜

DSC_3021.jpg
三郎ヶ岳(第82回)から、牛松山(第80回)〜! 手前は長老ヶ岳〜。

DSC_3019.jpg
三郎ヶ岳の奥に、愛宕山ドドーン!

DSC_3001.jpg
多国山も〜。

DSC_3023.jpg
この絶景を眺めながら、朝Cafeしま〜す。 ノドカ ヤナ〜

DSC_2964.jpg
食パンに、クリームチーズと、たっぷりハチミツをのせたら

DSC_2968.jpg
じっくりと焼きます。できたかなぁ?

DSC_2973.jpg
できた―!

DSC_2987.jpg
ハニークリームチーズホットサンド〜! う〜ん、美味しい〜!(幸)

DSC_0061.jpg
のんびりと朝Cafeを満喫したら、八木城跡を、散策します。

DSC_0068.jpg
本丸から北東方向の階段をおりると

DSC_0069.JPG
ええやん〜(輝)

DSC_0070.jpg
ロープが出てきました〜(嬉)

DSC_0071.JPG
草をかきわけて進むと

DSC_0073.jpg
わぁ〜、またロープ〜(喜)

DSC_0083.jpg
明智の勝ちどき岩に到着〜!

DSC_3027.jpg
段曲輪の先端部です〜!ここで休憩するのもいいね〜(輝) もう1度山頂に戻って…

DSC_0062.JPG
南方向にむかうと…金の間跡〜!

DSC_0067.jpg
本丸の石垣〜(輝)

DSC_0066.JPG
テンションあがる〜!

DSC_0084.JPG
内藤土佐跡を目指します。八木城の曲輪名は、その曲輪を守備していた家臣の名前らしい。

DSC_0085.JPG
岩くだり〜! 楽しい〜!

DSC_0086.JPG
いい感じの道〜。

DSC_0095.jpg
内藤土佐跡に到着〜!

DSC_0091.JPG
分岐まで進んで、引き返します。

DSC_0096.JPG
岩…久しぶり〜(嬉)

DSC_0097.JPG
二の丸跡まで戻ってきました〜!この辺が、内藤和泉跡です。せっかくなので、チョロギ村方面に行ってみます。

DSC_0103.JPG
八木玄蕃(げんば)跡に到着〜! 八木玄蕃は、如安の義兄(父違い)です。

DSC_0106.JPG
段曲輪になっているのが、わかります(輝)

DSC_0108.JPG
神前峠方面に進むと、烏嶽 内藤法雲跡に行けるようですが…

DSC_0109.JPG
妙見道をくだります。

DSC_0110.JPG
ガーン!通行止でした(涙) 二の丸まで戻って

DSC_0112.JPG
妙見宮方面に進みます。

DSC_0114.JPG
わっ!ロープがでてきました〜。

DSC_0115.JPG
ず―っと

DSC_0117.JPG
ず―っと、ロープです(笑)

DSC_0118.jpg
なに?? 姫の洞窟??

DSC_3037.JPG
えっ!姫、ちっちゃ(笑) ハイレマセ〜ン(汗)

DSC_0124.JPG
ロープ〜

DSC_0127.JPG
また、ロープ〜

DSC_0128.JPG
またまた、ロープ〜(笑)

DSC_0129.JPG
なっが―――! こっちのルート…アスレチック感があって、超楽しい〜!

DSC_0132.JPG
分岐に到着〜!

DSC_0134.JPG
妙見宮跡に、行ってみます。

DSC_0137.JPG
ん?? 上?下? 左の登りを選ぶと…

DSC_0140.JPG
洞窟〜。コレナラ ハイレソウ(笑) でも…
左の道は…間違いでした(泣) 戻って…右の道を進みます。

DSC_0143.jpg
な〜んや、マークついてるやん! ロープもあるし(笑)

DSC_0145.JPG
わっ!また洞窟〜。ニホンコバ(第15回)ナラ キット ナマエ ツイテル ネ
そして、再び…ルート選択…間違いでした(泣)

DSC_0147.JPG
戻って…さっきの道を、そのまま進みます。メッチャ イイ ミチ ヤシ(涙) 人生の岐路で迷った時は、難しい道を選びなさいと教わったけど…ヤマ デハ ツウヨウ シマセン(笑)

DSC_0171.jpg
わっ!また、姫の洞窟〜。

DSC_0166.JPG
またまた、姫の洞窟〜。ヒメノ アナ ニ 近づいてみると…

DSC_0149.jpg
すごい勢いで、コウモリが中から飛び出してきました(怖) オヒメサマ イガイ タチイリ キンシ デス(泣)

DSC_0151.JPG
左に進むと

DSC_0154.JPG
なんとっ!(驚)

DSC_0155.jpg
将軍様が、ここにいらしたんですね(輝)

DSC_0159.JPG
麓の石碑には、京の南蛮寺で洗礼を受けたって書いてあったような…。

DSC_0158.JPG
妙見宮跡に到着〜!

DSC_0161.JPG
瀧が流れていますが

DSC_0160.JPG
大変なことになっています(汗)

DSC_0173.JPG
分岐に戻ってきました〜!

DSC_0174.JPG
妙見道を

DSC_0176.JPG
くだっていきます。

DSC_0177.jpg
今日も無事に

DSC_0181.JPG
下山完了です〜!

※春日神社駐車場を利用。西山墓地駐車場もあり。(八木町観光協会より)
posted by SORA at 20:07| 登山