2020年01月25日

第53回 高室山〜倉骨山 


NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公 明智光秀の出身地説が残る 滋賀県多賀町佐目(さめ)。「近江を制すは天下を制す!」戦国時代に作られた多数の山城や、美濃・近江・伊勢を結ぶ 戦国 山の道があった場所。高室山は “戦国が1番よく見える360度のパノラマ” らしい。それは行くべし〜!

20200125 高室山_200125_0345.jpg
『ようこそ!360度大展望の山 高室へ』ワクワク〜

20200125 高室山_200125_0340.jpg
佐目自然公園駐車場のすぐ上から、出発しま〜す。

20200125 高室山_200125_0337.jpg
思いのほか

20200125 高室山_200125_0335.jpg
急勾配の

20200125 高室山_200125_0332.jpg
直登が続きます(汗)

20200125 高室山_200125_0329.jpg
東のピーク(標高402m)には、かつて高室山城(別名:腰越の城)があったらしい。

20200125 高室山_200125_0327.jpg
主郭部が東西に約36m、第二郭が北東に約130m、主郭西にも段郭と帯郭が続き、城域は全長約240mもあったのだとか。

20200125 高室山_200125_0322.jpg
登ったのと同じくらい、くだります(汗)

20200125 高室山_200125_0321.jpg
ひと山、登っておりてきた感じです。ここから、再び登ります。

20200125 高室山_200125_0319.jpg
岩が

20200125 高室山_200125_0313.jpg
多くなってきました。

20200125 高室山_200125_0309.jpg
この石積みはなんだろう?

20200125 高室山_200126_0302.jpg
岩〜。

20200125 高室山_200126_0293.jpg
木登りエリアに突入です(笑)

20200125 高室山_200126_0290.jpg
ラクダ〜。

20200125 高室山_200126_0286.jpg
こっちも登っておく??(笑)

20200125 高室山_200126_0282.jpg
これ、最後ね(笑) 楽しい〜。

20200125 高室山_200126_0280.jpg
いっぱい遊んだので

20200125 高室山_200126_0278.jpg
あとは もくもくと

20200125 高室山_200126_0276.jpg
山頂を

20200125 高室山_200126_0274.jpg
目指します!

20200125 高室山_200126_0268.jpg
林道にでました〜。

20200125 高室山_200126_0266.jpg
地元の方にお伺いしたところ、ここまで、車で来ることができるらしい。

20200125 高室山_200126_0265.jpg
だから・・・

20200125 高室山_200126_0263.jpg
高室山、登山口〜(笑)

20200125 高室山_200126_0260.jpg
頂上まで

20200125 高室山_200126_0248.jpg
もう少し〜。

20200125 高室山_200126_0240.jpg
わぁ――!来た――!

20200125 高室山_200126_0232.jpg
高室山山頂に

20200125 高室山_200126_0210.jpg
到着〜!

20200125 高室山_200126_0224.jpg
戦国時代に思いをはせてみる〜(輝)

20200125 高室山_200126_0205.jpg
360度の大展望に後ろ髪を引かれつつ、倉骨山を目指します。

20200125 高室山_200126_0198.jpg
あっという間に

20200125 高室山_200126_0197.jpg
見えてきました〜。

20200125 高室山_200126_0194.jpg
山頂だけが、石だらけ。不思議〜。

20200125 高室山_200126_0192.jpg
倉骨山に到着〜!

20200125 高室山_200126_0187.jpg
おむかいは、採石場。チョット サミシイ

20200125 高室山_200126_0177.jpg
端っこの方まで行ってみる〜。

20200125 高室山_200126_0157.jpg
高室山に戻ります。

20200125 高室山_200126_0215.jpg
御嶽山ドドーン!左に北アルプス、右に南アルプス〜!

20200125 高室山_200126_0229.jpg
素敵すぎる〜(嬉)

20200125 高室山_200125_0227.jpg
こっちは、恵那山??

20200125 高室山_200126_0140.jpg
霊仙山(第38回)に、後ろは伊吹山(第13回)〜!カレンフェルトも、いい感じ〜。

20200125 高室山_200126_0225.jpg
そして、琵琶湖〜!

20200125 高室山_200126_0107.jpg
比良山系ドドーン。雪がないので、蓬莱山 びわ湖バレイスキー場が目立っています。

20200125 高室山_200126_0135.jpg
この絶景を眺めながら・・・今日のお昼は

20200125 高室山_200126_0133.jpg
カレー煮込みうどん〜!う〜ん、美味しい〜!あったまる〜。

20200125 高室山_200126_0120.jpg
そして・・・新兵器登場〜!(笑)

20200125 高室山_200126_0116.jpg
アツアツ焼きたてワッフル〜!う〜ん、お腹いっぱい〜。満足〜。

20200125 高室山_200126_0106.jpg
もう1度、戦国時代に思いをはせ…見納めしたら

20200125 高室山_200126_0104.jpg
下山です。

20200125 高室山_200126_0097.jpg
今日は

20200125 高室山_200126_0095.jpg
ピストンなので

20200125 高室山_200126_0081.jpg
サクッとおります。

20200125 高室山_200126_0072.jpg
立派なロープが設置されているので、使ってみる〜。

20200125 高室山_200126_0067.jpg
登山口付近までおりてきました。

20200125 高室山_200126_0064.jpg
十二相神社・十兵衛屋敷跡に向かいます。

20200125 高室山_200126_0062.jpg
十二相神社に到着〜!

20200125 高室山_200126_0042.jpg
樹齢500年から1000年ともいわれる御神木。

20200125 高室山_200126_0059.jpg
うわぁ、立派〜!

20200125 高室山_200126_0055.jpg
ここで、ずーっと歴史を見守ってきたのね。スゴーイ

20200125 高室山_200126_0048.jpg
お参りをして

20200125 高室山_200126_0038.jpg
鳥居にむかってくだります。

20200125 高室山_200126_0035.jpg
十兵衛屋敷跡に到着〜!十兵衛とは明智光秀のことです。

20200125 高室山_200125_0032.jpg
諸説ある明智光秀の出身地。美濃(岐阜県)出身説の根拠となっている史料よりも100年古い古文書『淡海(おうみ)温故録(1684〜1688年)』と、佐目に500年間 密かに伝えられてきた口伝(くでん)とが 一致したのだとか。

20200125 高室山_200126_0034.jpg
大河ドラマの放送決定を受け、2019年3月に結成された『佐目十兵衛会』によって手作りされた看板〜。

20200125 高室山_200125_0030.jpg
この茶屋や庭も『佐目十兵衛会』が整備されたのだとか。スゴーイ!

20200125 高室山_200126_0029.jpg
地元の方と色々お話。「高室山山頂からは、御嶽山まできれいに見えることがあるんやで!」と言われ、「きれいに見えましたよ〜。」と言うと・・・「ホンマカ!登山道整備で何度も登ってるけど、なかなか見られへんのに・・・ナンカ悔しいなあ(笑)」と。「きれいに見えた時の写真を360度につなげて、その真ん中に人が入って、景色と写真を一緒に見られる装置を作ろうと思ったまま、あきらめてしまってたのを、今思い出したわ。」と。もしかして・・・近い将来、山頂に設置されているかも・・・(笑)この辺りも例年であれば、常時30p程の積雪があるのだとか。

20200125 高室山_200126_0026.jpg
光秀が掘ったと伝わる井戸に

20200125 高室山_200126_0023.jpg
むかいます。

20200125 高室山_200126_0022.jpg
滋賀県知事 三日月大造氏も見に来られたらしい(笑)

20200125 高室山_200126_0013.jpg
十二相神社の鳥居〜!

20200125 高室山_200126_0011.jpg
光秀の家臣の末裔、見津(けんつ)氏宅〜!見津という名は、光秀のミツから字をもらったのだとか。『みつ』と読むのはおこがましいため、『けんつ』と読むようになったのだそう。

20200125 高室山_200126_0002.jpg
今日も無事に下山完了で〜す!

※佐目自然公園駐車場にトイレがある。登山道には、近くの採石場の重機音が聞こえる。
posted by SORA at 20:01| 登山