2020年08月29日

第97回 愛宕山〜書物岩〜小倉山 表参道〜月輪寺道〜東海自然歩道周回



千日詣の際、行きそびれた空也の滝(第89回)。心残りなので行ってきます(笑)

DSC_2923.jpg
ここは、有名な心霊スポット(怖) 学生時代、知らずによくここまで来て遊んでいて…親に叱られた(笑) レイカン ナイッテ コト ヤンネ 青信号だと、霊から招かれている?? ラシイ(怖) もやっている鳴滝トンネルはやっぱり怖いので…

DSC_2924.JPG
試(こころみ)峠から行きます。この峠は、愛宕山に登れるかどうかを試す峠らしい(汗)

DSC_2925.JPG
真下を向いたカーブミラー。自分の姿が映らないと死期が近い?? トカ ナントカ(怖)

DSC_2926.jpg
うわぁ〜、きれい〜。

DSC_2932.JPG
表参道 二の鳥居から、愛宕神社(第76,89回)を目指します。

DSC_2937.jpg
わぁ〜(輝)

DSC_2939.jpg
今日は天気がいい分、早朝でも暑い(汗) シカモ…無風(暑)

DSC_2943.JPG
この辺りから、心地よい空気に変わってきます。

DSC_2945.JPG
水尾わかれ休憩所で21℃(輝) 身体が楽です。

DSC_2946.jpg
亀岡市内〜。

DSC_2949.JPG
この幻想的な空気感…たまりません。

DSC_2951.jpg
愛宕神社(愛宕山山頂)に到着〜! 三角点(第76回)にはよらず…

DSC_2952.JPG
空也の滝を目指して

DSC_2953.jpg
月輪寺(つきのわでら)道に、進みます。

DSC_2955.jpg
とても歩きやすい道が

DSC_2958.jpg
続きます。

DSC_2965.JPG
鎌倉山 月輪寺に、到着〜。

DSC_2964.JPG
704(大宝4)年、泰澄(たいちょう)大師が開山し、781(天応元)年、慶俊(けいしゅん)僧都が中興したお寺。

DSC_2963.jpg
1207(建永2)年、後鳥羽上皇によって、法然上人(当時75歳)・親鸞聖人(当時35歳)が流罪にされた際、公卿(くぎょう) 九条兼実(かねざね)との別れ形見として、親鸞聖人がお手植えされたという時雨(しぐれ)桜。

DSC_2966.JPG
明智光秀が、愛宕山に詣で参籠した際(第80回)に、ひいたといわれる おみくじ(輝)

DSC_2968.jpg
なんか、サラッと書いてるけど…すごい歴史。

DSC_2970.jpg
赤ちゃんを抱いている樹齢1000年以上の子宝紅葉〜。

DSC_2979.jpg
「つらくとも こらえて登れ 皆の衆 大師 聖人に会うと思え」 ナルホド〜

DSC_2981.jpg
空也の滝方面に、進みます。ワクワク

DSC_2982.JPG
シダの道〜。

DSC_2988.JPG
月輪寺参詣道入口から

DSC_2989.JPG
まっすぐに

DSC_2991.JPG
空也の滝を目指します。

DSC_2992.jpg
えっ、ここ、めっちゃええやん〜(癒)

DSC_2995.jpg
空也の滝っていう、大きな滝があるだけやと思ってたけど(汗)

DSC_2997.jpg
こんなに素敵な癒しの道を、あがっていくなんて(喜)

DSC_2999.jpg
たまりません〜。

DSC_3000.JPG
八大龍王の鳥居をくぐり、進んでいくと

DSC_3002.jpg
空也の滝に到着〜!空也上人(903頃〜972年)が修行したといわれる、落差15mの滝。

DSC_3007.JPG
役行者と前鬼(ぜんき) 後鬼(ごき)が見守っています。ミョウ ニ シタシミ ブカイ ノハ カオ ガ オオキイ カラ??(笑)

DSC_3010.JPG
近くに行くと、水しぶきが、降り注いできます。 アリガタヤ〜

DSC_3013.jpg
月輪寺参詣道入口まで戻ると、舗装された林道を、ひたすらくだります。

DSC_3017.JPG
大杉谷道(第89回)と合流〜。

DSC_3020.JPG
落合方面にむかいます。

DSC_3021.JPG
渡猿橋(とえんきょう)を渡り

DSC_3024.JPG
清滝川沿いの道へ、進みます。

DSC_3028.JPG
対岸に渡ったら

DSC_3033.jpg
河原におります(嬉) うわぁ〜!めっちゃきれい〜(輝)

DSC_3034.jpg
キャ―――!気持ちいい〜(冷)

DSC_3038.jpg
幸せ〜。ジカン ワスレル〜

DSC_3041.jpg
ホテリ ガ トレタラ…再出発です。

DSC_3048.jpg
あぁ〜、めっちゃいいところ〜。心が、スーッと洗われます。

DSC_3045.jpg
ロープがでてきました〜。

DSC_3052.jpg
天然ブランコ?? チョット タカスギル ナア…(笑)

DSC_3055.JPG
橋に進むと

DSC_3057.jpg
滝です〜。勢いのある水の流れは もちろん好きだけど…

DSC_3058.jpg
こんな風に、静かで穏やかな水の流れも、好き。

DSC_3061.jpg
半端ない透明度(輝)

DSC_3063.jpg
あぁ〜、ここも落ち着く〜。

DSC_3069.JPG
落合橋に到着〜! 奥のトンネルを抜けると

DSC_3075.jpg
キャ―――!保津川下り(第80回)〜。保津峡とは、亀岡市から嵐山に至る保津川(桂川)の渓谷で、保津川下りは、保津峡を観光する約16qの舟下りです

DSC_3071.JPG
トンネル横の道を進むと

DSC_3082.JPG
展望広場に到着〜!

DSC_3083.JPG
目の前に…書物岩、ドドーン!

DSC_3089.jpg
書物が横積みにされたようなチャート層は、古赤道海域のプランクトンの遺骸が、5万年に5cmのペースで堆積したのち、大陸の地殻変動によってこの地に移動し、隆起したものなのだとか。スゴーイ

DSC_3094.jpg
ここは、鳴滝川と

DSC_3095.jpg
保津川が合流し

DSC_3103.jpg
桂川として流れていく場所。

DSC_3085.jpg
この絶景を眺めながら、お昼ごはんにします。

DSC_3111.jpg
ごはんの上に、筍の土佐煮と刻みネギをのせて

DSC_3117.jpg
お茶漬け海苔を投入したら

DSC_3121.jpg
上から、キンキン冷え冷え 氷水を、かけます〜。

DSC_3129.jpg
鰹だしのきいた 筍の土佐煮冷やし茶漬けが、完成〜! う〜ん、めっちゃ美味しい〜! コレ ハ ゼンカイ ヲ コエタ(笑)

DSC_3134.jpg
お楽しみは…いつもの(笑)冷凍ミカン〜。マチガイナイ ヤツ

DSC_3136.JPG
落合橋を戻って、芭蕉の句碑の道を進みます。

DSC_3138.JPG
振り返って…落合橋を下から〜。

DSC_3140.jpg
お店までの道のようですが、閉店?? 行き止まり。でも景色は最高〜! 左が書物岩、右がさっきまでいた場所〜。そして…保津側下り〜。

DSC_3142.jpg
六丁峠までは…地獄の舗装路のぼりです。アスファルトが焼けて…暑い(汗)

DSC_3146.jpg
六丁峠に到着〜! 京都一周トレイルの破線の道を、進みます。

DSC_3147.jpg
うわぁ〜(輝) 保津峡、ここで見納めかなぁ。

DSC_3148.JPG
えっ!ロープいっぱい。

DSC_3149.JPG
結構はげしい道やね。 キライ ジャ ナイヨ(笑)

DSC_3151.JPG
嵐山-高尾パークウェイの真横を進んできました。

DSC_3152.JPG
小倉山を目指します。

DSC_3154.JPG
鎌倉時代の歌人 藤原定家は、小倉山の山荘で、小倉百人一首をまとめたのだそう。

DSC_3155.JPG
ここを、あがっていくと

DSC_3158.JPG
小倉山山頂に

DSC_3159.JPG
到着〜!

DSC_3157.JPG
眺望はありません。

DSC_3162.JPG
一旦もどり、道なりに歩いて行くと、左手に広場がでてきました〜。
小倉山は双耳峰で、ここは南東の第二峰らしい。

DSC_3164.jpg
キャ―――!(輝)

DSC_3165.jpg
比叡山系に、広沢池(ひろさわのいけ)、ドドーン!

DSC_3166.jpg
大文字山に、京都市内、ドドーン!

DSC_3172.JPG
一旦戻って…舗装路のカーブ脇のここから、右の登山道に入ります。ワカリニクイ(汗)

DSC_3174.jpg
うわぁ〜(嬉)

DSC_3175.JPG
ぐんぐん

DSC_3178.JPG
進んでいきます。

DSC_3179.JPG
わっ、なんやろ??

DSC_3182.JPG
キャ―――!

DSC_3186.JPG
渡月橋、ドドーン! マダマダ ヒト ハ スクナイ デス

DSC_3189.jpg
左手にのぼっていくと…こちらも素敵〜。旧嵯峨御所 大本山大覚寺の大沢池(おおさわのいけ)に、広沢池〜。そして、比叡山から大文字山〜。

DSC_3193.JPG
フェンスに沿って、くだっていくと

DSC_3195.JPG
わぁ〜(輝) ゼイタク〜。

DSC_3198.JPG
小倉山登山口に到着〜! 道なりに、くだっていくと

DSC_3210.JPG
御髪(みかみ)神社に到着〜!

DSC_3206.JPG
“髪は造化の神より賜った美しい自然の冠”なのだそう。ソノ ヒョウゲン ガ ウツクシ スギル

DSC_3207.JPG
むかいには、小倉池〜。

DSC_3204.JPG
蓮根は、髪によい食材のようですが、この看板はそういう意味なのでしょうか?

DSC_3213.JPG
フムフム。

DSC_3215.JPG
すごい数の蓮です〜。

DSC_3217.JPG
なんだか、京都嵯峨野観光みたいになってきました(笑) タベモノ ノ ユウワク ニ マケズ…アルキマス

DSC_3223.JPG
表参道 一の鳥居に到着〜! モウ ヒトガンバリ デス!

DSC_3224.JPG
今日も無事に下山完了です。これまでで最長の20.2qでした!

※鳴滝トンネル下の無料駐車場を利用。金鈴橋を渡ったところに嵯峨清滝公衆トイレが、二尊院のそばに嵯峨落柿舎北公衆便所がある。どちらもきれい。愛宕神社下にもトイレあり。

posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月19日

第96回 イクワタ峠北〜釣瓶岳〜武奈ヶ岳 朽木栃生ピストン



連日の猛暑(汗) こう暑いと、できる限り 標高の高いお山を求めてしまう…(笑)

DSC_2923.JPG
地蔵峠・釣瓶岳登山口から出発します。

DSC_2924.JPG
沢沿いの舗装路をあがっていくと

DSC_2927.JPG
新しそうな標識が。ココ ヲ アガッテ イキマス

DSC_2930.JPG
コメカイ道は… 2021年2月26日まで、砂防えん堤管理用道路の工事中。迂回路を進みます。

DSC_2933.JPG
つづら折りのダラダラとした坂を登っていきます。

DSC_2934.JPG
コメカイ道は、かつて、琵琶湖側に炭を運び、米を求めた道。

DSC_2936.JPG
農林水産省の“日本の棚田100選”に選定されている畑の棚田につながるのだとか。ナルホド〜

DSC_2938.JPG
標識があるので、安心して歩けます。

DSC_2941.JPG
コメカイ道出合に到着〜! コメカイ道は崩落のため、通行不可になっています。

DSC_2942.JPG
登っていくと…こちらも、通行不可です。でも…

DSC_2943.JPG
ちゃんと迂回路があるので、問題ありません。トテモ シンセツ ニ セイビ サレテ イマス

DSC_2946.JPG
わっ!おっきな木〜(驚)

DSC_2953.JPG
ほとんど勾配がない楽チン道が、しばらく続きます。

DSC_2954.JPG
ササ峠出合に到着〜!

DSC_2956.JPG
ここからは

DSC_2959.JPG
グングンと、勾配があがっていきます(汗)

DSC_2962.JPG
わっ!稜線〜(輝)

DSC_2963.JPG
イクワタ峠、もうすぐかな?? ワクワク

DSC_2964.JPG
キャ―――! 尾根に出た〜!

DSC_2968.JPG
蛇谷ヶ峰(第94回)、ドドーン!

DSC_2969.JPG
えっ!めっちゃ、きれいやん〜。

DSC_2970.JPG
イクワタ峠北に

DSC_2976.jpg
到着〜!イエ〜イ! ジツハ…ココヲ イクワタ峠 ダト オモッテ イタ…(笑)

DSC_2978.JPG
キャ―――!なにこの景色〜(輝)

DSC_2982.JPG
日陰もあるし、めっちゃええやん〜!

DSC_2986.JPG
ここって…

DSC_2985.jpg
滋賀県、やんね??

DSC_2990.jpg
素敵すぎる〜(惚)

DSC_2995.jpg
少し登るだけで、また違う味わい。

DSC_2996.jpg
ここを登ると

DSC_2998.JPG
イクワタ峠に

DSC_3013.JPG
到着〜!

DSC_3001.JPG
これからむかう、釣瓶岳〜! メッチャ キュウ ナ サカ ガ…ミエテ イマス(汗)

DSC_3014.jpg
突き出した北東方面にむかうと

DSC_3020.jpg
左に蛇谷ヶ峰、右にリトル比良〜(輝) そして、へびさん〜(第94回)ココカラ ダト ヘビ ニ ミエマセン

DSC_3024.jpg
リトル比良、カッコイイ〜(惚)

DSC_3026.jpg
ポコっとでているのが、行きそびれたままの(笑)釈迦岳(第21回)〜。

DSC_3027.JPG
釣瓶岳に、むかいます。

DSC_3030.JPG
振り返ってぇ〜、ステキ〜(輝)

DSC_3039.JPG
景色に見とれ過ぎていましたが…結構な急登デス(汗)

DSC_3045.jpg
ホント、きれい!

DSC_3046.JPG
ちょっとひらけて

DSC_3052.JPG
ここを登れば、山頂かな??

DSC_3065.JPG
違いました〜(泣)

DSC_3067.JPG
もう1つお山を登ったら

DSC_3070.JPG
釣瓶岳山頂に

DSC_3072.JPG
到着〜! コレ サンカクテン ジャ ナイ ネ(笑)

DSC_3073.JPG
山頂に、眺望はありません。

DSC_3076.JPG
武奈ヶ岳に、むかいます。

DSC_3078.jpg
わっ!武奈ヶ岳の山頂、見えてるやん〜(輝)

DSC_3080.JPG
めちゃくちゃ、くだります。コレッテ アトデ ノボルッテ コト ヤンネ(汗)

DSC_3081.JPG
ここだけ、なぜか…3本もロープがあります(笑)

DSC_3086.JPG
うわっ!ひらけた〜。武奈ヶ岳が、目の前〜(嬉)

DSC_3089.JPG
こんな道が、増えていきます。

DSC_3090.JPG
振り返ってぇ〜、ステキ〜(輝)

DSC_3093.JPG
細川峠に、到着〜!

DSC_3096.JPG
うっそうと茂った

DSC_3097.JPG
草木の間を通っていきます。

DSC_3100.JPG
わっ!ひらけた〜。

DSC_3103.JPG
でも…なかなか簡単には登らせてくれません(汗)

DSC_3106.JPG
武奈ヶ岳(第2回)は

DSC_3107.JPG
初めて

DSC_3109.JPG
登山用ザックを背負って登ったお山。そして

DSC_3113.JPG
初めて

DSC_3118.JPG
下山を経験したお山。ノボリ ヨリ モ ジカン カカッタ ナア…。ヒ ガ カタムイテキテ フアン デ イッパイ ヤッタ ナア…。

DSC_3121.JPG
あれから、随分と

DSC_3122.JPG
たくさんのお山を経験しました。

DSC_3123.JPG
ちゃんと下山も、できるようになったよ―――!(笑)

DSC_3125.JPG
山頂が、近づいてきました〜(嬉)

DSC_3132.JPG
武奈ヶ岳山頂に

DSC_3136.JPG
到着〜!

DSC_3126.JPG
うわぁ〜!

DSC_3138.JPG
誰もいない…。

DSC_3143.JPG
打見山から蓬莱山(第79回)〜、ドドーン!

DSC_3144.JPG
前は、こっちから登ってきたんやねぇ。

DSC_3149.JPG
稜線が、素敵〜(惚)

DSC_3150.JPG
山頂に、戻ります。

DSC_3153.png
1214m、イエーイ!

DSC_3156.jpg
360度の絶景を

DSC_3157.JPG
眺めながら

DSC_3160.JPG
お昼ごはんにします。

DSC_3164.JPG
ごはんの上に、サラダチキンと刻みネギをのせて

DSC_3168.JPG
お茶づけ海苔を投入したら

DSC_3172.jpg
上から、キンキン冷え冷え 氷水を、かけます〜。

DSC_3177.JPG
さっぱりチキンの冷やし茶漬け、完成〜! ヤバッ!これ、めっちゃ美味しい〜!

DSC_3190.jpg
お楽しみは…冷凍ミカン。 シャリシャリカン ト アトアジ ノ スッキリサ ガ サイコウ

DSC_3212.jpg
天空に浮かぶ 湖みたい〜(輝)

DSC_3224.jpg
沖島に、長命寺山から奥島山(第48,58,59,65,70回)〜! ソシテ…ソラカナテラス〜(喜)

DSC_3231.JPG
何度も振り返りながら…下山します。

DSC_3235.JPG
釣瓶岳の

DSC_3240.JPG
山頂をすぎて…

DSC_3247.JPG
登り返した先に〜

DSC_3248.JPG
見渡す限りの

DSC_3249.jpg
絶景が

DSC_3250.JPG
広がります〜!!

DSC_3251.jpg
琵琶湖〜!沖島がちょこっと見えています。

DSC_3252.jpg
蛇谷ヶ峰までのこの景色!ヤバすぎる〜。

DSC_3253.jpg
わけもわからず、涙がこぼれそうになります。

DSC_3254.JPG
こんな景色を眺めながら、歩ける

DSC_3255.JPG
この道!釣瓶岳北尾根っ

DSC_3256.JPG
最っ高―――――!!

DSC_3257.jpg
多景島がこんもりと、かわいい〜。

DSC_3259.jpg
進んでいくと

DSC_3261.JPG
イクワタ峠〜!

DSC_3265.JPG
ここに立つと、比良山系が、Y字を描いているのが、よくわかります。

DSC_3269.JPG
釣瓶岳北尾根からイクワタ峠、そして

DSC_3273.JPG
イクワタ峠北まで…

DSC_3275.JPG
ホントは秘密にしておきたい(笑)…絶景縦走路です!

DSC_3276.JPG
名残りをおしみながら、林の中に入っていきます。

DSC_3285.JPG
あとは、どんどん、くだるだけ〜。

DSC_3293.JPG
今日も無事に下山完了です。

※SNS上で、朽木栃生(とちゅう)バス停裏に駐車可との情報が多数あるが、ギャラリー朽木R367さんの私有地なので駐車は不可。バス停より南の橋を渡り、左折した広場には駐車可。工事が終わると、登山口から少しあがった広場にも駐車可(再開)になるのでは??と。
 ギャラリー朽木R367のオーナーさんはとても親切で、ギャラリーのオープンを翌日(2020/8/20)にひかえているにもかかわらず、快く中に入れてくださり、「手汚れてるんやったら洗っていき。」「山で撮った写真、ええのあったら、ここの壁に貼るし、持ってきてな。」と。お礼がてら、是非また伺いたい。

posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月16日

第95回 八王子山〜三石岳〜衣掛岩 奥宮参道〜大宮谷道周回



今日は、命にかかわる危険な暑さになるらしい(汗) 欲張らず、短めルートで登る…ハズ デシタ(汗)

DSC_3161.JPG
大宮川観光駐車場から、日吉大社にむかい

DSC_3163.JPG
東本宮横の登拝口から

DSC_3166.JPG
八王子山を目指します。 ケッコウ シッカリ ト シタ 坂道 デス

DSC_3168.JPG
八王子山は、日吉大社のご神体山。なので…登山ではなく、登拝です。

DSC_3170.jpg
わぁ〜!琵琶湖〜。朝日を浴びて…めっちゃきれい―――! キラッキラッ

DSC_3173.jpg
琵琶湖大橋のうしろには、沖島、そして、長命寺山から奥島山(第48,58,59,65,70,91回)〜!

DSC_3174.JPG
わっ!おっきい岩〜! …カイダン(汗)

DSC_3175.JPG
八王子山の山上には、日吉大社の奥宮があります。 ミエテ キマシタ〜

DSC_3177.JPG
右が 1595(文禄4)年に建てられた牛尾宮(うしおぐう)、左が 1599(慶応4)年に建てられた三宮(さんのみや)〜。 チナミニ ヒエイザンヤキウチ ハ 1571(元亀2)年

DSC_3201.JPG
間の傾斜角45度の階段は、上の階(かみのきざはし) ト ヨブ ラシイ

DSC_3178.jpg
わぁ〜!

DSC_3183.jpg
わぁ〜!

DSC_3186.jpg
うわっ、オッキー! 大山咋神(オオヤマグイノカミ)が降臨したといわれる磐座・金大巌(こがねのおおいわ)〜。

DSC_3189.jpg
振り返って…うっとり〜(輝)

DSC_3191.jpg
ええ景色やなぁ〜。

DSC_3202.JPG
マークにそって進むと

DSC_3206.JPG
八王子山山頂に到着〜! 神域 ハ タチイリキンシ デス

DSC_3209.JPG
三石岳(みついしだけ)を目指します。

DSC_3211.JPG
わっ!鉄塔の間から、坂本ケーブル ケーブル延暦寺駅が、輝いています。

DSC_3215.JPG
左上の道に進みます。

DSC_3219.jpg
わっ!広場〜。

DSC_3220.JPG
広場からすぐの、ここを、左上に進みます。 ワカリニクッ

DSC_3222.JPG
ホンマにこの道でええん??というような道(笑)を

DSC_3223.JPG
登っていきます。そして…

DSC_3224.JPG
目を疑うような

DSC_3226.jpg
急登が待っています(泣) コノミチ…クダリタク ナイ(汗)

DSC_3227.JPG
登りきると

DSC_3230.JPG
三石岳山頂に

DSC_3232.JPG
到着〜!

DSC_3235.JPG
眺望はありません。

DSC_3236.jpg
山頂をグルっと廻ると…コノ リッパ ナ ミチ ハ ?? 左は山頂に戻るだけでした(笑) 右の道を進んでみます。

DSC_3237.JPG
どこまで、こんなええ道が、続いてるんやろう??

DSC_3238.JPG
どうやら、大宮谷道にでられそうです。 YAMAPニハ ハセン スラ アリマセン

DSC_3239.JPG
踏み跡もあるし

DSC_3240.JPG
マークもあるし…大丈夫そうやね。

DSC_3241.jpg
琵琶湖をチラ見〜。

DSC_3242.JPG
尾根沿いを、延々とくだっていきます。

DSC_3243.JPG
ん?? なにやら、あやしげになってきたけど…(汗)

DSC_3245.JPG
えっ!!この急坂を…くだるの??(驚)

DSC_3246.JPG
大宮川の水の音はするけれど…いったい、どこをどうくだったら正解なのか…(怖)

DSC_3247.JPG
右にルートをとっていくと、なんとかおりられました(泣)

DSC_3249.JPG
振り返って…おりてきた斜面〜(涙)

DSC_3250.JPG
ホッとしたこともあって…とりあえず(笑)

DSC_3256.JPG
靴を脱ぎ(笑)

DSC_3253.jpg
入ります(冷) キャー キモチイイ―

DSC_3254.jpg
ここで…今日のお楽しみっ、冷凍パイナップル〜!

DSC_3257.JPG
う〜ん、美味しい〜。あ〜!なんて贅沢な時間〜。

DSC_3258.JPG
英気が養われたので(笑) 渡渉して

DSC_3260.JPG
大宮谷道を進みます。

DSC_3263.jpg
大宮川のおかげか

DSC_3264.jpg
涼しい〜(嬉)

DSC_3266.jpg
あっ!前(第66回)に 教えていただいた橋〜!

DSC_3267.JPG
もちろん…行きます!

DSC_3269.JPG
衣掛(きぬがけ)岩に、むかいます。

DSC_3270.JPG
わっ!めっちゃ荒れてるやん。 キ ガ タオレタ ン ヤネエ

DSC_3273.JPG
衣掛岩に到着〜! チズ ト バショ ガ チガウ ケレド…

DSC_3276.jpg
コノ ヒョウシキ トハ アッテル(謎)
『逢(あ)のみち、湖(こ)のみち、山歩(さんぽ)みち』ウマイ!(笑)

DSC_3280.jpg
衣掛岩…チズ デ ハ コノ バショ(謎)

DSC_3288.JPG
大宮谷道はここまで〜。

DSC_3289.JPG
延暦寺表参道(本坂)をくだります。

DSC_3295.jpg
鳥居の奥に、八王子山の奥宮〜(輝)

DSC_3303.JPG
「麒麟がくる」まであと2週(笑) 明智光秀一族の菩提寺、西教寺に到着〜!

DSC_3309.JPG
この門は、坂本城門を移築したものらしい(輝)

DSC_3313.JPG
今日も無事に下山完了です。

※大宮川観光駐車場の上、日吉大社鳥居の下にトイレあり。
posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月13日

第94回 蛇谷ヶ峰〜地蔵山 朽木スキー場周回



今日は、比良山系北端にそびえるお山を、縦走します!

DSC_2921.JPG
朽木スキー場の

DSC_2923.jpg
さわらび草原から

DSC_2927.JPG
蛇谷ヶ峰を目指します。

DSC_2928.JPG
水音が心地いい〜。

DSC_2930.JPG
よく整備された

DSC_2932.JPG
つづらおりの道を、登っていきます。

DSC_2933.JPG
ガマガエルが飛び上がってお出迎え(怖) カエル クライ デハ 叫バナク ナリマシタ(笑)

DSC_2937.jpg
琵琶湖が見えてきました〜! アサ ノ 光 ガ キレイ〜

DSC_2940.jpg
見えてくる景色が、ワクワク感をそそります。

DSC_2944.JPG
迷いようのない

DSC_2946.JPG
ストレスフリーな道を、登っていきます。

DSC_2947.jpg
わっ!

DSC_2952.jpg
わぁ〜!(輝) ヘビサン ガ ミエテ キマシタ〜

DSC_2954.JPG
グリーンパーク想い出の森からの道と合流〜。

DSC_2955.JPG
ここから、いっきに高度があがっていきます!

DSC_2957.jpg
キャ―――!へびさん―――!

DSC_2958.jpg
リトル比良(第72回) ドドーン

DSC_2959.jpg
へびさん、超かわいい〜!

DSC_2960.jpg
ヤバイヤバイ、まだ山頂じゃないのに(笑)

DSC_2961.jpg
あと少し〜!

DSC_2972.jpg
蛇谷ヶ峰山頂に

DSC_2974.JPG
到着〜!

DSC_2963.jpg
わぁ〜!360度の絶景です――!

DSC_2964.jpg
へびさんとリトル比良〜!

DSC_2969.jpg
北西、朽木方面〜!

DSC_2982.jpg
イエーイ!

DSC_2985.jpg
いっきにガスが出てきたので、景色はのちほどにして

DSC_2988.JPG
地蔵山を目指します。めちゃくちゃ、くだります(汗)

DSC_2992.JPG
まだまだ、くだります。…トイウコトハ…アトデ マタ ココヲ ノボル ト イウ コトデスネ(汗)

DSC_2993.JPG
比良比叡トレイルの道なので

DSC_2997.JPG
マークがしっかりとあります。

DSC_3079.JPG
滝谷の頭〜!

DSC_3004.JPG
ボボフダ(須川)峠に到着〜!畑(はた)集落からの道と合流〜。

DSC_3006.JPG
アップダウンを繰り返しながら、林の中を進んでいきます。

DSC_3008.JPG
アラ谷峠に到着〜!

DSC_3009.JPG
うわっ!この木、いったい、どうなってるの??

DSC_3014.JPG
ヨコタニ峠に到着〜!ここでも、畑集落からの道と合流〜。

DSC_3015.JPG
静かすぎて…もの寂しい…。 耳ザワリ ナ 虫 ノ オト シカ キコエナイ(泣)

DSC_3017.JPG
わっ!なにここ??

DSC_3018.JPG
車が通れるのかなぁ??

DSC_3023.JPG
地蔵峠に

DSC_3025.JPG
到着〜!

DSC_3026.JPG
この坂を登りきると

DSC_3027.JPG
地蔵山

DSC_3028.JPG
山頂に

DSC_3033.JPG
到着〜!

DSC_3031.jpg
晴れ女パワーにチョット期待していましたが…ナントナント

DSC_3053.jpg
山頂についたとたんに…ガスがドンドン消えていきます(輝) サッキマデ 雨ガ フッテイタ トハ オモエナイ 青空!

DSC_3051.jpg
リトル比良が剱岳のように見えます(笑)

DSC_3056.JPG
地蔵峠からは

DSC_3057.jpg
畑の棚田〜!

DSC_3063.jpg
畑の棚田は、滋賀県内で唯一、農林水産省の“日本の棚田100選”に選定されています。

DSC_3067.JPG
わぁ〜、素敵〜(輝)

DSC_3068.jpg
太陽が照り付けてくると…あんなに静かだった林の中に…鳥がさえずり、セミが鳴き始めます。

DSC_3072.jpg
往路では見られなかった景色が広がります(輝)

DSC_3080.jpg
オブジェのような木〜! ダレカ ツクリ マシタカ??

DSC_3081.JPG
わかっては

DSC_3082.JPG
いたけれど…(汗)

DSC_3083.JPG
蛇谷ヶ峰への

DSC_3084.JPG
登り返し…

DSC_3085.JPG
きっつい―――!

DSC_3086.JPG
あと一息――!
ガスで真っ白だし、先にご飯食べようかなぁとザックをおろした瞬間…

DSC_3088.jpg
またもや…ウソやろ〜!というくらい

DSC_3092.jpg
太陽が顔をだしてくれます(驚) そして…

DSC_3089.jpg
瞬く間に、ガスが消えていきます(輝)

DSC_3091.JPG
この青空〜! チョット コワイ

DSC_3134.jpg
朝は見えなかった比良山系〜。

DSC_3093.JPG
360度の絶景を楽しみながら、お昼ごはんにしま〜す。食パンに

DSC_3098.jpg
マヨネーズであえた、ツナとコーンをたっぷりとのせたら

DSC_3099.JPG
じっくりと焼きます。 できたかなぁ?

DSC_3101.jpg
できた〜!

DSC_3122.jpg
ツナコーンマヨホットサンドの完成〜! う〜ん、美味しい〜!

DSC_3136.jpg
そして…またもや(笑) 冷凍ミカン〜(冷)

DSC_3141.JPG
お腹も心も、満たされたので(笑)…スキー場方面に下山します。

DSC_3145.JPG
さわらび草原からの道に比べると、かなりの急坂です。そして

DSC_3146.JPG
ズルズルと滑りやすい(汗) でも…

DSC_3148.jpg
ビックリするくらい、アッという間に、おりてこられます(笑)

DSC_3149.jpg
林の中にいる間…雨が降っていたのに…ナントッ

DSC_3153.jpg
スキー場に出たとたん、やんでくれます(驚) ヌレナイ ワタシ(笑)

DSC_3155.jpg
わぁ〜!琵琶湖〜。

DSC_3156.JPG
今日も無事に下山完了です。

※朽木スキー場リフト乗り場と駐車場との間にトイレあり。アブ・ブヨその他、無数の虫が、身体の周りを飛び廻る。地蔵山山頂は特にひどい。
posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月10日

第93回 金勝アルプス 北峰縦走線〜落ヶ滝線〜北峰縦走線〜新十九道〜十九道

1007.jpg

今日は山の日。昨年の山の日は…北アルプス 劔岳だったなぁ(懐)。今年は、どこにしよう…。
北アルプスでも南アルプスでもないけれど…私が山に登るきっかけとなった場所…金勝アルプスにします!

DSC_3152.jpg
金勝アルプスは、6回目(プロローグ2,第4,7,18,40回)。
横ヶ峯展望所からは、めちゃくちゃ幻想的な景色が広がっています。

DSC_3154.JPG
馬頭観音堂前から、出発します。

DSC_3155.JPG
ここに連れて来てもらってなかったら…今ごろ、何してたかなぁ…なんて考えているうちに…

DSC_3163.jpg
竜王山に

DSC_3159.JPG
到着〜!

DSC_3161.jpg
穏やかな琵琶湖に、浮かぶように見える比良山系。三上山(近江富士:第10回)に、菩提寺山(甲西富士:第71回)、そして、奥島山(第48,58,59,65,70回)〜。ステキスギル〜

DSC_3170.JPG
茶沸観音様〜。ペコリ

DSC_3175.jpg
耳岩に到着〜!

DSC_3178.JPG
キタ――! 岩にロープ〜(嬉) テンション アガル〜

DSC_3179.JPG
わぁ〜(輝)

DSC_3201.JPG
あっという間に…天狗岩に到着〜!

DSC_3187.JPG
わっ!ロープが新しくなってる〜(輝)

DSC_3188.JPG
キャ―!誰もいない(笑) イツモ ジュウタイ スル トコロ

DSC_3189.JPG
ここに来るのに…手間どってたよなぁ…。

DSC_3192.JPG
人は…成長する生き物です(笑)

DSC_3199.JPG
天狗岩〜(輝)

DSC_3198.jpg
貸し切りです〜! ゼイタク〜

DSC_3197.jpg
朝は、こんなに幻想的な景色なんやねぇ…。

DSC_3200.jpg
原点回帰―――!

DSC_3202.jpg
落ヶ滝を目指します。

DSC_3204.JPG
アスレチック感満載〜!

DSC_3205.JPG
景色最高〜!

DSC_3206.JPG
色々な名前がつけられそうな岩〜!

DSC_3211.JPG
8時を過ぎると、ジリジリと太陽が照り付けてきます。

DSC_3213.JPG
シダのジャングルは…湿度が高い(汗)

DSC_3222.JPG
行き過ぎて…引き返す(泣)

DSC_3224.jpg
落ヶ滝に到着〜! ココ モ カシキリ〜

DSC_3225.JPG
とりあえず…顔洗って、頭からかぶる(笑) イツカラ コンナ コト スル ヒト ニ ナッテ シマッタ ノ ダロウ…

DSC_3226.JPG
足水〜(冷) ヒエヒエ ニ ナル ト ゲンキ カイフク(笑)

DSC_3230.JPG
鶏冠山を目指します。

DSC_3233.JPG
回復した元気って…一瞬で奪われるもんやね(笑)

DSC_3235.JPG
子鶏冠山って…こんなに遠かったっけ??(汗)

DSC_3236.JPG
子鶏冠山に

DSC_3241.JPG
到着〜!

DSC_3238.JPG
中央競馬会のトレーニングセンター、ドドーン!

DSC_3244.JPG
鶏冠山に

DSC_3246.JPG
到着〜!

DSC_3253.JPG
北アルプス 燕岳のイルカ岩ならぬ…金勝アルプスのイルカ岩(笑) バッタモン ポイ カンジ ガ チョウド イイ

DSC_3254.JPG
いい景色〜(輝)

DSC_3255.JPG
十九道ダムを目指します。

DSC_3260.JPG
一旦、舗装路に出て

DSC_3261.JPG
お向かいから、入っていきます。

DSC_3263.JPG
わぁ〜!十九道ダムに、到着〜!

DSC_3264.JPG
ハイキングコースを進むと

DSC_3267.jpg
キャ―――!きた――!エメラルドグリーンの池〜。

DSC_3298.JPG
この美しい池を眺めながら、お昼ごはんにします。

DSC_3274.jpg
バターを塗った食パンに

DSC_3279.jpg
たっぷりきなこと、クリームチーズをのせたら

DSC_3280.JPG
じっくりと焼きます。できたかなぁ?

DSC_3282.jpg
できた〜!

DSC_3286.jpg
きなこクリームチーズホットサンド 完成〜!

DSC_3294.JPG
そして…冷凍みかん〜(冷) う〜ん、美味しい〜!

DSC_3301.JPG
白糸の滝〜!

DSC_3311.JPG
ここから、旧十九道に入っていきます。

DSC_3314.JPG
この道は、涼しいけれど…

DSC_3315.JPG
シダ茂りすぎ〜(泣)ってところが多い。

DSC_3320.JPG
白石峰に到着〜!竜王山方面に戻ります。

DSC_3329.JPG
ここは、これから先もず〜っと…私の原点回帰の場所。

DSC_3330.JPG
山の日に…この場所に来られたことに、感謝!
そして、初めに、私をここに連れて来てくれたヤマトモに感謝!

DSC_3332.JPG
今日も無事に、下山完了です。

※馬頭観音堂前駐車場・十九道ダムに簡易トイレあり。
posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月08日

第92回 松尾山〜嵐山〜烏ヶ岳〜新烏ヶ岳〜沓掛山 京都一周トレイル(西山)〜林道西芳寺谷線周回

986.jpg

もうすぐ山の日(輝) その前に…日頃からお世話になっている お山の神様に、お参りに行ってきます。

DSC_2921.JPG
苔寺として親しまれている西芳寺(さいほうじ)を、さらに進むと

DSC_2924.jpg
山の神さんが、おられます(祈)

DSC_2923.jpg
1906(明治39)年までは、山の神神社があったらしい。村人たちは、山の神さんに、仕事の安全を祈願するとともに、山の恵みに感謝してから、山仕事に出かけたのだとか。ナルホドー

DSC_2925.JPG
まずは、松尾山を目指します。

DSC_2926.JPG
うわっ! 京都って感じ〜(笑)

DSC_2930.JPG
ここは、京都一周トレイル西山コースです。

DSC_2934.jpg
わっ!ひらけた〜!

DSC_2937.JPG
8月5日 京都市では

DSC_2938.jpg
今夏初の猛暑日を記録しました(暑)

DSC_2939.jpg
今日は、カンカン照りにならなくて…いいからね(笑)

DSC_2948.jpg
分岐に

DSC_2942.jpg
到着〜!

DSC_2947.jpg
ここから

DSC_2949.JPG
松尾山山頂に、むかいます。

DSC_2950.jpg
よく整備された道です。

DSC_2951.JPG
わっ!見えた〜!

DSC_2952.jpg
松尾山山頂に

DSC_2953.jpg
到着〜!

DSC_2959.JPG
次は、嵐山をめざします。

DSC_2960.JPG
岩です〜(嬉) イッシュン デ オワリ マシタ(笑)

DSC_2961.JPG
嵐山という名の山があるなんて…お山に登るようになるまで、知らなかった(汗)

DSC_2963.jpg
しかも…そこには、嵐山城というお城があったらしい。

DSC_2964.JPG
右の道を進みます。ここが、嵐山城の曲輪(くるわ)下らしい。

DSC_2966.jpg
結構しっかりとした登りです(汗)

DSC_2970.jpg
嵐山山頂に、そして

DSC_2972.JPG
嵐山城址に到着〜!

DSC_2968.JPG
嵐山城は、1497(明応6)年、管領・細川政元の重臣であった山城国下郡守護代・香西(こうざい)元長によって築かれたお城。

DSC_2974.jpg
木々の間からの眺望〜。

DSC_2975.JPG
次は、烏(からす)ヶ岳を目指します。ノボリ ガ キュウ ナラ クダリ モ キュウ デス(汗) ロープ ハ ツカワナクテモ ダイジョウブ

DSC_2978.JPG
山頂を通らない方の道に行ってしまい(汗)…道なき道を、登り返したけど(笑)

DSC_2979.JPG
烏(からす)ヶ岳山頂に、到着〜!

DSC_2981.jpg
眺望はありません。

DSC_2983.JPG
この図は、よくできた図です(輝)

DSC_2986.JPG
次は、新烏ヶ岳を目指します。

DSC_2991.JPG
こっちの道に行くと…林道西芳寺谷線17号橋にでるようです。

DSC_2992.JPG
わぁ〜、ベンチ〜。 ココカラ サキ…アンナイ ガ ナクナリマス(汗)

DSC_2994.jpg
観光地のすぐそばに、こんなお山があったんやねぇ。

DSC_2998.JPG
分岐に到着〜!左の道を

DSC_3001.JPG
進んでいきます。

DSC_3004.JPG
ピークらしきところを目指して道なき道を進むと…新烏ヶ岳山頂に到着〜!

DSC_3005.JPG
うわっ!スゴッ

DSC_3006.JPG
進んでいくと

DSC_3009.jpg
山の神様の祠です〜!

DSC_3012.jpg
登っていきます。

DSC_3013.JPG
1月は朝に、5月は昼に、9月は夕に、山の神様が木の数を数えられるのだそう。山に入っていると、木と間違って数えられ、山から帰って来られなくなるのだとか。コワッ

DSC_3014.jpg
山の神様は…男根がお好きなのだそう(驚)

DSC_3022.jpg
エッ! コレって…トラレルノ??

DSC_3021.jpg
山で物をなくした時は、男根を露出しながら探すと、山の神様が喜んで、みつけさせてくださるのだそう。ブラブラしてる人を見かけたら、警察に電話する前に「何かお探しですか?」と聞いてあげよう(嘘)

DSC_3025.JPG
沓掛山を目指します。

DSC_3027.JPG
なんだか道が、荒れてきました。

DSC_3028.JPG
リボンに沿っていくと…道をはずれていきます(汗)

DSC_3031.JPG
尾根まで登り返します(泣)

DSC_3032.JPG
しばらく歩くと…また

DSC_3033.JPG
道から はずれています(汗)

DSC_3034.JPG
やっと、人の手が加わったようの道がでてきました〜(嬉)

DSC_3036.JPG
わっ! ベンチ〜(輝)

DSC_3048.JPG
愛宕山展望ベンチに到着〜!

DSC_3042.jpg
愛宕山(第76,89回)…隠れています。

DSC_3049.JPG
愛宕山展望ベンチでお昼ごはんにしようかと思っていたけれど…まだ10時なので

DSC_3050.JPG
先に、進みます!

DSC_3051.JPG
なにがどうなっているのかわからないくらい、複雑に絡み合っています(笑)

DSC_3052.JPG
この辺は、整備が行き届いています〜(嬉)

DSC_3054.JPG
いよいよ、沓掛山山頂が近づいてきました。

DSC_3055.jpg
えっ?? どう考えても…ココ、山頂じゃないよね(笑)

DSC_3057.JPG
沓掛山山頂に

DSC_3059.JPG
到着〜!

DSC_3060.JPG
眺望はありませんが、広場になっています。

DSC_3062.JPG
おお――! 唐櫃越〜。

DSC_3066.JPG
1582(天正10)年6月2日、織田信長を襲撃したするために

DSC_3067.JPG
三隊に分けられた明智光秀軍のうちの一隊が、本能寺へむかった道。

DSC_3068.JPG
ここから、水晶谷に

DSC_3069.JPG
入っていきます。

DSC_3070.JPG
親切なロープが

DSC_3071.JPG
続きます。

DSC_3072.JPG
谷におりると

DSC_3073.JPG
なんだか寂しい雰囲気ですが…

DSC_3075.jpg
水と

DSC_3077.JPG
苔と緑に

DSC_3078.JPG
癒されます〜。

DSC_3080.JPG
木々の隙間の光に、照らしだされる橋(輝)

DSC_3081.jpg
これは…橋じゃないよね(笑) ベンチやんね?? 振り返ると…

DSC_3082.jpg
水晶谷〜!

DSC_3094.jpg
わぁ〜(嬉) 石のテーブルもいっぱいあるし、ここでお昼ごはんにします!

DSC_3091.jpg
今日のお昼は…冷奴に、枝豆に、冷凍みかん〜! シャクネツ ジゴク ヲ ソウテイ(笑) エダマメ トマラナイ〜! そして…冷凍みかん、最高―――!コレ ハ 夏ノ ヒツジュヒン ニ シマス

DSC_3095.JPG
水があると、手が洗えて便利です。トク ニ エダマメ(笑)

DSC_3096.jpg
ひんやり、のんびり休憩したら…下山です。

DSC_3097.jpg
6号橋が見えてきました〜。

DSC_3104.jpg
西芳寺川沿いを

DSC_3106.JPG
くだっていきます。

DSC_3110.jpg
水飲み場に到着〜! 樋(とい)の中の落ち葉…掃除しておきました(笑)

DSC_3111.jpg
水の音が気持ちいい〜(好)

DSC_3115.jpg
西芳寺川古墳にむかいます。

DSC_3116.JPG
古墳時代後期の円墳(直径17m)〜!

DSC_3118.JPG
横穴式石室です〜(輝)

DSC_3124.jpg
こっちにも2つ〜。

DSC_3120.JPG
右の円墳(直径15m)の石室〜。

DSC_3121.JPG
左の円墳(直径14m)の石室〜。

DSC_3125.jpg
古人のベンチ〜。

DSC_3126.JPG
そうやんね、ここって、遠い昔の方の墓地やもんね。

DSC_3127.jpg
滝を愛で

DSC_3128.JPG
水の流れに癒されながら、進んでいくと

DSC_3131.JPG
ペロペロの谷に到着〜! 事故や災害時、場所を確定するために、地名看板が設置されています。

DSC_3135.JPG
一本杉西の谷〜。

DSC_3137.JPG
一本杉東の谷〜。

DSC_3142.jpg
ここに立つと…涼しくて気持ちいい〜(快)

DSC_3146.JPG
今日も無事に下山完了です。

posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月01日

第91回 姨綺耶山(津田山・奥島山)

818.jpg

長かった梅雨が明けました〜!今日は午後からしか、身動きがとれない(汗) 晴れた日の午後といえば…やっぱり…あそこかなっ! “空奏テラス”って勝手に(笑)名前をつけてから…ちょうど6ヶ月目に入ったのを記念??して…(笑)

DSC_0001.JPG
いつもの登山口から出発します!(第48,58,59,65,70回)

DSC_0002.JPG
なんだか

DSC_0003.JPG
立入禁止テープが

DSC_0004.JPG
増えています。

DSC_0005.JPG
長命寺山山頂はスルーです(笑)

DSC_0006.JPG
青々と茂るシダ〜! 盛夏ヤモンネ

DSC_0007.JPG
ここに水が流れてたら、最高やのになぁ…。

DSC_0008.JPG
アマテラスオオミカミ サマ ペコリ

DSC_0010.jpg
どなたかが作ってくださった

DSC_0009.jpg
看板も…年季が入ってきました〜(輝)

DSC_2920.jpg
キャ―――!来ました―――!

DSC_2927.jpg
空奏テラス―――!!

DSC_2930.jpg
中毒性のある

DSC_2928.jpg
この景色〜(輝)

DSC_2924.jpg
あぁ〜、やっぱり、ここが好き〜(恋)

DSC_2925.jpg
この絶景を眺めながら、お昼ごはんです〜。

DSC_2932.jpg
冷凍チャーハンを、もりもりして

DSC_2935.JPG
両面じっくりと焼きます〜。ジュージュー

DSC_2939.JPG
半熟目玉焼きを焼いて

DSC_2946.jpg
炒飯の上にのせたら…半熟たまごのせ炒飯の完成〜!

DSC_2954.jpg
う〜ん、美味しい〜!

DSC_2963.jpg
空奏テラスには、青空があいます(輝)

DSC_2965.JPG
冷え冷えゼリーを食べながら、のんびりと過ごしていると…ケトルクッカーの蓋がぁ!!岩の隙間に…コロコロ―(泣) ギャー ビミョウニ トドカナイ〜。タマタマ居合わせたというだけで…ワタシに無茶な依頼をされたオニイサマ(笑) ブジニ蓋を救出してくださいました〜(嬉) ホントウ ニ アリガトウゴザイマシタ

DSC_2972.jpg
空奏テラスは…夕方になるほど、素敵です〜!

DSC_2974.jpg
比叡山系から比良山系〜(輝)

DSC_2975.jpg
この静寂感といい…やっぱりここは…全てが、たまりません〜(恋)

DSC_2978.jpg
名残りを惜しみながら、先に進みます。

DSC_2979.JPG
アメノミナカヌシノミコト サマ ペコリ

DSC_2981.JPG
姨綺耶山(津田山・奥島山)山頂に、到着〜!

DSC_0020.jpg
あとは一気に下山して…今日も無事に下山完了です。

※私の蓋の救出時に、一緒に救出されたmont-bellの蓋。空奏テラスに置いておこうかと思いましたが、また落ちそうなので、持ち帰りました。つけ置きして何度も洗ったら、きれいになりました(輝) お心あたりの方、おられましたら、YAMAPにコメントいただけたらと思います。
820.jpg
posted by SORA at 20:08| 登山