2020年06月26日

第83回 信長首洗池〜南禅寺山〜大日山〜神明山〜粟田口刑場跡〜明智光秀の塚

Screenshot_20200626-093942.png

昨日からまた梅雨空…(涙) 雨が降る前に帰ってこられるルート(←ガンボウ)を必死に考案(笑) マタ 光秀シリーズ デ ス(笑) キリンガクル ハヤク サイカイ シナイカナア 
1582(天正10)年6月2日本能寺で主君 織田信長を襲撃した明智光秀は、6月13日山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れ、坂本城を目指す途中の明智藪で最期を迎えました。ダイ80-81カイ ノ オサライ(笑) 胴の行方までは追ったので、今日は首の行方を追います!

DSC_2621.jpg
まずは、織田信長の首を洗ったとされる、信長首洗池から出発します。
ここは、本能寺(跡)から東に50m、元々は後鳥羽上皇御所があった場所です。本能寺の変を聞きつけた 蓮台山 阿弥陀寺(あみだじ)の清玉上人(せいぎょくじょうにん)は、僧徒を引き連れ駆けつけたものの、本能寺は、光秀の軍勢に取り囲まれており、辛うじて中に入れた時には、すでに信長は亡くなっていたのだとか。阿弥陀寺へ持ち帰る前に、この池で、洗われたのでしょうか??

DSC_2623.jpg
ねじりまんぽ から、南禅寺にむかいます。“まんぽ”とは、トンネルのことです。

DSC_2625.jpg
異次元空間への入口 みたいな感じがします(輝) トンネルの上に敷かれたインクラインの重みに耐えられるよう、内壁のレンガが、斜めに巻かれています。スゴーイ

DSC_2626.jpg
臨済宗大本山 南禅寺に到着〜!

DSC_2628.jpg
石川五右衛門の名台詞で有名な 三門〜!

DSC_2629.jpg
キャ―――!見えてきた〜(嬉)

DSC_2633.jpg
疎水水路閣に到着〜! 1888(明治21)年に作られた、全長93.2m、高さ9mのアーチ型橋脚の水道橋。

DSC_2635.jpg
サスペンスドラマでは、犯人が自白する場所です(笑)

DSC_2636.JPG
駒ヶ瀧 最勝院にむかいます。

DSC_2640.jpg
疎水水路閣の上には

DSC_2639.jpg
琵琶湖からの水が通っています(輝) マザーレイク ビワコ アリガタヤ〜

DSC_2641.jpg
最勝院に到着〜!サルスベリ ノ キ ニ ハエタ 縁結びの松〜。

DSC_2642.JPG
やっと、山に入った感じがします(笑)

DSC_2643.JPG
なんだか ちょっと

DSC_2644.JPG
おどろおどろしい雰囲気です。

DSC_2645.JPG
奥の院駒ケ滝に到着〜!

DSC_2647.JPG
独特の空気感があって…これ以上、近づけません(怖) お参りに来られた方に伺うと、子どもの事を祈願するところなのだとか。大日如来と厳島弁財天が祀ってあるそうです。

DSC_2648.JPG
滝の上の道を

DSC_2650.jpg
進んでいきます。

DSC_2651.jpg
倒木も、アーチのオブジェのよう(輝)

DSC_2652.JPG
若王子山(にゃくおうじやま)分岐に到着〜!右の道を

DSC_2653.JPG
進んでいきます。

DSC_2657.jpg
苔もいい感じ〜。

DSC_2659.JPG
桜花苑・熊野若王子神社分岐に到着〜!

DSC_2661.jpg
右の道を進んでいくと

DSC_2662.JPG
京都一周トレイルに合流〜!左に行くと大文字山(第29回)です。

DSC_2666.JPG
右に進み

DSC_2668.JPG
大日山を目指します。

DSC_2688.JPG
わっ!展望所―――!

DSC_2680.jpg
キャ―――!ウソミタイニ 晴れてきた――! ダレカ ミテマシタカ??(笑) メッチャ アオゾラ ヤン〜(輝)

DSC_2675.jpg
右手前に平安神宮大鳥居〜!真ん中にズドーンと御池通〜!その右には京都御苑、そして信長を祀る建勲神社のある船岡山(第74回)〜!

DSC_2682.jpg
吉田山(第74回)、ドドーン! 眺望期待してなかっただけに、めっちゃ嬉しい〜(喜)

DSC_2686.jpg
ハートの額縁〜! ジカン ツカイスギ〜(笑)

DSC_2689.JPG
あれっ?? 大日山の山頂看板…見落としたカナ(汗) マッ イイカ(笑)

DSC_2690.JPG
七福思案処(しちふくしあんどころ)へむかいます。

DSC_2692.jpg
わっ!また眺望〜(輝)

DSC_2696.jpg
山科方面〜!

DSC_2700.JPG
わぁ〜(喜)

DSC_2701.jpg
いい感じの

DSC_2702.JPG
道〜! ルンルン〜

DSC_2704.jpg
ん?? 展望所?

DSC_2706.jpg
おおぉ〜!目の前にも〜

DSC_2711.jpg
ジャ―ン!

DSC_2714.JPG
この道

DSC_2717.jpg
ええわぁ(好)

DSC_2718.JPG
くだっていくと

DSC_2719.JPG
七福思案処に到着〜! オミセ ミタイナ ナマエヤネ

DSC_2722.JPG
神明山(しんめいやま)を目指します。

DSC_2726.JPG
けっこう急な坂を

DSC_2727.JPG
登っていくと

DSC_2728.JPG
神明山山頂に

DSC_2729.JPG
到着〜!

DSC_2730.JPG
眺望はありません。

DSC_2736.JPG
伊勢神宮遥拝所?? 行ってみま〜す。

DSC_2737.jpg
ホ〜(驚) 伊勢の方向を向き、遥かに伊勢神宮を拝む場所。

DSC_2740.jpg
伊勢神宮遥拝所からの眺望〜(輝)

DSC_2742.JPG
戻って、日向(ひむかい)大神宮にむかいます。

DSC_2745.JPG
日向大神宮に到着〜!第23代天皇 顕宗(けんぞう)天皇の御代(485〜487年)、筑紫(つくし)の高千穂の峯の神蹟を移して、創建されたのだとか。

DSC_2751.JPG
天津彦火瓊々杵尊(アマツヒコホニニギノミコト)と天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)を御祭神とする外宮(げく)(祈)

DSC_2752.JPG
匂玉(まがたま)池で、なんとなく空気が変わります。フシギ

DSC_2753.JPG
天照大御神(アマテラスオオミカミ)と宗像三女神(ムナカタサンジョシン)を御祭神とする内宮(ないく)(祈)

DSC_2755.JPG
天の岩戸にむかいます。

DSC_2756.JPG
天の岩戸くぐり??

DSC_2757.JPG
ちょっと怖い…(汗)

DSC_2758.JPG
開運厄除けの神様(祈)

DSC_2760.JPG
でてきました〜。ホッ

DSC_2762.JPG
九条山(地名)に

DSC_2763.jpg
むかいます。

DSC_2765.JPG
九条山 車石に到着〜!

DSC_2764.JPG
江戸時代、京都周辺の三街道には、人や馬が通る道とは別に、牛車が通る車道があったのだとか。そこに二列に敷かれた花崗岩の石を、車石と呼んだのだそう。

DSC_2770.JPG
粟田口刑場跡に到着〜!

DSC_2773.JPG
光秀の首は、胴とつなぎあわされ、光秀の重臣 斎藤利三(としみつ)とともに、ここにさらされたのだそう。

DSC_2777.JPG
明智光秀の塚にむかいます。

DSC_2778.JPG
こんな街中に、アオサギが!(驚)

DSC_2780.JPG
路地を入っていきます。

DSC_2781.JPG
明智光秀の塚に到着〜!

DSC_2784.JPG
粟田口でさらされたご遺体は

DSC_2786.JPG
再び、首と胴とにわけられたのでしょうか??

DSC_2787.jpg
命がけで世の中を変えようとしてくださった先人に…尊敬と感謝の念を込めて…祈

※南禅寺参拝者用駐輪場を利用。南禅寺・日向大神宮にトイレあり。
posted by SORA at 20:06| 登山

2020年06月20日

第82回 三郎ヶ岳〜呉弥山〜御蔭山

Screenshot_20200620-161505.png

今日行くことに決めていたお山…なんと…なんと…昨晩、たまたま見たサイトで…6月8日から20日まで、補修作業のため立入禁止だとぉ―。ぃえ――!!モウ 22:30 ナンヤケド…(汗) まあ、行ってから知るより、よかったか…(泣) 急遽、行先変更で〜す。

DSC_2622.JPG
水鳥公園駐車場から、三郎ヶ岳登山口にむかいます。

DSC_2626.jpg
防獣フェンスを開けて

DSC_2629.JPG
マークをたどりながら

DSC_2632.JPG
進んでいきます。

DSC_2635.jpg
のどか〜。

DSC_2636.jpg
けっこう急な坂を

DSC_2638.jpg
登っていきます。

DSC_2640.jpg
途切れなくマークがついているので、ストレスフリーです(笑)

DSC_2645.jpg
わっ、なんか見えてきた〜。

DSC_2647.jpg
キャ―――!

DSC_2655.jpg
ここは

DSC_2661.jpg
パラグライダーの

DSC_2666.jpg
離陸基地です〜!

DSC_2658.jpg
180度の絶景が

DSC_2659.jpg
広がります。

DSC_2684.jpg
キャ――!ここから飛び立つんやねぇ〜(輝) キモチイイ ヤロウ ナア

DSC_2728.jpg
平の沢池の下池・中池に、上池〜!左奥には、行者山〜!その奥には半国山(第77回)〜!ステキ〜

DSC_2733.jpg
あとで登る呉弥山(ごややま)〜!

DSC_2676.jpg
この絶景を眺めながら、朝Cafeしま〜す(嬉)

DSC_2689.jpg
食パンにバターを塗ったら

DSC_2696.jpg
黒豆とクリームチーズをのせて

DSC_2698.jpg
じっくりと焼きます。 ワクワク

DSC_2705.jpg
できたかなぁ? ウ-ン イイ ニオイ〜

DSC_2714.jpg
クリームチーズ黒豆のホットサンド、完成〜! う〜ん、美味しい〜!

DSC_2735.jpg
景色と珈琲を堪能したら…名残りを惜しみながら

DSC_2738.JPG
三郎ヶ岳山頂にむかいます。

DSC_2739.JPG
左の道を

DSC_2740.JPG
進んでいくと

DSC_2742.JPG
わっ、なんかひらけた〜。

DSC_2744.JPG
ん??

DSC_2748.jpg
三郎ヶ岳山頂に

DSC_2745.JPG
到着〜!

DSC_2751.JPG
眺望は、ありません。

DSC_2753.JPG
マークをたどりながら、くだっていくと

DSC_2756.jpg
あれって、愛宕山(第76回)やんねっ??(輝)

DSC_2758.JPG
歩きやすい道です。

DSC_2759.JPG
ん?? 『↑正面、三郎ヶ岳』って……木が茂りすぎ〜(汗)

DSC_2760.JPG
少し進んだところから、ようやく見えました(笑)

DSC_2762.jpg
いい道やね〜。

DSC_2767.jpg
案内板もマークもしっかりあって、登りやすいお山やのに、なんでYAMAPにルートないんやろぉ…。

DSC_2770.JPG
展望所??

DSC_2772.JPG
京都府立南丹高校が見えます。

DSC_2774.JPG
どんどん

DSC_2776.JPG
くだっていくと

DSC_2779.JPG
三郎ヶ岳登山口に出てきました〜。

DSC_2788.JPG
呉弥山にむかいます。

DSC_2790.jpg
キャ―――!きれい〜(輝) 牛松山(第80回)〜!

DSC_2792.JPG
下池(東側)〜!ハスの花、もう咲いているのもあるねぇ(輝)

DSC_2793.jpg
華島の妖精…らしい(笑)

DSC_2794.JPG
下池(西側)に、奥が中池〜!

DSC_2795.JPG
とある方のレポによると…呉弥山へは、池尻天満宮の拝殿の左から登れるらしい。

DSC_2797.JPG
ここかな??

DSC_2799.jpg
しばらく進んでみますが…防獣フェンスに阻まれ……あきらめます(泣)

DSC_2800.JPG
呉弥山の東側にある 多賀・金刀比羅・秋葉社に、行ってみます。スゴイ ナマエ ノ ジンジャ ヤネ 

DSC_2802.JPG
わっ!道あるやん〜(輝) アキラメテイマセン(笑)

DSC_2803.JPG
拝殿の左の道を、進んでいきます。

DSC_2806.JPG
途中から、道らしき道はなくなりますが

DSC_2808.jpg
迷うことなく、登っていけます。

DSC_2809.JPG
わっ、なんか見えてきた〜。

DSC_2810.JPG
廃墟でした。ナニニ ツカワレテ イタ ノカナア 呉弥山山頂に

DSC_2811.JPG
到着〜! 眺望は、ありません。

DSC_2813.JPG
道なき道をぬけると

DSC_2814.JPG
道がでてきます〜(笑)

DSC_2816.jpg
上池に到着〜!

DSC_2818.JPG
ここから、水鳥の道に抜けようと思っていたけれど…立入禁止でした(汗)

DSC_2819.JPG
ガーン!! 中池と下池の間の道も、立入禁止でした(泣) 大まわりついでに…日本一の縁結び(ホンマ??)出雲大神宮まで、歩くことにします。

DSC_2821.jpg
千歳車塚古墳に到着〜!6世紀前半(古墳時代後期前半)に造られたとされる前方後円墳で、倭彦王(やまとひこのおおきみ:第14代仲哀(ちゅうあい)天皇5世孫)の墓とする説が有力らしい。

DSC_2823.JPG
出雲大神宮は、スピリチュアルカウンセラー江原啓之や風水師Dr.コパらが

DSC_2825.JPG
“京都一のパワースポット”として紹介してから、急激に参拝者が増えたのだとか。シラナカッタ

DSC_2827.jpg
出雲大神宮に到着〜!

DSC_2840.jpg
フランス“聖ルルドの泉”と同じ、正六角形の水結晶をもつ“真名井の泉”
古来より、御神体山 御蔭山から絶えず湧き出ている清き霊水なのだとか。

DSC_2843.JPG
国常立尊(クニノトコタチノミコト)がお鎮まりになる御神体として、この山が信仰されていたのは、社殿創建より1万年以上前なのだとか。ソウゾウ ガ ツカナイ(汗)

DSC_2846.JPG
パワースポットに入っていきます。シンセイナ バジョ ナノデ ショウサイ ハ アエテ ノセマセン

DSC_2851.jpg
ここからは、たすきが必要です。

DSC_2853.JPG
なんともいえない不思議な空気感を味わえます。

DSC_2854.JPG
御神座 磐座群があります。アリガタイ パワーヲ イタダキ マシタ

DSC_2862.JPG
島根県の出雲大社は、明治時代初期まで杵築(きづき)大社と呼ばれており、江戸時代末までは“出雲の神”といえば、ここを指していたのだとか。それゆえに“元出雲”とも呼ばれているのだそう。ナルホド〜

DSC_2866.JPG
弁財天社と御神体山 御蔭山〜!

DSC_2872.jpg
三郎ヶ岳が見えてきました〜。パラグライダー離陸基地も見えます〜(輝)

DSC_2873.jpg
中池に、呉弥山〜!

DSC_2874.jpg
水鳥公園駐車場に戻ってきました〜!今日も無事に下山(?)完了です〜。

※水鳥公園駐車場、出雲大神宮にトイレあり。
posted by SORA at 20:06| 登山

2020年06月13日

第81回 大岩山〜明智藪〜胴塚〜小栗栖城跡〜本経寺

Screenshot_20200613-133906.png

1582(天正10)年6月13日は、山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れた明智光秀が、勝龍寺城から坂本城を目指す途中の小栗栖で、織田信長の近臣に討たれた日。梅雨入りしてしまったけれど…どうせ行くなら、今日やんね!

DSC_2621.JPG
明智光秀の供養塔のある本経寺から、まずは大岩街道登山口にむかいます。

DSC_2625.jpg
小栗栖(おぐりす)の住宅街をぬけると

DSC_2626.jpg
弘法大師杖の水に到着〜!

DSC_2627.jpg
弘法大師は、この道を何度も通って法淋寺や醍醐寺に行かれたのだそう。その際、杖の先で掘られた穴から、神泉が湧き出てきたのだとか。スゴッ

DSC_2628.jpg
登っていくと

DSC_2631.jpg
キャ――! 時代劇の中に入ったみたい〜。

DSC_2633.jpg
明智光秀も通った道。 思いをはせながら、歩きます。

DSC_2634.jpg
京都1周トレイル&深草トレイルに合流〜!

DSC_2637.jpg
これって…中生代(約2億5217万年前〜約6600万年前)の海底に堆積した丹波層群カナア??

DSC_2638.jpg
太陽光発電〜! ミツヒデ ガ ミタラ ビックリ スル ダロウ ナア(笑)

DSC_2657.jpg
キャ―――! 天王山に、伏見桃山城〜!

DSC_2655.jpg
光秀は、天下分け目の天王山で戦ったあと、ここを通って、坂本城へむかったんやねぇ。シミジミ

DSC_2659.jpg
大岩山展望所に到着〜! ここは、知る人ぞ知る京都の穴場夜景スポット(輝) マサカ アルイテ ノボル ヒガ クルナンテ オモッテモ ミナカッタ(笑)

DSC_2660.jpg
左奥には、あべのハルカス〜! 今日って…大雨予報じゃなかったっけ??(笑)

DSC_2641.jpg
正面に半国山(第77回)〜! そして、嵐山から、光秀が信仰した愛宕山(第76回)〜! ヤバイヤバイ マダ シュッパツチテン ニ ツイテナイノニ ジカン ツカイスギ(汗)

DSC_2666.JPG
とりあえず(笑)…麓まで、おりてきました〜!

DSC_2667.JPG
大岩街道登山口〜(嬉)

DSC_2668.JPG
では、あらためて…大岩山に登ります(笑)

DSC_2670.JPG
深草山の主峰である大岩山は、

DSC_2671.JPG
徳川家康上洛の際、乗馬の飼草(かいぐさ)をまかなったことから、御草山とも呼ばれるらしい。

DSC_2673.jpg
わっ!滝〜(輝)

DSC_2674.JPG
6月2日本能寺の変、そして、6月13日山崎の戦い

DSC_2676.JPG
心も体も、きっと、疲れ果ててただろうなぁ…。

DSC_2678.JPG
マムシ(怖)…出てきませんように(祈)

DSC_2679.JPG
橋を渡ると

DSC_2680.jpg
池に到着〜! ミズノ ナカカラ ナニカガ トビハネマス(怖)

DSC_2682.jpg
光秀は、この池に武具を沈めたのだとか。 ミツケタラ オタカラ ヤネ

DSC_2683.JPG
白姫龍神大神様〜。

DSC_2685.JPG
わぁ――! すご〜い(輝) 京都出身の日本画家 堂本印象が寄進した大鳥居(第一鳥居)〜!

DSC_2686.JPG
印象の母は、幼い頃から病弱だったわが子の健康を願い、熱心に大岩神社に通われたのだそう。病気平癒と母への感謝の気持ちとして、1962(昭和37)年に寄進されたのだとか。

DSC_2687.JPG
大岩神社は、難病、特に心の病や、昔は不治の病であった結核平癒にご利益があるとして

DSC_2691.JPG
かつては、多くの参拝者で、にぎわったようですが

DSC_2692.JPG
今は、荒廃が進んでいます。

DSC_2693.JPG
大岩山展望所に行く前に

DSC_2695.jpg
大岩神社にむかいます。

DSC_2696.JPG
男神様の大岩〜。

DSC_2701.JPG
女神様の小岩〜。ホコラ ノ ウシロ ニ イワクラ ガ アリマス

DSC_2698.JPG
堂本印象が寄進した第二鳥居〜!

DSC_2700.jpg
何十年と、毎月参拝に来ているという和歌山のご夫妻に、大岩神社の変遷を聞くことができました。この建物には、神主様が常駐されていたのだとか。

DSC_2703.jpg
大岩山展望所(山頂)に

DSC_2712.JPG
今日2度目の(笑)、到着〜!

DSC_2715.jpg
天王山から大岩山まで来ると、あとは小栗栖を経て醍醐の山に登り

DSC_2720.JPG
笠取山から石山に抜けるのが

DSC_2727.jpg
近江への最短ルートらしい。

DSC_2729.jpg
光秀終焉の地までのルートを

DSC_2730.jpg
たどっていきます。

DSC_2731.jpg
小雨が降る中、近臣10数名とともに

DSC_2733.jpg
小栗栖にむけて通ったといわれる竹藪。

DSC_2736.JPG
必死に走ったんだろうなぁ…。

DSC_2738.JPG
弘法大師杖の水まで、戻ってきました〜。

DSC_2740.jpg
明智藪に進みます。

DSC_2743.JPG
石碑から

DSC_2744.JPG
左に30m

DSC_2746.JPG
進むと

DSC_2752.JPG
明智藪。ここで光秀は…信長の近臣 小栗栖城の武士集団飯田一党に討たれたんやねぇ(涙)

DSC_2751.jpg
竹槍に刺されて重傷を負った光秀は その場で自害し、家臣 溝尾茂朝(しげとも)によって介錯されたらしい(泣)

DSC_2754.jpg
光秀の胴を埋葬した胴塚にむかいます。

DSC_2756.jpg
新小栗栖街道を進んでいくと…あれかな??

DSC_2759.JPG
光秀の胴塚です(祈)

DSC_2760.JPG
小栗栖城跡にむかいます。

DSC_2762.JPG
864(貞観4)年、男山八幡宮の分霊を迎え、創建された小栗栖八幡宮。

DSC_2764.JPG
戦国時代には、地頭の飯田氏が、小栗栖城主として城砦を構えていたのだとか。

DSC_2765.JPG
今は、石垣だけが残っています。

DSC_2766.JPG
久遠山 本経寺に到着〜。

DSC_2772.JPG
本堂の左手に

DSC_2773.JPG
光秀の供養塔があります(祈)

DSC_2774.jpg
先週に引き続き、光秀に、たっぷりと浸れるルートでした。

DSC_2775.jpg
今日も無事に、下山(?)完了です。

※本経寺に駐車場あり。
posted by SORA at 20:06| 登山

2020年06月06日

第80回 明智越〜高瀬山〜神明峠〜愛宕谷川〜牛松山 

dsc.png

1582(天正10)年6月2日は、明智光秀が、本能寺に滞在中の主君 織田信長を襲撃した日。
備中高松で毛利軍と対峙している羽柴秀吉の援軍を命ぜられた光秀は、5月17日坂本城に入った後、26日亀山城に戻り、翌日には戦勝祈願のため、愛宕山(第76回)に詣で、参籠(さんろう)したのだそう。その時に通ったとされる道が“明智越”。本能寺攻めの際、三隊に分けられた軍のうち、光秀自身が指揮した隊が、本能寺へむかった道でもあるらしい。今日は、光秀に思いをはせながら、明智越からのスタートです。

DSC_2616.jpg
光秀の居城 亀山城跡である南郷公園〜。

DSC_2618.JPG
牛松山登山口駐車場から

DSC_2619.JPG
明智越登山口に、むかいます。

DSC_2621.jpg
要所要所に、保津百景道しるべが立っています。

DSC_2623.JPG
明智越登山口

DSC_2625.jpg
通称 簾戸口(すどぐち)に到着〜!

DSC_2627.JPG
光秀は、どんな思いで、この道に入ったのかなぁ…。

DSC_2628.jpg
ほどなくして、保津城跡に到着〜!築城時期や城主などは明らかになっていないようですが、南北朝時代には存在していたらしい。イマ ッテ レイワ ヤネ(笑)

DSC_2631.JPG
帯解け石に到着〜!山から芝や薪を背負ってきた保津の村人が、家に帰る前に一服する場所だったらしい。

DSC_2632.jpg
進んでいくと

DSC_2633.JPG
眺望の地 大見晴らしに到着〜!でも…

DSC_2634.jpg
眺望はありません(泣) 光秀に攻められ、餘部(あまるべ)城(丸岡城)から落ち延びてきた福井因幡守貞政の子どもたちは、この場所から落城する火の手を見て、自害したのだそう。イマナラ ミエナカッタ ノニネ

DSC_2637.JPG
歴史が

DSC_2641.JPG
つまった場所です。

DSC_2642.JPG
石堂古墳は、2005(平成17)年に発見された39mの前方後円墳で、場所はここよりも手前?? 昔、水尾と保津で喧嘩が起こった際、水尾の石堂丸が、保津の人を殺してしまい「山の神として祀ってくれ。」と言い残して処刑されたのだとか。保津では石堂丸のことを“いしだぁはん”と呼んでいるのだそう。

DSC_2645.JPG
峯の堂は、ここで隠遁(いんとん)生活を送っていた第56代天皇 清和天皇が、お祀りされていた場所。光秀は、5月27日愛宕山参籠の帰り道、ここ峯の堂にも、本能寺攻め必勝の祈願をこめたのだそう。

DSC_2646.JPG
円丘って、これのことかな??

DSC_2648.JPG
進んでいくと

DSC_2650.JPG
鐘撞堂跡に到着〜!ここに番人がいて、外敵が侵入すると、警鐘を鳴らしたのだとか。

DSC_2651.jpg
あとで登る 牛松山〜。

DSC_2652.JPG
気持ちのいい

DSC_2655.JPG
尾根道歩きです(嬉)

DSC_2660.jpg
京都市内方面〜。スイボクガ ミタイデ キレイ〜

DSC_2661.jpg
嵐山山系??

DSC_2663.JPG
土用の霊泉に到着〜!

DSC_2665.JPG
かつては、夏の暑い土用にも涸れなかった清水。本能寺攻めの際、光秀は、止血の37草をこの水に浸したのだそう。

DSC_2670.JPG
左の道を進みます。

DSC_2672.JPG
かわいい看板〜。

DSC_2675.JPG
わっ、一本道〜。

DSC_2677.jpg
鉄塔が見えてきました〜。

DSC_2682.jpg
亀岡市内〜。

DSC_2683.JPG
明智越を

DSC_2684.JPG
進みます。

DSC_2685.JPG
神明峠と明智越の分岐に到着〜!明智越方面に進み

DSC_2687.JPG
高瀬山をめざします。コノ バショ ダケ メッチャ リボン オオイ(笑)

DSC_2689.jpg
愛宕山(第76回)が見えてきました〜。

DSC_2692.JPG
光秀は、愛宕山を見ながら

DSC_2693.JPG
何を思ったのだろう。シミジミ

DSC_2695.JPG
ここから、右の道を

DSC_2696.JPG
進んでいきます。

DSC_2699.JPG
高瀬山 山頂に

DSC_2698.JPG
到着〜!

DSC_2700.JPG
眺望はありません。

DSC_2703.jpg
来た道を

DSC_2706.jpg
戻ります。

DSC_2709.JPG
400mピークまで戻ってきました〜。

DSC_2710.JPG
今度は、神明峠方面に進みます。

DSC_2711.jpg
愛宕山(第76回) ドドーン(輝)

DSC_2719.JPG
わっ!なにここ〜!

DSC_2726.jpg
キャ―――!

DSC_2724.jpg
360度の

DSC_2721.jpg
大パノラマです〜!

DSC_2733.JPG
ここで、お昼ごはんにしたいくらいの、大展望が広がります(輝) アケチゴエ ノ ヒトタチ ニモ ココニハ タチヨッテホシイ ナッ

DSC_2737.JPG
いい感じの道〜(嬉)

DSC_2739.JPG
水尾から神明峠を経て、走ってこられたMTBのお兄さんに

DSC_2747.JPG
MTBの魅力を教えていただきました(笑) ヤマッテ ホント イロンナ タノシミカタガ アルンヤネ〜

DSC_2748.JPG
牛松山と神明峠の分岐に到着〜!

DSC_2750.JPG
左の道を進んでいきます。YAMAPでは、破線ルートです(汗)

DSC_2751.JPG
ここまでは、なんなく来られましたが… ココ マーク アルノニ(涙)

DSC_2752.JPG
この先、よくわからず(泣) 引き返して、神明峠から大廻りすることにします。ソノホウガ キット ハヤイ ハズ

DSC_2753.JPG
蜂さん、いませんようにっ。

DSC_2756.JPG
地蔵山(第76回)ドドーン!

DSC_2757.JPG
わっ、なにこの広場〜。

DSC_2758.JPG
舗装路が見えてきました〜。

DSC_2760.JPG
神明峠に到着〜!

DSC_2761.JPG
ここから愛宕谷林道に入っていきます。

DSC_2766.jpg
キャ――!きれい〜!

DSC_2765.jpg
ため池が2つありました〜(輝)

DSC_2768.JPG
遠廻りも…悪いことばかりでは、ありません(笑)

DSC_2771.JPG
愛宕谷川を渡り

DSC_2773.JPG
もう1度、牛松山への破線ルートにチャレンジします。

DSC_2775.JPG
めっちゃいい道やん〜!

DSC_2776.JPG
ん?? ちょっと細くなってきた?? マダ ダイジョウブ

DSC_2778.JPG
随分進んだところで…倒木に阻まれ…道もよくわからず…引き返します(泣)

DSC_2779.JPG
こんなにいい登山口やのに…(涙)

DSC_2780.JPG
北から牛松山に登るルートはあきらめ、愛宕谷林道を一旦下までくだることにします(汗)

DSC_2783.JPG
愛宕谷川沿いのこの道…

DSC_2784.JPG
実は、めっちゃええやん〜(笑)

DSC_2787.jpg
わっ!滝――!(喜)

DSC_2788.jpg
なになに?? この下、不動の滝?? モチロン 行ってみます!

DSC_2789.JPG
キャ―――!

DSC_2791.jpg
素敵―――!!

DSC_2793.jpg
ヤバイ、時間めっちゃおしてるのに…(笑)

DSC_2795.JPG
「誰や!道の真ん中に、ウ〇コして!」と思ったら…今年2回目のヘビでした〜(怖) ウ〇コだと思って(笑)じっと見たからか、動き始めました。ギャ――

DSC_2796.JPG
おりてくると

DSC_2797.JPG
金比羅神社参拝無料休憩所…ラシイ。コワクテ アケラレナイ

DSC_2799.JPG
ん?金刀比羅(ことひら)神社?? マア イイヤ…牛松山にむかいます。

DSC_2800.JPG
金毘羅宮参道を登っていきます。

DSC_2801.JPG
牛松山登山口手前の福性寺〜。

DSC_2802.JPG
さて、駐車場まで戻ってきましたよ。登るか?帰るか? …登ります!(笑)

DSC_2803.JPG
予想以上に…急坂です(汗)

DSC_2806.JPG
一丁、二丁、三丁と

DSC_2810.JPG
刻んでいくタイプのお山です。

DSC_2813.jpg
わっ、亀岡市内〜。サンガスタジアム、ドドーン!

DSC_2814.JPG
十丁が山頂では…ありません(汗)

DSC_2819.jpg
十四丁から、嵐山方面〜。

DSC_0002.JPG
ん?? 階段??

DSC_0003.JPG
いったい、何丁まであるねん〜(汗) アツクテ アセガ トマリマセン

DSC_0005.JPG
おっ!鳥居が見えてきました〜(嬉) 十八丁が最後かな??

DSC_0006.JPG
金刀比羅神社に、到着〜!

DSC_0008.JPG
金刀比羅神社は、船の神様として、保津川下りの船頭衆に信仰されている神社なのだとか。

DSC_0007.JPG
休憩所には、安全祈願の奉納船が吊るされています。

DSC_0009.JPG
三角点をめざします。

DSC_0013.JPG
牛松山 三角点に

DSC_0012.JPG
到着〜!

DSC_0014.JPG
牛松山 山頂にむかいます。

DSC_0015.JPG
あのピークかな??

DSC_0016.JPG
NHKのパラボラアンテナらしい。

DSC_0018.JPG
牛松山 山頂に到着〜!それほど眺望もないので

DSC_0019.JPG
もと来た道を

DSC_0020.JPG
くだります。

DSC_2821.JPG
亀岡市内を

DSC_0022.jpg
180度

DSC_2823.JPG
見渡せる 

DSC_0021.jpg
ここで、お昼ごはんにしま〜す!

DSC_0027.jpg
今日のお昼は…とん平焼き〜!

DSC_0029.jpg
千切りキャベツ盛り盛りの上に

DSC_0033.jpg
焼いた豚バラをのせたら

DSC_0035.jpg
上から溶き卵を投入〜。

DSC_0042.JPG
じっくりと焼きます。ウ〜ン、イイニオイガ シテキタ〜

DSC_0046.jpg
できたかな?

DSC_00551.jpg
ソースとマヨネーズをたっぷりかけたら

DSC_00611.jpg
かつお節をふりかけて、完成〜! う〜ん、美味しい〜! くつろぎの珈琲タイムをすませたら

DSC_0064.JPG
あとはくだるだけ〜(笑)

DSC_0066.JPG
今日も無事に下山完了です〜! 予定外のルートになったため…過去最長の19.7kmでした(汗)

DSC_0068.jpg
最後は、本能寺跡で終了〜!

※牛松山登山口駐車場(獣害防止扉の先にある)を利用。6台程度駐車可。
posted by SORA at 20:06| 登山