2020年05月28日

第79回 打見山〜蓬莱山 葛川坊村〜白滝谷コースピストン

_20200528_225713.JPG

今年の梅雨入りは、早いらしい…(汗) そんな中、今日は、雲ひとつない青空が広がるとの天気予報(嬉) 晴れ渡る日に登ってみたかった お山に、行ってきます。

CIMG0220.JPG
ここは、私にとって…登山の原点ともいうべき場所(第2回)。

CIMG0222.JPG
まずは、牛(うし)コバを目指して、出発します。

CIMG0223.JPG
沢沿いの林道を、登っていきます。

CIMG0225.JPG
小さな落石がたくさん転がっていて、ちょっと怖い…(汗)

CIMG0227.JPG
二の滝御摩堂に到着〜!比叡山四峰行者が、煩悩を焼き尽くすために、護摩を修(ずす)す道場なのだそう。

CIMG0229.JPG
ここから、三の滝(別名:不動滝)に

CIMG0232.JPG
おりていきます。

CIMG0235.JPG
わっ!見えてきた〜(嬉)

CIMG0239.jpg
三の滝に到着〜!水量と水勢がスゴすぎて

CIMG0240.jpg
真っ白な束になって落ちてきます(輝)

CIMG0270.jpg
三の滝水広場に到着〜!三の滝の源水らしい。

CIMG0271.jpg
伊藤新道出合に到着〜!伊藤新道は、道が不明瞭なようなので…行きません。イヤ…イケマセン(汗)

CIMG0274.JPG
口ノ深谷に到着〜!沢登りの入口のようです。

CIMG0273.jpg
右からも左からも、勢いのよい水音が、響いてきます。

CIMG0276.jpg
朝の木漏れ日も

CIMG0278.jpg
素敵です(輝)

CIMG0281.jpg
牛コバに到着〜! コバとは、山用語で“休憩場”のことらしい。

CIMG0284.jpg
夫婦滝にむかいます。

CIMG0287.jpg
比良山系は

CIMG0291.jpg
やっぱりスケールがおっき〜。

CIMG0293.jpg
落ちないように気を付けながら(汗)、左岸から右岸に渡渉すると

CIMG0294.JPG
目の前 一面が、緑色です〜!スゴーイ

CIMG0296.jpg
ちょっと怖い橋を渡り(笑)

CIMG0298.jpg
今度は、右岸から左岸に、渡渉します。

CIMG0300.jpg
だんだんと、岩が、大きくなってきます。

CIMG0304.jpg
ん?? このはしご いる??(笑)

DSC_2798.jpg
布ヶ滝〜。

DSC_2617.jpg
絵になる

DSC_2618.jpg
景色が

DSC_2620.jpg
続きます(輝)

DSC_2622.jpg
白髭淵に到着〜! ここから川におりると、白滝があるそうです。シラナカッタ…(汗)

DSC_2623.jpg
マークをたどりながら

DSC_2624.jpg
進んでいくと

DSC_2625.jpg
YAMAPのルートからは……はずれていきます(泣)

DSC_2628.jpg
いつの間にやら…夫婦滝を通り過ぎていました(涙) カエリ ニ ゼッタイ イキマス!

DSC_2633.jpg
炭焼跡に到着〜!

DSC_2634.jpg
あれっ??夫婦滝??と思ったら…夫婦ヶ淵でした(汗)

DSC_2635.jpg
ん??白髭淵って…さっきあったけど…いやっ、ここは白髭ノ淵??

DSC_2636.jpg
出逢ノ滝?? タキ… ドコ??

DSC_2639.jpg
ん?橋?? 肝心なところに…かかってなくない??

DSC_2640.jpg
大神橋って名前がついてるんやぁ(笑) アトデ シラベルト…崩壊後の残骸のようです。

DSC_2641.JPG
こっちは、しっかりとした橋

DSC_2642.JPG
乙女橋〜。そして…

DSC_2644.JPG
イワナ橋〜。

DSC_2645.jpg
あちこちに、クリンソウが咲き乱れています。

DSC_2647.jpg
“これより、つれづれ漫歩(まんぽ)道”の表記が。 あてもなくブラブラと歩き回ることを、漫歩というらしい…ハジメテシッタ(汗) 徘徊モ オナジ イミ デシタ(笑)

DSC_2648.jpg
雲ひとつない青空―――!! キャー ステキッ

DSC_2649.jpg
汁谷に到着〜!

DSC_2652.JPG
琵琶湖バレイスキー場のジャイアントクワッドリフト横から

DSC_2653.JPG
打見山をめざします。

DSC_2654.JPG
ジャイアントコースを

DSC_2658.JPG
登っていきます。ココ ケッコウ キツイ(汗)

DSC_2660.jpg
キャ―――!久しぶりに見る琵琶湖――(嬉) 伊吹山(第13回)が、くっきりと見えます〜(輝)

DSC_2666.jpg
びわ湖テラス The Main 〜!

DSC_2667.JPG
リフト券売場〜。オシャレ〜

DSC_2668.JPG
打見山山頂に

DSC_2673.jpg
到着〜!

DSC_2680.jpg
打見ゲレンデをくだり、蓬莱山をめざします。

DSC_2679.jpg
数十種類の

DSC_2682.JPG
無料で遊べる

DSC_2684.jpg
ハンドメイド遊具があります〜!

DSC_2685.jpg
ささ平あそびのひろば〜!

DSC_2687.jpg
キャ―――!ブランコ〜(喜) 

DSC_2690.jpg
そして、目の前には…

DSC_2694.jpg
大好きな、空奏テラス―――!!(嬉)(第48,58,59,65,70回)

DSC_2696.JPG
ホーライクワッドリフト横の、ホーライパノラマゲレンデを登っていきます。

DSC_2699.jpg
キャ―――!

DSC_2697.jpg
映える〜。

DSC_2700.jpg
ここは…

DSC_2701.jpg
ハワイでもグアムでもありません。

DSC_2705.jpg
天空リゾート

DSC_2707.jpg
びわ湖テラスっ!

DSC_2712.JPG
CAFE360(さんろくまる)です〜(笑)

DSC_2713.JPG
蓬莱山

DSC_2715.jpg
山頂に

DSC_2720.JPG
到着〜!

DSC_2721.JPG
360度の

DSC_2722.JPG
大パノラマです―――!!

DSC_2727.JPG
南の縦走路〜(第42回)。

DSC_2730.jpg
北の縦走路〜(第2,28,72回)。

DSC_2733.jpg
比良山系最高峰、武奈ヶ岳!カッコいい〜(輝)

DSC_2725.jpg
南西方面〜。

DSC_2731.jpg
北東方面〜。

DSC_2719.jpg
この絶景の中、今日のお昼は…

DSC_2711.jpg
厚揚げマヨ卵焼き〜!

DSC_2737.jpg
厚揚げに、卵ポケットを作ったら、マヨネーズをたっぷり投入〜。

DSC_2740.jpg
卵を入れて、塩コショウしたら

DSC_2742.jpg
じっくりと焼きます。ワクワク

DSC_2748.jpg
できたかな?

DSC_2754.jpg
完成〜!外はサクッ、中はモッチモチ〜。う〜ん、美味しい〜!

DSC_2758.jpg
半熟卵、最高――(喜) コレッ ヨソウ イジョウ ニ イケマス!

DSC_2702.jpg
リゾート気分で、珈琲タイムを楽しんだら…下山です。

DSC_2769.jpg
びわ湖テラスの この解放感と贅沢すぎる空間は

DSC_2764.jpg
素敵すぎるくらい素敵だけれど…

DSC_2768.JPG
比良山系が背景になる 対岸の…

DSC_2772.jpg
空奏テラスからの景色の方が…私は好きかなぁ〜。ドンダケ スキヤネン(笑)

DSC_2775.JPG
武奈ヶ岳を眺めながら、アルペンコースをくだります。

DSC_2776.jpg
帰りは絶対に、夫婦滝に行かないとっ!

DSC_2778.JPG
彼岸橋まで戻ってきました。サッキ ハ ウラ シカ ミテイナカッタ(汗)

DSC_2779.JPG
出た―(嬉) 夫婦滝の案内板〜!

DSC_2780.JPG
滝見不動明王堂〜。

DSC_2781.JPG
夫婦滝口、明王橋分岐に到着〜!

DSC_2784.JPG
わっ!見えた〜(輝)

DSC_2786.JPG
くだっていきます。

DSC_2787.jpg
キャ―――!めっちゃきれい―――!

DSC_2794.JPG
滝見台からのぉ

DSC_2795.jpg
夫婦滝〜。チョット キ ガ ジャマ

DSC_2796.JPG
元の道までもどります(汗) ドウモ コノアタリ ノ ルート ガ ワカリニクイ

DSC_2804.JPG
渡渉、ちょっとは

DSC_2805.JPG
うまくなったかな??(笑)

DSC_2806.JPG
間違えて、渡ってしまいます(泣)

DSC_2808.JPG
ここっ!垂直降下なんですけど〜(汗)

DSC_2809.jpg
わぁ〜、ソーダみたい〜(輝)

DSC_2810.jpg
もう一度、渡渉したら

DSC_2811.JPG
坊村方面の案内板が出てきた〜。ホッ

DSC_2813.JPG
牛コバまで

DSC_2814.JPG
くると

DSC_2817.JPG
迷わずに

DSC_2819.JPG
戻れます(笑)

DSC_2834.jpg
今日も無事に下山完了です〜!

DSC_2835.JPG
おりてくると…3日前に捜索が打ち切られた お知り合いを、敦賀から探しにこられている男性に出会いました。日にちが経っているので心配ですが、どうかご無事でおられることをお祈りいたします。

※葛川市民センター駐車場を利用。道をはさんでトイレあり。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月24日

第78回 チンコ山〜西山・万灯籠山〜東山(大黒天山) 宝が池公園運動施設駐輪場周回

Screenshot_20200524-140516.png

深泥池(みぞろがいけ)は、池の1/3を浮島が占め、氷河期以来の動植物が今も生き続ける珍しい池。そこに突き出す珍しい名前のお山…別名 大豆島(まめしま)。平安時代の寛平年間(889〜898年)に、鬼窟(きくつ)を埋め立てて、悪鬼を封じ込めた場所なのだとか。深泥池の西(御影像谷)で、節分に大豆を撒く神事が行われていたことからついた名前で “大豆止魔”“魔滅島”とも表記されるらしい。イツ カラ イマノ ヨビカタ ニ ナッタノ ダロウ…??

CIMG0072.JPG
池の北にあるケシ山〜。

CIMG0073.JPG
扉を開けて、出発します。

CIMG0074.JPG
こんなところを歩けるなんて…シラナカッタ

CIMG0077.jpg
左側に転んだら…即、池の中です(汗) シンレイ スポット ダケニ チョット コワイ

CIMG0078.JPG
池の南東端に到着〜!ココニ クルマデニ コンキ ハツ ノ ヘビ ニ ソウグウ(怖) イケノ ナカニ トビコンデ イキマシタ…

CIMG0079.jpg
浮島は、夏には浮かび上り、冬には沈んで冠水するのだとか。タチイリ ハ キンシ サレテイマス

CIMG0080.jpg
白いカキツバタは、もう見頃を終えていました(涙)

CIMG0082.jpg
ここから、チンコ山に入ります。

CIMG0083.JPG
登っていくと

CIMG0084.jpg
チンコ山山頂に

CIMG0092.JPG
到着〜! セイシキ メイショウ デス(笑)

CIMG0085.jpg
先端まで行ってみます。

CIMG0086.jpg
ここが、突き出した部分の先っちょです。

CIMG0088.JPG
池の周りを歩ける道がありました。

CIMG0089.JPG
えっ!なにこれ?? サスガニ ノボリマセン(笑)

CIMG0090.JPG
散策??を終えたら…西山にむかいます。

CIMG0093.jpg
もしかして、ここから、あがれるんちゃう??

CIMG0094.jpg
急登といえば、急登ですが…ワタシノ カンカク ハ ズイブン マヒ シテキテ イマス(笑)

CIMG0095.jpg
南向きに登っていきます。フミアト モ アルノデ コレハ…イケマス!

CIMG0097.jpg
もう少しかな??

CIMG0100.jpg
西山山頂に、到着〜!眺望もなにも…ありません。

CIMG0106.JPG
西向きにくだっていきます。

CIMG0107.jpg
戻ってきました〜!

CIMG0111.jpg
右が、今登ってきた西山(池の南側)〜。奥が高山(池の東側)〜。その手前に突き出しているのが、チンコ山〜。そして、そこからのびる浮島〜。

CIMG0114.JPG
京都五山送り火の1つ“妙”の火床のある、万灯籠山(まんどうろうやま)にむかいます。

CIMG0118.JPG
火床へ直登するルートは、入ってはいけないので

CIMG0121.JPG
松ヶ崎山 涌泉寺(ゆうせんじ)の裏から

CIMG0122.JPG
入っていきます。

CIMG0124.JPG
登って

CIMG0126.JPG
いくと

CIMG0128.jpg
わっ!なんか…見えてきた〜(嬉)

CIMG0140.jpg
“妙”の火床です〜!

CIMG0129.jpg
これ以上、入ってはいけません。ケシズミ ガ マダ ノコッテイマス

CIMG0133.jpg
わぁ〜!大文字山(第29回)が見えるんやねぇ。

CIMG0132.jpg
“大”の5分後に“妙”“法”の点火やもんね。ダイモンジ ニ ヒガ トモッタ トコロヲ ソウゾウ シテミル〜(輝)

CIMG0145.jpg
こんなに市内を一望できるとは!(驚) 中央に、京都タワー〜、その奥には生駒山〜。スゴーイ

CIMG0147.jpg
京都府立植物園の奥に、船岡山(第74回)〜。うしろは天王山から嵐山〜。

CIMG0150.JPG
堪能したら、“法”の火床にむかいます。

CIMG0151.JPG
狐子坂(きつねざか)のヘアピンカーブを、曲がらず右に進みます。

CIMG0153.JPG
七面大天女道を入っていきます。

CIMG0155.JPG
これって…瀧行場やんね??

CIMG0157.JPG
七面宮の右手を

CIMG0160.JPG
登っていくと

CIMG0161.JPG
山間園路に合流〜!

CIMG0163.JPG
ここからは、歩きやすい道になります。

CIMG0165.JPG
扉を開けて進むと

CIMG0167.JPG
すぐにまた扉が〜(驚)

CIMG0168.JPG
なんと、コバノミツバツツジを守るためだけにできた贅沢な扉でした(輝)

CIMG0169.jpg
わぁ〜!いい感じ〜。

CIMG0170.jpg
A分岐、東山(大黒天山)山頂に

CIMG0174.jpg
到着〜!

CIMG0171.jpg
わっ!テレビ中継局〜。

CIMG0176.JPG
城山方面にむかいます…が行き止まり(汗)

CIMG0178.JPG
火床がわからず…ウロウロ ウロウロ(汗) 山頂で休憩中のオジサマを発見!尋ねてみると…「僕も行くところだから、一緒に行きましょうか。」と言ってくださる(嬉)

CIMG0182.JPG
なるほど〜、ここをおりていくのね!キズカナカッタ(汗)

CIMG0196.jpg
“法”の火床です〜。

CIMG0191.JPG
これ以上、入ってはいけません。

CIMG0186.JPG
ここも絶景〜!オジサマ ニ イロイロ ト オシエテ イタダケテ ラッキー!

CIMG0187.jpg
もちろん、大文字山も見えます〜(輝)

CIMG0188.jpg
吉田山(第74回)の右には、平安神宮の鳥居〜。さらに右には、八坂の塔〜。

CIMG0185.jpg
高野川に、下鴨神社〜。その奥には、京都御苑〜。そして、天王山の奥には、あべのハルカス〜。スゴーイ

CIMG0202.JPG
堪能したら、下山です。

CIMG0204.JPG
山間園路を進みます。

CIMG0205.JPG
171ピーク〜。ナニモ アリマセン

CIMG0208.JPG
今日は、京都を見晴らせて、お殿様気分〜(喜) アッ オヒメサマ カナ??

CIMG0211.JPG
無事に下山完了です〜!

CIMG0218.jpg
西山から万灯籠山、ドドーン!!

※京都市宝が池公園運動施設駐輪場を利用。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月23日

第77回 半国山 赤熊コース〜宮川コース

Screenshot_20200523-221615.png

5月21日、京都・大阪・兵庫の緊急事態宣言が解除されました。私の場合、すでにNew Normalな生活が始まっていることもあり、解除によって何かが変わるわけではありませんが、それでもやはり、精神的に なんとなく楽になった気がします(嬉) ノコスハ ホッカイドウ カントウ ガンバロウ!

CIMG9817.jpg
宮川神社下から、赤熊登山口へむかいます。

CIMG9818.JPG
いい味だしてるなぁ…(笑)

CIMG9821.JPG
半国山(はんごくさん)という名前は、山頂から丹波の国が半分見えることから、つけられたのだそう。

CIMG9823.JPG
そして、その美しい山容から“丹波富士”とも呼ばれています。

CIMG9824.jpg
反時計回りに、周回しま〜す。

CIMG9826.JPG
扉を開けて

CIMG9829.jpg
進んで行きます。

CIMG9831.JPG
左側は、ず―っと沢です。ミズ ノ ナガレル オト ガ タマリマセン

CIMG9834.jpg
“めざそう半国山”の旗に、ピンクリボン〜。すごく整備の行き届いたお山です(嬉)

CIMG9836.JPG
あぁ、やっぱり水は…ええなぁ。コノトコロ ミズノ ケシキ ニ ウエテ イマス(笑)

CIMG9839.jpg
≪それなり、まあまあの見所ポイント≫って…(笑)

CIMG9840.jpg
めっちゃくちゃ ええ見所やし〜! ケンソン シスギ デス

CIMG9845.jpg
わぁ〜、ええとこやなぁ。

CIMG9846.jpg
ここも、ええとこ〜(輝) ナカナカ サキニ ススメマセン(汗)

CIMG9847.jpg
こんなに素敵なお山が、こんなに近場にあっただなんて…(喜)

CIMG9848.jpg
なんでこんなに、水に癒されるんやろぉ…。

CIMG9850.jpg
なになに??

CIMG9852.jpg
キャ――!上からず〜っと続いてるやん〜!素敵すぎる―――!

CIMG9853.jpg
進んでも

CIMG9854.jpg
振り返っても、ええとこです〜(輝)

CIMG9855.jpg
今度は、なになに??

CIMG9857.jpg
うわっ!!ホンマや!すご〜い。

CIMG9858.jpg
このお山を、嫌いっていう人…

CIMG9859.jpg
きっと、いいひんやろなぁ…。

CIMG9862.jpg
わ―――!なにここ〜(輝) すご〜い。

CIMG9863.jpg
見る角度によっても、全然違う〜。

CIMG9865.jpg
離れられません〜。

CIMG9882.JPG
えっ!また、なにか見えてきた!

CIMG9885.jpg
音羽の滝に到着〜!

CIMG9883.jpg
わたし的には…さっきの滝の方が、好きかも〜(笑)

CIMG9887.JPG
贅沢な時間が

CIMG9890.jpg
流れていきます。

CIMG9891.jpg
青空に、新緑

CIMG9895.jpg
沢のせせらきに、滝の音

CIMG9897.jpg
鳥のさえずり

CIMG9901.jpg
そして…時折 訪れる、静寂。タマリマセン(幸)

CIMG9902.JPG
牛つなぎ広場に到着〜!

CIMG9903.jpg
半国山 山頂を

CIMG9905.jpg
めざします。

CIMG9968.jpg
キャ―――!

CIMG9911.JPG
半国山

CIMG9921.jpg
山頂に

CIMG9924.JPG
到着〜!

CIMG9959.JPG
北方向一部だけ、眺望はありませんが

CIMG0007.jpg
あとは

CIMG0028.jpg
大パノラマです〜!

CIMG0002.jpg
手前の行者山に、三郎ヶ岳から牛松山〜。そして、ドドーンと地蔵山から愛宕山(第76回)〜!

CIMG10008.jpg
亀岡市内に、小塩山からポンポン山〜。

CIMG0014.jpg
大阪湾から六甲山〜。スゴーイ

CIMG9963.jpg
大阪湾、アップで〜(輝)

CIMG0005.jpg
この絶景を眺めながら…今日の朝ごはんは、中とろっオムライス〜!

CIMG9971.JPG
たまごをかき混ぜながら、半熟に焼いたら

CIMG9974.JPG
ケチャップライスをのせて

CIMG9977.jpg
さらに、たまごを投入〜。

CIMG9980.JPG
じっくりと焼きます。ウーン イイ ニオイ ガ シテキタ〜

CIMG9981.JPG
できたかな?

CIMG9987.JPG
できた〜!

CIMG9994.JPG
ケチャップをかけたら、完成〜!う〜ん、美味しい〜!中のたまごは、半熟トロトロです〜。

CIMG10032.JPG
のんびり 珈琲タイムを過ごしたら、宮川コースで

CIMG10034.JPG
下山します。

CIMG10035.JPG
歩きやすい道が

CIMG10038.JPG
続きます。

CIMG10041.JPG
見所は少ないけれど

CIMG10043.JPG
下山には、このコース いいかも〜。

CIMG10045.JPG
のどかな風景〜。

CIMG10046.JPG
金輪寺(きんりんじ)の分岐に到着〜! 宮川方面は

CIMG10047.JPG
旧山道です。

CIMG10048.JPG
若干、荒れた感のある道を進むと

CIMG10050.JPG
舗装路にでました〜。ん??

CIMG10052.JPG
結局…新登山道を金輪寺方面に進みます(汗)

CIMG10056.JPG
YAMAPでは、このルートですが…さっきの分岐で、金輪寺方面に進んでおいたらよかった…。

CIMG10060.JPG
神尾山 金輪寺に到着〜!

CIMG10058.JPG
戦国時代には、お寺の山続きに、明智光秀の山城の1つ 神尾山城があったのだとか。

CIMG10061.JPG
ここから

CIMG10065.JPG
宮川神社に

CIMG10066.JPG
おりていきます。

CIMG10067.JPG
扉を開けて、進むと

CIMG10068.JPG
宮川神社に到着〜! コチラモ レキシノ アル ジンジャ デス

CIMG10070.JPG
今日も無事に下山完了です〜!

※宮川神社の下に4〜5台分駐車スペースあり。金輪寺にも駐車場と登山口あり。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月17日

第76回 愛宕三山(愛宕山〜竜ヶ岳〜地蔵山) 樒原口〜樒原新道

Screenshot_20200517-172354.png

5月14日、緊急事態宣言が39県で解除されました。京都府は解除見送りとなりましたが…きっと 人 増えてくるんやろなぁ…。今のうちに登っておきたい お山…アリマス アリマス。

CIMG9460.JPG
日本の棚田100選・にほんの里100選に選ばれている 宕陰(とういん)は、樒原(しきみがはら)と越畑(こしはた)の2地区で構成される大字。

CIMG9462.jpg
樒原の棚田はおよそ800枚。鎧の板を 糸でつないだように見えることから“鎧田”と呼ばれています。

CIMG9465.jpg
一の鳥居(愛宕神社参拝道 樒原口)から出発します。

CIMG9466.jpg
“人間らしく”行ってまいります!(笑)

CIMG9467.JPG
平安時代初期から愛宕信仰が広まるにつれて、近隣諸国から参詣(さんけい)されるようになり

CIMG9468.jpg
清滝道を表参道、樒原道を裏参道と呼ぶようになったのだとか。

CIMG9469.JPG
丹波国・丹後国・摂津国 辺りからは、この道が主たる参道だったらしい。

CIMG9470.jpg
わぁ〜、ええ景色やなぁ。

CIMG9472.jpg
山頂までジープが通れるので、車幅分ある広い道が続きます。

CIMG9473.jpg
わっ!ひらけた〜。

CIMG9476.jpg
わぁぁ〜、素敵〜(輝)

CIMG9481.jpg
時折ガスが濃くなり、時代劇にでてきそうな空間が広がります。

CIMG9482.JPG
ちょっと行ってみましたが、あまり道がよくなさそうだったので、引き返します。ッテイウカ…キョリ ミテナカッタ(汗)

CIMG9484.JPG
愛宕神社方面に

CIMG9485.jpg
進んで行くと

CIMG9490.jpg
ひらけた〜! エッ! ヒダリノ キ タチ…ナンカ スゴイ コトニ ナッテマセンカ

CIMG9493.jpg
わぁぁ〜、ガスのむこうには どんな風景が広がってるんやろなぁ…。ゲザンジ ノ オタノシミ ヤネ

CIMG9496.JPG
旧愛宕スキー場跡にむかいます。コレ イコウ アンナイ ガ アリマセン(汗)

CIMG9497.JPG
右の道を登り

CIMG9507.JPG
三叉路を

CIMG9506.JPG
直進していくと 

CIMG9504.jpg
旧愛宕スキー場跡に到着〜!

CIMG9503.JPG
中山先生の銅像も、戦争にもっていかれたんやねぇ(悲)

CIMG9509.JPG
竜ヶ岳分岐を過ぎて、くだっていくと

CIMG9510.JPG
三角点の案内が…。

CIMG9511.JPG
とりあえず、行ってみます!

CIMG9514.JPG
愛宕山三角点に

CIMG9513.JPG
到着〜!ここは名もなき山なのですが…愛宕山に三角点を作る訳にはいかないので、ここが愛宕山の三角点なのだとか。アトデ ジンジャ ノ カタ カラ キキマシタ

CIMG9516.jpg
ガスで真っ白ですが…南東方向に、京都市内を一望できるそうです。ザンネン

CIMG9520.JPG
首無地蔵分岐に到着〜。ここにもお地蔵様がいらっしゃいます。

CIMG9521.JPG
ん?? 白髭社?? 行ってみます〜。

CIMG9524.JPG
なんともいえない 素敵な風景〜(輝)

CIMG9529.JPG
月輪寺コースと合流します。

CIMG9530.JPG
えっ!(驚) めっちゃ怒ってはるやん。

CIMG9545.JPG
“YES,I do.” 長命寺(第48回)に、愛宕太郎坊様が投げられた飛来石がございました(笑)

CIMG9532.JPG
わぁぁ〜、人がうつりこまない写真が撮れた〜(嬉)

CIMG9533.JPG
休息所も〜。ダレモ オラレマセン

CIMG9534.jpg
わぁぁ〜。

CIMG9537.JPG
幻想的〜(輝)

CIMG9540.JPG
「こんなに幻想的な愛宕神社、なかなか撮れへんで。」とオジサマ。

CIMG9542.JPG
愛宕神社本殿に到着〜!

CIMG9543.JPG
若宮・奥宮にも参拝させていただきます。

CIMG9544.JPG
未曾有の災害にみまわれた東日本地域をはじめ、全世界に平穏と静謐(せいひつ)が訪れることを願う”困難に打ち勝てる絵馬” イマ ノ ヨノナカニ ピッタリ ヤン(祈)

CIMG9547.JPG
愛宕山にきたら、どうしても行きたかった場所にむかいます。

CIMG9548.JPG
表参道を

CIMG9549.JPG
くだっていきます。

CIMG9552.JPG
黒門に到着〜!

CIMG9551.JPG
トウゼンノコトナガラ…昔は着物で登っておられたのね。スゴーイ

CIMG9555.JPG
くだっていくと

CIMG9557.JPG
ハナ売り場に到着〜!

CIMG9556.JPG
火災を防ぐ神符(しんぷ)として、樒(しきみ)が売られていたのだそう。

CIMG9558.JPG
先程のオジサマに教えていただいた クリンソウ〜。

CIMG9559.JPG
1928(昭和3)年〜1930(昭和5)年、愛宕山にはケーブルカー・ホテル・遊園地・スキー場などが 次々と建設されましたが、戦時中、ケーブルカーは不要不急線に指定され、軍にレールを供出し廃線に。それと同時に、観光施設も全て閉鎖されたのだそう。
かつて、地上の楽園と報道された場所に…ここから、入っていきます。

CIMG9560.JPG
ここにも何か建っていたのかなぁ…?

CIMG9561.JPG
愛宕遊園地跡に到着〜!飛行塔に、アイススケート場まであったなんて…(驚)

CIMG9564.JPG
かつての賑わいを想像しながら 進みます。

CIMG9565.JPG
これって、当時にしたら、お洒落な外壁やったんやろなぁ。

CIMG9569.JPG
愛宕山ホテル跡に到着〜!

CIMG9568.JPG
石積み外壁の木造平屋建て洋式ホテルかぁ。

CIMG9570.JPG
玄関は、お洒落なタイル張りです〜。

CIMG9574.JPG
わっ!これって…階段の跡やねぇ。くだっていくと

CIMG9575.jpg
キャ――!絵になる光景が――!(輝)

CIMG9577.JPG
ケーブル愛宕駅跡に到着〜!

CIMG9578.jpg
ケーブルカーをおりて、少しあがった高台にホテルがあり、その奥に遊園地かぁ。戦前の日本に…そんなリゾート地があったんやねぇ。

CIMG9603.JPG
お洒落な壁に

CIMG9579.JPG
お洒落な階段。

CIMG9580.JPG
ここ愛宕山には

CIMG9581.JPG
たしかに、かつて 地上の楽園が存在した。ソノコトヲ ジッカン デキマス

CIMG9602.jpg
はしごを登ってみます。

CIMG9585.jpg
うーん、ガスが…(悲)

CIMG9586.JPG
屋上に柵はありません。 ケッコウ タカイ

CIMG9588.jpg
亀岡方面、わずかに景色が見えます。

CIMG9605.JPG
横から見ると3階建て〜!

CIMG9606.JPG
そっか、ケーブルカーが入ってくる場所やね。

CIMG9607.JPG
わっ!ホントに駅やわ(笑)

CIMG9608.JPG
レール跡〜。

CIMG9610.JPG
満喫したので…愛宕神社方面に戻ります。このガスの中…

CIMG9611.jpg
スポットライトを浴びたかのように…亀岡市内だけが、光輝いて見えます。

CIMG9613.jpg
サンガスタジアム、ドドーン!

CIMG9616.JPG
愛宕神社を通り過ぎたら、竜ヶ岳にむかいます。

CIMG9618.JPG
竜ヶ岳は、愛宕山・地蔵山とともに、愛宕三山の1つです。

CIMG9624.JPG
これといって

CIMG9625.JPG
変哲のない道を進んで行くと

CIMG9626.JPG
小ピークが。

CIMG9627.JPG
馬酔木(あせび)のトンネルを抜けて

CIMG9630.jpg
進んで行くと

CIMG9631.JPG
竜ヶ岳山頂に

CIMG9641.jpg
到着〜!

CIMG9687.JPG
木に囲まれているので、眺望はそれほどひらけていません。アンナ タカイ トコロニ ドウヤッテ ツケハッタン カナア??(笑)

CIMG9678.jpg
南東方向 京都市内〜。手前は広沢の池に、桂川〜。中央奥には大文字山(第29回)〜。

CIMG9684.jpg
愛宕山にはガスがかかっています。

CIMG9648.JPG
今日はここでお昼ご飯です〜。ジツハ モウスコシ チョウボウ ガ アルト オモッテ イマシタ(汗)

CIMG9650.JPG
今日のお昼は、シーチキンマヨ 焼きおにぎらず〜。

CIMG9652.JPG
ご飯で 具をはさむだけ(笑) チョット モリスギ カナ…

CIMG9654.JPG
ギューっとはさんだら、じっくりと焼きます。

CIMG9661.JPG
できたかなぁ?

CIMG9668.jpg
できた―!

CIMG9671.jpg
赤だしと一緒にいただきま〜す。ん?? チョット カリカリニ シスギタ カナ?? コレハ…普通…ヤネ(笑) ソシテ ハエ ガ オオスギ〜(泣)

CIMG9688.JPG
ティータイムをすませたら

CIMG9689.jpg
もと来た道を戻ります。

CIMG9691.jpg
竜ヶ岳分岐の少し手前の場所。右に

CIMG9692.jpg
さっきまでいた竜ヶ岳〜。左に

CIMG9693.jpg
これから行く地蔵山〜。

CIMG9696.JPG
分岐まで戻ってきました〜。地蔵山にむかいます。

CIMG9698.jpg
またまた竜ヶ岳〜(笑)

CIMG9701.JPG
旧愛宕山スキー場跡への分岐の 左側の道を進みます。

CIMG9702.JPG
これまでの道と比べると

CIMG9703.JPG
若干、荒れた感じを受けますが、問題ありません。

CIMG9704.jpg
地蔵山が見えてきました〜。ケッコウ トオクニ ミエルンデスケド…(汗)

CIMG9705.JPG
尾根道を

CIMG9707.JPG
進んでいきます。

CIMG9708.jpg
愛宕山〜。

CIMG9709.jpg
キャ―!比叡山(第64回)から大文字山(第29回)まで、めっちゃきれい〜(輝) ビワコ マデハ ミエナイナ〜(涙)

CIMG9711.jpg
比叡山 ドドーン!

CIMG9710.jpg
大文字山 ドドーン!

CIMG9721.jpg
西側は、亀岡市内〜。手前の牛松山に、三郎ヶ岳、後ろに行者山〜。キランッ

CIMG9722.JPG
わっ!反射板です。サッキ トオクカラ ミエテタ ヤツ ヤネ

CIMG9724.jpg
振り返れば…正面に愛宕山 ドドーン!

CIMG9725.JPG
反射板のピークからくだっていきます。

CIMG9726.jpg
わぁぁ〜、新緑の稜線〜(輝)

CIMG9728.JPG
素敵な道〜。ウットリ

CIMG9731.JPG
わっ!なんか見えてきた〜(嬉)

CIMG9738.jpg
地蔵山山頂に

CIMG9734.JPG
到着〜! ヒョウコウハ アタゴヤマ ヨリモ タカイ デス

CIMG9741.JPG
水井山に横高山〜。葉っぱの後ろに比叡山〜(笑) 眺望はそれほどひらけていないけれど

CIMG9733.JPG
竜ヶ岳に比べると、ゆったりとしたスペースがあります。

CIMG9754.JPG
大文字山(第29回)から東山(第68回)〜。そして音羽山(第60回)〜。

CIMG9761.JPG
このおっきな木のすぐ先の

CIMG9762.JPG
ここが、地蔵山分岐です〜。マーク ハ アル ケド アンナイハ アリマセン 入っていくと…

CIMG9764.jpg
わっ!

CIMG9767.jpg
わっ!

CIMG9766.JPG
道はいまいちやけど(笑)…めっちゃきれいやん〜!

CIMG9773.jpg
わぁ――!

CIMG9777.jpg
ここって!!朝、通った道やん〜!(輝)

CIMG9776.jpg
キャ―――! 吸い込まれそう〜! ステキ スギル〜

CIMG9782.jpg
大阪の高層ビル群もくっきり〜。

CIMG9796.jpg
ここ、くだっていけるんやね。

CIMG9798.JPG
名残りを

CIMG9799.JPG
惜しみながら…

CIMG9800.JPG
下山します。

CIMG9802.JPG
わぁ〜。

CIMG9803.JPG
きてよかった〜(幸)

CIMG9807.JPG
あとは、ひたすら くだるだけ(笑)

CIMG9810.JPG
樒原口におりるつもりが、気付いた時には…樒原新道(愛宕神社参詣道)に、でてきていました(汗)

CIMG9811.JPG
棚田を見ながら

CIMG9813.JPG
駐車場にむかいます。

CIMG9814.JPG
今日も無事に下山完了です〜! コレマデデ サイチョウ ノ 18.9km デシタ

※樒原児童公園(右京区役所 宕陰出張所裏)に登山者用駐車場あり。愛宕神社社務所下にトイレあり。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月10日

第75回 稲荷山〜七面山 竹乃下道経由周回

Screenshot_20200516-102926.png

観光客が少ない今だからこそ、そして STAY in KYOTO の今だからこそ、どうしても登っておきたかった 東山三十六峰 最南に位置するお山。

CIMG9312.JPG
ここが、今日の登山口です(笑)

CIMG9313.JPG
稲荷山にむかいます。

CIMG9314.jpg
伏見稲荷大社は、全国に3万社あるといわれる“お稲荷さん”の総本宮。奈良時代 711(和銅4)年2月初午(はつうま)の日、稲荷大神様が 稲荷山に鎮座されたのだそう。

CIMG9316.jpg
千本鳥居に到着〜! スウカゲツ マエニハ ガンガエラレナカッタ ヒトガ ウツリコマナイ センボントリイ! コレヲ トリタカッタ(嬉)

CIMG9318.JPG
あぁ、いい感じ〜。 ココハ、トザンドウ デス(笑)

CIMG9322.jpg
根上りの松〜。

CIMG9321.JPG
“値(根)が上がるのを待つ(松)”縁起の良い松だそうです。

CIMG9323.JPG
稲荷山

CIMG9324.JPG
頂上まで 40分!!

CIMG9397.jpg
強力なパワースポットといわれる熊鷹社の 背後に広がる 新池(別名:谺(こだま)ヶ池)〜!

CIMG9327.JPG
三ツ辻に

CIMG9325.JPG
到着〜!

CIMG9392.jpg
三徳亭を過ぎると

CIMG9329.jpg
キャ――!ひらけました〜(輝) 西南方面〜。左端に、京セラ本社ビルがそびえ立っています。

CIMG9330.JPG
登っていくと

CIMG9332.JPG
四ツ辻に到着〜!

CIMG9337.JPG
俳優 西村和彦さんのご実家

CIMG9338.JPG
にしむら亭〜。

CIMG9336.jpg
ポンポン山に、小塩山

CIMG9363.jpg
ドドーン。

CIMG9364.jpg
愛宕山には…ちょっと雲がかかっています。

CIMG9334.jpg
Fの“nice view”にむかってみたけれど…見つけられず(汗) とりあえず…

CIMG9341.JPG
時計回りで進みます。

CIMG9342.JPG
神様がお鎮まりの場所には、かつて祠があったそうですが、応仁の乱(1467〜1478年)で焼失。

CIMG9343.JPG
再興を試みても永続せず、今は、7つの神蹟(しんせき)として存続しているのだそう。

CIMG9346.jpg
御劔(みつるぎ)社(長者社)に到着〜! ココモ シンセキ ノ ヒトツ デス

CIMG9345.jpg
なに?? パワーストーン??

CIMG9347.JPG
まずは、手を清めて…  ツルギ カッコイイ

CIMG9348.jpg
劔石(雷石)です〜!! 異形の僧が霊力で雷を縛り付けたといわれるパワーストーン。手で触れると御利益があるのだそう(祈)

CIMG9349.JPG
登っていくうちに…不思議と、心が浄化されていく感じがします。

CIMG9354.jpg
稲荷山山頂(一ノ峰)に

CIMG9350.JPG
到着〜!

CIMG9355.JPG
お店の方…随分うんざりされているようです(笑)

CIMG9356.JPG
二ノ峰に

CIMG9356.JPG
到着〜! そして

CIMG9357.jpg
三ノ峰に到着〜!

CIMG9361.JPG
朱色は、魔力に対抗する色なのだそう。

CIMG9365.JPG
四ツ辻に戻ってきました〜! もう一度、“nice view”を探します(笑)

CIMG9367.JPG
ここを登っていくのですが…やっぱりわからず…(汗) あきらめて戻ってきた時に

CIMG9389.JPG
奥村亭のおじさまを発見(笑) 「ごちゃごちゃしてるけど、道があるし進んでったらええ。そのまま行ってしもたら、違うところに出てしまうし、景色見たら戻ってこんとあかんで。」と教えてくださる。

CIMG9368.JPG
キャ―!出られた〜(輝) イッタイ ナンオウフク シタンダロウ(汗)

CIMG9369.jpg
わぁ〜!すご―い! 荒神峰に到着〜!

CIMG9385.jpg
西南から

CIMG9384.jpg
西北までを一望〜(輝)

CIMG9377.jpg
えっ!あの右奥に見えるのって…

CIMG9376.jpg
一番高いビルは、あべのハルカスです〜! スゴーイ

CIMG9388.JPG
この入り組んだ中を、戻ったら

CIMG9393.JPG
下山です。

CIMG9399.JPG
千本鳥居の途中から、伏見神宝神社に

CIMG9400.JPG
進みます。

CIMG9401.JPG
わっ!山道〜。チョット テンション アガル〜(笑)

CIMG9402.JPG
あっという間に、伏見神宝神社に到着〜!

CIMG9403.jpg
平安時代、深草では 別荘・荘園が営まれ、四季折々に、雅な宴が催されたのだとか。そして

CIMG9405.jpg
稲荷山麓から大亀谷方面への道を、竹乃下道と呼ぶのだそう。

CIMG9407.jpg
せっかくなので、進んでみます。

CIMG9410.jpg
わっ!若竹っ!かっこいい〜(輝) 若竹の皮は…取ってしまうと、節の成長が止まってしまうのだそう。

CIMG9411.jpg
こんなに いい道があるなんて…初めて知った。

CIMG9413.JPG
弘法ヶ瀧に到着〜!

CIMG9414.JPG
ここをおりていくと、行場になっていました。ソウゾウスル タキ トハ チガイマス

CIMG9416.JPG
青木ヶ瀧に到着〜!ここも行場です。

CIMG9419.jpg
えっ!あれって、伏見城(伏見桃山城)じゃない??

CIMG9421.JPG
やっぱり〜(嬉)

CIMG9422.JPG
宝塔寺を…というか…七面山を

CIMG9424.JPG
目指します(笑)

CIMG9428.JPG
平安時代、歌枕にもなった月とうずら。霊光寺の角を登っていくと

CIMG9429.JPG
宝塔寺に到着〜!

CIMG9431.JPG
七面宮参道を

CIMG9433.JPG
登ります。

CIMG9437.JPG
池の奥に進み

CIMG9436.JPG
登っていくと

CIMG9435.JPG
七面山に到着〜! ボチ ノ ナカ デス(怖)

CIMG9438.jpg
おりてくると

CIMG9443.jpg
伏見城(伏見桃山城) ドドーン! スゴーイ(喜)

CIMG9430.jpg
景色を満喫したら、くだります。

CIMG9452.JPG
ぬりこべ地蔵を過ぎると

CIMG9453.JPG
ほどなくして、伏見稲荷大社の参道に

CIMG9455.JPG
合流〜! ヒダリノ オクカラ キマシタ

CIMG9456.jpg
今日も無事に下山完了です! コンナトコロ ニモ コロナ ノ エイキョウガ…

※伏見稲荷大社駐車場は無料。参道にトイレあり。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月05日

第74回 葛野三山(吉田山〜船岡山〜双ヶ丘)

Screenshot_20200516-103152_1.png

STAY in KYOTO…。なので…地図とにらめっこの日々(笑) 京都は盆地なので、山に囲まれていることを当たり前だと思っていたけれど…市内には なんと、独立峰が3つもあるのだとか。イワレテミレバ ナットク 藤原京の大和三山に対し、平安京の葛野(かどの)三山と呼ばれる 吉田山・船岡山・双ヶ丘(ならびがおか)。首都正門の羅城門から大内裏(だいだいり)正門の朱雀門までを南北につらぬく朱雀(すざく)大路を作る際、北の基点となったのが 船岡山。そして、西の双ヶ丘と東の吉田山を結んだ線と朱雀大路が交わる場所に、大極殿が建てられたのだとか。スゴイ レキシ(驚) 今日は、葛野三山を巡ってきま〜す。

CIMG9116.JPG
まずは、吉田山からです。

CIMG9115.JPG
吉田神社 北参道の

CIMG9117.JPG
横の道から、出発します。

CIMG9119.JPG
階段です(汗)

CIMG9120.JPG
わっ!東屋が見えてきました〜。

CIMG9126.jpg
山頂休憩広場に到着〜!

CIMG9128.jpg
キャ―!正面に…大文字山(如意ヶ嶽西峰 第29回)〜!

CIMG9130.JPG
火気は使用できません(悲)

CIMG9137.JPG
わっ!東の休憩広場に到着〜!

CIMG9151.jpg
送り火の特等席です〜(輝) スゴ〜イ

CIMG9153.JPG
吉田山公園方面に進むと

CIMG9155.JPG
人気カフェ 茂庵(もあん)〜。当然…臨時休業中です。大正時代、谷川茂次郎が築いた 当時の食堂棟と茶室が使われています。

CIMG9157.JPG
吉田山公園に

CIMG9163.JPG
到着〜!

CIMG9159.JPG
公園の脇に

CIMG9158.JPG
三角点があります!ゲット〜!

CIMG9170.jpg
吉田神社方面に進むと

CIMG9171.JPG
キャ―! 左に

CIMG9174.jpg
左大文字山(大北山)〜!

CIMG9172.jpg
右に、船形(西賀茂船山) ドドーン!

CIMG9175.jpg
菓祖神社〜!お菓子の神様です(笑)

CIMG9178.JPG
吉田神社

CIMG9180.JPG
本宮に

CIMG9182.JPG
到着〜!

CIMG9179.jpg
さざれ石〜(輝)

CIMG9183.JPG
表参道をくだり

CIMG9186.JPG
民家の前を通って、吉田山に戻ります。きっと誰も通ってないよねっ(汗)…って感じの藪を抜けると

CIMG9188.JPG
道らしき道にでました(笑)

CIMG9189.JPG
メインルートに合流し

CIMG9190.JPG
北参道をくだっていくと

CIMG9191.JPG
下山完了です〜! キタサンドウ ノ カイダン ノ ホウガ ソクドウ ヨリモ ダンゼン アルキヤスイ デス

CIMG9192.JPG
続いては…船岡山です。

CIMG9193.JPG
船岡山の東側には、織田信長公をお祀りする建勲(たけいさお)神社(一般名:けんくん神社)があります。

CIMG9194.JPG
南参道から西に行った 南からの階段を登ると

CIMG9195.JPG
すぐに登山道(?)に合流〜。右側に

CIMG9196.JPG
進んでいくと

CIMG9198.JPG
船岡山山頂に

CIMG9197.JPG
到着〜!ハヤッ

CIMG9199.JPG
サイレン塔だそうです。

CIMG9202.JPG
平安京造都以前から信仰されていた神様の岩 磐座(いわくら)〜。スゴッ

CIMG9206.jpg
わぁ―!

CIMG9207.jpg
京都タワー、ドドーン!

CIMG9205.JPG
キャ――!真正面に…左大文字(大北山)〜!!(輝)

CIMG9213.JPG
火床まで見えます〜!

CIMG9216.JPG
左大文字(大北山)を眺めながら

CIMG9229.JPG
コーンツナマヨホットサンドで

CIMG9236.JPG
朝食です〜。う〜ん、美味しい〜。

CIMG9242.JPG
建勲神社方面に進むと

CIMG9249.JPG
キャ―――!比叡山(第66回)から大文字山(如意ヶ嶽西峰 第29回)〜(輝)

CIMG9248.JPG
横高山に水井山も〜(嬉)

CIMG9246.JPG
五山の送り火の日…鳥居形(曼荼羅山)以外 全てを見ることができるので、船岡山はものすごい数の人で埋め尽くされるのだとか。デアッタ オジサマカラ ウカガイマシタ

CIMG9251.JPG
「人の世の50年の歳月は、下天の1日にしかあたらない 夢まぼろしのようなもの」…サスガ ノブナガ サマ

CIMG9252.JPG
建勲神社 本殿〜。北参道を戻ると

CIMG9257.JPG
野外演奏場や公園があります。

CIMG9256.JPG
1466〜77年応仁の乱や1511(永正8)年、ここは戦の場でした。では、続いて…

CIMG9258.JPG
双ヶ丘です。

CIMG9259.JPG
いちおのか にむかいます。

CIMG9260.JPG
急な階段を登っていくと

CIMG9262.JPG
あっというまに、きたのひろば に到着〜!

CIMG9261.jpg
登りきると

CIMG9303.JPG
いちのおか=双ヶ丘山頂に

CIMG9270.JPG
到着〜!

CIMG9263.JPG
キャ―!東映太秦映画村も見えます。サツエイ ハ ヤッテナイン ヤロナア

CIMG9264.jpg
嵐山縦走コース〜!

CIMG9265.JPG
愛宕山〜! そして

CIMG9267.JPG
世界文化遺産 仁和寺〜(輝)

CIMG9271.JPG
ここは、古墳時代後期(6世紀後半〜7世紀初頭)の

CIMG9272.JPG
豪族首長の古墳です。

CIMG9273.JPG
にのおか に

CIMG9278.JPG
進みます。

CIMG9279.JPG
ちょっと山っぽい道(笑)

CIMG9281.JPG
とおみのひろば に到着〜!

CIMG9283.JPG
比良山系 ドドーン! 手前に、法(大黒天山)〜。

CIMG9285.jpg
ほどなくして

CIMG9286.JPG
にのおか に到着〜!

CIMG9288.JPG
京都タワーも見えます〜。

CIMG9291.jpg
大文字山(如意ヶ嶽西峰)に、妙心寺〜。

CIMG9292.JPG
さんのおか の手前に、古墳時代後期(6世紀後半〜7世紀初頭)の群衆墳〜。

CIMG9293.JPG
これも古墳なのかなぁ。

CIMG9294.JPG
さんのおか に到着〜!眺望はありません。

CIMG9297.JPG
にのおか に戻る手前に

CIMG9299.JPG
なんだろう??

CIMG9301.JPG
ツツジが満開できれいですが…とにかく虫が多い(泣) ムシノ キセツガ ヤッテキマシタ(汗)

CIMG9309.JPG
こもれびのひろば で下山完了です〜! 三山 ノボッタケレド ゼンゼン モノタリマセン〜(笑)

※吉田山公園・船岡山公園・こもれびのひろば にトイレあり。吉田山・船岡山は、日課のウォーキングの方が多い。船岡山は子どもも多い。双ヶ丘は家族連れが多い。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月03日

第73回 美女山〜城山〜琴滝 市森古市登山口

Screenshot_20200516-103116_0.png

京都のお山探しをしていると… ん?? 美女山?? 口コミによると、男性が登れば“美女と出会えるパワー”を、女性が登れば“美女になれるパワー”を もらえるらしい(笑) “美女になれるパワー”とやらを…いただきに行ってきま〜す(笑)

CIMG8826.JPG
市森古市登山口から

CIMG8827.JPG
出発します。

CIMG8829.JPG
池の端を歩いて行くと

CIMG8830.JPG
オブジェのような遊具が(驚)

CIMG8831.JPG
京丹波町観光協会によると

CIMG8832.JPG
美女山という名前の由来は

CIMG8833.JPG
美女が横たわっている姿説、美女の眉説、眉の上に見上げる山=眉上山が美女山に変化した説など

CIMG8834.JPG
諸説あるようですが

CIMG8840.JPG
“美女になれるパワー”をもらえる説を 信じたい(笑)

CIMG8842.JPG
ロープがでてきました〜!メッチャ ナガイ(笑)

CIMG8843.JPG
さらに続きます〜(笑) コッチモ ナガッ

CIMG8845.JPG
このルート…かなり急勾配です(汗)

CIMG8846.JPG
汗がしたたりおちてきます(暑) ソンナ キセツガ ヤッテキタ ノネ

CIMG8847.JPG
黒尾橋からのルートと合流します。

CIMG8850.JPG
今までとは、うってかわって歩きやすい道です〜(嬉)

CIMG8851.JPG
あっ!モシカシテ モシカシテ

CIMG8876.JPG
美女山

CIMG8873.JPG
山頂に

CIMG8875.JPG
到着〜!

CIMG8910.JPG
“美女になれるパワー”は

CIMG8881.JPG
ここからでてくるのでしょうか??(笑) チャージ――!

CIMG8885.jpg
まずは南方面〜!キャ――!

CIMG8893.jpg
めっちゃきれい―――!

CIMG8889.jpg
水墨画のような

CIMG8890.jpg
幻想的な景色(輝)

CIMG8897.jpg
そして、北方面〜!キャ――!

CIMG8899.jpg
こっちも〜

CIMG8900.jpg
めっちゃきれい〜!(輝)

CIMG8904.JPG
ホント 絵画の世界〜。

CIMG8946.JPG
この絶景を眺めながら、朝カフェしま〜す。

CIMG8947.JPG
食パンをじっくりと焼きます。

CIMG8951.JPG
できたかな?

CIMG8953.JPG
できた〜!

CIMG8954.jpg
たっぷりバターに

CIMG8958.jpg
たっぷりハチミツをしみこませたら

CIMG8979.jpg
ハニーバタートーストの完成〜! う〜ん、美味しい〜。マチガイ ナイ ヤツ

CIMG8984.JPG
満喫したら…市森方面に戻ります。

CIMG8987.JPG
ここって…天狗堂(第16回)の急坂を はるかにこえる勾配やね(汗)

CIMG8988.JPG
どうやらこの辺りから…道をはずれていったようです(泣)

CIMG8989.JPG
とんでもない場所に

CIMG8990.JPG
でてきました(汗)

CIMG8991.JPG
とりあえず…市森古市登山口まで戻ります。

CIMG8994.JPG
戻ってきました〜!ホッ 気をとりなおして…城山(須知(しゅうち)城跡)を目指します。

CIMG8996.JPG
スゴッ!美女の山里!! コノヘンハ ビジョ ダラケ ナノカナア

CIMG9111.JPG
京都縦貫自動車道を横切り

CIMG8998.JPG
明石(あげし)の

CIMG9000.JPG
登山口にむかいます。

CIMG9001.JPG
ここから登ります〜!

CIMG9002.JPG
なかなかの急登です(汗)

CIMG9003.JPG
須知城(別名:市森城)は、室町時代初期、丹波国船井郡の有力国人 須知景光が、城山の山頂に築いた お城。

CIMG9004.JPG
天正7(1579)年、明智光秀の丹波平定の攻撃によって落城し、須知氏は滅亡したらしい。

CIMG9006.JPG
めっちゃ

CIMG9009.JPG
急なんですが…(汗)

CIMG9010.JPG
あっ!山頂かな?? チガイマシタ(笑)

CIMG9011.JPG
キャ―!ミエテ キマシタ〜

CIMG9012.JPG
わっ!スゴッ!!

CIMG9014.JPG
こっちも〜(驚)

CIMG9015.JPG
ず〜っと、石垣〜(驚)

CIMG9032.JPG
須知城跡に到着〜!

CIMG9033.JPG
土塁〜。

CIMG9041.JPG
なにの穴かな??

CIMG9040.JPG
ここにお城があったんやねぇ。レキシ ヲ アジワウ

CIMG9017.jpg
さっき登った美女山〜!美しい形っ(輝) ミツヒデ モ ナガメタ ケシキ カナア…。

CIMG9044.jpg
丹波IC方面〜。ゴールデンウィーク ダケド ガラッ ガラッ コロナ ハヤク オチツイテ クレナイカナア…

CIMG9046.JPG
琴滝を目指します。

CIMG9048.JPG
この岩も土塁の一部らしい。

CIMG9050.JPG
分岐に到着〜!

CIMG9051.JPG
くだっていきます。

CIMG9052.JPG
荒れた感はありますが…じゅうぶん歩けます。

CIMG9053.JPG
わっ!滝の音が聞こえてきました〜。ワクワク

CIMG9054.JPG
キャ――!見えてきました〜。

CIMG9072.png
琴滝に到着〜!

CIMG9058.JPG
高さ43mの一枚岩にそって、流れ落ちてきます〜!

CIMG9069.JPG
13弦の琴糸のように見えることから、琴滝と呼ばれるのだとか。

CIMG9057.JPG
この受け止める角度も、ええわぁ〜。

CIMG9056.JPG
癒される〜。

CIMG9073.JPG
東屋もあります。

CIMG9075.JPG
滝の右側に登っていきます。

CIMG9076.JPG
上から 滝つぼ〜!(輝)

CIMG9079.JPG
進んでいくと

CIMG9081.JPG
滝が落ち始めるところに到着〜!

CIMG9082.JPG
さらに進むと

CIMG9087.JPG
小瀧池〜!ミナモ ヘノ ウツリコミ ガ ステキ(輝)

CIMG9088.JPG
ここまでは、車でも来られます。

CIMG9091.JPG
遊歩道に

CIMG9092.JPG
進みます。

CIMG9094.JPG
整備された

CIMG9095.JPG
道を

CIMG9096.JPG
進んでいくと

CIMG9097.JPG
大滝池に

CIMG9098.JPG
到着〜!

CIMG9100.JPG
琴泉洞をくぐって

CIMG9101.JPG
舗装路を進むと

CIMG9103.JPG
琴滝公園の

CIMG9104.JPG
入口に到着〜!

CIMG9106.JPG
くだっていくと、玉雲寺〜。

CIMG9107.JPG
このお寺の建物・宝物も、明智光秀の須知城攻撃の兵火で焼失したのだそう。スゴイ レキシ

CIMG9108.JPG
この道は

CIMG9109.JPG
歴史散策道です。

CIMG9110.JPG
京都縦貫自動車道を横切り

CIMG9112.JPG
今日も無事に下山完了です〜!

※市森古市登山口に駐車場あり。琴滝公園にトイレあり。
posted by SORA at 20:05| 登山