2020年02月24日

第58回 姨綺耶山(津田山・奥島山)


今年のお正月に訪れてからというもの(第48回)、時々、ここからの景色を たまらなく味わいたくなる私。3連休最終日、絶好のお天気!これは行くしかない〜(笑)

20200224 奥島山_200225_0232.jpg
長命寺駐車場下の

20200224 奥島山_200225_0230.jpg
登山口から出発します。

20200224 奥島山_200225_0228.jpg
山頂は

20200224 奥島山_200225_0225.jpg
“あの場所”に行くための

20200224 奥島山_200225_0223.jpg
ついでですっ(笑) なので…登山道のレポは、第48回をご覧ください(笑)

20200224 奥島山_200225_0215.jpg
気持ちがはやります(嬉)

20200224 奥島山_200225_0204.jpg
天照大神(あまてらすおおみかみ)様〜。ココヲスギルト アソコハ スグ!ワクワク

20200224 奥島山_200225_0197.jpg
天之御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)様〜。ペコリ

20200224 奥島山_200225_0193.jpg
姨綺耶山(津田山・奥島山)山頂に

20200224 奥島山_200225_0192.jpg
到着〜!

20200224 奥島山_200225_0188.jpg
それでは!”あの場所”にっ、向かいます〜!

20200224 奥島山_200225_0186.jpg
ここから〜!ワクワク

20200224 奥島山_200225_0183.jpg
登って〜!

20200224 奥島山_200225_0180.jpg
そう――!見たかったのは…

20200224 奥島山_200225_0172.jpg
この景色――!ジャジャーン

20200224 奥島山_200225_0140.jpg
穏やかで

20200224 奥島山_200225_0145.jpg
幻想的な

20200224 奥島山_200225_0153.jpg
この景色、そして

20200224 奥島山_200225_0157.jpg
この静寂感が、たまらなく好き〜。

20200224 奥島山_200225_0113.jpg
絶景を眺めながら

20200224 奥島山_200225_0111.jpg
今日のお昼は

20200224 奥島山_200225_0103.jpg
ハムエッグチーズマフィン〜!う〜ん、美味しい〜!

20200224 奥島山_200225_0098.jpg
別腹も…焼きます〜(笑)

20200224 奥島山_200225_0094.jpg
焼きリンゴマフィン〜!これっ!予想以上にいけます〜。

20200224 奥島山_200225_0088.jpg
絵に描いたような

20200224 奥島山_200225_0084.jpg
空〜!

20200224 奥島山_200225_0067.jpg
心に染みる〜。

20200224 奥島山_200225_0081.jpg
ピンク色に染まる比良山系〜。

20200224 奥島山_200225_0056.jpg
無人島に

20200224 奥島山_200225_0043.jpg
来たみたい〜。

20200224 奥島山_200225_0042.jpg
非日常的な

20200224 奥島山_200225_0041.jpg
時間が流れます。

20200224 奥島山_200225_0034.jpg
涙出そう。

20200224 奥島山_200225_0030.jpg
贅沢すぎる時間を過ごしたら

20200224 奥島山_200225_0022.jpg
トワイライトの中、下山します。

20200224 奥島山_200225_0005.jpg
びわ湖バレイが、輝きはじめました。

20200224 奥島山_200225_0002.jpg
無事に下山完了で〜す!
posted by SORA at 20:02| 登山

2020年02月23日

第57回 便石山〜天狗倉山〜オチョボ岩 馬越公園登山口ピストン


ヤマッパーの心神さんから、“岩好きにはたまらない” とお勧めしていただいたお山! 調べれば調べるほど、行きたい願望がおさえられなくなり(笑)…行ってきま〜す!ワクワク

20200223 天狗倉山_200224_0510.jpg
馬越(まごせ)公園登山口から

20200223 天狗倉山_200224_0508.jpg
馬越峠を目指します。

20200223 天狗倉山_200224_0507.jpg
世界遺産 熊野古道伊勢路は

20200223 天狗倉山_200224_0505.jpg
伊勢神宮(三重県)から熊野三山(和歌山県)へ続く“祈りの道”

20200223 天狗倉山_200224_0502.jpg
伊勢路の中で“最も美しい石畳”といわれる馬越峠は

20200223 天狗倉山_200224_0501.jpg
ポスターなどにも取り上げられる有名な峠。

20200223 天狗倉山_200224_0499.jpg
展望東屋に到着〜!尾鷲の町を一望〜。

20200223 天狗倉山_200224_0497.jpg
桜地蔵方面に進みます。

20200223 天狗倉山_200224_0494.jpg
祈りの道…素敵な雰囲気。

20200223 天狗倉山_200224_0490.jpg
桜地蔵に到着〜!その昔、旅人の安全を願って奉納されたのだそう。御堂はレンガで造られています。

20200223 天狗倉山_200224_0487.jpg
このあたりは、雨が多い地域なので

20200223 天狗倉山_200224_0486.jpg
路面の流出や崩壊を防ぎ

20200223 天狗倉山_200224_0483.jpg
夏草やシダなどが生い茂るのをおさえて

20200223 天狗倉山_200224_0481.jpg
道を確保するために石が敷き詰められたのだそう。

20200223 天狗倉山_200224_0480.jpg
遅くとも江戸時代(17世紀前半)、紀州藩の街道整備に伴って造られ

20200223 天狗倉山_200224_0479.jpg
道幅は、紀州藩の駕籠(かご)幅(約2.7m)に合わせてあるのだとか。スゴーイ

20200223 天狗倉山_200224_0478.jpg
馬越峠に

20200223 天狗倉山_200224_0475.jpg
到着〜!江戸時代末期の俳人 可涼園桃乙(かりょうえんとういつ)が夜桜見物の時に詠んだ句碑。1854年弟子たちによって建立されたものらしい。

20200223 天狗倉山_200224_0473.jpg
この場所には、明治中頃まで、馬越茶屋があり、多くの旅人をもてなしていたのだとか。サスガ セカイイサン レキシヲ カンジラレル バショ

20200223 天狗倉山_200224_0472.jpg
便石山(びんしやま)を目指します!えっ!約120分(汗) オウフクスルノデスガ…

20200223 天狗倉山_200224_0471.jpg
象の背、楽しみ〜。ワクワク

20200223 天狗倉山_200224_0470.jpg
えっ!

20200223 天狗倉山_200224_0469.jpg
どこまで

20200223 天狗倉山_200224_0467.jpg
くだっていくの―――!(汗)

20200223 天狗倉山_200224_0465.jpg
便石山が見えてきました〜。山頂直下のグレーの部分が…象の背です―――!

20200223 天狗倉山_200224_0460.jpg
あれだけくだったら…やっぱり…のぼりですよね〜(汗)

20200223 天狗倉山_200224_0458.jpg
はさまったらどうしよう〜(笑)

20200223 天狗倉山_200224_0457.jpg
頂上まであと60分!ガンバルー

20200223 天狗倉山_200224_0453.jpg
便石山〜!マッテテネー

20200223 天狗倉山_200224_0452.jpg
ひたすら

20200223 天狗倉山_200224_0445.jpg
階段を

20200223 天狗倉山_200224_0443.jpg
のぼります(汗)

20200223 天狗倉山_200224_0439.jpg
それにしても、よく整備されたお山です。

20200223 天狗倉山_200224_0437.jpg
頂上まであと30分!ガンバルー

20200223 天狗倉山_200224_0431.jpg
急に石の道にかわったと思ったら

20200223 天狗倉山_200224_0425.jpg
巨石〜!

20200223 天狗倉山_200224_0415.jpg
岩いっぱい〜。登ってみる〜(笑)

20200223 天狗倉山_200224_0414.jpg
遠くから、白い建物のように見えていた正体は、これだったのね。

20200223 天狗倉山_200224_0411.jpg
ゲゲゲッ!また…階段ですか〜(汗)

20200223 天狗倉山_200224_0408.jpg
登りきると

20200223 天狗倉山_200224_0405.jpg
便石山

20200223 天狗倉山_200224_0394.jpg
山頂に

20200223 天狗倉山_200224_0399.jpg
到着〜!眺望はありません。

20200223 天狗倉山_200224_0390.jpg
象の背を目指します!キャー ツイニ キタ

20200223 天狗倉山_200224_0387.jpg
その前に…

20200223 天狗倉山_200224_0385.jpg
小象の背〜。

20200223 天狗倉山_200224_0377.jpg
もしかして…

20200223 天狗倉山_200224_0376.jpg
もしかして…

20200223 天狗倉山_200224_0369.jpg
キャ――――!!

20200223 天狗倉山_200224_0341.jpg
象の背――――!!

20200223 天狗倉山_200224_0361.jpg
も―、なにここ〜!

20200223 天狗倉山_200224_0336.jpg
素敵すぎる〜(輝)

20200223 天狗倉山_200224_0334.jpg
来て…よかった〜(嬉)

20200223 天狗倉山_200224_0339.jpg
“わあ(^_^)展望いいね!” ハイッ! めちゃくちゃいいです〜!

20200223 天狗倉山_200224_0328.jpg
120分かけて来た道を

20200223 天狗倉山_200224_0322.jpg
馬越峠まで

20200223 天狗倉山_200224_0317.jpg
戻ります(笑)

20200223 天狗倉山_200224_0312.jpg
馬越峠まで戻ってきました〜。

20200223 天狗倉山_200224_0303.jpg
天狗倉山(てんぐらさん)を目指します!

20200223 天狗倉山_200224_0298.jpg
岩の間に木の根っこ!スゴッ

20200223 天狗倉山_200224_0292.jpg
ガァッ!また

20200223 天狗倉山_200224_0290.jpg
階段ですかぁ…(汗)

20200223 天狗倉山_200224_0289.jpg
北コースに進みます。

20200223 天狗倉山_200224_0286.jpg
岩が増えてきました〜。

20200223 天狗倉山_200224_0281.jpg
もしかして…

20200223 天狗倉山_200224_0276.jpg
天狗倉山山頂??

20200223 天狗倉山_200224_0273.jpg
めっちゃおっきい〜。

20200223 天狗倉山_200224_0270.jpg
キャ―!なに??はしご――!

20200223 天狗倉山_200224_0255.jpg
向かい側の展望岩〜!

20200223 天狗倉山_200224_0259.jpg
キャ―!きれい〜。

20200223 天狗倉山_200224_0268.jpg
さっき登った便石山〜!象の背も見える〜(輝)

20200223 天狗倉山_200224_0253.jpg
修験道の開祖“役行者(えんのぎょうじゃ)”がお祀りされています。

20200223 天狗倉山_200224_0251.jpg
はしご、登りま〜す!

20200223 天狗倉山_200224_0246.jpg
めっちゃ広い岩〜!

20200223 天狗倉山_200224_0237.jpg
天狗倉山山頂に

20200223 天狗倉山_200224_0233.jpg
到着〜!

20200223 天狗倉山_200224_0229.jpg
熊野那智大社の行者様。山岳信仰について、色々と教えてくださいました。

20200223 天狗倉山_200224_0227.jpg
興味深いお話をたくさん聞かせていただけて、感謝・感激!ちなみに…飯道山の平等岩の輪っか(第43回)は、行者様の履いておられる靴でも難しいらしい。登山靴であそこは無理(笑)と。ワタシ…キケン デシタ

20200223 天狗倉山_200224_0224.jpg
お別れの時に…熊野那智 大黒天のお札をいただきました(喜) タイセツニ シマス

20200223 天狗倉山_200224_0222.jpg
はしごをおりて

20200223 天狗倉山_200224_0216.jpg
役行者様のお堂をお参りしたら

20200223 天狗倉山_200224_0211.jpg
いよいよ、オチョボ岩を目指します!

20200223 天狗倉山_200224_0208.jpg
NHK・FM三重電波塔の向かいに

20200223 天狗倉山_200224_0207.jpg
天狗倉山最高点〜!山頂で引き返したら、ここには来られへんやん〜。

20200223 天狗倉山_200224_0205.jpg
電波塔と最高点の間を進みます。

20200223 天狗倉山_200224_0203.jpg
オチョボ岩、楽しみ〜!ルンルン

20200223 天狗倉山_200224_0200.jpg
ガァッ、めちゃくだるやん〜(汗)

20200223 天狗倉山_200224_0198.jpg
オチョボ岩から戻って来られた方から「最後の登りがきつかった―(汗)」と聞き、ビビる(笑)

20200223 天狗倉山_200224_0196.jpg
こういう登りなら、全然いいです――!楽しい〜(笑)

20200223 天狗倉山_200224_0193.jpg
オチョボ岩って…天狗倉山からちょっと先の展望岩だと、軽く考えていたけれど…

20200223 天狗倉山_200224_0192.jpg
1つのお山に登る感じやね〜(笑)

20200223 天狗倉山_200224_0191.jpg
はしご〜。

20200223 天狗倉山_200224_0190.jpg
わっ!オチョボ岩に到着〜!

20200223 天狗倉山_200224_0158.jpg
えっ!なにここ〜!

20200223 天狗倉山_200224_0154.jpg
ヤバイヤバイ

20200223 天狗倉山_200224_0163.jpg
絶景すぎる―――!!

20200223 天狗倉山_200224_0155.jpg
紀北町方面〜!

20200223 天狗倉山_200224_0160.jpg
尾鷲市方面〜!

20200223 天狗倉山_200224_0162.jpg
たまりません〜!

20200223 天狗倉山_200224_0147.jpg
この絶景を眺めながら

20200223 天狗倉山_200224_0145.jpg
今日のお昼は

20200223 天狗倉山_200224_0136.jpg
野菜たっぷりソース焼きそば〜!う〜ん、美味しい〜!

20200223 天狗倉山_200224_0128.jpg
のんびり珈琲タイムを過ごしたら…

20200223 天狗倉山_200224_0118.jpg
帰りたくない気持ちをおさえながら…下山です(寂)

20200223 天狗倉山_200224_0114.jpg
なにこの岩〜!おっき〜。

20200223 天狗倉山_200224_0106.jpg
海沿いの道から戻ります。

20200223 天狗倉山_200224_0094.jpg
えっ!めっちゃきれい〜。

20200223 天狗倉山_200224_0093.jpg
いっぱい岩があって

20200223 天狗倉山_200224_0083.jpg
楽しい〜!

20200223 天狗倉山_200224_0080.jpg
せっかくなので

20200223 天狗倉山_200224_0066.jpg
もう1度、登ってみる〜(笑) アオゾラ サイコウ〜

20200223 天狗倉山_200224_0054.jpg
南コースから

20200223 天狗倉山_200224_0051.jpg
馬越峠に

20200223 天狗倉山_200224_0050.jpg
戻ります。

20200223 天狗倉山_200224_0046.jpg
階段〜(泣)

20200223 天狗倉山_200224_0045.jpg
馬越峠に戻ってきました〜。

20200223 天狗倉山_200224_0041.jpg
桜地蔵方面に進みます。

20200223 天狗倉山_200224_0039.jpg
歴史のつまった祈りの道

20200223 天狗倉山_200224_0033.jpg
じっくりと味わいながら

20200223 天狗倉山_200224_0028.jpg
くだります。

20200223 天狗倉山_200224_0026.jpg
馬越峠不動滝を

20200223 天狗倉山_200224_0025.jpg
目指します!

20200223 天狗倉山_200224_0022.jpg
岩肌をなでるように、しなやかに流れ落ちる馬越峠不動滝〜!

20200223 天狗倉山_200224_0014.jpg
今日も無事に下山完了で〜す。

20200223 天狗倉山_200224_0011.jpg
駐車場に標識が。せっかくなので、行ってみます!

20200223 天狗倉山_200224_0008.jpg
大石に到着〜!

20200223 天狗倉山_200224_0005.jpg
その名の通り!めっちゃおっき〜!

20200223 天狗倉山_200224_0003.jpg
駐車場の先に、桜が咲いていました。もう春ですねぇ。
最後に…このお山を勧めてくださった心神さんに感謝!アリガトウゴザイマシタ

※馬越公園駐車場にトイレあり。水飲み場もあり。
posted by SORA at 20:02| 登山

2020年02月22日

第56回 天山 希望ヶ丘コース(南ゲートピストン)


三連休初日だというのに雨予報(悲) 傘をさしてでも登れるお山はないかなぁ?レインウェア ジャ ナイノネ(笑)ということで…今日は天山(あまやま)に行ってきま〜す!

P1200242_R.JPG
希望ヶ丘 南ゲート奥の登山口から出発します。

P1200244_R.JPG
わりとしっかりとした坂道です。

P1200249_R.JPG
わっ、景色が見えてきた〜。

P1200250_R.JPG
まだ

P1200251_R.JPG
青空です〜! ハレオンナパワー タノミマスヨ

P1200253_R.png
本日の第1岩、発見(笑)

P1200258_R.JPG
わぁ、楽しい道になってきた〜。

P1200265_R.JPG
第3見晴岩に到着〜!

P1200266_R.JPG
希望ヶ丘文化公園、奥に琵琶湖、そして比良山系〜!

P1200267_R.JPG
十二坊(第51回)〜!朝焼けがきれい〜(輝)

P1200272_R.JPG
ほどなくして、第2見晴岩に到着〜!

P1200280_R.JPG
第3見晴岩よりも、こっちの方が断然きれい〜。

P1200281_R.JPG
ぐる――っと

P1200287_R.JPG
景色を楽しんだら

P1200292_R.JPG
先を急ぎます(汗) アメガ フッテ キマセンヨウニ

P1200300_R.JPG
わぁ―――!きれい〜。

P1200304_R.JPG
天山の肩に到着〜!天山山頂を目指します。

P1200307_R.JPG
それにしても

P1200310_R.JPG
岩がいっぱいあって

P1200320_R.JPG
楽しいお山やなぁ〜(喜)

P1200322_R.JPG
近江富士(三上山)〜!(第10回)

P1200324_R.JPG
デデ―ン!

P1200328_R.JPG
ワクワクする〜。

P1200331_R.JPG
山頂

P1200332_R.JPG
もうすぐかなぁ。

P1200334_R.JPG
キャ――!旗立ってる〜。

P1200341_R.JPG
天山

P1200349_R.png
山頂に

P1200354_R.JPG
到着〜!

P1200358_R.JPG
飛んでみる〜(笑)

P1200363_R.JPG
近江富士(三上山)からの北尾根縦走路のお山たち〜!

P1200366_R.JPG
めっちゃ

P1200367_R.JPG
幻想的〜。キュン

P1200370_R.JPG
この景色を眺めながら・・・今日の朝ごはんは・・・

P1200376_R.JPG
ベーコンポテトパイ〜!

P1200380_R.JPG
ワクワク ドキドキ

P1200381_R.JPG
どうかなぁ。ジャジャーン!

P1200387_R.JPG
う〜ん。ホクホクモチモチ、美味しい〜!

P1200396_R.JPG
そしてぇ―――

P1200400_R.JPG
ホットアップルパイ〜!

P1200402_R.JPG
ほっぺたがぁ・・・おちます〜(笑)

P1200410_R.JPG
雨が降らないうちに下山します。あっ、第2見晴岩から第3見晴岩、見えてるやん(笑)

P1200415_R.JPG
低山だけど

P1200418_R.JPG
楽しくて

P1200425_R.JPG
素敵なお山でした〜。

P1200429_R.JPG
無事に下山完了〜!お天気もってくれて、よかった〜(嬉)

※滋賀県立近江富士花緑公園駐車場も滋賀県希望ヶ丘文化公園駐車場も、利用は9時〜しかできない。
posted by SORA at 20:02| 登山

2020年02月09日

第55回 観音山〜筆捨山〜羽黒山〜関富士


てんきとくらす予報によると、今日はどこのお山も、風が強くてC予報。こんな時のために(笑)と…前から取り置いておいた(笑) 観音山から関富士への周回〜!風も強くないし天気もまずまずの予報(喜) 楽しみ〜!と思って起きると…外は 今季初の雪景色。まあ、着く頃には晴れるかなっ…と車を走らせたものの、いっこうにやむ気配はない(汗) 空は一面どんよりとした雪雲。これって…登れるの??

20200209 関富士_200209_0465.jpg
とりあえず、眺望のない関富士から、行けるところまで行ってみよう〜!と準備開始。さあ、行くぞ〜!のタイミングで、信じられないくらいの青空がっ! えっ!ちょっと…怖いんですがぁ…誰か見てました?? 今日も晴れ女パワー全開で(笑) 予定通り、観音山から攻めます!(笑)

20200209 関富士_200209_0463.jpg
太陽が出てくると、ネックウォーマ―もいらないくらい暖かい(嬉)

20200209 関富士_200209_0461.jpg
観音山遊歩道に入っていきます。

20200209 関富士_200209_0457.jpg
石仏めぐりコースは、途中、アンテナ工事で通行止めになるため

20200209 関富士_200209_0452.jpg
左側の道を進みます。

20200209 関富士_200209_0449.jpg
わっ、なにこの岩〜!

20200209 関富士_200209_0442.jpg
登ってみる〜!

20200209 関富士_200209_0440.jpg
楽しい(笑)

20200209 関富士_200209_0435.jpg
面白い形〜。

20200209 関富士_200209_0432.jpg
関富士〜!待っててね。

20200209 関富士_200209_0427.jpg
観音山山頂に到着〜!眺望はありません。

20200209 関富士_200209_0423.jpg
一旦分岐まで戻ります。また雪が降ってきました(汗)

20200209 関富士_200209_0422.jpg
ここから、筆捨山を目指します。

20200209 関富士_200209_0414.jpg
粘土質の道を進んでいきます。

20200209 関富士_200209_0411.jpg
整備の行き届いた道が続きます。

20200209 関富士_200209_0410.jpg
わっ、東屋〜!

20200209 関富士_200209_0404.jpg
一番のりのようです(笑) チョット アソブ

20200209 関富士_200209_0401.jpg
筆捨山登山口から…まだ300mしか…進んでいない(汗)

20200209 関富士_200209_0399.jpg
このあと、何度もあらわれる案内図。わかりやすい。

20200209 関富士_200209_0398.jpg
わっ、展望台〜!オッキー

20200209 関富士_200209_0396.jpg
ここも…一番のり〜!

20200209 関富士_200209_0390.jpg
キャー、新雪〜!フワフワ〜。

20200209 関富士_200209_0352.jpg
展望台にのぼった途端に…青空〜!ホント ダレカ ミテマス??

20200209 関富士_200209_0368.jpg
絶好の

20200209 関富士_200209_0367.jpg
雪だるま作りスポットです(笑)

20200209 関富士_200209_0356.jpg
ちょっと渋い??(汗)

20200209 関富士_200209_0350.jpg
いや、かわいいよっ(笑)

20200209 関富士_200209_0348.jpg
ヤバいヤバい、遊びすぎっ(笑)

20200209 関富士_200209_0346.jpg
筆捨山の名前は

20200209 関富士_200209_0342.jpg
室町時代の画家 狩野法眼元信が、この山を描こうとしたものの、山の姿の変化が激しくて描けず、筆を捨てたことからついたのだとか。フーン

20200209 関富士_200209_0335.jpg
さっきから、まだ400mしか進んでいない(汗)

20200209 関富士_200209_0330.jpg
大きな岩〜!登ってみる〜(笑)

20200209 関富士_200209_0326.jpg
おっ、500m進んだゾ(笑)

20200209 関富士_200209_0321.jpg
わぁ〜!きれい〜。

20200209 関富士_200209_0319.jpg
標識…見えません(汗)

20200209 関富士_200209_0318.jpg
ここからずーっとくだります。

20200209 関富士_200209_0313.jpg
おっ、結構進んだやん。あと400m〜。

20200209 関富士_200209_0310.jpg
めちゃくちゃ急な階段が続きます(汗)

20200209 関富士_200209_0304.jpg
鎖だらけの道(笑)を登りきると

20200209 関富士_200209_0294.jpg
筆捨山山頂に到着〜!眺望はありません。

20200209 関富士_200209_0290.jpg
登ってみる〜。

20200209 関富士_200209_0287.jpg
この石はなんだろう??

20200209 関富士_200209_0279.jpg
分岐まで戻って

20200209 関富士_200209_0274.jpg
羽黒山方面に進みます。

20200209 関富士_200209_0272.jpg
わっ、象の背みたい〜。チョット シャシンガ トオイ

20200209 関富士_200209_0265.jpg
ロープ場に到着〜!でも右側の長〜いロープは、引っ張るのをためらう程、かなり頼りない(汗) ケッキョク ツカワナカッタ

20200209 関富士_200209_0259.jpg
ボルダリングです!

20200209 関富士_200209_0252.jpg
めっちゃ楽しい〜!

20200209 関富士_200209_0246.jpg
キャ―!てっぺん――!! チョット コワイ

20200209 関富士_200209_0237.jpg
オ――!気持ちいい〜!

20200209 関富士_200209_0222.jpg
観音山・筆捨山と比べて、急に難易度が上がります。

20200209 関富士_200209_0216.jpg
わっ、潜り岩〜!

20200209 関富士_200209_0209.jpg
この中も…正規の登山道〜(笑)

20200209 関富士_200209_0205.jpg
えっ!ザックがぁ…つっかえる〜(汗)

20200209 関富士_200209_0203.jpg
めっちゃ狭いやん〜。

20200209 関富士_200209_0199.jpg
生まれま…

20200209 関富士_200209_0194.jpg
す〜(笑) アッ! タイナイクグリジャ ナカッタ

20200209 関富士_200209_0186.jpg
えっ!なにここ!

20200209 関富士_200209_0179.jpg
めっちゃきれいやん〜!

20200209 関富士_200209_0172.jpg
羽黒山山頂に

20200209 関富士_200209_0170.jpg
到着〜!

20200209 関富士_200209_0165.jpg
奇石もあって

20200209 関富士_200209_0159.jpg
めっちゃ、いい景色〜!(輝)

20200209 関富士_200209_0152.jpg
山頂の下に道があるので…あやうく、山頂を素通りしてしまうところでした(汗)

20200209 関富士_200209_0141.jpg
わぁ、また展望岩〜!

20200209 関富士_200209_0140.jpg
じゃんけん、ほいっ!勝った〜(笑)

20200209 関富士_200209_0131.jpg
めっちゃいいところ〜!

20200209 関富士_200209_0128.jpg
目の前に、関富士〜!

20200209 関富士_200209_0123.jpg
この景色を眺めながら…今日のお昼は、ホットサンド〜!

20200209 関富士_200209_0121.jpg
とろ〜り月見 ハムコーンダブルチーズサンド に

20200209 関富士_200209_0122.jpg
ジューシー ソースカツサンド〜!

20200209 関富士_200209_0118.jpg
じっくりと両面焼きます。ワクワク

20200209 関富士_200209_0113.jpg
どうかなぁ?チラッ(輝)

20200209 関富士_200209_0101.jpg
完成〜!う〜ん、サクサクほくほく、美味しい〜!

20200209 関富士_200209_0097.jpg
キャベツたっぷり ツナコーンマヨサンド〜!

20200209 関富士_200209_0095.jpg
しめは…シナモンアップルサンド〜!満腹〜(笑) ショクパン ハンキン タイラゲテシマッタ

20200209 関富士_200209_0091.jpg
分岐に戻って、関富士方面に進みます。

20200209 関富士_200209_0083.jpg
わぁ、また展望岩〜!

20200209 関富士_200209_0082.jpg
色んな顔に見えて面白い。

20200209 関富士_200209_0080.jpg
それにしても巨石が

20200209 関富士_200209_0076.jpg
いっぱいあって

20200209 関富士_200209_0075.jpg
楽しいお山〜。

20200209 関富士_200209_0073.jpg
わっ、鳥居!イチレイ

20200209 関富士_200209_0067.jpg
羽黒大権現様がお祀りされているそうです。

20200209 関富士_200209_0063.jpg
さっき、ランチをしていた展望岩〜。

20200209 関富士_200209_0062.jpg
関富士が近づいてきました。

20200209 関富士_200209_0061.jpg
ここが登山口。マークはあるけど…わかりにくい(汗)

20200209 関富士_200209_0057.jpg
これまでとは、うってかわって

20200209 関富士_200209_0056.jpg
整備がされていません(汗)

20200209 関富士_200209_0053.jpg
あってないような道を、登っていきます。

20200209 関富士_200209_0047.jpg
尾根道は整備されています。アレ?? ミチ マチガエテタ??

20200209 関富士_200209_0044.jpg
関富士山頂に

20200209 関富士_200209_0046.jpg
到着〜!眺望はありません。

20200209 関富士_200209_0035.jpg
関富士は…見るお山であって

20200209 関富士_200209_0031.jpg
登るお山じゃないかも…。

20200209 関富士_200209_0028.jpg
ここが登山口。わかりにくい(汗)

20200209 関富士_200209_0025.jpg
新池コースに進みます。

20200209 関富士_200209_0020.jpg
聖橋(ひじりばし)〜!

20200209 関富士_200209_0014.jpg
関富士〜!

20200209 関富士_200209_0011.jpg
池にうつる姿も素敵です!(輝)

20200209 関富士_200209_0005.jpg
ゲストホテル関ロッジの20系客車ブルートレイン ナハネ20〜!撤去予定らしい…(涙)

20200209 関富士_200209_0001.jpg
今日も無事に下山できました〜!

※ゲストホテル関ロッジ駐車場を利用。蒸気機関車の所のトイレは使用禁止。テニスコート上のトイレは使用可。観音山から筆捨山までは、スニーカーでも行けるくらい整備されている。関富士は登山口も、山頂への道も不明瞭。
posted by SORA at 20:02| 登山

2020年02月02日

第54回 竜王山〜綿向山 竜王山縦走コース〜表参道コース


霧氷のことは三峰山(第50回を見てね)に行く前に、お勉強した。今日ならきっと、霧氷に会えるはず!ということで…今日は、霧氷がきれいなことで有名な滋賀県のお山、綿向山に行ってみま〜す!

20200202 綿向山_200203_0685.jpg
竜王山登山口から出発します。

20200202 綿向山_200203_0682.jpg
しばらく

20200202 綿向山_200203_0679.jpg
舗装路が

20200202 綿向山_200203_0677.jpg
続きます。

20200202 綿向山_200203_0674.jpg
竜王山登山口に到着〜!

20200202 綿向山_200203_0670.jpg
だんだんと

20200202 綿向山_200203_0669.jpg
雪が

20200202 綿向山_200203_0666.jpg
増えてきます。

20200202 綿向山_200203_0660.jpg
そうなると…

20200202 綿向山_200203_0658.jpg
雪遊びの

20200202 綿向山_200203_0657.jpg
はじまりで〜す(笑)

20200202 綿向山_200203_0645.jpg
雪ののれん〜!

20200202 綿向山_200203_0630.jpg
誰も踏んでいないフワフワ雪〜!

20200202 綿向山_200203_0629.jpg
めっちゃ

20200202 綿向山_200203_0623.jpg
楽しい〜(喜)

20200202 綿向山_200203_0612.jpg
千畳平に到着〜!

20200202 綿向山_200203_0607.jpg
雪にうもれて、階段じゃなくなっているのではないかと期待していたこの場所…階段のままでした(汗)

20200202 綿向山_200203_0602.jpg
階段をのぼりきると

20200202 綿向山_200203_0600.jpg
え――!なにここ――!

20200202 綿向山_200203_0593.jpg
めっちゃきれい〜!

20200202 綿向山_200203_0583.jpg
わぁ〜い。

20200202 綿向山_200203_0574.jpg
青空と霧氷〜。

20200202 綿向山_200203_0572.jpg
景色と霧氷〜(輝)

20200202 綿向山_200203_0559.jpg
ココナッツのお菓子みたい。かわいい〜。

20200202 綿向山_200203_0562.jpg
吸い込まれそうな空〜!素敵すぎる〜。

20200202 綿向山_200203_0566.jpg
竜王山山頂に

20200202 綿向山_200203_0553.jpg
到着〜!

20200202 綿向山_200203_0548.jpg
綿向山へ縦走します〜!

20200202 綿向山_200203_0545.jpg
霧氷の

20200202 綿向山_200203_0539.jpg
中を

20200202 綿向山_200203_0534.jpg
進んでいきます。

20200202 綿向山_200203_0528.jpg
カンカンカンカンと凄まじい金属音が鳴っていたのは…ここでした。鉄塔の上から、氷の塊が やむことなく落下してきます。この下を、通らないといけないんですがぁ…(汗) ヤシの実くらいの大きな塊も落ちてくるので、超危険!タイミングを見計らって、2本の鉄塔をくぐり抜けます(怖) シャシンデモ シロイタマガ ミエル

20200202 綿向山_200203_0525.jpg
景色はいいのになぁ…。

20200202 綿向山_200203_0511.jpg
一旦くだります。

20200202 綿向山_200203_0502.jpg
オンバノフトコロに到着〜!

20200202 綿向山_200203_0485.jpg
ここも雪遊びエリアです(笑)

20200202 綿向山_200203_0479.jpg
面白い形の木だけど

20200202 綿向山_200203_0471.jpg
今日は、登りません〜(笑)

20200202 綿向山_200203_0465.jpg
雪の上に落ちた霧氷。踏みしめると、気持ちいい〜。

20200202 綿向山_200203_0456.jpg
霧氷のトンネル〜!

20200202 綿向山_200203_0443.jpg
標高917m峰に到着〜!

20200202 綿向山_200203_0440.jpg
絶景〜!

20200202 綿向山_200203_0350.jpg
ジャンボエビの尻尾〜!

20200202 綿向山_200203_0346.jpg
スゴッ!

20200202 綿向山_200203_0345.jpg
美しすぎる〜!

20200202 綿向山_200203_0341.jpg
三角点??

20200202 綿向山_200203_0342.jpg
イハイガ岳方面に進んでみます。

20200202 綿向山_200203_0340.jpg
美しい稜線〜。

20200202 綿向山_200203_0338.jpg
もぉ〜

20200202 綿向山_200203_0332.jpg
なにこの景色〜!

20200202 綿向山_200203_0331.jpg
素敵すぎて

20200202 綿向山_200203_0328.jpg
涙出そう。

20200202 綿向山_200203_0315.jpg
分岐まで戻ってきました。

20200202 綿向山_200203_0313.jpg
竜王山から廻ってきて、よかった〜。

20200202 綿向山_200203_0308.jpg
綿向山を

20200202 綿向山_200203_0304.jpg
目指します。

20200202 綿向山_200203_0291.jpg
ブナの珍変木に到着〜!

20200202 綿向山_200203_0296.jpg
幸せになれますようにっ!

20200202 綿向山_200203_0273.jpg
非日常的な

20200202 綿向山_200203_0266.jpg
この空間

20200202 綿向山_200203_0264.jpg
たまりません〜。アッ、ノボッテルヤン(笑)

20200202 綿向山_200203_0263.jpg
頂上まで、もうすぐ??

20200202 綿向山_200203_0262.jpg
わぁ〜、見えてきた〜。

20200202 綿向山_200203_0257.jpg
綿向山山頂に

20200202 綿向山_200203_0250.jpg
到着〜!

20200202 綿向山_200203_0240.jpg
絶妙のタイミングで、青空〜!

20200202 綿向山_200203_0175.jpg
キャー!!晴れ女パワー炸裂〜!

20200202 綿向山_200203_0244.jpg
正面に鎌ヶ岳(第11回)、ドドーン!

20200202 綿向山_200203_0190.jpg
雨乞岳からイブネ・クラシ〜!(第9回)

20200202 綿向山_200203_0186.jpg
遠くに御嶽山、ドドーン!

20200202 綿向山_200203_0187.jpg
南鈴鹿(第31回)まで〜!

20200202 綿向山_200203_0182.jpg
この雄大な景色を眺めながら…

20200202 綿向山_200203_0230.jpg
今日のお昼は

20200202 綿向山_200203_0225.jpg
あつあつ、ホワイトシチュー〜!

20200202 綿向山_200203_0217.jpg
う〜ん、美味しい〜!あったまる〜。

20200202 綿向山_200203_0172.jpg
こんなに広大な景色を

20200202 綿向山_200203_0164.jpg
満喫できるなんて…

20200202 綿向山_200203_0161.jpg
そりゃあ、人気があるはずやねぇ。

20200202 綿向山_200203_0159.jpg
名残りを惜しみながら…

20200202 綿向山_200203_0156.jpg
下山です(寂)

20200202 綿向山_200203_0155.jpg
表参道の冬期ルートへ進みます。

20200202 綿向山_200203_0144.jpg
霊仙山(第38回)に、御池岳(第35回)〜!

20200202 綿向山_200203_0139.jpg
霧氷と

20200202 綿向山_200203_0128.jpg
青空〜。

20200202 綿向山_200203_0125.jpg
霧氷と

20200202 綿向山_200203_0122.jpg
青空〜。

20200202 綿向山_200203_0120.jpg
ホントに素敵な

20200202 綿向山_200203_0115.jpg
コラボレーション〜。

20200202 綿向山_200203_0110.jpg
7合目の分岐、

20200202 綿向山_200203_0106.jpg
行者のコバに

20200202 綿向山_200203_0104.jpg
到着〜!

20200202 綿向山_200203_0101.jpg
ここからは

20200202 綿向山_200203_0098.jpg
勾配をほとんど感じない道が続きます。

20200202 綿向山_200203_0092.jpg
わっ、小屋〜。

20200202 綿向山_200203_0082.jpg
五合目小屋に到着〜!夢咲の鐘、びっくりするほどおっきな音が鳴ります(笑)

20200202 綿向山_200203_0078.jpg
緩やか〜な下山路です。

20200202 綿向山_200203_0076.jpg
わっ、また小屋〜。

20200202 綿向山_200203_0073.jpg
あざみ小舎に到着〜!ここで軽アイゼンをはずします。

20200202 綿向山_200203_0064.jpg
くだってる感が

20200202 綿向山_200203_0061.jpg
ありません…(笑)

20200202 綿向山_200203_0058.jpg
見上げる坂。いつもなら、このくらいの勾配、おりてるよなぁ(笑)

20200202 綿向山_200203_0055.jpg
『告 この橋、落下の危険あり 一人ずつ渡って下さい』ハイ

20200202 綿向山_200203_0050.jpg
わっ、滝やん〜!

20200202 綿向山_200203_0043.jpg
またまた小屋です〜。

20200202 綿向山_200203_0042.jpg
『また逢おう また逢おう この山で!!』ハイ

20200202 綿向山_200203_0040.jpg
ヒミズ谷出合小屋の中は…喫煙所のようでした(笑)ガーン

20200202 綿向山_200203_0036.jpg
水無山北尾根コース、行ってみたい〜。

20200202 綿向山_200203_0035.jpg
1日楽しませていただいて、ありがとうございました。

20200202 綿向山_200203_0029.jpg
今日も無事に下山完了です〜!

20200202 綿向山_200203_0026.jpg
ジュラ紀(約1.4憶〜1.9億年前)に堆積した岩石〜!スゴッ!天然記念物 接触変質地帯らしい。

20200202 綿向山_200203_0021.jpg
駐車場に

20200202 綿向山_200203_0016.jpg
向かって

20200202 綿向山_200203_0012.jpg
歩きます。

20200202 綿向山_200203_0007.jpg
夫婦松〜!クロマツとアカマツが、不思議なことになっています。

20200202 綿向山_200203_0003.jpg
御幸橋駐車場に戻ってきました。ホント素敵な1日でした。カンシャ

※7:30前の時点で御幸橋駐車場は満車。手前の駐車スペースもあっという間にうまっていく状態。臨時第1駐車場、臨時第2駐車場まであるので、かなりの台数は駐車可。
posted by SORA at 20:02| 登山