2020年01月19日

第52回 笹ヶ岳〜雨乞岩 東登山道〜西登山道


2019年10月、一旦候補にあがったものの(第34回を見てね)、まだ登ってはいなかった笹ヶ岳。山頂で、大たぬきさんが、出迎えてくれるらしい(嬉) 今日は、大たぬきさんに、会いに行きま〜す!

20200119 笹ヶ岳_200119_0346.jpg
東登山口から出発します。

20200119 笹ヶ岳_200119_0342.jpg
民家の脇から

20200119 笹ヶ岳_200119_0337.jpg
クマザサの細い道を

20200119 笹ヶ岳_200119_0336.jpg
登っていきます。

20200119 笹ヶ岳_200119_0332.jpg
急に林の中に入ったと思ったら、巨大な岩が見えてきました。

20200119 笹ヶ岳_200119_0326.jpg
猿飛石に到着〜!

20200119 笹ヶ岳_200119_0321.jpg
大きな岩がゴロゴロ〜。

20200119 笹ヶ岳_200119_0318.jpg
歩きやすい道を進んでいくと

20200119 笹ヶ岳_200119_0313.jpg
延命水に到着〜!冷たい〜。

20200119 笹ヶ岳_200119_0311.jpg
延命水から先は

20200119 笹ヶ岳_200119_0304.jpg
勾配が

20200119 笹ヶ岳_200119_0302.jpg
きつくなります。

20200119 笹ヶ岳_200119_0300.jpg
稜線にでました〜。

20200119 笹ヶ岳_200119_0291.jpg
このところ、ハイキング的なお山が多かったので

20200119 笹ヶ岳_200119_0287.jpg
こういう刺激的な道も

20200119 笹ヶ岳_200119_0280.jpg
いいかも〜(笑)

20200119 笹ヶ岳_200119_0274.jpg
登りではロープは使わなくていいくらい、木の根が階段状にはっています。

20200119 笹ヶ岳_200119_0272.jpg
わっ!もしかして…もしかして…

20200119 笹ヶ岳_200119_0270.jpg
大たぬきさんやん〜(喜)

20200119 笹ヶ岳_200119_0266.jpg
身長150p、体重100s(笑) NHK連続テレビ小説『スカーレット』の舞台となった、ここ、滋賀県甲賀市信楽町は、日本六古窯の1つ“信楽焼”で有名な町。

20200119 笹ヶ岳_200119_0260.jpg
地元の『神山いい顔づくり委員会』が、笹ヶ岳のシンボルを作ろうと、2004年7月、80人がかりで ボートに乗せて、山頂まで担ぎ上げたのだとか。スゴーイ!!

20200119 笹ヶ岳_200119_0269.jpg
笹ヶ岳山頂に

20200119 笹ヶ岳_200119_0256.jpg
到着〜!

20200119 笹ヶ岳_200119_0255.jpg
三角点のそばに鎮座する親子かえるさん。2010年11月、地元の神山地区と諏訪地区の 総勢92名が 笹ヶ岳に登頂した記念に設置されたものらしい。ジツハ ムカシカラ コノ カエルノオキモノ チョット ニガテ(笑)

20200119 笹ヶ岳_200119_0250.jpg
山頂からの眺望は、あまりありません。

20200119 笹ヶ岳_200119_0254.jpg
鶏鳴の滝の案内板(第34回)にもあった 黄金の鶏伝説。

20200119 笹ヶ岳_200119_0248.jpg
薬師堂跡・古井戸にむかいます。

20200119 笹ヶ岳_200119_0245.jpg
うっすらと残った雪化粧が きれい〜。

20200119 笹ヶ岳_200119_0239.jpg
お大師様の延命くぐり石って…これ?? ササ藪の中を進んでいきます。さあ、私はどこでしょう?(笑)

20200119 笹ヶ岳_200119_0236.jpg
えっ?? めっちゃ狭いけど?? 四つん這いになってくぐります(汗)

20200119 笹ヶ岳_200119_0232.jpg
延命くぐり石の上〜!

20200119 笹ヶ岳_200119_0226.jpg
今度は、上からくぐってみます(笑) これって、男の人でもいけるのかなぁ…。

20200119 笹ヶ岳_200119_0219.jpg
雨乞岩との分岐までやってきました。薬師堂跡方面に進みます。

20200119 笹ヶ岳_200119_0218.jpg
しばら〜く、進んでいくと

20200119 笹ヶ岳_200119_0213.jpg
黄金の鶏伝説の古井戸(閼伽池)に到着〜!

20200119 笹ヶ岳_200119_0212.jpg
仏様にお供えする水を汲んだり、雨乞いをするために使われた井戸で、元旦の朝になると、井戸の底から 黄金の鶏が現れて、新年の幸を告げてくれるのだとか。この伝説から、笹ヶ岳の西にある滝を“鶏鳴の滝”と呼ぶようになったらしい。フーン

20200119 笹ヶ岳_200119_0202.jpg
薬師堂跡?? 岩に仏塔のような絵が刻まれています。

20200119 笹ヶ岳_200119_0198.jpg
夜叉ヶ池山(第39回)以来の久しぶりの藪漕ぎ〜。なぜワクワクしているのかは、自分でも謎です(笑)

20200119 笹ヶ岳_200119_0196.jpg
分岐まで戻ってきました〜。雨乞岩にむかいます。

20200119 笹ヶ岳_200119_0194.jpg
クマザサの道を

20200119 笹ヶ岳_200119_0187.jpg
進んでいきます。

20200119 笹ヶ岳_200119_0186.jpg
ここからしばらく、激くだりが続きますが、しっかりとロープがはってあるので、問題ありません。

20200119 笹ヶ岳_200119_0179.jpg
王?? なんでしょう?

20200119 笹ヶ岳_200119_0177.jpg
ぐんぐん進んでいくと

20200119 笹ヶ岳_200119_0171.jpg
東屋に到着〜!

20200119 笹ヶ岳_200119_0168.jpg
雨乞岩まで、あと150m〜!

20200119 笹ヶ岳_200119_0165.jpg
山頂から雨乞岩まで、結構長いなぁ…。

20200119 笹ヶ岳_200119_0162.jpg
キャ―――!!なにここ〜!

20200119 笹ヶ岳_200119_0148.jpg
雨乞岩に到着〜!

20200119 笹ヶ岳_200119_0144.jpg
鈴鹿から奈良の山々までを一望〜!素敵すぎる〜。

20200119 笹ヶ岳_200119_0114.jpg
岩の先は…こんな感じ(笑) 切れ落ちています(怖)

20200119 笹ヶ岳_200119_0133.jpg
この絶景の中、お昼ご飯です(輝)

20200119 笹ヶ岳_200119_0121.jpg
今日のお昼は…信楽焼の土鍋で(笑)

20200119 笹ヶ岳_200119_0117.jpg
水炊き〜!う〜ん、美味しい〜!あったまる〜。

20200119 笹ヶ岳_200119_0109.jpg
そして、しめは 卵雑炊〜! 満たされる〜。

20200119 笹ヶ岳_200119_0111.jpg
まったりとした食後の珈琲タイムが終われば

20200119 笹ヶ岳_200119_0097.jpg
下山です(寂)

20200119 笹ヶ岳_200119_0095.jpg
トイレ〜。クマザサガ オオッテイルケド ツカエルノカナア…。

20200119 笹ヶ岳_200119_0094.jpg
笹ヶ岳山頂方面に戻ります。

20200119 笹ヶ岳_200119_0083.jpg
King &〜

20200119 笹ヶ岳_200119_0076.jpg
King(笑) Princeジャ ナカッタ…

20200119 笹ヶ岳_200119_0073.jpg
先ほど、激くだりだった道。当然帰りは…激登りです(汗)

20200119 笹ヶ岳_200119_0068.jpg
分岐まで戻ってきました。

20200119 笹ヶ岳_200119_0062.jpg
笹ヶ岳山頂まで戻ったら、西登山道に進みます。

20200119 笹ヶ岳_200119_0059.jpg
勾配がきつい所には、必ずロープがはってあります。

20200119 笹ヶ岳_200119_0053.jpg
標識や目印も、丁寧にあるし

20200119 笹ヶ岳_200119_0051.jpg
とっても親切な

20200119 笹ヶ岳_200119_0034.jpg
お山です。

20200119 笹ヶ岳_200119_0029.jpg
この橋…乗ると…めっちゃ たわむんですがぁ――!(怖) 体重制限書いてないよね(笑)

20200119 笹ヶ岳_200119_0023.jpg
わっ、おっき〜。

20200119 笹ヶ岳_200119_0019.jpg
雨宿りできるなぁ…。

20200119 笹ヶ岳_200119_0017.jpg
わぁ―、大人ブランコ〜!

20200119 笹ヶ岳_200119_0009.jpg
巨石あり、伝説あり、藪漕ぎあり、ロープあり、そして絶景ありの

20200119 笹ヶ岳_200119_0006.jpg
楽しいお山でした〜。

20200119 笹ヶ岳_200119_0004.jpg
今日も無事に下山完了〜!


※南新田バス停横に駐車スペースあり。トイレはない。近くの滋賀県立陶芸の森駐車場のトイレを利用するとよい。東屋と雨乞岩の間に仮設トイレがある。
posted by SORA at 20:01| 登山