2019年10月27日

第37回 三嶺 名頃登山口〜新道ピストン


20191027 三嶺_191029_0438.jpg
四国で最も美しい山といわれる、三嶺(みうね)。せっかくなので、登ってみたいっ!さっき、剣山からおりてきたところだけど…(笑)

20191027 三嶺_191029_0016.jpg
人口よりもかかしの数が多いことで有名な、かかしの里 名頃(なごろ)集落。駐車場にも、かかしの集団が…(怖)

20191027 三嶺_191029_0432.jpg
名頃登山口から、いざ出発〜!

20191027 三嶺_191029_0430.jpg
はじめから、けっこう急な坂(汗)

20191027 三嶺_191029_0417.jpg
林道合流点まで来ると

20191027 三嶺_191029_0416.jpg
いよいよ、三嶺への登山道に入ります。

20191027 三嶺_191029_0410.jpg
わぁー!きれい〜!

20191027 三嶺_191029_0405.jpg
誰かの優しさなのでしょうか。

20191027 三嶺_191029_0404.jpg
尾根の林を登って行くと

20191027 三嶺_191029_0397.jpg
ダケモミの丘に到着〜!

20191027 三嶺_191029_0390.jpg
一丘越えると

20191027 三嶺_191029_0385.jpg
あとは山頂を目指して、ひたすら登っていきます。

20191027 三嶺_191029_0383.jpg
だんだんと

20191027 三嶺_191029_0378.jpg
様相が変わってきます。

20191027 三嶺_191029_0372.jpg
キャー!きれい〜。でも…めちゃくちゃ急斜面じゃない??

20191027 三嶺_191029_0367.jpg
標高1600m付近ですが、水場があります。

20191027 三嶺_191029_0360.jpg
どんどんと高度を上げていきます。おりてくる人が、降ってきそうに見えます。

20191027 三嶺_191029_0350.jpg
左側を見おろすと

20191027 三嶺_191029_0351.jpg
けっこう怖い〜(笑)

20191027 三嶺_191029_0348.jpg
なんて素敵なところなのでしょう!

20191027 三嶺_191029_0341.jpg
まだまだ、登っていきます。

20191027 三嶺_191029_0340.jpg
わーい、山頂〜!と思ったら…違った(笑)

20191027 三嶺_191029_0335.jpg
見残池でした〜!

20191027 三嶺_191029_0331.jpg
いい天気になって、ホントによかった。

20191027 三嶺_191029_0325.jpg
三嶺山頂が見えてきました〜!

20191027 三嶺_191029_0316.jpg
絶景――!でも、下をのぞくと

20191027 三嶺_191029_0307.jpg
吸い込まれていきそうになります(怖)

20191027 三嶺_191029_0298.jpg
あと一息、登りますよ〜。

20191027 三嶺_191029_0284.jpg
三嶺山頂に

20191027 三嶺_191029_0277.jpg
到着〜!

20191027 三嶺_191029_0275.jpg
天狗塚方面〜!

20191027 三嶺_191029_0274.jpg
登ってきた道〜!きれい――!

20191027 三嶺_191029_0264.jpg
今日のお昼は

20191027 三嶺_191029_0261.jpg
栗ぜんざいとおにぎり〜!山頂には常に20〜30人くらいの人がいて、とても賑やかです。

20191027 三嶺_191029_0245.jpg
池が見える場所まで戻ります。

20191027 三嶺_191029_0103.jpg
天空の池〜!

20191027 三嶺_191029_0091.jpg
剣山から次郎岌への稜線も一望〜!この景色、素敵すぎる――!

20191027 三嶺_191029_0146.jpg
お池の周りを散策〜。

20191027 三嶺_191029_0200.jpg
もう、なにもかもに、魅了されてしまいます。

20191027 三嶺_191029_0123.jpg
三嶺ヒュッテ〜。ツインテールの女の子の顔みたいで、かわいい〜。

20191027 三嶺_191029_0131.jpg
お池の後ろにも、雄大な景色が広がります〜。

20191027 三嶺_191029_0105.jpg
名頃へは

20191027 三嶺_191029_0084.jpg
右の階段をくだっていきます〜。

20191027 三嶺_191029_0077.jpg
来て

20191027 三嶺_191029_0071.jpg
よかった――!

20191027 三嶺_191029_0064.jpg
秋を満喫。

20191027 三嶺_191029_0049.jpg
あとは

20191027 三嶺_191029_0039.jpg
ひたすら

20191027 三嶺_191029_0034.jpg
くだるだけ〜。これがけっこう長い――(汗)

20191027 三嶺_191029_0025.jpg
無事に下山〜!ヤッター

※名頃駐車場は広い。トイレあり。
posted by SORA at 22:35| 登山

第36回 剣山(2日目/2) 剣道コース〜見ノ越

20191027 剣山 day2_191028_0081.jpg
朝の剣山山頂は…暴風で、超寒い〜。

20191027 剣山 day2_191028_0080.jpg
大剣神社を目指します。

20191027 剣山 day2_191028_0076.jpg
雲海が広がる 幻想的な朝の風景〜!

20191027 剣山 day2_191028_0071.jpg
突如現れた奇岩。下には大剣神社の屋根が見えます。

20191027 剣山 day2_191028_0068.jpg
大剣神社に到着〜!

20191027 剣山 day2_191028_0065.jpg
『天地一切の悪縁を絶ち、現生最高の良縁を結ぶ』パワースポット!!

20191027 剣山 day2_191028_0061.jpg
ご神体である御塔石(おとうせき)の根本から湧き出る、御神水(おしきみず)を

20191027 剣山 day2_191028_0060.jpg
目指します。

20191027 剣山 day2_191028_0058.jpg
剣山御神水に到着〜!

20191027 剣山 day2_191028_0055.jpg
万病に効く、若返りの水らしい。ありがたく頂戴いたします。

20191027 剣山 day2_191028_0048.jpg
リフト西島駅を目指して

20191027 剣山 day2_191028_0044.jpg
くだっていきます。

20191027 剣山 day2_191028_0029.jpg
昨日は真っ白で何も見えなかった、リフト西島駅ベンチからの景色〜!

20191027 剣山 day2_191028_0024.jpg
グングンとくだります〜!

20191027 剣山 day2_191028_0015.jpg
紅葉も見納めかなあ…。

20191027 剣山 day2_191028_0007.jpg
剱神社にお礼参りをしたら

20191027 剣山 day2_191028_0003.jpg
下山完了〜!
posted by SORA at 21:32| 登山

2019年10月26日

第36回 剣山(1日目/2) 見ノ越〜行場ルート〜一ノ森〜一ノ森登山道〜剣山〜次郎岌(ぎゅう)


ソロモンの秘宝伝説でも知られるミステリースポット、剣山。今年は気象の影響で、例年よりも1週間ほど、紅葉が遅れているらしい。それは行くしかない!(笑) 四国のお山に登るのは初めて。ワクワクドキドキ

line_244868966121194.jpg
見ノ越第一駐車場の朝は…まさかの雨。30分待機しても、やむ気配がない(汗) 晴れ女パワーも、もはやこれまでか…と、雨装備。さあ、行くぞ〜!と動き出した途端に、なんと…雨がやんだ(笑) 晴れ女パワーは、健在か?? このあと…炸裂します(笑)

line_244882220904209.jpg
剣山登山口から、いざ、出発〜!

line_244920869383257.jpg
まずは、剱神社で、山行の安全を祈願します。

20191026 剣山 day1_191028_0673.jpg
落ち葉を踏みしめ、秋を感じながら登ります。

line_244980795568338.jpg
リフト下のトンネル〜。

20191026 剣山 day1_191028_0657.jpg
ガスが出てきました。

20191026 剣山 day1_191028_0650.jpg
剣道コースと尾根道コースの分岐に到着〜!

20191026 剣山 day1_191028_0643.jpg
リフト西島駅方面から尾根道コースに進み、行場コースを目指します。

20191026 剣山 day1_191028_0647.jpg
紅葉真っ盛り〜!ということで、リフトは8:30から動いています。

20191026 剣山 day1_191028_0637.jpg
ここからは、リフトで登って来られた方々と合流〜。

20191026 剣山 day1_191028_0621.jpg
刀掛の松〜!平安時代、山頂に宝剣を納めに来られた安徳天皇(第81代天皇)が、休まれた場所らしい。宝剣を持ち続けている家来をねぎらい、刀を松に掛けるよう、おっしゃったことから、その名が付いたと言われています。

20191026 剣山 day1_191028_0610.jpg
行場コースに

20191026 剣山 day1_191028_0599.jpg
進みます。

20191026 剣山 day1_191028_0597.jpg
先に

20191026 剣山 day1_191028_0595.jpg
つるの舞へ。

20191026 剣山 day1_191028_0582.jpg
分岐まで戻って、不動の岩屋を目指します。

20191026 剣山 day1_191028_0578.jpg
不動の岩屋に到着〜!

20191026 剣山 day1_191028_0572.jpg
ヘッドランプをつけて…

20191026 剣山 day1_191028_0568.jpg
はしごを降りると、水が流れています。真っ暗闇で、怖すぎます(怖)

20191026 剣山 day1_191028_0561.jpg
おくさりに到着〜!

20191026 剣山 day1_191028_0548.jpg
せっま〜(驚)

20191026 剣山 day1_191028_0545.jpg
登りはそれほど怖さを感じませんでしたが、くだりは濡れていることも手伝って、剱岳のカニのヨコバイ以来の恐怖を感じました(汗)

20191026 剣山 day1_191028_0534.jpg
三十五社に到着〜!ここから右に行けば、胎内くぐりに出られたのに、両剱神社の小屋の前を通って行ってしまいました(汗) でも、そのおかげで…

20191026 剣山 day1_191028_0532.jpg
古剱神社に行けました〜!

20191026 剣山 day1_191028_0530.jpg
蟻の塔わたり からの〜

20191026 剣山 day1_191028_0524.jpg
胎内くぐり〜!

20191026 剣山 day1_191028_0518.jpg
この先、めちゃくちゃ急なくだりの岩場です(怖)

20191026 剣山 day1_191028_0507.jpg
先ほどの、三十五社からの胎内くぐりは、このロープ場をくだっていきます。ここも、急〜(汗)

20191026 剣山 day1_191028_0504.jpg
行場をコンプリートできたので(笑)、いよいよ一ノ森を目指します。

20191026 剣山 day1_191028_0501.jpg
いくつか渡渉していくと

20191026 剣山 day1_191028_0495.jpg
穴吹川源流の谷〜!

20191026 剣山 day1_191028_0497.jpg
穏やか〜な滝が流れます。

20191026 剣山 day1_191028_0478.jpg
進んでいくと

20191026 剣山 day1_191028_0474.jpg
一ノ森が見えてきました〜!

20191026 剣山 day1_191028_0463.jpg
歩いてきた稜線〜!きれいー。

20191026 剣山 day1_191028_0458.jpg
秋ですね〜。

20191026 剣山 day1_191028_0454.jpg
一ノ森頂上に到着〜!三等三角点は、ここよりも100m程先に進んだところにあるということを、この時は知りませんでした…(泣)

20191026 剣山 day1_191028_0449.jpg
西日本で最も古い歴史をもつ美馬市営の 一の森ヒュッテ〜!かわいい〜。

20191026 剣山 day1_191028_0425.jpg
一ノ森登山道を進みます〜。

20191026 剣山 day1_191028_0422.jpg
二ノ森に到着〜!

20191026 剣山 day1_191028_0419.jpg
紅葉を見ながらの稜線歩きは、気持ちいい〜。

20191026 剣山 day1_191028_0395.jpg
剣山山頂部の建物が見えてきました〜。

20191026 剣山 day1_191028_0393.jpg
振り返ってぇ〜、きれいー!

20191026 剣山 day1_191028_0390.jpg
剣山の山頂部は、植物を守るために、遊歩道が整備されています。

20191026 剣山 day1_191028_0385.jpg
剣山頂上ヒュッテに到着〜!

20191026 剣山 day1_191028_0377.jpg
ヒュッテの横には、剣山本宮宝蔵石(ほうぞうせき)神社があります。

20191026 剣山 day1_191028_0372.jpg
今日のお昼は、味噌ラーメン〜。雄大な景色を眺めながら食べる食事は、ホント…美味しい〜。

20191026 剣山 day1_191028_0364.jpg
絶妙なタイミングで、青空が広がります。ヤッタ――!!

20191026 剣山 day1_191028_0353.jpg
剣山山頂に、到着〜!

20191026 剣山 day1_191028_0347.jpg
三角点を取り囲む展望テラスは、360°のパノラマ〜!

20191026 剣山 day1_191028_0335.jpg
これ――っ!見たかった景色――!! 次郎岌への稜線〜!

20191026 剣山 day1_191028_0311.jpg
剣山の別名は、太郎笈。太郎と次郎の兄弟峰って…なんだか、かわいいっ。

20191026 剣山 day1_191028_0307.jpg
こんなにも、晴れ渡ってくれるなんて〜

20191026 剣山 day1_191028_0291.jpg
嬉しすぎる――!

20191026 剣山 day1_191028_0285.jpg
次郎岌への登り〜。

20191026 剣山 day1_191028_0276.jpg
けっこう、急です(汗)

20191026 剣山 day1_191028_0255.jpg
空が近い〜。

20191026 剣山 day1_191028_0205.jpg
次郎岌頂上に

20191026 剣山 day1_191028_0211.jpg
到着〜!

20191026 剣山 day1_191028_0240.jpg
三角点から、少し先

20191026 剣山 day1_191028_0228.jpg
絶景です――!

20191026 剣山 day1_191028_0198.jpg
剣山方面も、素敵〜!

20191026 剣山 day1_191028_0190.jpg
遠くの遠くまで、山々に囲まれた、幸せな空間で…ティータイム〜。

20191026 剣山 day1_191028_0178.jpg
剣山まで

20191026 剣山 day1_191028_0150.jpg
戻る景色も

20191026 剣山 day1_191028_0116.jpg
素晴らしい〜!

20191026 剣山 day1_191028_0094.jpg
次郎様っ

20191026 剣山 day1_191028_0082.jpg
素敵すぎます〜(惚)

20191026 剣山 day1_191028_0046.jpg
剣山山頂 西側のテラス〜。

20191026 剣山 day1_191028_0037.jpg
剣山頂上ヒュッテに戻ります〜!

20191026 剣山 day1_191028_0028.jpg
安徳天皇の宝剣を納めたといわれる、磐座(いわくら)。すごい存在感です。

20191026 剣山 day1_191028_0025.jpg
日の入りは、幻想的〜。

20191026 剣山 day1_191028_0017.jpg
17:30からは、お待ちかねの夕食〜!揚げたてのアマゴの唐揚げ!! 頭の先からシッポまで…めちゃくちゃ美味しい――!

20191026 剣山 day1_191028_0014.jpg
山小屋とは思えないくらい

20191026 剣山 day1_191028_0002.jpg
快適な宿泊施設です〜(嬉)

夜は、小田大輔先生による星空観察会〜!テーマは「恐ろしく寒く、でも恐ろしく美しい(かもしれない)」(笑) 剣山は、国内でも光害が最も少ない地域らしい。遮るものが何もないので、真横に星が見えます(輝) 時折、雲が流れてきましたが、雲がなくなると、天の川もくっきり、きれいに見えました〜!

※見ノ越駐車場は第1・第2とあり、広い。トイレあり。一ノ森三等三角点は、頂上看板よりも100m程先にある。剣山頂上ヒュッテには、浴槽はあるが、シャワーはない。
posted by SORA at 20:08| 登山

2019年10月20日

第35回 御池岳 鞍掛峠ルート〜コグルミ谷ルート


とあるヤマッパーさんの活動日記を見ていると…えっ!(驚) 鈴鹿10座のステッカーが…なんとぉ…スタンプカードにかわってる―――!エエ――――!! 鈴鹿10座ビジターセンターのホームページには、“鈴鹿10座スタンプカード配布開始!! ”って書いてある――!ショウゲキッ(汗) 初めてステッカーをもらいに行った時、「もう台紙はあらへんし、自分で好きなもんに貼って。」と言われ…

_20191016_205845.jpg
自分で台紙も作った(笑)

_20191016_210034.jpg
残すはあと1座。御池岳ステッカーを貼って「完成〜!」となるのを楽しみにしていたのにぃ――(涙)

20191020 御池岳_191020_0430.jpg
ヒルがいない、スカッと晴れた日に登りたいと思って、6月からずーっと、温め続けていた御池岳(笑) 今日こそ、登ります!!

20191020 御池岳_191020_0423.jpg
登り始めから、鞍掛峠までは、わりとしっかりとした登り坂。

20191020 御池岳_191020_0416.jpg
かつて、伊勢と近江を結んだ鞍掛峠に到着〜!

20191020 御池岳_191020_0415.jpg
ここからは、なだらかな稜線です。

20191020 御池岳_191020_0412.jpg
朝日に照らされた景色、きれい〜。でも…この眺望なんて…ほんの序章に過ぎませんでした(笑)

20191020 御池岳_191020_0411.jpg
ネコ鉄塔、かわいい〜!正式名称は『鳥帽子型鉄塔』というらしい。

20191020 御池岳_191020_0401.jpg
秋の空〜。

20191020 御池岳_191020_0392.jpg
え?池? いや、ただの水たまりやろ(笑)

20191020 御池岳_191020_0391.jpg
いよいよ、苔エリアに突入〜!

20191020 御池岳_191020_0372.jpg
なにここ〜!

20191020 御池岳_191020_0383.jpg
御嶽山に、乗鞍岳から穂高連峰、白山、そして、中央アルプス、南アルプスまで一望〜!360度ひらけた稜線。

20191020 御池岳_191020_0358.jpg
序盤からこんな景色が見られるなんてっ!

20191020 御池岳_191020_0367.jpg
心奪われる〜。

20191020 御池岳_191020_0338.jpg
心が躍る、体も踊る(笑)

20191020 御池岳_191020_0318.jpg
記念すべき?? 鈴鹿10座完登のお山に、御池岳をとっておいて、正解〜。

20191020 御池岳_191020_0311.jpg
鈴北岳に到着〜!もちろんここも…360度の素晴らしい眺望です〜。

20191020 御池岳_191020_0290.jpg
えっ?松??

20191020 御池岳_191020_0273.jpg
贅沢な空間〜。

20191020 御池岳_191020_0270.jpg
元池分岐に到着〜!ここから、お池巡りが始まります。下調べでは、18のお池があるらしい。

20191020 御池岳_191020_0262.jpg
1つ目のお池〜!元池。

20191020 御池岳_191020_0256.jpg
あぁ、コケのモフモフ、たまらない〜。

20191020 御池岳_191020_0251.jpg
お池巡りは、踏み跡がありすぎて、一体、どこをどう歩いているのか、わかりません(汗) そして、表示がないため…何池なのかも、わかりません(汗) 2つ目のお池〜!中池かな??

20191020 御池岳_191020_0246.jpg
森の精 モリゾウとキッコロがいっぱいいるみたい(笑)

20191020 御池岳_191020_0244.jpg
夕日のテラスに到着〜!…というより、たまたま辿り着いた感じ(笑)

20191020 御池岳_191020_0243.jpg
3つ目のお池〜!丸池??

20191020 御池岳_191020_0238.jpg
天狗堂からサンヤリへと続く稜線、そして、T字尾根も一望〜!5月に、天狗堂の展望岩から御池岳を、眺めてたよなぁ(第16回を見てね)。う〜ん、感慨無量。

20191020 御池岳_191020_0233.jpg
迷走のお池巡り(笑)をしているうちに…あれ??もう頂上?? 御池岳山頂丸山に、到着〜!

20191020 御池岳_191020_0227.jpg
やったー!鈴鹿10座、完登〜!

20191020 御池岳_191020_0222.jpg
言葉にならないくらい、素晴らしい景色が広がります。

20191020 御池岳_191020_0211.jpg
空に

20191020 御池岳_191020_0204.jpg
吸い込まれていきそう〜。

20191020 御池岳_191020_0202.jpg
キャー!きれい〜!

20191020 御池岳_191020_0201.jpg
天狗鼻に到着〜!

20191020 御池岳_191020_0184.jpg
さらに進むと、ボタンブチ〜!

20191020 御池岳_191020_0181.jpg
進んでも進んでも、絶景が広がります。

20191020 御池岳_191020_0173.jpg
テーブルランド、最高―――!

20191020 御池岳_191020_0171.jpg
4つ目のお池〜!幸助の池。

20191020 御池岳_191020_0149.jpg
カレンフェルトと青空は、最高の組み合わせ。

20191020 御池岳_191020_0118.jpg
T字尾根の下降点〜。

20191020 御池岳_191020_0116.jpg
北の大地に来たような感じです。ここって、お山の上やんね?(笑)

20191020 御池岳_191020_0107.jpg
テーブルランドの東端、土倉岳下行点に到着〜!

20191020 御池岳_191020_0106.jpg
藤原岳〜!(第14回を見てね)

20191020 御池岳_191020_0104.jpg
大草原にたたずむ、これまたユニークな木。

20191020 御池岳_191020_0100.jpg
東のボタンブチ〜!

20191020 御池岳_191020_0095.jpg
鮮やかな緑の苔と青空も、最高の組み合わせ。

20191020 御池岳_191020_0090.jpg
奥の平に到着〜!

20191020 御池岳_191020_0086.jpg
この道は、人がたくさん通っておられます。

20191020 御池岳_191020_0084.jpg
ちゃんと、道標もあります。

20191020 御池岳_191020_0079.jpg
御池岳山頂まで戻って、ランチタイム〜!今日のお昼は…

20191020 御池岳_191020_0071.jpg
卵のせドライカレー〜!う〜ん、美味しい―!

20191020 御池岳_191020_0061.jpg
16時までに、鈴鹿10座ビジターセンターに行って、鈴鹿10座バッチをもらわないといけないので(笑)…

20191020 御池岳_191020_0059.jpg
下山は、コグルミ谷から、サクッとくだります。

20191020 御池岳_191020_0054.jpg
5つ目のお池〜!道池??

20191020 御池岳_191020_0046.jpg
6つ目のお池〜!幻池??

20191020 御池岳_191020_0037.jpg
ここのところ、急坂のお山が続いていたので

20191020 御池岳_191020_0035.jpg
普通な感じの(笑)この角度でのくだり…なんだか気持ちいい〜。

20191020 御池岳_191020_0029.jpg
コグルミ谷ルート

20191020 御池岳_191020_0021.jpg
思っていたよりも、楽しい道でした〜!

20191020 御池岳_191020_0007.jpg
無事に下山完了〜!鈴鹿10座ビジターセンター、間に合うかなぁ…(汗)

20191020 御池岳_191020_0001.jpg
駐車場まで約20分、舗装路を登ります(汗) 「今日って、結構歩いたけど、登った―!って気がせえへんなぁ。」と山トモ。「それ!私も思った。なんか、登り足りひん感じがするぅ(笑)」御池岳って…鈴鹿山脈最高峰なんですが…(笑)

_20191021_190848.JPG
鈴鹿10座ビジターセンターに行くと…御池岳ステッカーは、もしかしたらあるかも…とのことで、確認してくださることに(嬉) 鈴鹿10座バッチは在庫切れ(泣) 入荷次第、郵送してくださることになりました〜!バッチと一緒に、御池岳ステッカーが届きますようにっ。 とりあえず、スタンプカードゲット〜!

後日
_20191025_211028.JPG
鈴鹿10座バッチが届きました〜!残念ながら御池岳ステッカーは、ありませんでしたが、未完の台紙も、よき思い出の品です(笑)

※案内標識が非常に少ない上、自分の進むところが、道になるような草原が多いため、道迷いする危険性が非常に高いように思う。鞍掛トンネルの東側に2ヶ所、西側に1ヶ所駐車場あり。トイレはない。
posted by SORA at 20:30| 登山

2019年10月14日

第34回 鶏鳴八滝


今日は朝から雨。候補にあげていた、御池岳も太神山も権現山も、雨の降り始めは早朝からの予報(泣) 甲賀市なら、降り始めが昼からになってるぅ…ソコマデシテイクカ(笑) …という訳で、鶏鳴八滝か笹ヶ岳か、空模様を見ながら考えることとして、とにかくむかいます〜!途中、急に どしゃ降りの雨が降ったり、青空が出たり、天気が不安定。今日は、安全パイの鶏鳴八滝に決定〜!

line_79176312241918.jpg
第1たぬき発見〜!

line_79195717221650.jpg
初音の滝〜。

line_82758020146749.jpg
駐車場で説明を読みます。

line_79225867265441.jpg
第2たぬき発見〜!垂尾(しだりお)の滝〜。

line_79253994475482.jpg
それでは

line_79295699532601.jpg
出発しまーす!

line_79331014617380.jpg
水の音が心地いい〜。

line_79347680423259.jpg
第3たぬき発見〜!

line_79357175875182.jpg
白神(しらがみ)の滝〜。

line_79429064432707.jpg
第4たぬき発見〜!きゃ―――!!すご〜い。鶏鳴の滝〜。

line_80838317478784.jpg
白い流線そして水玉が、3Dで、脳の中にまで、降り注いできます。水しぶきをあびながら、マイナスイオンを浴びていると、意味もなく涙がこぼれそうになります。ここ、めちゃくちゃ、おすすめスポットです〜!

line_81007248567417.jpg
この迫力と、心が洗われていく感じは、ここに立たないとわからない感覚。

line_81179266890998.jpg
さあ、私はどこでしょう?(笑)

line_81137366826743.jpg
このスケール!! たまりません。

line_81679983189504.jpg
第5たぬきを求めて、進みます〜!

line_81705982526265.jpg
第5たぬき発見〜!白蛇(びゃくじゃ)の滝〜。

line_81739712530627.jpg
白蛇のように細長い滝です。

line_82214086600967.jpg
上の方の勢い、すごい!

line_81983467422149.jpg
神山発電所跡の堰堤〜。人工物と自然岩とのコラボが素敵っ!

line_81783709132017.jpg
神山発電所跡の貯水池〜。

line_81794919215086.jpg
今日は、楽々、お散歩気分。

line_81813991955443.jpg
第6たぬき発見〜!白布(はくふ)の滝〜。

line_81874785252191.jpg
第7たぬき発見〜!

line_81897548351088.jpg
岩しだれの滝〜。

line_81926293479619.jpg
第8たぬき発見〜!

line_81941610689717.jpg
神有(かみあり)の滝〜。

line_82908610171900.jpg
八つの滝を堪能したので、戻ります〜。

line_82731209702124.jpg
鶏鳴の滝!もう一度味わいます〜。

line_82744258351182.jpg
たぬきさんの後ろ姿、可愛い〜。

line_82750099861961.jpg
マイナスイオン浴びまくって、帰ってきました〜!

line_82767872687110.jpg
最後は、親水公園の東屋で、温かいスープを飲んでほっこり。

おまけ(備忘録)
DSC_2383.JPG
近くにある、山田牧場に寄って、牛さんを見ていると…なんと!

DSC_2384.JPG
ちょうど、子牛が生まれました〜。

※神山神社辺りから駐車場へは、細い道。対向は、待避しながらでないとできない。すれ違った車は、脱輪されていました(汗) 駐車場に簡易トイレあり。
posted by SORA at 18:02| 登山

2019年10月06日

No.9 野田町コスモス畑〜宮ヶ浜水泳場 68km

『コスモスでまちづくり』ということで、約3haの休耕田を利用して、滋賀県最大級のコスモス畑を作っておられる野田町。もう、ぼちぼち見頃〜!というわけで…

line_1139525716449523.jpg
3ヶ月ぶりにロードバイク、発動しま〜す(汗)ダイジョウブカナア…。

line_1139709467843828.jpg
朝、雨がパラついていたとは思えないくらい、快晴ですが…風がめちゃくちゃきつい。時折、横風に自転車が流されるので、怖い〜(涙) 琵琶湖の湖面は…日本海の荒波のごとく(笑)、激しく波打っています。

line_1139839418649820.jpg
びわ湖よし笛ロード〜!直線の道は気持ちいい〜!横を流れる白鳥川は、本日…濁流です(怖)

20191006 コスモス畑_191006_0233.jpg
えっ!すご―――い。予想以上に、広大なコスモス畑〜!この道の両サイド、コスモス畑です〜!

20191006 コスモス畑_191006_0230.jpg
野田町コスモス畑に到着〜!

20191006 コスモス畑_191006_0209.jpg
約300万本のコスモスが咲き誇ります〜!

20191006 コスモス畑_191006_0191.jpg
あまりにも可愛すぎて、撮らせていただきました〜!もう、目がハートになってしまいます〜キュン

20191006 コスモス畑_191006_0192.jpg
青空とコスモス〜!

20191006 コスモス畑_191006_0170.jpg
電車とコスモス〜!

20191006 コスモス畑_191006_0114.jpg
私とコスモス〜!(笑)

20191006 コスモス畑_191006_0212.jpg
コスモス〜!

20191006 コスモス畑_191006_0167.jpg
迷路みたいで、楽しい〜!いくら見てても、あきません。素敵すぎる――!!

20191006 コスモス畑_191006_0071.jpg
宮ヶ浜水泳場を目指します〜!

20191006 コスモス畑_191006_0058.jpg
宮ヶ浜水泳場に到着〜!あまりにもお腹がすきすぎて…「なあなあ、私が行くより、1人で行く方が、だんぜん速いやんなっ?ニヤッ」やさしいオトモダチが、時速40qの快走で、コンビニまで買い出しに!そのあいだ、私は…ザーッザーッという心地よい波の音を聞きながら、ポカポカベンチでお昼寝タイム〜(笑)

20191006 コスモス畑_191006_0050.jpg
おにぎり、美味しい〜!アリガトッ

20191006 コスモス畑_191006_0046.jpg
大津方面に戻ります〜!

20191006 コスモス畑_191006_0037.jpg
風が吹くときつかったけれど、左膝の爆弾(No.8を見てね)もあるので、無理せず、楽しいライドでした〜!
posted by SORA at 20:38| 自転車

2019年10月05日

第33回 三輪山

『古事記』や『日本書記』にも記され、日本最古の神社と称される、大神(おおみわ)神社。そのご神体が、三輪山そのものです。大物主大神(おものぬしのおおかみ)が、国造りを成就させるために、その御魂(みたま)をとどめた霊山とされ、古来より、神の鎮まる山として、崇められてきました。日本で5本の指に入るパワースポットとして、江原啓之氏にも紹介された場所。呼ばれないと登れない、不思議で神聖なお山に、本日は登山ではなく、登拝させていただきます。

CIMG6971.JPG
大鳥居と三輪山〜!とても素敵な光景です。

CIMG6976.JPG
二の鳥居から参道に入ります。

CIMG6979.JPG
心身を祓い清めてくださる祓戸の四神を祀る、祓戸神社。

CIMG6980.JPG
縁結び・夫婦円満のご利益があるといわれる、夫婦岩。

CIMG6981.JPG
手水舎の前に鎮座する、しるしの杉。

CIMG6982.JPG
寛文4年(1664年)徳川家綱により再建された、重要文化財の拝殿。大神神社には本殿がなく、この拝殿を通して、三輪山を拝みます。

CIMG6989.JPG
薬の神様、狭井(さい)神社への参道、くすり道を進みます。

CIMG6990.JPG
『神農さん』とも呼ばれる薬の神様、少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀る、磐座(いわくら)神社。

CIMG6991.JPG
狭井神社の鳥居をくぐると

CIMG6993.JPG
海・水の神様である『弁天さん』、市杵島姫命(いちきしまひめ)を祀る、市杵島姫神社。

CIMG6994.JPG
上皇后陛下が、狭井の御歌を詠まてれいるそうです。

CIMG6995.JPG
いよいよ、三輪山登拝口のある、狭井神社に到着〜!

CIMG7004.JPG
耳をあてると、水琴窟のように、高音で透明な音がします。

CIMG7007.JPG
万病に効くという薬水が湧き出る、薬井戸。薬水、ありがたく、頂戴いたしました〜!

CIMG6998.png
『三輪山参拝証』のたすきをかけ、入山前にお祓いをします。

CIMG7002.JPG
明治時代までは、禁足の地とされ、入山が厳しく制限されてきた三輪山。敬けんな気持ちで、登拝させていただきます。

ここからは、飲食禁止・撮影禁止・殺生禁止です。そして、山中のことは、他言厳禁らしいので、レポートもできません(汗) 神様にいだかれ、パワーをチャージさせていただきました。ありがとうございました。
本日はあくまで登拝。登山だったら…ものたりません(笑)

CIMG7008.JPG
知恵の神様、久延彦(くえひこ)神社にむかいます〜。

CIMG7015.JPG
大美和の杜展望台に到着〜!

CIMG7010.JPG
耳成山・畝傍山・天香具山の大和三山を一望〜!そして遠景には、二上山・葛城山・金剛山などの大和平野〜!ちょっと、木が邪魔ですが…(汗)

CIMG7018.JPG
久延彦神社で、お参りをすませ、山の辺の道を進みます。

CIMG7019.JPG
若宮社の入口に鎮座する杉株。古事記の伝説に由来する、おだまき杉の古株らしい。古代にタイムスリップできる一帯です。

CIMG7021.JPG
今日のお昼は、大鳥居の近くにある 華水樹(はなみずき)で、寿司御膳〜。もちろん、三輪素麺もお椀の中に(笑) このボリュームで、1500円!!お勧めです!


おまけ(備忘録) 歴史がつまった一帯だったので、散策しました〜!
CIMG7022.JPG
ホノケ山古墳〜。駐車場もあり、こんなにしっかりとした看板もあるのに…実際の古墳は…奥に見える手入れのされていない、茂り放題の杜でした(笑)

CIMG7025.JPG
山の辺の道という名の、田舎道を進んで行くと

CIMG7026.JPG
檜原(ひばら)神社に到着〜!

CIMG7029.JPG
天照大神(あまてらすおおみかみ)が、伊勢神宮に鎮座される前に、この地に祀られていたということで、元伊勢と呼ばれるそうです。

CIMG7030.JPG
鳥居からの景色が…最高です〜!!陽が登る三輪山、陽が沈む二上山として、夕日のビュースポットだそうです。

CIMG7033.JPG
箸墓古墳に到着〜!邪馬台国の女王、卑弥呼の墓とする説があり

CIMG7034.JPG
日本最古級と考えられる、前方後円墳です。

CIMG7035.JPG
第12代天皇

CIMG7036.JPG
景行天皇陵〜。

CIMG7042.JPG
第10代天皇 崇神(すじん)天皇陵〜!

CIMG7045.JPG
大和朝廷の創始者だけあって、さすがに、立派な古墳です。

CIMG7048.JPG
「ようきゃはったね!」この看板、なんか好き〜!

CIMG7054.JPG
黒塚古墳に到着〜!

CIMG7049.JPG
黒塚古墳展示館は、なんと…無料です。

CIMG7052.JPG
三角縁神獣鏡のレプリカを、手に取らせていただけます。

CIMG7053.JPG
竪穴式石室〜。今日は、古墳時代を満喫できた1日でした!
posted by SORA at 20:18| 登山