2019年09月29日

第32回 横山岳 白谷本流コース〜東尾根コース


週間天気予報によると、今週末は、何度見ても、雨マーク付き(悲)さすがに今週は無理かぁ…とあきらめていたが――っ!昨日になって、てんきとくらすの山予報で、なんと「A」のお山が出ているではないかー!!(喜)これは、行ける!いや、行く〜(笑) 6月22日に登る予定をしていて、結局登れていなかった(第19回を見てね)、横山岳に決定〜。

line_872855173315502.jpg
車からおりると、すでに、水の流れる音が聞こえます。

line_872861270155187.jpg
広い駐車場なのに、他には誰もおられません。白谷登山口に向かいます〜。

line_872893124825384.jpg
楽しみっ。

line_873119551638943.jpg
白谷登山口に到着〜。ここから、本流コースに進みます〜!

line_873355146351145.jpg
道幅の広い沢沿いの道を、登っていきます〜。

line_873372494551034.jpg
草は生い茂っていますが、道は丁寧に整備がされています。

line_873381774982228.jpg
名もなき滝が、これだけ素晴らしいなんて…名のある滝への、期待が高まります(笑)

line_873656946998009.jpg
これって、けっこう急な坂??と思うところはあるが、先週の油日岳〜那須ヶ原山(第31回を見てね)の急勾配のアップダウンが、あまりにも凄すぎたので、感覚が完全に麻痺しています。全くきつさを感じません(笑)

line_873799213248476.jpg
草むらの道なので、小さなカエルやトカゲが、わんさかいます。ということは…当然、蛇も…。いちいち、驚いてなんていられません(汗)この数ヶ月、色々な生き物に遭遇し…成長したなぁ(笑)

line_873809111914461.jpg
はしごを登り

line_873963258984767.jpg
横山岳(西峰)を目指します〜!

line_874064451371708.jpg
水、冷たくて気持ちいい〜。

line_874137678762096.jpg
いくつもの滝を見ながら

line_874298377337035.jpg
心が癒されていきます。

line_874640954544873.jpg
えっ、なにあの滝――!めちゃくちゃ、きれいなんやけど〜!これまでの滝とは、比べ物にならないくらいのド迫力。真っ白で細い流線が、まるで着物の帯を垂らしたかのように美しく、流れ落ちてきます。

line_874662239534188.jpg
経(きょう)の滝に到着〜!こんなに滝つぼの近くまで行って、滝を見上げ、マイナスイオンを浴びまくれるなんて(嬉) ホント、言葉にならないくらい、素晴らしい場所です。

line_875401202391875.jpg
丁寧に、橋もかかっているし

line_875530408461617.jpg
少し急かな?っという場所には、きちんとロープが整備されています。とても親切なお山です(笑)

line_875538081686718.jpg
徐々に岩場が増えてきます。フフフっ(楽)

line_875554139566244.jpg
沢をのぼります。

line_875588035178887.jpg
料亭にありそうな(笑)優雅にやさしく流れる滝。

line_875597967926227.jpg
わぁー、すごい――!五銚子の滝に到着〜!

line_875649500365061.jpg
滝つぼの横にある置物みたいなの…なんなんやろー?ひそかに気になる(笑)

line_875701739785719.jpg
琵琶湖を一望〜。

line_875715157745974.jpg
だんだんと、よじ登り系の道が続きます。

line_875726090243261.jpg
このお山って好き好きが分かれそうやねぇ。私は…好き〜!

line_875746031512212.jpg
頂上までのカウントダウン開始〜(笑)

line_875773544579233.jpg
ガンバレあと300mー!

line_875790249420945.jpg
ガンバレあと200mー!

line_875792678065580.jpg
ガンバレあと100mー!

line_875828700574576.jpg
ヤッター!横山岳(西峰)山頂に

line_877261172151425.jpg
到着〜!

line_877278719243554.jpg
今日は、一度も息切れせず、きついと感じることもなく、ずーっと楽しい登りでした〜。

line_878976590578372.jpg
展望台〜(笑) 屋根の上に、山頂看板もありました〜!

line_879016712710701.jpg
琵琶湖を一望できます〜!

20190929 横山岳_190930_0186.jpg
物置の屋根と足場の間に、蛇の抜け殻が…本体が近くにいませんように(笑)

line_879269999912219.jpg
今日のお昼は、新兵器登場!(笑)ホットサンドを作ります〜。ハム卵チーズに、ツナコーン、そして、ポテトサラダの三種類。どれも美味しい〜!コーヒーも、今日は豆を挽きます。

line_879436657577780.jpg
デザートもしっかりとたいらげたあとは、東尾根コースから東峰を目指します〜!

line_879467830830060.jpg
尾根道に入ったとたん、フラワーシャワーのごとく、白い蝶々がいっぱい、舞い上がります。

line_879500769205412.jpg
稜線にでました〜!

line_879555478154454.jpg
今日は、何度、「キャーすごーい!きれいー!」と叫んだことか。ここも絶景〜!

line_879588401529233.jpg
庭園のような道を進んでいきます。

line_879644731017128.jpg
福井県側〜。

line_879714508579653.jpg
滋賀県側〜。

line_879699825259919.jpg
もう、素敵すぎます〜!

line_879762420502083.jpg
東峰に到着〜!

line_879787963777125.jpg
こじんまりとした場所ですが、絶景です〜!

line_879791898728166.jpg
この雄大な景色。

line_879822003086175.jpg
360度、どこを切り取っても、素晴らしい。

line_879856099187933.jpg
9月1日に登った 冠山(第27回を見てね)も見えます〜。

line_879891331864794.jpg
再びブナの林に。

line_879925146594729.jpg
ススキが黄金色になってきました。秋の気配を感じます。

line_879948098650189.jpg
ここから、しばらく、びっくりするくらいの激くだりです(笑)

line_879967334316901.jpg
東尾根登山口に到着〜!

line_879980441941792.jpg
さっきまで、ずーっと、白い蝶々が舞い上がっていましたが、林道にでると、黄色い蝶々にかわります。

line_880009744124905.jpg
夜這橋に到着〜!

line_880322216223745.jpg
ヤブテマリが、きれいに咲いています。

line_880465435537700.jpg
夜這いの水〜。

line_880479673791601.jpg
十丁橋(じゅっちょはし)に到着〜!

line_880509538631173.jpg
林道を通って、白谷登山口に戻ります〜!

line_880526208567156.jpg
今日も無事に下山できました〜!あぁ、楽しかった――!!

※駐車場に、横山岳白谷小屋とトイレ(汲み取り式:男女共有1つ)がある。白谷本流コースは、トレッキングポールがある方が邪魔になるところが、何ヶ所かある。
posted by SORA at 23:36| 登山

2019年09月23日

第31回 油日岳〜加茂岳〜忍者岳〜三国岳〜那須ヶ原山


台風17号が日本海を北上していくため、近畿地方も暴風に注意が必要との予報。できるだけ台風の影響を受けずに登れるお山に選んだのが、油日岳から那須ヶ原山までの縦走ピストン。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0248.jpg
登山口にむかいます。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0246.jpg
今日、最初に出迎えてくれたのは…沢ガニでした〜。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0243.jpg
油日岳を目指して、出発〜!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0239.jpg
すぐに滝があらわれます。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0238.jpg
そして、いきなりの急登がはじまります。これって、天狗堂に匹敵するくらいの勾配じゃない??(第16回を見てね)

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0237.jpg
いくつもの滝を横に見ながら登って行きます。今日の天気のせいなのか、元々こういう場所なのか、薄暗く、ジメジメとしていて、1人で歩くのは ちょっと怖いような、なんとなく おどろおどろしい森。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0235.jpg
えっ??人の気配を感じる!と思ったら…瞑想しておられました(驚)あぁ、そういうのには、この雰囲気、ピッタリかも〜。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0230.jpg
きゃー!はしご〜(喜)

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0224.jpg
水はとってもきれいです。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0222.jpg
油日岳方面へ進みます。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0221.jpg
それにしても、急じゃない??

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0220.jpg
ここからは、沢を離れます。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0217.jpg
なにこの坂〜!(汗)

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0215.jpg
えっ!ちょっと、この傾斜角(笑) 笑けるんですけど〜。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0211.jpg
油日岳…

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0208.jpg
まだかなぁ〜。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0204.jpg
油日岳に到着〜!眺望はほとんどありません。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0198.jpg
山頂には、岳大明神がお祀りされている岳神社があります。油日岳の麓には、油日神社があるのですが、古くは油日岳が、神体山とされていたため、今でも山頂に祠があるのだそう。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0195.jpg
尾根道を進んでいくと

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0192.jpg
加茂岳に到着〜!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0186.jpg
雲の流れが速い。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0184.jpg
時折、こういった、ザレた稜線があらわれます。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0179.jpg
忍者岳に到着〜!こちらも眺望はありません。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0174.jpg
急な坂をのぼったり、くだったり。きつい!でも、嫌じゃない(笑)

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0172.jpg
ロープがでてきました。岩場をくだりきると…

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0166.jpg
望油峠に到着〜!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0168.jpg
わー!岩のぼり〜!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0164.jpg
アップダウン、激しすぎやね(笑)

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0162.jpg
三国岳に到着〜!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0154.jpg
登ってはくだり、くだっては登り。そして、蛇の道なのか…ヘビにも2回遭遇(怖)

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0151.jpg
何度も何度も「きついー!」と思うが、「しんどい」「苦しい」「辛い」などの感情は、一切わいてこない、不思議なお山。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0147.jpg
登りの段差の影に…両手でも持ちきれないくらい立派な、ガマガエルがっ(怖)ギ ヤャ――!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0145.jpg
緊張感をもっての岩くだり。足場はしっかりあるので、三点支持で問題なし!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0139.jpg
ここって、一山というより、一岩越えるって感じやね、すごーい!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0135.jpg
那須ヶ原山を目指します〜!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0133.jpg
三国岳から那須ヶ原山までは、激しいアップダウンを繰り返す長期戦(笑)

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0124.jpg
あっ、なんか見えてきた??(喜)

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0100.jpg
那須ヶ原山

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0115.jpg
山頂にっ、到着〜!

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0117.jpg
山頂には、那須ヶ原神社があります。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0104.jpg
今日のお昼は、カップラーメン&おにぎり〜。

20190923 油日岳〜那須ヶ原山_190923_0116.jpg
景色を眺めながら、のんびり休憩〜。最高―!

line_650168117434681.jpg
ティータイムのあとは…来た道を戻ります。

line_650174783095251.jpg
あのギザギザの山々を、ずーっと戻っていくらしい…(汗) というか、あそこを、ずーっと歩いてきたらしい(笑)

line_650191125428682.jpg
こういう尾根道が続いてくれると、楽なんだけどなぁ(笑)

line_650196574566753.jpg
ダウン からの〜

line_650232991028406.jpg
アーップ!

line_650241767077101.jpg
足首の角度…めちゃくちゃ伸びてるか、めちゃくちゃ曲がってるかの どっちか(笑)

line_650249076490952.jpg
那須ヶ原山と三国岳との間にある 岩山(?)まで戻ってきました〜!

line_650274002926203.jpg
ここの岩場

line_650309369531971.jpg
めっちゃ

line_650319560129102.jpg
好き―!

line_650364040406168.jpg
道が落ちていて、怖い。

line_650468120324254.jpg
時折見える景色が、心を安らげてくれます。

line_650481493319613.jpg
後ろ向きにくだります(汗)

line_650494068744765.jpg
望油峠まで戻ってきました〜!

line_650515857321944.jpg
ロープ場を登り

line_650530815165219.jpg
忍者岳からは、加茂岳方面ではなく、三馬谷滝方面に

line_650553763232606.jpg
進みます〜!

line_650576646839942.jpg
道標は出ていますが、整備があまり行き届いておらず、結構たいへんなルートでした(汗)…なので写真がこれしかない(笑)

line_650604207621858.jpg
この地点に、合流します。

line_650618970704196.jpg
うーん、気持ちいい〜!

line_650646926728613.jpg
はしごをおりて

line_650714684092597.jpg
瞑想しておられた滝に〜!

line_650728049683269.jpg
無事に下山できました〜!さすがに今日は…足、疲れた〜。

※余野公園から林道を車で走り、一馬谷橋を越えたところに駐車場がある。余野公園にはトイレがあるらしい。とにかく、勾配が急なアップダウンが、半端なく続くので、脚力が必要。トレッキングポールは、ある方が邪魔になるので不要。忍者岳から三馬谷滝方面へのルートは、下山口までのショートカットにはなるが、整備が行き届いておらず、慣れていない人には厳しい。
posted by SORA at 17:58| 登山

2019年09月22日

第30回 星ヶ峰〜鏡山


秋雨前線の影響で、昨日から雨。今日も断続的に、雨が降る予報。仕方がないので、増税前のお買い物に、三井アウトレットパーク滋賀竜王まで行くことにっ。「なあなあ、アウトレットの近くに、星ヶ峰って、往復30分弱のお山があるんやけど…そこなら、雨のやみ間に登れるんちゃう?」そこまでして、登れるお山を探している自分を、ちょっと怖いなぁ…と思いつつも、行く気は満々(笑)

line_612262621992640.jpg
道の駅 かがみの里の駐車場奥から、ゲートを開けて進みます。

line_612291211473514.jpg
アスファルトから、草に足を踏み入れた矢先、シマ蛇ーー!!(怖)むこうもビックリして、側溝に(笑)はじめから、ドキドキです。

line_612273280740552.jpg
もう1つのゲートを開けて、出発〜!

line_612581154456789.jpg
西光寺跡〜。

line_612934044135977.jpg
こんな所に、すごいお寺があったのね(驚)

line_613224043371804.jpg
重要文化財の石燈籠〜。

line_613234152247373.jpg
こちらも、重要文化財〜。

line_613455746269841.jpg
ここから、20分のところに、星ヶ崎古墳があるらしい。

line_613603415460566.jpg
星ヶ峰を目指して、進みます〜!

20190922 鏡山_190922_0109.jpg
えっ?もう着いた??と思ったら、金比羅大権現と刻まれた石碑が倒れているだけでした(笑)

line_614028554658477.jpg
星ヶ峰方面に

line_614034330460349.jpg
登っていくと

line_614137964828695.jpg
ほどなくして、星ヶ峰山頂に到着〜!

line_614264085298543.jpg
わぁー!景色見えるやんー!晴れてるー(笑)

line_614394620983129.jpg
星ヶ崎城跡〜!

line_614401938418230.jpg
星ヶ崎城なんて、全然知らなかった(汗)

line_614444947456703.jpg
石碑から少し進んで、おりたところに石垣と思われるものが!

line_614670802014429.jpg
ここまでの所要時間、10分(笑) はっきりいって物足りない、物足りるわけがない(笑) ただ、鏡山まで行くには、1時間強はかかる。天気予報では、すでに雨が降りだしている時刻。うーん、空模様がどうなるか…??「晴れ女の勘に任せるわ。」と山トモ。なら……行きます!(笑)

line_614696560371451.jpg
尾根道をぐんぐん、進んでいきます。風が吹いていて、気持ちいい〜。

line_614712781377747.jpg
結構、急な坂も多い(汗)

line_614726878324356.jpg
アップダウンを繰り返しながら、進んでいきます。

line_614812682207709.jpg
うわー!琵琶湖〜。まだ、青空!ヨシッ!!

line_615342008997351.jpg
涼み岩に到着〜!

line_615368315686455.jpg
うわーー!!すごーい!三上山が真正面にドドーンと。右手には、琵琶湖がきれいに見えます〜!

line_615760165943753.jpg
鏡山三角点山頂に

line_615773379865728.jpg
到着〜!

line_615790808325200.jpg
ここは、以前鏡山に登った際に、知らずに帰ってしまった場所(泣)(第22回を見てね)リベンジ達成〜!

line_615803737608997.jpg
鏡山(竜王山)頂上に

line_615812733885973.jpg
到着〜!

line_615821500947376.jpg
展望の広場は……立入禁止でした〜(泣)

line_615873664553346.jpg
雨が降る前に

line_615880904507145.jpg
下山します!

line_615902945106147.jpg
登りの時は全く気づかなかった池〜。振り返って見てみると、やっぱり見えない。

line_615939962867799.jpg
下山完了〜!ヤッター!!結局、雨は一滴も降らず。全く予定していなかった、鏡山にまで、登ってしまえました〜!ラッキー
posted by SORA at 15:03| 登山

2019年09月15日

第29回 大文字山〜如意ヶ嶽 周回

Screenshot_20200516-103630_6.png

今日のお山は、大文字山。大文字山に登るのって、小学校の遠足以来⁇(笑)

CIMG6814.JPG
哲学の道から登山口に進みます。

CIMG6816.JPG
大文字山が、如意ヶ嶽の支峰(西峰)だったことを、実は昨日知った(汗)これまで、如意ヶ嶽=大文字山だと思っていた…。だったら、ぜひ、本峰にも登っておかないとっ!

CIMG6819.JPG
いざ、出発〜!

CIMG6820.JPG
水の音を聞きながら

CIMG6822.JPG
大文字山方面に。

CIMG6823.JPG
あ〜、こんな道やったかも〜(懐)

CIMG6825.JPG
千人塚に到着〜!ここは、第二次世界大戦末期、陸軍が地面を掘ったところ、おびただしい数の人骨が出てきた場所らしい(怖)。これらの遺骨は、天文19年(1549年)、室町幕府13代将軍 足利義輝が、京都奪回のための戦で、尾根上にあった中尾城において三好長慶に敗れた際の戦死者のものだそう。

CIMG6827.JPG
なにこの階段〜!

CIMG6828.JPG
しばらく、階段地獄が続きます。おっ、何か見えてきた??もしや??もしや??

CIMG6833.JPG
火床に到着〜!毎年8月16日、京都五山送り火の点火が行われる場所です。

CIMG6862.JPG
うちの家、どこかなぁ?

CIMG6867.JPG
大文字山山頂に向けて

CIMG6868.JPG
だんだんと、山っぽくなってきます。ワクワク。

CIMG6870.JPG
ほどなくして

CIMG6881.JPG
大文字山山頂に

CIMG6875.JPG
到着〜!やはり人気のお山、30人くらいの人で賑わっています。この山頂には、かつて、如意嶽城があったらしい。

CIMG6879.JPG
本日は晴天につき、京都タワーもくっきり

CIMG6911.jpg
遠くには、あべのハルカスやコスモタワーなど、大阪の高層ビル群も見えます。

CIMG6884.JPG
如意ヶ嶽、本峰を目指します!

CIMG6885.JPG
えっ、なにこれ〜!これまで通ってきた道とは、ガラッと一転。

CIMG6886.JPG
でも、ちょっと、

CIMG6887.JPG
アスレチック気分で、楽しいかも〜!

CIMG6888.JPG
おっ、出てきた、如意ヶ嶽山頂への道標。如意越は、かつて、京と近江を結ぶ最短ルートであったらしい。

CIMG6891.JPG
京都一周かぁ…と思っていると

CIMG6899.JPG
まさかまさかの…如意ヶ嶽山頂〜!うっそ―――!行き止まりやん。航空保安施設らしい。

CIMG6898.JPG
眺望も…な い(泣)

CIMG6896.JPG
えっ、これだけ?? い ち お う、如意ヶ嶽山頂に到着〜!引き返します(泣)

CIMG6903.JPG
京都の空って、こんなに青かったんや〜!

CIMG6909.JPG
上手に道が、作られています。

CIMG6913.jpg
ひとまず、大文字山山頂まで戻って、ランチタイム〜!

CIMG6914.jpg
人があふれています(笑) お向かいで、お昼をとられていたご夫妻は、どうやら大文字山保存会の方のよう。昨年9月4日の台風で、山全体が倒木だらけになり、この山頂もそれはそれは、すごい状態だったそう。ご主人様達が、木を切り、ベンチや机を作ってくださったのだとか。さきほどの、一見荒れた道も、随分よくなったのだそう。民有地のため、勝手に切ったり、よけたりができないし、ヘリコプターで運び出すお金もないし…とおっしゃっていました。このような人達のお陰で、安全に登らせていただいているのことを痛感。ホント、感謝感謝。

CIMG6915.JPG
少し戻って、鹿ヶ谷方面へ進みます〜!

CIMG6916.JPG
また違った感じの道。

CIMG6918.JPG
木陰は涼しいです〜!

CIMG6920.JPG
突如あらわれた巨石!なんだなんだ??

CIMG6921.JPG
石碑でした〜(笑)『俊寛僧都忠誠之碑』と刻まれています。俊寛僧都(しゅんかんそうず)とは、後白河上皇の近臣で、法勝寺(ほっしょうじ)の執行(しゅぎょう:寺務を取り締まる上位の役僧)をしていた人。治承元年(1177年)、平家打倒の企みを、平清盛に知られてしまい、薩摩の南方海上に浮かぶ鬼界ヶ島に流されてしまう。いわゆる鹿ヶ谷の陰謀の密議を行った山荘、俊寛山荘跡を示す石碑らしい。

CIMG6923.JPG
料亭の庭にあるような石段をくだっていくと

CIMG6927.JPG
えっ!すご――い!楼門(ろうもん)の滝に到着〜!

CIMG6931.JPG
なにここ〜!京都市内からこんな近くに、こんな素敵な場所があるなんて…。

CIMG6933.JPG
しばらく滝を堪能し、さきほどの石碑のところから、先に進むのだが、どんどんと、GPSが正規ルートをはずれていきます(汗)地図を見ている限り、合流できるはず!大丈夫か??…フアン

CIMG6934.JPG
いったいどこにおりてきたのかと、振り返ってみると…通行禁止って書いてあるし〜(泣)上にもちゃんと書いておいてほしい…。

CIMG6935.JPG
CIMG6936.JPG
本来なら、この左上の道に出てきたはず(汗)

CIMG6937.JPG
ここから、銀閣寺方面に向けて、もう一度登り直します。

CIMG6939.JPG
一度くだり切ってからの登りは、けっこうきつい〜。

CIMG6940.JPG
よしよし、銀閣寺方面。こっちでいいのかなぁ?と道を探していると、なにやら視線を感じます。

CIMG6941.JPG
ぎゃ―!鹿さん2匹が、こちらをガン見しています(笑)

CIMG6958.JPG
無事に下山できました〜!ちょうど、登ってこられたファミリー、なんと…知り合いでした(笑) やっぱり京都は、世間せま―!
posted by SORA at 15:51| 登山

2019年09月08日

第28回 堂満岳 イン谷口〜ノタノホリ〜金糞峠〜大山口


P1090929.png
比良山系の中でも、ひときわ目をひく堂満岳。いつか登ってみたいなぁと思っていたが、ついにその日がやって来ました(笑)

P1090931.JPG
まずは、ノタノホリを目指して出発〜!湿度が高い(汗)

P1090935.JPG
倒木をくぐりぬけ

P1090937.JPG
丸太橋を渡り

P1090939.JPG
登って、登って

P1090945.JPG
ノタノホリ池に到着〜!

P1090950.JPG
なんの案内もない(笑)

P1090958.JPG
栗の林が出現〜!ちっちゃい、いが栗がいっぱい!かわいい〜。

P1090962.JPG
ホントに…見どころが…あ り ま せ ん。

P1090965.JPG
東稜道の肩に到着〜!ガスが出てきました。クモの巣にガスの水滴がついて、白い葉っぱのようになっています。こんな光景、初めて見た〜。

P1090968.JPG
今日は、次、楽しいお山に登るための トレーニングの日なんだよっ、きっと…っと自分に言い聞かせながら(笑)登ります。

P1090975.JPG
おっ、本日初の見どころじゃないですか⁇(笑)

P1090982.JPG
急に現れた巨石群。でも…一瞬で終わります(悲)

P1090992.png
だんだんと急な登りになってきます。

P1090994.JPG
突如あらわれた山頂(笑)

P1100013.JPG
堂満岳山頂に到着〜!

P1100017.JPG
ガスで何も見えへんや〜ん(泣)……と思ったその時、なんとなんと、晴れ女の風が吹きます(笑)うっそー!マジでっ!(驚)

P1100018.JPG
あれよあれよという間に、琵琶湖が一望〜!

P1100026.JPG
沖島、近江舞子の内湖〜!

P1100032.JPG
琵琶湖大橋もきれいに見えます〜!

P1100036.JPG
この青空っ!晴れ女パワー炸裂〜(笑)

P1100054.JPG
ティータイムのあとは、金糞峠を目指します〜!

20190908 堂満岳_190908_0116.jpg
そうそう、こういう景色を見ながら歩きたいのよね〜。

20190908 堂満岳_190908_0109.jpg
えっ、めっちゃきれいやん〜!

20190908 堂満岳_190908_0097.jpg
だんぜん、下山路の方が楽しい〜!

20190908 堂満岳_190908_0086.jpg
金糞峠に

20190908 堂満岳_190908_0084.jpg
到着〜!

20190908 堂満岳_190908_0091.jpg
ここからの景色、去年の12月に見たよね(第3回を見てね)。

20190908 堂満岳_190908_0085.jpg
青ガレにむかいます(汗)

20190908 堂満岳_190908_0071.jpg
琵琶湖―!

20190908 堂満岳_190908_0067.jpg
きれい〜!

20190908 堂満岳_190908_0064.jpg
ガレ場で歩きにくいけれど

20190908 堂満岳_190908_0061.jpg
だんぜん、こっちのルートの方が楽しいです。

20190908 堂満岳_190908_0058.jpg
くだって

20190908 堂満岳_190908_0054.jpg
くだって

20190908 堂満岳_190908_0044.jpg
青ガレの看板とパチリっ。

20190908 堂満岳_190908_0037.jpg
沢がでてきました〜!

20190908 堂満岳_190908_0031.jpg
ものすごい水圧です(笑)

20190908 堂満岳_190908_0017.jpg
水はいいね〜。

20190908 堂満岳_190908_0008.jpg
あと一息。

20190908 堂満岳_190908_0003.jpg
堂満岳にっ、トレーニングっ!終了〜!(笑)

※ノタノホリ経由、堂満岳のルートは、ひたすら林の中。イン谷口の駐車場を利用。トイレあり。
posted by SORA at 15:36| 登山

2019年09月01日

第27回 冠山


今日は“奥美濃のマッターホルン”の異名をとる冠山に登る予定。家を出た時から外は雨。でも、着く頃には絶対晴れる!と、晴れ女の底力(笑)を信じて、岐阜方面に向かいます。ふふふっ、青空でてきたし〜。

line_459911184365959.jpg
わぁ―!あそこに登るのね。冠山峠から出発しま〜す!

line_459920989522831.jpg
ワクワクしながら、歩を進めます。

line_459927135817620.jpg
なんの変哲もない山道が

line_459929467014129.jpg
続くわけですが…(笑)

line_459957654844014.jpg
この道

line_459982995507442.jpg
実は…

line_460015085175034.jpg
蛇だらけです〜(泣)

line_460025211116749.jpg
ヤマカガシという、マムシの4倍くらいの毒性をもつ、毒蛇(汗)

line_460054808648613.jpg
自分から草むらに入ってくれますが…怖い〜(泣)

line_460061723014496.jpg
だんだんと、木の根っこが全部、蛇に見えてきます(笑)

line_460074475163605.jpg
冠平が見えてきました〜!

line_460097285551513.jpg
先に山頂を目指します。空が近い〜!

line_460125078554367.jpg
出たっ!お楽しみの岩場。

line_460183588704032.jpg
う〜ん、楽しい〜!

line_460458263090646.jpg
なかなかの高度感があります。

line_460509142512033.jpg
振り返ってみると、絶景〜!

line_460514168334896.jpg
岩場はまだまだ続きます。

line_460590890715752.jpg
ここ、めっちゃ楽しいやん〜。

line_460597256151323.jpg
最高〜!

line_460656086862706.jpg
景色も見たいし

line_460677732850042.jpg
登りたいし〜(笑)

line_460680817620301.jpg
岩場終了〜。あとは、山頂を目指すのみ!

line_460683877953269.jpg
かきわけ、かきわけ、進みます。

line_460716506310027.jpg
山頂には、先客が多数。そして、おびただしい数のトンボが飛んでいます。

line_460786483030052.jpg
冠山山頂に

line_460823091661184.jpg
到着〜!

line_460864163927158.jpg
すご〜い!きれい〜。360度の眺望です〜!

line_460872626622780.jpg
今日のお昼は

line_460911507319432.jpg
茄子と挽肉・ベーコンのトマトチーズリゾット〜!

line_494508514651614.jpg
景色を眺めながらの山ごはん、最高〜!

line_460948965556605.jpg
う〜ん、美味しい〜!山頂で出会ったヤマッパーの“てつを”さんと、山ごはん交換〜。いただいたドライカレー、スパイシーなのにまろやかで、とっても美味でした〜!お腹いっぱい〜。

line_460988870199715.jpg
お楽しみのデザートは、ブルーベリーチーズケーキ〜!別腹、別腹(笑)

line_461032391679073.jpg
雨がパラついてきたので、早めに撤収です。

line_461099198913944.jpg
冠平までのクマザサ、すごいんですけど〜(汗)

line_461108686489617.jpg
冠平に到着〜!

line_461116268628729.jpg
来た道を振り返ると、これまた素敵〜!

line_461142300680333.jpg
おりてきた冠山を

line_461205497630934.jpg
見上げながら、進みます。何度見ても、面白いお山。

line_461241962993681.jpg
けっこう急な坂やったんやね。

line_461284150692675.jpg
いくつもの山々に囲まれた景色を堪能しながら歩いていると……また、蛇〜(怖)

line_461301003972669.jpg
なごりを惜しみ、振り返りつつ…

line_461311133745686.jpg
下山完了〜!

line_461326854480628.jpg
石碑のところで、ミヤマクワガタを発見〜!

line_461343517647184.jpg
なんとか天気ももちました。今日も、最高の1日でした〜!

※冠山峠の駐車場は広い。トイレは汲み取り式との情報だったので、徳山ダム公衆トイレを利用。こちらは泡洗浄。ヤマカガシとは、登りで4匹+死骸1匹、くだりで1匹+死骸1匹に遭遇。山頂は広くはないが、10名ほどは食事可能。

line_494548995709880.jpg
おまけ:冠山峠から福井方面に行くと、足羽川渓谷にかかるカズラのつり橋“かずら橋”があります。この橋の上で愛を誓うと、永遠に幸せになれるらしい。ホントカナ…。
posted by SORA at 21:11| 登山