2019年07月15日

No.8 のぼりの練習3 高島市安曇川(ソラノネ食堂) 75km

20190715 ソラノネ食堂_190927_0075.jpg
前回、比叡山の麓の坂で、身も心も(笑)ボロボロになってしまったので

20190715 ソラノネ食堂_190927_0073.jpg
そのリベンジに(笑)出かけます〜!

20190715 ソラノネ食堂_190927_0070.jpg
今日の目的地は、ソラノネ食堂〜!この看板から、急坂になります(汗)

20190715 ソラノネ食堂_190927_0066.jpg
激のぼりの途中、何度か「おりてもいいよ。」と言われるが、今日は、1つずつの坂のゴール地点が見えるので、おりずに頑張る―!そして、めちゃくちゃきつい坂でなければ、シフトを軽くし過ぎない方が、あがりやすいことを体感。

20190715 ソラノネ食堂_190927_0034.jpg
ソラノネ食堂に到着〜!

20190715 ソラノネ食堂_190927_0041.jpg
自然を眺めながら、のんびりランチタイム〜。これはこれでいいんだけど…あぁ、山行きたいなぁ(笑)

20190715 ソラノネ食堂_190927_0024.jpg
大津方面に戻ります〜。

20190715 ソラノネ食堂_190927_0004.jpg
琵琶湖で水遊びっ!楽しい〜。

ん??左膝の外側が…痛い か・も…もしかして…腸脛靭帯炎をおこしてしまったか??激のぼりでおりずに頑張りすぎたせいかも〜(汗)…ヤバイ
posted by SORA at 20:08| 自転車

2019年07月13日

第21回 八ツ淵の滝 ガリバー旅行村



P1070396.JPG
まだ梅雨があけない。昨日も雨。今日は12時頃から雨が降る予報。八ツ淵の滝から、できれば釈迦岳まで行きたい。雨が降る前に下山できるように逆算した出発時刻は…6時(笑)登山届に記入し出発〜!さあ、どこまで行けるのだろうか。

P1070200.JPG
林道をしばらく歩くと

P1070201.jpg
案内板が登場。日本の滝100選なんだね、楽しみ〜。

進む道、進む道、ずーっとフラワーシャワーのように蝶が乱舞する。

P1070205.JPG
魚止の淵・障子ヶ淵方面へ。初心者ですが…進ませていただきます(笑)普通のコケはそれほどでもないが、青カビのようにうーっすらと岩にくっついてるコケ(?)が、とにかくよく滑る。怖い。

P1070211.JPG
ここからの進む道がわからない。川を渡るのか?ん?雨で川の水、多い⁇

P1070220.JPG
対岸の奥に標識を発見―!靴を脱ぎ、川を渡る(笑)水の冷たさは氷水。気持ちいいを通りこして、痛い…。

P1070222.jpg
魚止・障子・大摺鉢方面へ。

P1070225.jpg
鎖場出現〜!

P1070233.JPG
VS嵐(フジTV)のクリフクライムのようなステップ(笑)「滑るから絶対三点支持やで!ひとつずつしか動かしたらあかん!」山トモの教え。

P1070230.JPG
ワクワクする気持ち半分、このところの雨で滑りやすくなっており、恐怖心半分。慎重に進む。

P1070235.JPG
魚止の淵に到着〜!魚が上ることのできる最終地であることからついた名前らしい。なるほど〜。

P1070242.JPG
鎖場が続く。ここ、晴れた日に来たい〜!

P1070257.JPG
障子ヶ淵に到着〜!すごい水量!すごい迫力!

P1070251.JPG
ここを進むには、一旦下におりて対岸に渡らないといけないのね……チーン。この濁流の中を、どう考えても無理ですよねぇ…ということで、引き返します〜。

P1070261.jpg
ふりだしに戻りました(笑)ここまでの消費時間、約2時間(汗)

P1070265.JPG
大摺鉢の手前に、なまめかしい倒木が(笑)

P1070277.JPG
大摺鉢に到着〜!横幅の広い滝〜!

P1070270.JPG
とりあえず、小摺鉢・貴船の淵方面へ、攻めます(笑)

P1070281.jpg
やっぱり、鎖場楽しい〜!

P1070282.JPG
大摺鉢の上が小摺鉢〜!

P1070288.JPG
すごい迫力!水の音が気持ちいい!嫌なこと、ぜ〜んぶ流してしまえ―。

P1070293.JPG
まだまだ続く、鎖場〜!

P1070297.JPG
P1070301.JPG
ステップにも慣れてきた。

P1070304.JPG
P1070315.JPG
屏風ヶ淵に到着〜!透き通る深いグリーンの滝つぼがきれい〜!ものすご〜く高い位置から白い流れが続く。この滝が一番好きかも。なんとお日様も出てきて、陽の光が入ってさらにきれい〜!

P1070324.JPG
貴船の淵に到着〜!

P1070322.JPG
ここも進むには、一旦下におりて対岸に渡らないといけないのね…。水多いし、流れ速いし〜(怖)今日は危険よね…ということで、またもや引き返します〜(笑) あぁ、あの対岸のはしご、登りたかったなぁ。

P1070327.JPG
P1070328.JPG
濡れた岩場のくだりは怖い(汗) 比良山岳会(?)のパトロールの方に出会う。「水量は、まぁ普段よりはちょっと多いかな。」…ということは、このくらいの渡渉はできないといけない!ということね…。でも、今日は岩が滑りやすいので、安全第一ということで。

P1070333.JPG
大摺鉢まで戻ってきました〜!さて、広谷ルートにむけて渡渉します。

P1070342.JPG
大摺鉢にある『八徳』と刻まれた大岩。元字は、大正11年にここを訪れた、当時の滋賀県知事堀田義次郎のものらしい。

P1070350.JPG
釈迦岳にむかって進みます〜!

P1070359.JPG
釈迦岳へむかう分岐まで登ってきました。この時間からの釈迦岳だと、雨が降る前に下山するのは難しそう。今日はここで休憩をとって、帰ることに決定〜!お餅を焼いて、おぜんざいに。うーん、美味しい〜!

P1070375.JPG
このルートは倒木が多い。

P1070381.JPG
大摺鉢まで戻ってきました〜!おやっ?こんなところに鎖あったっけ??あ―――!さっき、岩の向こう側に落ちてしまってたんやー!

P1070395.JPG
途中雨の音はしていたが、ちょうど森の木々に守られて、濡れることもなく、無事下山完了〜!ちょっと不全感は残るものの、下見ができたと思って、また晴れた日に来よーっと。

※ガリバー旅行村に駐車。トイレあり。標識が倒れたり、なくなっていたりしている所が多い。広谷ルートから七遍(しちへん)返し淵・釈迦岳に向かうには、途中にある『七遍返し淵・オガ坂分岐』の標識で左方向に入って行かないといけない。
posted by SORA at 20:04| 登山

2019年07月07日

No.7 のぼりの練習2 長命寺港〜宮ヶ浜水泳場〜仰木(キマッシ) 74km

20190707 七夕ライド_190712_0078.jpg
2ヶ月ぶりのロードバイク(笑) 覚えてるかなぁ…アヤシイ

20190707 七夕ライド_190712_0072.jpg
5日前、ヨガとピラティスを組み合わせたエクササイズを体験。その時に、骨盤を立てる運動をしたおかげか、サドルに座った時に、骨盤を立てるという感覚がなんとなくわかった気がする。今日はサドルの前方に座れる。「いい感じで座れている。」とほめてもらう(嬉)

20190707 七夕ライド_190712_0064.jpg
長命寺港に到着〜!

20190707 七夕ライド_190712_0054.jpg
宮ヶ浜水泳場を目指して走ります〜!

20190707 七夕ライド_190712_0052.jpg
琵琶湖、きれい〜!

20190707 七夕ライド_190712_0047.jpg
トライアスロンのトレーニングの人がたくさんおられます。

20190707 七夕ライド_190712_0027.jpg
宮ヶ浜水泳場に到着〜!キャンプができるんやね。

20190707 七夕ライド_190712_0019.jpg
琵琶湖を一望できる絶景カフェ『シャーレ水ヶ浜』の前に咲いている紫陽花!超かわい〜!「キマッシまで行くで」とトモダチ。「何それ?」「大津市仰木にある古民家カフェ」「ふーん」このあと、激のぼりコースが待っているとも知らず…Cafe&gallery キマッシを目指します〜!

えっ、なにこの坂?どこまで続くん――?比叡山とか書いてあるし〜!!(汗) 比叡山の麓、勾配がきつ過ぎる〜!そして、坂、長過ぎる〜!時折、後ろから背中を押してもらいながら、頑張ってこぎます(泣)きつい―――!!道路からキマッシの玄関まで、今度は激くだり(笑)これはムリ〜!とおりると、足がプルプルし始めて、どうにもこうにも動けない。自分でも笑けてくる。

20190707 七夕ライド_190712_0012.jpg
Cafe&gallery キマッシに到着〜!なんだか、顔まわりが痩せた、いや、やつれた気がする(笑)

20190707 七夕ライド_190712_0002.jpg
棚田が広がる美しい里山ですが…もう楽しむ気力が残っていない(笑)あれだけのぼったんだから、帰りはくだりで楽チンと思っていたら…まだのぼり〜(涙)大腿四頭筋が…キンキンです。
posted by SORA at 20:33| 自転車