2020年11月22日

第112回 高畑山 



天気はいいのに風がきついという、困った(笑)天気が続いています。どこにしようかなぁ…ここならマシそう?? 鈴鹿峠路傍休憩地から出発しま〜す。

20201122-080125-z0_R.JPG
万人講常夜燈(まんにんこうじょうやとう)〜。
江戸時代中頃、四国 金毘羅詣に行く人の安全を祈願して、鈴鹿峠(旧東海道沿い)に建てられたのだとか。コノ 巨大ナ石灯籠 ヲ ミテイル ト 昔ノ人 ノ オモイ ガ ツタワッテ キマス

20201122-080319-z0_R.JPG
まっすぐに、茶畑を抜けていきます。

20201122-080558-z0_R.JPG
鈴鹿峠は“東の箱根峠・西の鈴鹿峠”と言われるほど

20201122-080700-z0_R.JPG
東海道の難所だったらしい。

20201122-080717-z0_R.JPG
高畑山登山口から

20201122-080916-z0_R.JPG
まずは、鏡岩に立ち寄ります。

20201122-081007-z0_R.JPG
三重県指定天然記念物 鈴鹿山の鏡岩に、到着〜!

20201122-081638-z0_R.JPG
鏡肌(スリッケンサイド)と呼ばれる地質で、断層が生じる際の巨大な摩擦力で研磨されることによって、鏡のように光沢を帯びるのだそう。ナルホドー

20201122-081821-z0_R.png
山賊たちは、この鏡岩を磨き、そこにうつる旅人を襲ったのだとか(怖) コンナ フウ ニ カナ(笑)

20201122-081841-z0_R.png
別名 鬼の姿見! コワッ

20201122-082349-z0_R.JPG
迷いようのない

20201122-082934-z0_R.JPG
明瞭な道が

20201122-083218-z0_R.JPG
続きます。

20201122-083604-z0_R.JPG
はげしく(笑)

20201122-084031-z0_R.JPG
登って

20201122-084334-z0_R.JPG
いきます(汗)

20201122-085106-z0_R.JPG
ここからは

20201122-085201-z0_R.jpg
気持ちのいい

20201122-085510-z0_R.JPG
稜線歩きです。

20201122-085929-z0_R.JPG
アップダウンが

20201122-090047-z0_R.JPG
激しくなってきました(笑)

20201122-090356-z0_R.jpg
いいところに、飴がきます(笑)

20201122-090529-z0_R.JPG
これから行く道〜。

20201122-090703-z0_R.JPG
ナイフエッジ! ワクワク

20201122-090721-z0_R.jpg
きた―――!

20201122-090855-z0_R.JPG
ここ

20201122-091236-z0_R.png
めっちゃ

20201122-091301-z0_R.JPG
楽しい〜。

20201122-091413-z0_R.JPG
キャ―――!(輝)

20201122-091635-z0_R.JPG
おりてみる〜。そして…

20201122-092039-z0_R.JPG
またのぼる〜(笑)

20201122-092534-z0_R.JPG
楽しい〜!のあとには

20201122-092734-z0_R.JPG
お決まりの

20201122-093017-z0_R.JPG
急登〜(汗) きれいなジグザグ道です。

DSC_3989_R.jpg
飴〜(輝)

20201122-093501-z0_R.jpg
まだ遠いなぁ〜。

20201122-093903-z0_R.jpg
えっ?? 登っていいの??(笑)

20201122-093924-z0_R.png
イエーイ!(喜)

20201122-094518-z0_R.jpg
ええとこやなぁ〜(輝)

20201122-094703-z0_R.JPG
ジャ〜ンプ! キケンデス(笑)

DSC_3993_R.jpg
ガス?? 雲?? なんかこっちにむかってきてない??(汗)

20201122-095046-z0_R.png
あと、もうちょいやね(嬉)

20201122-095316-z0_R.JPG
くぐる〜。

20201122-095442-z0_R.jpg
きたよきたよ〜。 スゴイ 風 ジャ ナイ??(笑)

20201122-095531-z0_R.jpg
高畑山山頂に

20201122-095641-z0_R.JPG
到着〜!

DSC_3998_R.jpg
大パノラマが

DSC_3999_R.jpg
広がります。

DSC_4000_R.jpg
滋賀県側は、晴天〜(輝)

20201122-095713-z0_R.JPG
ガスが流れてくる〜(泣)

20201122-095939-z0_R.JPG
わっ!岩があるやん〜(喜)

20201122-100553-z0_R.JPG
作ってみた〜(笑)(第108回参照)

DSC_4003_R.JPG
ちょっと出っ歯やね(笑)

DSC_4006_R.JPG
風を避けられる場所で、お昼ごはんにしま〜す。
太陽が…お月様みたい〜。ススキ ト イイカンジ〜

20201122-102321-z0_R.jpg
キムチ鍋つゆと

DSC_4009_R.JPG
白菜を入れ、ひと煮だちさせたら

DSC_4010_R.JPG
しめじ・エノキ・豆腐・ネギを入れてグツグツ〜。その上から、豚肉・ニラを投入して、さらにグツグツ〜。

DSC_4013_R.JPG
たっぷり、キムチを入れたら

DSC_4014_R.JPG
蓋をして、待ちます。ワクワク〜 できたかなぁ?

DSC_4020_R.JPG
できた〜! あつあつ キムチ鍋の完成〜!う〜ん、めっちゃ美味しい〜!

DSC_4029_R.JPG
作っている間に

20201122-123238-z0_R.JPG
晴れてきました〜。ポッカポカ アッタカイ〜

DSC_4036_R.JPG
第2弾!(笑) お味噌を入れて、味変〜(輝) これもまた美味〜(幸)

DSC_4042_R.JPG
遠くに、うっすらと琵琶湖〜。

DSC_4041_R.jpg
鈴鹿のお山たち〜。

DSC_4043_R.JPG
めっちゃいい景色〜(輝)

DSC_4046_R.jpg
しめは、卵雑炊〜(好)

DSC_4048_R.jpg
美味しいに…決まってる!(笑)

20201122-123148-z0_R.jpg
鎌様(鎌ヶ岳第11回)〜。ヤッパリ ステキ デス

20201122-132303-z0_R.JPG
にぎわっていた山頂ですが…誰もいなくなりました(笑)

20201122-134747-z0_R.JPG
ちょっと陽 傾いてきてない??(笑)

20201122-144350-z0_R.JPG
4時間も(笑) 贅沢な時間を満喫したので、下山します。ホント キモチ ヨカッタ

20201122-144454-z0_R.JPG
今日って…

20201122-145840-z0_R.JPG
ホントは

20201122-150510-z0_R.JPG
鈴鹿峠から溝干山(みぞほせやま)

20201122-150958-z0_R.JPG
唐木山から長峰尾根を通って

20201122-151149-z0_R.JPG
周回する予定だったけど(笑)

20201122-151320-z0_R.png
たまには、こういう楽しみ方も…ありやんねっ! ホント ニ たま カハ ギモン(笑)

20201122-152213-z0_R.JPG
アップ

20201122-153750-z0_R.JPG
ダウンを繰り返しながら

20201122-154703-z0_R.JPG
おりていきます。

20201122-155953-z0_R.JPG
今日も無事に下山完了です。

※鈴鹿峠路傍休憩地に公衆トイレあり。

posted by SORA at 20:11| 登山

2020年11月21日

第111回 皇子山〜宇佐山



人生に無駄なことは1つもないとは言うけれど…今日は無駄な動きが多かった(笑)

空奏テラス本店は、最近人気急上昇だし(笑)…のんびりと鳶岩店で、朝Cafeでもしようかなぁ…。
早起きは大の苦手なのに、5時に起きた私(笑) 大津市に入ると…細かい雨が(汗) まっ、着く頃にはやむかなぁと思っていると、進むに連れて雨足は激しくなる一方(泣) 鵜川登山口に到着した時には、雨は止んだものの、雨雲レーダーによると、1時間後くらいに再び雨雲がくる。風もきついし、これはのんびりと楽しめないな。キモチ ヲ キリカエテ イツモノ カクレスポット ニ ムカイ マス

DSC_3856_R.jpg
わざわざ志賀ICでおりて、見に行った景色(笑)

DSC_3858_R.jpg
海ではありません…オダヤカ ニ 波ウツ 湖です(輝) ステキ〜

DSC_3857_R.jpg
こんなこと、している場合じゃない(笑)

DSC_3864_R.JPG
ヤマレコの踏み跡をたどって…今日はここから、入ってみます。

DSC_3865_R.JPG
しっかりと踏み跡があります。コッチカラ ノボル ヒト モ イハル ン ヤネ

DSC_3866_R.JPG
尾根にでると…わっ(笑) 藪??

DSC_3867_R.jpg
キャ―!紅葉〜。右に、三上山(近江富士:第10回)も見えるやん〜(輝)

DSC_3869_R.jpg
わぁ〜、ええとこ〜。

DSC_3871_R.JPG
尾根伝いに歩いて行きますが…

DSC_3872_R.JPG
これって…名もなき、全然違う山に、登ってるやん〜!!(汗) ガーン
仕方がないので…戻ります(泣)

DSC_3873_R.jpg
右足が落ち葉の深みにはまり、ズルズル―(怖) ヒエ〜!オチル〜!
左足にまで、木のツルがひっかかってるし〜(涙) ヤバイ タイセイ(汗) カラノォ 生還〜(笑)

DSC_3875_R.jpg
モウ…この景色眺めながら朝ごはん食べて、帰ろうかなぁ…とも思いましたが…ヤッパリ イキマス(笑)

地図では、もう少し先まで道があるようなので…敷地のオネエサマにも見てもらいますが…「この奥は置き場やし、こっちは崖やしなぁ。」ということで…行き止まりと判明。仕方がないので、いつもの登山口まで戻ります。

DSC_3876_R.JPG
えっ!もしかして、ここ登ったら…皇子山?? フミアト モ アリ マス

DSC_3878_R.JPG
4世紀後半頃造られた 前方後円墳(皇子山1号墳)〜。

DSC_3879_R.JPG
近江で最も古い古墳なのだとか。

DSC_3880_R.JPG
皇子山山頂に、到着〜!

DSC_3890_R.jpg
これから登る宇佐山〜。あの上に、お城が建ってたんやね〜(輝)

DSC_3893_R.jpg
三上山(近江富士:第10回)、ドドーン!

DSC_3897_R.JPG
弥生時代末に造られた 皇子山2号墳(円墳)〜。

DSC_3898_R.JPG
住宅街の間からが、正式な(笑)ルートのようです。

DSC_3901_R.jpg
それでは…宇佐山にむかいます。ズイブン マワリミチ ヲ シマシタ(汗)

DSC_3905_R.JPG
宇佐山は、今日で5回目(第85,88,99,102回:宇佐山の詳細は第85回をご覧ください)。

DSC_3907_R.jpg
という訳で…

DSC_3908_R.jpg
あっという間に(笑) 宇佐山城址に到着〜!

DSC_3909_R.JPG
そして、宇佐山山頂(本丸跡)に到着〜!

DSC_3911_R.JPG
二の丸跡を通り過ぎ

DSC_3913_R.jpg
南尾根を進みます。

DSC_3914_R.jpg
キャ―!(輝)

DSC_3915_R.jpg
比叡山ドライブウェイの紅葉〜。

DSC_3924_R.jpg
音羽山(第60回)〜!

DSC_3926_R.jpg
葉っぱが落ちたので…隙間から、奥島山(第48,58,59,65,70,91回)〜!

DSC_3928_R.jpg
鉄塔の下の広場が

DSC_3931_R.jpg
ちょうど、人工物が隠れて、落ち着く場所〜(好)

DSC_3939_R.jpg
食パンの上に、ツナとクリームチーズとレモンをのせたら
ギューッとしてじっくりと焼きます。

DSC_3945_R.JPG
できたかなぁ?

DSC_3952_R.jpg
できた〜! ツナ レモン クリームチーズ ホットサンドの完成〜! う〜ん、美味しい〜!

DSC_3961_R.JPG
のんびりと過ごしたら、宇佐山テラス(三の丸跡)にむかいます。

DSC_3962_R.JPG
くるよくるよ〜。

DSC_3972_R.jpg
キャ―――!!

DSC_3970_R.jpg
安定のこの景色〜!

DSC_3971_R.jpg
堪能したら…下山します。

DSC_3975_R.JPG
めっちゃきれい〜。

DSC_3976_R.JPG
今日も無事に下山完了です。

posted by SORA at 20:11| 登山

2020年11月14日

第110回 白倉南岳〜白倉中岳〜白倉岳〜烏帽子岳 朽木栃生ピストン



今日は、悠久の時を越えてそびえ立つ 巨大 伏条台杉(ふくじょうだいすぎ)に、会いに行きます。

DSC_3613_R.JPG
朽木栃生(とちゅう)登山口から、出発します。

DSC_3616_R.JPG
いきなりのロープです〜(嬉)

DSC_3619_R.JPG
そして、いきなりの急登です〜(汗)

DSC_3620_R.jpg
わっ!紅葉〜。ヤマ ガ モエテ マス(輝)

DSC_3621_R.JPG
白倉連峰登山道〜。

DSC_3622_R.JPG
ちょっと、ジャングル(笑)

DSC_3623_R.jpg
P553をすぎるまで、登りしかありません(汗) マジ デ キツイ

DSC_3624_R.JPG
デモ…雪野山の階段地獄(第109回)に比べたら…天国デス(笑)

DSC_3625_R.JPG
やっと、やっと…平坦な道。ホッ

DSC_3629_R.JPG
ゲゲゲッ!また急登(汗)

DSC_3631_R.JPG
なにこの木〜! スゴッ

DSC_3632_R.jpg
紅葉を愛でながら、進みます。振り返ると…

DSC_3633_R.JPG
武奈ヶ岳(第2,96回)〜!

DSC_3635_R.jpg
キャ〜(輝)

DSC_3645_R.jpg
これから行くお山〜。

DSC_3649_R.jpg
蛇谷ヶ峰(第94回)、ドドーン!

DSC_3650_R.JPG
東尾根分岐に到着〜!

DSC_3653_R.JPG
戸谷橋からのルートと合流〜。白倉南岳にむかいます。

DSC_3655_R.jpg
白倉南岳山頂に

DSC_3659_R.jpg
到着〜!

DSC_3660_R.JPG
アソンデイナイデ(笑)…先に進みます。

DSC_3666_R.JPG
激くだり〜(汗)

DSC_3667_R.JPG
巻き巻き〜(笑)

DSC_3670_R.JPG
白倉中岳山頂に

DSC_3671_R.JPG
到着〜! 見たかったのは…

DSC_3673_R.jpg
これ―――!

DSC_3676_R.JPG
芦生杉(あしゅうすぎ)という、日本海側に生える品種の杉です〜。

DSC_3677_R.JPG
幹が折れても、側枝が新たな幹となる“台杉”と、雪の重みで地面についた枝から根が伸び 幹となる“伏条杉”とを総称して、“伏条台杉”と呼ぶらしい。

DSC_3688_R.jpg
鎌倉〜南北朝時代(1192〜1603年)、御料林を中心に林業技術が発達し、1本の木から多くの木材がとれるように、台杉仕立てが盛んに行われたのだそう。

DSC_3686_R.jpg
おっき〜(輝)

DSC_3694_R.jpg
エネルギー

DSC_3692_R.JPG
チャージ〜!

DSC_3696_R.jpg
この存在感! スゴスギッ

DSC_3698_R.JPG
白倉岳をめざします。

DSC_3699_R.png
この木も、楽しい〜(笑)

DSC_3703_R.JPG
白倉岳山頂に

DSC_3704_R.JPG
到着〜!

DSC_3702_R.JPG
眺望はありません。

DSC_3708_R.JPG


DSC_3711_R.JPG
くだります(汗)

DSC_3717_R.JPG
ひらけ〜ゴマっ(笑)! ヒライタ〜

DSC_3718_R.JPG
蛇谷ヶ峰(第94回)に

DSC_3722_R.jpg
リトル比良(第72回)〜!

DSC_3725_R.JPG
この尾根道

DSC_3724_R.jpg
めっちゃいい〜(輝)

DSC_3728_R.jpg
釣瓶岳(第96回)から武奈ヶ岳(第2,96回)、ドドーン!

DSC_3730_R.jpg
比良山系と並行に、進みます。

DSC_3735_R.JPG
烏帽子峠分岐に到着〜!

DSC_3733_R.JPG
鷹ヶ峰方面に進みます。

DSC_3736_R.JPG
登っていくと

DSC_3745_R.JPG
烏帽子岳山頂に

DSC_3747_R.JPG
到着〜!

DSC_3742_R.JPG
わりと広い、山頂です。

DSC_3746_R.JPG
今日はここで、引き返します。

DSC_3751_R.jpg
さっきの尾根道まで、戻ってきました〜。

DSC_3754_R.jpg
比良山系を眺めながら、お昼ごはんにします。

DSC_3769_R.jpg
油抜きした おあげさんに、お餅とチーズとおネギを詰めたら

DSC_3771_R.jpg
ギュッと押し込んで

DSC_3779_R.JPG
じっくりと焼きます。メッチャ イイ ニオイ〜

DSC_3781_R.jpg
できたかなぁ〜?

DSC_3785_R.jpg
できた〜!

DSC_3798_R.jpg
ネギ餅チーズの おあげ焼き〜。

DSC_3807_R.jpg
お醤油をたらして、完成〜! う〜ん、モチモチ、美味しい〜!

DSC_3757_R.JPG
のんびり、珈琲タイムも楽しんだら

DSC_3815_R.JPG
下山します。

DSC_3827_R.jpg
釣瓶岳(第96回)に

DSC_3828_R.jpg
蛇谷ヶ峰(第94回)〜。

DSC_3829_R.jpg
釣瓶岳(第96回)から武奈ヶ岳(第2,96回)〜。

DSC_3835_R.jpg
蓬莱山(第79回)から霊仙山(第42回)への稜線〜。

DSC_3839_R.jpg
比良山系を眺めながら、くだっていきます(輝)

DSC_3842_R.JPG
花火みたい〜(嬉)

DSC_3846_R.jpg
素敵〜。

DSC_3847_R.JPG
ここからは、ひたすらくだりです(汗)

DSC_3849_R.JPG
長〜い くだりを終えたら(泣)

DSC_3850_R.JPG
今日も無事に、下山完了です。

※第96回で教えていただいた、朽木栃生の橋を渡って左の駐車スペースを利用。

posted by SORA at 20:11| 登山

2020年11月08日

第109回 明神山〜腰越山〜安妃山〜雪野山〜童子山 岩井大明神周回



今日は、鎌ヶ岳から雲母峰に行く予定でしたが…風がきつそう(汗)
ウ〜ン、てんきとくらす予報と、ニラメッコ(笑) 風が穏やかなお山…ミ〜ツケタッ!

20201108-073418-z0_R.jpg
杓子山登山口から、出発します。

20201108-073925-z0_R.JPG
ほどなくして…展望台の案内が(輝) 行ってみま〜す。

20201108-074050-z0_R.jpg
わっ!

DSC_3506_R.jpg
箕作(みつくり)山から太郎坊山(赤神山)…幻想的〜。

20201108-074530-z0_R.JPG
安妃山(あんきさん)にむかいます。

20201108-074804-z0_R.jpg
今日は、こういう感じのハイキングかなっ??(笑)

20201108-074933-z0_R.png
岩!登っておきます(笑)

DSC_3510_R.jpg
展望台だらけやん〜(笑)

20201108-075635-z0_R.JPG
そんなに登ってないけど…くだります(笑)

20201108-080547-z0_R.JPG
防獣柵をあけて

20201108-080639-z0_R.JPG
腰越山登山口から

20201108-080802-z0_R.JPG
登っていきます。

20201108-081453-z0_R.png
このロープって…枝が折れらた…ヤバイ ヨネ(汗)

20201108-081546-z0_R.jpg
腰越山展望台に、到着〜!

DSC_3512_R.jpg
わぁ〜(輝) なんか、絵に描いた世界みたい〜。

20201108-082053-z0_R.JPG
朝日を浴びながら、登って行くと

20201108-082545-z0_R.JPG
安妃山山頂に

20201108-082454-z0_R.JPG
到着〜!

20201108-082955-z0_R.jpg
ほどなくして…大岩展望台〜。瓶割山(かめわりやま)、ドドーン!

20201108-082740-z0_R.jpg
ええやん〜(輝) げしめ下山路の方に少しおりると…

20201108-083418-z0_R.jpg
キャ―――! 素敵〜(嬉)

20201108-083730-z0_R.jpg
げしめ展望台に

20201108-083656-z0_R.jpg
到着〜! サッキ ノ ホウ ガ キレイ デシタ…

20201108-083913-z0_R.JPG
秋ですね〜。

20201108-084223-z0_R.JPG
カンバン ガ タオレテ イタ ノデ オコシテ(笑)…盆の木跡展望台に

20201108-084256-z0_R.jpg
到着〜! ん?? イマイチ(笑)

20201108-084606-z0_R.jpg
あれ?? また、盆の木跡展望台〜。

20201108-084615-z0_R.jpg
ココモ…う〜ん(笑)

20201108-085125-z0_R.JPG
歌坂峠に到着〜! 雪野山方面に、進みます。

20201108-085402-z0_R.jpg
溜池展望台に

DSC_3518_R.JPG
到着〜!

20201108-085847-z0_R.JPG
足元に視線を感じるなと思ったら…タヌキでした〜。ゼンゼン ニゲマセン

20201108-090521-z0_R.JPG
東屋〜!

20201108-091053-z0_R.JPG
雪野山を

20201108-091148-z0_R.JPG
めざします。

20201108-091434-z0_R.JPG
もう、そろそろ…階段地獄には…飽きてきました(笑)

20201108-092417-z0_R.jpg
雪野山、まだ遠いなぁ〜(汗)

20201108-092754-z0_R.JPG
こんな草むらでも…下は階段です(怖)

20201108-093056-z0_R.jpg
さっき見えていた、鉄塔〜。

20201108-093128-z0_R.JPG
この先に、眺望展望台があるようなので

20201108-093149-z0_R.JPG
行ってみます。

20201108-093330-z0_R.JPG
わぁ〜(輝)

DSC_3521_R.jpg
瓶割山に、繖山(きぬがさやま:第69回)、そして、箕作山〜。

DSC_3522_R.jpg
船岡山のうしろに、箕作山から太郎坊山〜。

DSC_3523_R.jpg
布施山〜。スゴ〜イ

20201108-094156-z0_R.jpg
階段地獄は

20201108-094446-z0_R.jpg
まだまだ、続きます。

20201108-094618-z0_R.jpg
山頂?? マダデシタ〜(泣)

20201108-095234-z0_R.jpg
雪野山

20201108-095304-z0_R.JPG
山頂に

20201108-095352-z0_R.JPG
到着〜!

DSC_3528_R.JPG
この山頂は

DSC_3529_R.jpg
前方後円墳の円墳にあたるところ〜。スゴッ

20201108-100757-z0_R.JPG
階段をおりて

20201108-101336-z0_R.JPG
階段をあがる(笑)

20201108-101642-z0_R.JPG
東屋〜。

DSC_3532_R.jpg
布施山!メッチャ キレイナ 山容〜(輝)

DSC_3539_R.jpg
少し進むと…

20201108-102154-z0_R.jpg
わっ!! めっちゃいいとこ、発見―――!!

20201108-102209-z0_R.jpg
あっちの山まで行きますよ〜。メッチャ クダル ヤン〜(汗)

20201108-103815-z0_R.JPG
野寺城跡に、むかいます。 ゲッ!マダ カイダン ツヅキ マス カ

20201108-104550-z0_R.JPG
井戸跡〜。

20201108-104622-z0_R.JPG
野寺城跡に到着〜!

20201108-105819-z0_R.JPG
童子山を目指します。

20201108-110152-z0_R.jpg
わぁ〜。

20201108-110643-z0_R.jpg
童子山展望台に

20201108-110333-z0_R.jpg
到着〜!

20201108-112420-z0_R.JPG
さっきの展望岩まで

20201108-113052-z0_R.JPG
戻ります。

20201108-132010-z0_R.jpg
展望岩に到着〜!

DSC_3541_R.jpg
甲西富士(菩提寺山:第71回)に、近江富士(三上山:第10回)〜。

DSC_3543_R.jpg
飯道山(第43回)から阿星山〜。

DSC_3578_R.jpg
のどか〜。この絶景を眺めながら、お昼ご飯にします。

DSC_3548_R.JPG
お鍋に、おうどんとお出汁、具材を入れたら グツグツ〜 イロドリ ガ コウヨウ ミタイ〜 

DSC_3558_R.jpg
卵も投入して グツグツ オイシソウ〜

DSC_3559_R.jpg
えび天ぷらをのせたら

DSC_3564_R.JPG
アツアツ 鍋焼きうどん、完成〜! う〜ん、美味しい〜。

DSC_3571_R.JPG
最後は…卵おじや〜(嬉) キョウ モ 食欲全開 デス〜(笑)

20201108-132206-z0_R.jpg
たっぷりと楽しんだら

20201108-134754-z0_R.jpg
下山です。

20201108-135112-z0_R.jpg
どんなところか見てみたかった…

20201108-135419-z0_R.JPG
ドラゴン道場のルートに

20201108-135625-z0_R.JPG
進みます。 マーク ガ シッカリト アリマス

20201108-135916-z0_R.jpg
わっ!この岩もクライミングの練習用になってる〜。

20201108-140358-z0_R.JPG
ちょっとだけ…

20201108-140142-z0_R.png
遊ぶ(笑)

20201108-141103-z0_R.JPG
急坂をくだると

20201108-141208-z0_R.JPG
ドラゴン道場に到着〜! スゴ〜イ

20201108-142118-z0_R.JPG
一般登山道に合流〜。 キタッ! カイダン ジゴク(笑)

20201108-142444-z0_R.JPG
防獣柵をあけて

20201108-142628-z0_R.JPG
舗装路にでました〜。

20201108-142948-z0_R.JPG
平石古墳群〜! スゴッ

20201108-144451-z0_R.jpg
雪野山歴史公園は、誰もいないのが、もったいないくらい 整備された公園です。

20201108-144843-z0_R.JPG
八幡社古墳群に

20201108-145348-z0_R.png
到着〜!

20201108-144930-z0_R.JPG
横穴式石室を3つももつ46号墳〜。この古墳群を形成した豪族の首長クラスのお墓らしい。

DSC_3588_R.JPG
7世紀前半に築かれた 両袖式横穴式石室をもつ41号墳〜。

DSC_3589_R.JPG
古墳がいっぱい〜。アレッ??キョウ ハ お山ニ キタン ヤンネ??

DSC_3593_R.jpg
赤穂浪士のお墓もありました。

20201108-151257-z0_R.JPG
わぁ〜!北海道みたい〜(笑)

20201108-152121-z0_R.png
お山に戻ります。

20201108-152554-z0_R.JPG
きれいに色づいてます〜。

20201108-153508-z0_R.JPG
階段がお好きな方には…雪野山山系の縦走ピストン、お勧めです(笑)

20201108-153843-z0_R.JPG
今日も無事に下山完了です。

※岩井大明神の駐車スペース利用。他にも登山口・駐車場多数あり。
http://www.eastomi.or.jp/kankou/jpg/yamamap1.pdf
posted by SORA at 20:11| 登山

2020年11月01日

第108回 御在所岳〜国見岳〜青岳 中道〜国見尾根登山道〜中道裏道迂回路 周回

ヤマレコ_R.jpg

11月になりました。私が登山をはじめたのは、11月。ということで…登山をはじめて丸2年が経ちました〜!
今日は、はじめて登ったお山にっ、行ってきま〜す。

20201101-081714-z0_R.JPG
御在所岳は3回目(第1,6回)。中登山道口から出発します。

20201101-083456-z0_R.jpg
笑けるくらい…人が多い。コウヨウシーズン ヤモン ナア

20201101-084209-z0_R.png
4合目おばれ岩も、写真渋滞なので…横でパシャリ(笑)

20201101-085522-z0_R.jpg
5合目展望所に到着〜!

20201101-090227-z0_R.png
“絶対に落ちない”受験生の味方

20201101-090549-z0_R.jpg
合格祈願の地蔵岩〜!

20201101-091518-z0_R.JPG
6合目キレットに到着〜! 鎌サマ(鎌ヶ岳第11回)ステキ デス

20201101-092117-z0_R.jpg
やっぱり

20201101-093116-z0_R.jpg
御在所岳は

20201101-095106-z0_R.JPG
楽しい〜。ハジメテ ノ トキ ハ 怖カッタ コノ チェーンハシゴ(笑)

20201101-095531-z0_R.jpg
8合目岩峰に到着〜! 1111〜(輝)

20201101-100051-z0_R.jpg
ここも、最初の時、めっちゃ怖かったところ…ワタシ モ 成長シタ モンダ(笑)

20201101-102003-z0_R.jpg
富士見岩に到着〜! 混み混みナノデ…サキニ 腹ゴシラエ ニ 行ク コト ニ シマス

20201101-102330-z0_R.jpg
鎌様〜(輝)

DSC_3508_R.JPG
ゼンカイ(第6回)食ベソコネタ…御在所名物 御在所カレーうどん〜! モチモチの伊勢うどんが最高〜。

20201101-112059-z0_R.JPG
お腹が満たされたら…御在所岳山頂にむかいます。

20201101-113318-z0_R.jpg
御在所岳山頂に

20201101-113243-z0_R.jpg
到着〜!

20201101-114702-z0_R.jpg
左の国見岳方面に

20201101-115356-z0_R.JPG
進みます。

20201101-120138-z0_R.jpg
先程までの喧噪がウソのような静けさです。

20201101-120325-z0_R.JPG
わっ!恐竜〜(嬉) デモ コノ岩 ノ ナマエ ハ ハンバーガー岩 ラシイ…ナンデヤ??

20201101-120730-z0_R.JPG
国見峠に到着〜!

20201101-121828-z0_R.jpg
わっ、ベッド発見〜!

DSC_3510_R.jpg
山上公園から御在所岳山頂を一望〜!

DSC_3513_R.jpg
歩いてきた道〜。

20201101-122758-z0_R.JPG
岩がいっぱい〜。

20201101-123212-z0_R.JPG
国見尾根分岐に到着〜!

20201101-123330-z0_R.JPG
石門にむかいます。

20201101-123422-z0_R.JPG
めっちゃ、おっきやん〜。石門に

20201101-123827-z0_R.jpg
到着〜!

20201101-124155-z0_R.JPG
国見岳にむかいます。

20201101-124306-z0_R.JPG
あっという間に

20201101-124502-z0_R.JPG
国見岳

20201101-124711-z0_R.jpg
山頂に

20201101-124610-z0_R.JPG
到着〜!

20201101-125612-z0_R.JPG
きのこ岩にむかいます。

20201101-125752-z0_R.jpg
キャ―――!きれい〜(輝)

20201101-130452-z0_R.JPG
わっ、きのこ岩

20201101-130624-z0_R.JPG
もうすぐかなぁ〜。ワクワク

DSC_3514_R.JPG
キャ―――!

20201101-130828-z0_R.jpg
きのこ岩に

20201101-132129-z0_R.jpg
到着〜!

20201101-131031-z0_R.jpg
雨宿りもできます(笑)

20201101-133206-z0_R.JPG
ん??青岳??

20201101-133228-z0_R.JPG
ここのことかなぁ??

DSC_3516_R.jpg
えっ!めっちゃ

DSC_3515_R.jpg
絶景やん〜。この景色を眺めながら

DSC_3518_R.JPG
もぐもぐタイム〜(笑)

20201101-143926-z0_R.JPG
満喫したら、下山です。

20201101-145040-z0_R.jpg
いいところやなぁ〜。

20201101-145507-z0_R.JPG
国見尾根を

20201101-145817-z0_R.JPG
くだっていきます。

20201101-150236-z0_R.JPG
なにここ〜。

DSC_3520_R.jpg
スゴ〜イ!!

20201101-151625-z0_R.jpg
わっ、また岩やん〜(嬉) 天狗岩に

20201101-152053-z0_R.png
到着〜!

DSC_3524_R.jpg
天狗岩から見た ゆるぎ岩〜(輝) スゴイ バランス ヤナア

20201101-152931-z0_R.jpg
ゆるぎ岩〜!

20201101-153328-z0_R.jpg
岩三昧〜(嬉)

20201101-153340-z0_R.jpg
国見尾根、めっちゃええやん〜! でも…

20201101-153508-z0_R.JPG


20201101-153855-z0_R.JPG
くだりです(汗)

20201101-154827-z0_R.JPG
飴と

20201101-154902-z0_R.JPG
ムチ(笑) そして

20201101-155950-z0_R.JPG
ムチ(笑)

20201101-160332-z0_R.JPG
全身運動が

20201101-161701-z0_R.JPG
続きます(笑) クニミオネ ハゲシイナア

20201101-163753-z0_R.JPG
藤内(とうない)小屋にむかいます。

20201101-164003-z0_R.png
藤内小屋に到着〜!

20201101-164628-z0_R.png
中道裏道迂回路を

20201101-165215-z0_R.JPG
進みます。

20201101-170641-z0_R.JPG
結構、登ってきました(汗)

20201101-171329-z0_R.JPG
中道に合流〜!

20201101-172856-z0_R.JPG
今日も無事に下山完了です。

posted by SORA at 20:11| 登山

2020年10月31日

第107回 鳶岩(牛山) 鵜川登山口〜牛山東尾根ピストン

トビ岩 [地形図] - ヤマレコ - Google Chrome 2020_11_02 20_04_43_R.jpg

今日は午後からしか動けない(汗) それなら…午後からが素敵な空奏テラスやねっ(笑)ということで、計画していたものの…
ちょっとちょっとぉ!! これは、あそこに行くのに、絶好の天気じゃない〜!!
…ということで、急遽、行先変更で〜す。
風のない、晴れ渡った日に、行きたかった場所。それは…

DSC_3376_R.JPG
国道161号線から見えている、知る人ぞ知る絶景スポット(輝)

20201031-130314-z0_R.JPG
ヤマレコにも踏み跡がないルートですが…行ってみま〜す。

20201031-131835-z0_R.png
防獣扉をあけて、鵜川登山口から

20201031-132030-z0_R.jpg
鳶岩を目指します。

20201031-132151-z0_R.jpg
ほどなくして、鉄塔に到着〜! 下を通り抜けて

20201031-132522-z0_R.JPG
標高200mまでは

20201031-132808-z0_R.JPG
自由に登っていきます(笑) フツウ ニ ノボレル ミチ デス

20201031-132926-z0_R.jpg
眺望がでてきました〜。

20201031-133233-z0_R.JPG
くぐったり

20201031-133523-z0_R.png
登ったり(笑)

20201031-133859-z0_R.JPG
なかなか楽しい道です。

20201031-134211-z0_R.JPG
マークが出てきました〜。

20201031-134351-z0_R.JPG
グングン進んでいきます。

20201031-135215-z0_R.JPG
わっ!岩阿沙利(いわあじゃり)山〜!

20201031-135348-z0_R.JPG
鉄棒ならぬ、木棒もありますよ(笑)

20201031-135609-z0_R.jpg
左に琵琶湖

20201031-135703-z0_R.jpg
右にリトル比良を眺めながらの

20201031-135907-z0_R.JPG
尾根道歩きが、続きます。

20201031-140456-z0_R.JPG
ザックがぁ…ホフクゼンシン シマス(笑)

20201031-143138-z0_R.JPG
左のトラバース道を、進んでいきます。ココモ フツウ ニ アルケル ミチ デス

20201031-143255-z0_R.JPG
スゴっ!! 左から巻けますが…人ガ ヒトリ トオレル ヨウニ シテ オキマシタ(笑)

DSC_3387_R.JPG
神様の岩?? オッキ〜

20201031-143841-z0_R.jpg
ここを登りきるとぉ〜

20201031-144021-z0_R.jpg
くるよ、くるよ〜 ワクワク

20201031-144038-z0_R.jpg
キャ―――!

20201031-144043-z0_R.jpg
なにここ――!! ヤバスギル

20201031-144417-z0_R.jpg
牛山直下の鳶岩に

20201031-144344-z0_R.jpg
到着〜!

DSC_3391_R.jpg
伊吹山(第13回)から霊仙山(第38回)、鍋尻山(第105回)に御池岳(第35回)など、ずらずら〜っ

DSC_3395_R.jpg
沖島に、長命寺山から空奏テラスの奥島山(第48,58,59,65,70,91回)〜!ドドーン!

DSC_3401_R.jpg
近江富士(三上山)(第10回)も〜ステキ〜

DSC_3406_R.jpg
言葉にならない、この景色!!

DSC_3399_R.jpg
空奏テラスの対岸に…鳶岩店 出店です〜(笑) この絶景は…

20201031-150139-z0_R.jpg
もしかして、もしかすると…本店よりも、好きかも〜(恋)

DSC_3421_R.JPG
えっ!トンビ?? この絶景の中で、お昼ご飯にします。

DSC_3423_R.jpg
玉ねぎとベーコンを炒めたら

20201031-152213-z0_R.jpg
ホワイトソースミックスに、水と牛乳を投入〜。

DSC_3432_R.jpg
マカロニを入れて、グツグツ。

DSC_3437_R.jpg
具材を入れて、さらにグツグツ。

20201031-153658-z0_R.jpg
グラタン皿に盛り付けて、チーズをパラパラ〜。そして、今日はハロウィンということで…

DSC_3440_R.jpg
山トモ作 ジャック・オー・ランタンを模った マッシュかぼちゃをのせます。カワイイ〜

20201031-155037-z0_R.JPG
トーチバーナーであぶったら

DSC_3468_R.jpg
かぼちゃのマカロニグラタン、完成で〜す!

20201031-160351-z0_R.jpg
この絶景を眺めながら…超贅沢〜(嬉) う〜ん、美味しい〜。

20201031-162112-z0_R.jpg
堂満岳(第28回)の後ろに、陽が傾いていくにしたがって

20201031-162048-z0_R.jpg
琵琶湖は

DSC_3492_R.JPG
ピンク色に、輝いてきます(輝) ステキスギル〜

20201031-170216-z0_R.JPG
名残をおしみながら…下山します。

20201031-172541-z0_R.JPG
わっ!月が出てる〜(喜) 今年最も小さく見える満月 カツ 今月2回目の満月(ブルームーン)ナンダトカ(輝)
ブルームーンは、別名 幸せを呼ぶ月。ミタ ヒト ニハ 幸せ ガ オトズレル ラシイ〜(嬉)

20201031-181120-z0_R.JPG
すっかり暗くなってしまいましたが(笑)…無事に下山完了です。

※防獣扉の前に2台分の駐車スペースあり。

posted by SORA at 20:10| 登山

2020年10月24日

第106回 焼杉山



隙間時間に登れるお山…ないかなぁ〜。ココ ナラ ドウカナ(笑)

DSC_3214_R.jpg
古知谷(こちだに)光明山(こうみょうざん)阿弥陀寺は、1609(慶長14)年、弾誓(だんぜい)上人が開創した 浄土宗のお寺。

DSC_3216_R.jpg
山門をくぐって、出発します。京都ッテ カンジ〜(笑)

DSC_3218_R.JPG
ここから、お山に入っていきます。

DSC_3219_R.JPG
わっ、沢〜(喜)

DSC_3220_R.JPG
ほんまに こんな道、みんな行ってはるの??っていうような道ですが…

DSC_3221_R.JPG
とりあえずマークにしたがって、進みます。

DSC_3223_R.JPG
イヤ!これは絶対に…違う! キョウコウ スレバ イケナクハ ナイ ケレド…引き返します(涙)

DSC_3224_R.JPG
沢の左側を来たのが間違い(汗)…沢の右側が正解です!

DSC_3225_R.JPG
とはいえ…すごい道です(笑)

DSC_3226_R.JPG
めっちゃ、ええ道やん〜(喜) ナンデ アンナ トコロデ サマヨッテ イタ ノダロウ

DSC_3230_R.JPG
ほどなくして、第1鉄塔に到着〜!

DSC_3233_R.JPG
ここからは

DSC_3236_R.JPG
気持ちのいい

DSC_3237_R.JPG
尾根道歩きです〜(嬉)

DSC_3238_R.JPG
ちゃんと看板あるやん〜!

DSC_3240_R.JPG
急登が

DSC_3243_R.JPG
続きます(汗)

DSC_3244_R.JPG
稜線がきれい〜(輝)

DSC_3245_R.JPG
第2鉄塔に到着〜!

DSC_3248_R.jpg
キャ―――!

DSC_3247_R.jpg
右、霊仙山から権現山(第42回)〜!キレイ〜

DSC_3257_R.JPG
わっ!

DSC_3259_R.jpg
わ―――! 京都大原パブリックコースの後ろは、比叡山系(第45,66,95回)〜!

DSC_3260_R.jpg
キャ―――!琵琶湖が見えてきました〜!(喜)

DSC_3263_R.JPG
ここを、左に行きます。タシカニ 矢印ハ 左ヲ サシテ イマスガ…マークハ マッスグ 奥ニ ツヅイテ イマス 案ノ定 間違いマシタ(笑) モドッテ クルト…

DSC_3275_R.JPG
第3鉄塔に到着〜!

DSC_3267_R.JPG
キャ―――!(輝) 右は、天ヶ岳に、ナッチョ(天ヶ森)〜!

DSC_3271_R.jpg
これから行く、焼杉山〜! マダ トオイ ナア…(汗)

DSC_3273_R.jpg
琵琶湖に

DSC_3274_R.JPG
比叡山系〜! メッチャ イイトコロ〜!

DSC_3280_R.JPG
焼杉山を、めざします。

DSC_3282_R.JPG
めっちゃ急〜! カエリ ハ コレ ヲ クダル ン ヤネ(汗)

DSC_3283_R.JPG
わっ、岩がでてきました〜。

DSC_3284_R.JPG
この辺りから

DSC_3285_R.JPG
激しさを

DSC_3286_R.JPG
増してきます(笑)

DSC_3287_R.JPG
もっと単調な道かと思ってたけれど…ナカナカ 変化に富んでいて

DSC_3292_R.jpg
楽しい〜!

DSC_3293_R.JPG
えっ!ここを…行きますか??(笑)

DSC_3296_R.JPG
大原草生町からの道と合流〜!

DSC_3297_R.JPG
ここからは

DSC_3298_R.JPG
倒木をくぐったり、乗り越えたり

DSC_3299_R.JPG
アドベンチャーゾーンです(笑)

DSC_3300_R.JPG
わっ!全然、雰囲気が変わった〜。

DSC_3301_R.JPG
12番をすぎると…

DSC_3302_R.JPG
焼杉山

DSC_3304_R.jpg
山頂に

DSC_3305_R.JPG
到着〜!

DSC_3307_R.JPG
眺望は、ほとんどありません。

DSC_3308_R.JPG
山頂でお会いしたオジサマ ガタも、登りはじめの道を間違えて、やっとの思いで鉄塔に出たとおっしゃっていました。アノ フミアト ハ…コノ カタタチ ノ ダッタノ カナ(笑)

DSC_3310_R.JPG
第3鉄塔のところで、お昼にしたいので…

DSC_3311_R.JPG
下山します。ゲキクダリ〜

DSC_3312_R.JPG
分岐に到着〜!

DSC_3316_R.JPG
まだまだ、くだります。

DSC_3319_R.JPG
第3鉄塔に、戻ってきました〜!

DSC_3340_R.JPG
この絶景を

DSC_3323_R.JPG
眺めながら

DSC_3342_R.jpg
お昼ごはんにしま〜す。オカヤマ カワイイ〜

DSC_3327_R.JPG
お湯を沸かして、麺を投入〜。

DSC_3328_R.jpg
ほぐれたら

DSC_3332_R.jpg
ウインナー・ブロッコリー・卵を入れます。

DSC_3334_R.JPG
蓋をして、コトコト。できたかなぁ〜?

DSC_3338_R.jpg
スープを入れたら、塩ラーメンの完成〜! う〜ん、美味しい〜。

DSC_3347_R.JPG
珈琲タイムもすませたら…下山します。

DSC_3348_R.JPG
空奏テラス〜(輝) ソロソロ マタ イキタイナ〜

DSC_3350_R.JPG
比良山系から比叡山系〜!メッチャ イイ〜

DSC_3355_R.JPG
第1鉄塔まで、戻ってきました〜! 魔界への入り口みたい〜(笑)

DSC_3361_R.JPG
夏やったら、絶対入るところ(笑)

DSC_3363_R.JPG
最初、あんなところ登ってたんやもんなぁ…(笑) デモ…マーク、ツイテルシ

DSC_3365_R.JPG
いったい、登り口はどこだったのかと、楽しみに進むと…

DSC_3369_R.JPG
ガーン!めっちゃ手前やん〜! オクニ ミエテル 石碑ニ 目ヲ トラレテハ イケマセン

DSC_3368_R.JPG
今日も無事に下山完了です。

posted by SORA at 22:20| 登山

2020年10月18日

第105回 鍋尻山〜地蔵山



前から気になっていたお山。県道139号線が冬季通行止めになる前に、行ってきま〜す。

20201018-082208-z0_R.png
鈴鹿山系北部に位置する脇ヶ畑村は、かつて杉・保月(ほうづき)・五僧の三集落からなる村で、中でも保月は、村の中心をなした集落だったのだそう。杉は1973(昭和48)年に、五僧は1974(昭和49)年に、保月は1976(昭和51)年に(2005年再指定)廃村となっています。

20201018-082418-z0_R.JPG
鍋尻山登山口から、出発します。

20201018-082819-z0_R.JPG
迷いようのない道を(笑)、登っていきます。

20201018-083358-z0_R.JPG
わぁ〜、お庭みたい〜(輝)

20201018-083510-z0_R.JPG
整備が、行き届いています。

20201018-083547-z0_R.JPG
ここの苔は…近くで見るよりも、少し離れた場所からの方が、素敵です(笑)

20201018-083819-z0_R.png
ちょっと荒れているように見えますが…ダイジョウブ

20201018-083805-z0_R.jpg
朝焼けに輝く三国岳、ドドーン!

20201018-084556-z0_R.JPG
階段を、登っていきます。

20201018-085033-z0_R.jpg
御池岳(第35回)から、奥に、藤原岳(第14回)も見えてきました〜!

20201018-085351-z0_R.JPG
短時間の間に、感動がいっぱい(笑)

20201018-085849-z0_R.jpg
くるよ、くるよ〜! ドキドキ

20201018-085918-z0_R.jpg
キタ――――!!

DSC_3106_R.jpg
雲海――(輝) ヤバスギル! コノ ケシキ

20201018-090245-z0_R.jpg
大パノラマが、広がります〜。あとで戻ってくるので…

20201018-090420-z0_R.jpg
鍋尻山山頂に

20201018-090759-z0_R.jpg
むかいます。

20201018-092215-z0_R.JPG
モモジリ…チガイマス(笑) 鍋尻山

20201018-090945-z0_R.JPG
山頂に

20201018-091005-z0_R.JPG
到着〜!

20201018-091317-z0_R.JPG
奥に進んでみると…

20201018-091713-z0_R.jpg
霊仙山(第38回)、ドドーン! スゴ〜イ(嬉)

20201018-092118-z0_R.JPG
展望スポットまで

20201018-092637-z0_R.jpg
戻ります。

20201018-092800-z0_R.jpg
カレンフェルトの、大パノラマ〜。

DSC_3118_R.jpg
木々は、少しずつ、色づいてきています。

DSC_3120_R.jpg
目の前には、あとで行く地蔵山〜、奥には、高室山(第53回)〜! ドドーン!

DSC_3139_R.jpg
この絶景を眺めながら

DSC_3140_R.jpg
朝Cafeしま〜す(嬉)

DSC_3128_R.jpg
網の上に、お餅をのせて

DSC_3130_R.jpg
焼きながら…

DSC_3126_R.JPG
栗ぜんざいを、温めます。

DSC_3134_R.jpg
お餅が焼けましたよ〜(喜)

20201018-095431-z0_R.jpg
栗ぜんざいの、完成〜!

DSC_3136_R.jpg
う〜ん、美味しい〜。

DSC_3138_R.JPG
まだ…食べます(笑)
のんびりと過ごしていると…彦根ブナの会の方が、看板を担いで、登ってこられました。戦後の植林政策で植えられた杉は、その価値がさがり、ドンドン山が荒れ果ててきているのだとか。もとのブナやケヤキのお山に戻す活動をしてくださっていて、「幼木を植えていっているので、200年後に見に来てください」と(笑) 200ネンゴ タノシミ デスネ〜

DSC_3141_R.JPG
立ちたて ホヤホヤの看板〜! 山頂に行く道を、迂回していくと…また違う景色が見られるのだそう(嬉)

20201018-110215-z0_R.jpg
迂回路を、進んでみます。

DSC_3145_R.jpg
キャ―――! スゴーイ!

DSC_3146_R.jpg
紅葉が進んだら、も〜っときれいやろうねぇ〜(輝)

20201018-110851-z0_R.jpg
鹿から守るために…もはや…迷路のようになっています(笑)

20201018-111238-z0_R.jpg
堪能したので、下山しま〜す。

20201018-111503-z0_R.JPG
このあと…山トモが、岩で足を切り、流血〜(汗) とりあえず、止血処置をほどこして

20201018-115049-z0_R.JPG
ゆっくり、ゆっくり、下山します。

20201018-115543-z0_R.jpg
ここでも、彦根ブナの会の方が活動中〜。「どこの道来たんや?こわい道の方からか?」「はい! オソロシク セマクテ こわい道を来ました!」「逆の道の方が、対向もできるしええ道やで。帰りはそっち通って帰ったらええわ。」と教えてくださいました(喜)

DSC_3151_R.JPG
このあと予定していた地蔵山は、また機会があればやなっ…と思っていましたが…なんと山トモに

DSC_3152_R.JPG
ピークハントを託されました(笑) セキニンジュウダイ デス

DSC_3153_R.JPG
地蔵山へは明確な登山口はありません。「地元の人ならわかるような所から、尾根には取り付けるんやけどな…。」と先ほどのオジサマがおっしゃっていたので…ジャッカン フアン デスガ…ここから、入っていきます。

DSC_3157_R.JPG
踏み跡をたどっていくと

DSC_3158_R.JPG
尾根にでました〜(嬉)

DSC_3159_R.jpg
景色を見ながらの 尾根道歩きです。

DSC_3161_R.jpg
わっ!なにこの木〜!

DSC_3163_R.jpg
ここも、紅葉が進んだら、もっときれいやろなぁ…。

DSC_3165_R.JPG
まだまだ、尾根が続きます。

DSC_3167_R.JPG
最後の急登〜(汗)

DSC_3170_R.JPG
地蔵山山頂に

DSC_3168_R.JPG
到着〜!

DSC_3171_R.JPG
眺望は期待していなかったけれど…

DSC_3172_R.jpg
えっ!

DSC_3173_R.jpg
えっ!

DSC_3176_R.jpg
さっきまでいた、鍋尻山に

DSC_3175_R.jpg
霊仙山、ドドーン! スゴイヤン〜

DSC_3181_R.JPG
無事に、ピークハントできたので(笑)…下山します。

DSC_3183_R.JPG
わっ!保月の集落が見えるやん〜(輝)

DSC_3187_R.JPG
急坂をくだると

DSC_3190_R.JPG
舗装路が見えてきました〜(喜) ハイッタ バショ ヨリ カナリ ショートカット デシタ
デ…山トモとスレ違いになってしまい…会えません〜(汗) 小学校跡のお向かいさんが「ここに座って待っとき。」と珈琲を入れてくださいました。梨に手作りういろうまで、御馳走になりながら、保月のことなど、色々と教えていただきました(喜) ホントウ ニ アリガトウ ゴザイマシタ

20201018-133500-z0_R.JPG
その後、山トモとも出会え(笑)、今日も、無事に??下山完了です。

(おまけ) 帰り道…
20201018-144307-z0_R.JPG
道の駅せせらぎの里こうらの前に

20201018-142538-z0_R.png
広〜い

20201018-142934-z0_R.JPG
コスモス畑が、ありました〜(輝)

DSC_3195_R.JPG
きれい〜(嬉)

※保月集落の町立脇ヶ畑小学校跡に、駐車スペース・公衆便所(汲み取り式)あり。来栖集落からの県道139号線は12月から翌年3月末までは冬季通行止めだが、林道は通行止めにはならないのだそう。保月から林道を進むと、お墓に突き当たるので、そこを左折すると河内風穴方面、右折すると多賀大社方面に通じている。待避所もあり、県道より通行しやすいが、林道なので、道路地図には載っていないのだそう。

posted by SORA at 20:10| 登山

2020年10月11日

第104回 貝月山〜小貝月山〜日の出山 ふれあいの森林周回



昨日は、台風14号が近畿地方に最接近。今日は台風一過になるのか?? てんきとくらす予報では、滋賀も三重も風がきつい(汗) 目指すは…岐阜のお山〜!

20201011-092828-z0_R.jpg
ふれあいの森林入口から、出発します。

20201011-093600-z0_R.JPG
しばらく舗装路を、あがっていくと

20201011-094215-z0_R.jpg
登山口に到着〜!

20201011-094334-z0_R.JPG
「なんで、こんな絵 なんやろ??」って思ったけど…イマナラ ワカリマス(笑)

20201011-094419-z0_R.jpg
急な

20201011-094701-z0_R.jpg
階段が

DSC_2926_R.JPG
永遠と続く

20201011-100014-z0_R.JPG
階段地獄(笑)にくわえ…

DSC_2927_R.JPG
木の枝が

DSC_2928_R.JPG
やたらと 低い(汗)

DSC_2929_R.JPG
私でも思うのだから…背の高い人は、かがんで登らないといけない 地獄道です(笑)

20201011-102011-z0_R.JPG
眺望もないので…

20201011-102435-z0_R.JPG
ただひたすら、無心で(笑) 登ります。

20201011-102714-z0_R.JPG
わっ!これは…くるんじゃない??

20201011-102809-z0_R.JPG
キャ―――!! キタ―――!!

20201011-103027-z0_R.JPG
貝月山山頂に

20201011-103104-z0_R.JPG
到着〜!

20201011-103136-z0_R.JPG
展望台があります〜(輝)

DSC_2934_R.JPG
360°の

20201011-103154-z0_R.JPG
大パノラマです―――!(輝)

20201011-103654-z0_R.jpg
あとでまた 戻ってくるので…小貝月山にむかいます。

20201011-103943-z0_R.jpg
えっ!

20201011-104058-z0_R.jpg
めっちゃええやん〜(輝)

20201011-104543-z0_R.jpg
江美の池に到着〜! ミズタマリ?? イヤ イケ ダ ソウデス(笑)

20201011-104940-z0_R.JPG
オブジェのような木〜(輝) バックは、通ってきた稜線〜。ステキ〜

20201011-105405-z0_R.png
山並みを眺めながらの 稜線歩き

20201011-105549-z0_R.JPG
めっちゃいい〜!

20201011-105941-z0_R.jpg
小貝月山、もうすぐかなっ?

20201011-110113-z0_R.JPG
小貝月山山頂に、到着〜! 眺望はありません。

20201011-110638-z0_R.JPG
貝月山に

20201011-111042-z0_R.jpg
戻ります。

20201011-111650-z0_R.jpg
青空が素敵〜。

20201011-111957-z0_R.JPG
山並みが素敵〜。

20201011-112118-z0_R.jpg
紅葉も素敵―――(輝)

20201011-112434-z0_R.JPG
貝月山山頂は、人でにぎわっています。

DSC_2977_R.jpg
国見岳から虎子山〜!うしろに、伊吹山(第13回)〜!

20201011-133535-z0_R.jpg
琵琶湖〜!

DSC_2978_R.jpg
ブンゲン(射能山)〜。

DSC_2936_R.jpg
中央奥の方に能郷白山〜、右に小津(おづ)権現山〜!

DSC_2937_R.jpg
鍋倉山〜! オンタケサン ヤ チュウオウアルップス ハ…ムズカシイカ…

20201011-132702-z0_R.jpg
この大パノラマの中、お昼ご飯にしま〜す。

DSC_2944_R.JPG
石焼鍋に、白ご飯を入れたら

DSC_2947_R.jpg
お肉、ナムル、キムチをのせ、卵とコチュジャンを投入〜。

DSC_2967_R.jpg
じっくりと、焼きます。そして…隣では焼肉〜(嬉)

20201011-121657-z0_R.png
さあ!上手く混ざるかなぁ。

DSC_2975_R.jpg
上から溶き卵を投入して、混ぜ混ぜ〜。石焼ビビンバの完成〜! う〜ん、美味しい〜!

DSC_2976_R.jpg
うまし、うまし! シアワセ〜!

20201011-133556-z0_R.jpg
景色を堪能しながら

20201011-132900-z0_R.jpg
のんびりと過ごしたら

20201011-142100-z0_R.jpg
下山です。日越峠方面に進みます。

20201011-142158-z0_R.JPG
こっちの道

20201011-142458-z0_R.jpg
眺望もあって、ええやん〜。

20201011-142904-z0_R.jpg
もうすっかり、秋やねぇ〜。

20201011-144729-z0_R.JPG
日越峠に到着〜!

20201011-145934-z0_R.jpg
ぐんぐん くだって行くと

20201011-150328-z0_R.JPG
舗装路に合流〜。

20201011-150559-z0_R.jpg
しばらくは、紅葉が楽しめる時期です(嬉)

20201011-152457-z0_R.JPG
わぁ〜! きれい〜(輝)

DSC_2996_R.JPG
癒される〜。

20201011-152738-z0_R.jpg
ススキの間を通って…今日も無事に下山完了と言うところですが…
近くに、もう1つお山があります。セッカク ダカラ…行ってみたい(笑)

20201011-154630-z0_R.jpg
ザックは、車に置いていきます。

20201011-155204-z0_R.jpg
品又峠に到着〜!

20201011-155302-z0_R.JPG
ここから、日の出山を、目指します。チャント マーク ガ アリマス がぁ…

20201011-155329-z0_R.JPG
こんな道です(笑)

20201011-155417-z0_R.JPG
くぐり抜けると…

20201011-155508-z0_R.JPG
えっ(驚)! 何ここ―――??

20201011-155650-z0_R.jpg
グランスノー奥伊吹(旧奥伊吹スキー場)に、出てきました〜!

20201011-155736-z0_R.jpg
ヤバイヤバイ! 何この景色―――!

20201011-155833-z0_R.JPG
斜面を登っていくと…

20201011-160022-z0_R.jpg
絶景―――!(輝)

20201011-160218-z0_R.JPG
藪を漕ぎ漕ぎ(笑)

20201011-160356-z0_R.png
展望台〜、日の出山山頂に、到着〜!

20201011-160545-z0_R.JPG
目の前に

20201011-160925-z0_R.jpg
とんでもなく素晴らしい景色が、広がります。

20201011-160732-z0_R.JPG
のぼるな危険 とは書いてないけど…すごい道です(笑)

DSC_3003_R.JPG
秋ですねぇ〜(輝)

20201011-161609-z0_R.JPG
この穴から

20201011-161619-z0_R.JPG
帰ります(笑) 
今日も無事に下山完了です。

※トイレは、近くの『道の駅夜叉ヶ池の里さとうち』を利用。

posted by SORA at 20:10| 登山

2020年10月04日

第103回 鎌倉山〜峰床山〜八丁平 葛川市民センター周回



今日は、天気がよくない模様。なので…それほど、眺望を期待しないお山(笑)に、行ってきます。

20201004-071212-z0_R.JPG
ここから、お山に入っていきます。

20201004-071644-z0_R.JPG
はじめから…恐ろしく急な階段(汗)  登りきると…

20201004-071853-z0_R.JPG
城の鼻に到着〜!

20201004-073555-z0_R.JPG
林道を横切って

20201004-073708-z0_R.JPG
モミジ平に到着〜!

20201004-074937-z0_R.png
コレ ト イッタ ミドコロ ガ ナイノデ…倒木と戯れながら(笑) 進みます。

20201004-075315-z0_R.JPG
ぶな平に到着〜!

20201004-083047-z0_R.JPG
わっ!なにここ〜。チョット タノシイ(笑)

20201004-083426-z0_R.JPG
鎌倉山山頂に

20201004-083539-z0_R.JPG
到着〜!

20201004-084952-z0_R.JPG
今日の道は、こういう楽しみしかない(笑)

20201004-085148-z0_R.JPG
八丁平方面にむかって

20201004-085324-z0_R.JPG
激くだっていきます(汗)

20201004-090151-z0_R.jpg
千年杉〜! メッチャ オッキイ〜(輝)

20201004-090829-z0_R.JPG
まだまだ、くだります(汗)

20201004-092838-z0_R.jpg
わっ!やっと見えた眺望〜(笑)

20201004-094513-z0_R.JPG
自分で

20201004-094830-z0_R.JPG
楽しみを見つけないと

20201004-094948-z0_R.jpg
永遠と

20201004-095357-z0_R.JPG
単調な道が続きます(笑)

20201004-095621-z0_R.JPG
峰床山にむかいます。

20201004-100626-z0_R.JPG
アップ

20201004-101331-z0_R.JPG
ダウンを繰り返して

20201004-101935-z0_R.png
進んでいきます(汗) サテ ワタシハ ドコデショウ(笑)

20201004-102126-z0_R.jpg
2回目の眺望〜(笑) エエヤン〜

20201004-102554-z0_R.jpg
わっ!見えてきました〜(嬉)

20201004-102727-z0_R.JPG
峰床山山頂に

20201004-102823-z1_R.JPG
到着〜!

20201004-102856-z0_R.jpg
えっ!ここ、めっちゃいいとこやん〜(輝)

DSC_2923_R.jpg
目の前に

20201004-103017-z0_R.jpg
大パノラマが

DSC_2921_R.jpg
広がります―――!(輝)

DSC_2980_R.JPG
水墨画みたい〜! この絶景を眺めながら、お昼ご飯にします。

DSC_2935_R.jpg
千切りキャベツにヒレカツをのせて、ソースをかけたら

DSC_2937_R.jpg
追いキャベツ〜。

DSC_2943_R.JPG
じっくりと焼きます。できたかなぁ〜。

DSC_2949_R.jpg
できた〜! ソースカツホットサンドの完成〜! そして…

DSC_2933_R.jpg
ベーコンを焼いたら

DSC_2942_R.jpg
トマトとクリームチーズをのせて、塩コショウとオリーブオイルをかけます。じっくりと焼いたら

DSC_2954_R.jpg
ベーコントマトクリームチーズホットサンドの完成〜! う〜ん、美味しい〜。

DSC_2960_R.jpg
千切りキャベツの上にコロッケをのせて、ソースをかけたら

DSC_2962_R.jpg
とろけるチーズをON〜。じっくりと焼いたら

DSC_2969_R.jpg
コロッケチーズホットサンドの完成〜! そして、仕上げは…

DSC_2972_R.jpg
バナナの上に、クリームチーズとチョコレートをのせて、じっくりと焼きます。

DSC_2979_R.jpg
クリームチーズチョコバナナホットサンドの完成〜! もう、幸せ過ぎ〜。

20201004-112537-z0_R.JPG
山ごはん、最高―――! タベスギ デス(汗)

20201004-133039-z0_R.JPG
たっぷりと休憩したら、下山です。キヅイタラ…サンチョウ ニ 3ジカン モ イマシタ(笑)

20201004-133744-z0_R.jpg
展望台に到着〜!

20201004-134043-z0_R.JPG
八丁平にむかいます。

20201004-134209-z0_R.JPG
わっ!なにこの植物〜。

20201004-134236-z0_R.jpg
別世界に、迷い込んだみたい〜。

20201004-135100-z0_R.JPG
水が出てきました〜。

20201004-135519-z0_R.png
湿原にきましたよ〜。

20201004-140437-z0_R.JPG
ここから、八丁平に入っていきます。

20201004-140522-z0_R.JPG
八丁平は、3万年前の最終氷期から形成されてきた高層湿原で

20201004-140609-z0_R.JPG
琵琶湖に注ぐ安曇川の支流、江賀谷川の水源にあたるのだそう。

20201004-140549-z0_R.JPG
八丁平を覆うオオミズゴケ〜。

20201004-140703-z0_R.JPG
90haあまりの盆地状の谷間に広がる平坦な湿原で

20201004-140810-z0_R.JPG
周囲がおよそ八丁(870m)であることから、その名がついたらしい。ナルホド〜

20201004-142051-z0_R.JPG
中村方面に進みます。

20201004-143343-z0_R.png
現在はやや乾燥化が進み、湿原としては最終期に入っているのだとか。

20201004-143608-z0_R.JPG
峰床山・久多方面から

20201004-144759-z0_R.JPG
中村方面に進みます。

20201004-145350-z0_R.JPG
中村乗越(のっこし)に到着〜!

20201004-145533-z0_R.JPG
こちらも…単調な道です(笑)

20201004-150723-z0_R.JPG
激くだり〜!(汗)

20201004-151152-z0_R.JPG
水の音が、聞こえてきました〜(喜)

20201004-151221-z0_R.JPG
わっ! なにこの木〜(笑) スゴ〜イ

DSC_2982_R.JPG
キャ―――!

20201004-151409-z0_R.png
ここ、めっちゃいいやん〜(輝)

20201004-151902-z0_R.JPG
ヤバイヤバイ、のんびり遊んでいると…日が暮れます(汗)

20201004-153018-z0_R.JPG
こういう、幅の細い道を、何度か通ります。

20201004-153917-z0.JPG
渡渉を繰り返し

20201004-154916-z0_R.png
江賀谷林道に、合流します。

DSC_2988_R.JPG
水はいいね〜(癒)

20201004-161429-z0_R.JPG
葛川少年自然の家方面に進んでいくと

20201004-165311-z0_R.JPG
曙橋に到着〜! 今日も無事に下山完了です。

※葛川市民センター駐車場を利用。道路を渡ったところにトイレあり。

posted by SORA at 20:10| 登山

2020年10月03日

第102回 宇佐山



宇佐山城三の丸跡(宇佐山テラス)を、さらに進んでいくと…北曲輪(くるわ)跡があるらしい(輝)
ちょっと、確かめに行ってきま〜す!(宇佐山の詳細は第85回をご覧ください)

DSC_2921_R.JPG
ここに来るのは、4回目(第85,88,99回)。

DSC_2923_R.JPG
前回より、さらに

DSC_2924_R.JPG
案内が 増えています(笑)

DSC_2928_R.jpg
宇佐山城跡〜!

DSC_2930_R.JPG
今日は、三の丸にむかいます。

DSC_2933_R.jpg
宇佐山テラスに到着〜! チョット カスンデ イマス

DSC_2931_R.JPG
北曲輪方面に進むのは、初めてです。ドキドキ

DSC_2935_R.JPG
かなり

DSC_2936_R.JPG
くだっていきます(汗)

DSC_2938_R.JPG
わっ! これって…遺構??

DSC_2940_R.JPG
なにやら、石がゴロゴロと、でてきます。

DSC_2943_R.JPG
このまま尾根道が続いているのかと思いきや…

DSC_2945_R.JPG
道なき道のようです(汗) ココ デ ヒキカエス コト ニ シマス

DSC_2951_R.JPG
三の丸跡〜!

DSC_2952_R.jpg
朝日がいい感じに、あがってきました〜(嬉) キレイ〜

DSC_2953_R.JPG
本丸跡、宇佐山山頂に

DSC_2954_R.JPG
到着〜!

DSC_2957_R.JPG
二の丸跡〜!

DSC_3011_R.JPG
貯水槽跡??

DSC_2961_R.JPG
南尾根を進んでいきます。ワクワク

DSC_2962_R.jpg
わっ!

DSC_2964_R.jpg
きたっ

DSC_2965_R.jpg
きたっ

DSC_2966_R.jpg
きた―――!! ココハ ヒミツ ニ シテ オキタイ カクレ スポット デス〜(笑)

DSC_2969_R.JPG
今日は、もう少し先まで、行ってみます。

DSC_2970_R.JPG
けっこう、くだっていきます(汗)

DSC_2972_R.JPG
わっ!石垣??

DSC_2973_R.JPG
この辺にも、なにか建っていたのかなぁ…。

DSC_2974_R.JPG
とりあえず、行けるところまで行ってみよう!

DSC_2975_R.JPG
ここで、マークが見当たらなくなったので…引き返します。

DSC_2980_R.jpg
わっ!あの奥にも、なにか建ってたのかなぁ。

DSC_2984_R.jpg
隠れスポットまで(笑) 戻ってきました〜!

DSC_2968_R.jpg
では…この景色を

DSC_3009_R.jpg
眺めながら

DSC_2991_R.JPG
朝Cafeにしま〜す!

DSC_2995_R.jpg
ジャンボ肉まんに、少量の水を投入したら

DSC_2996_R.JPG
じっくりと、蒸し焼きにします。ひっくり返してぇ〜

DSC_2997_R.JPG
わぁ〜、いい感じ〜。デキタカナア

DSC_3002_R.jpg
ジャンボ 焼き 肉まん、完成〜!

DSC_3004_R.jpg
外はサクサクッ、中はホクホクッ! う〜ん、美味しい〜!

DSC_3019_R.jpg
宇佐山テラスから、もう一度、琵琶湖を満喫したら

DSC_3020_R.JPG
今日も無事に下山完了です!

posted by SORA at 20:10| 登山

2020年09月26日

第101回 吉田山 北参道鳥居3周

マラソンをしている職場の人が、吉田山にトレーニングに行ったら、めちゃくちゃしんどかったらしい。前回行った時(第74回)、そんなにしんどい思いをした記憶がないと言うと、ぜひ、もう一度行って来てほしいと(了)
というわけで…今日は、走りに行ってきま〜す!(吉田山の詳細は第74回をご覧ください)

DSC_3049.JPG
吉田神社 北参道からスタートです。

DSC_3053.jpg
山頂休憩所広場からのぉ

DSC_3054.jpg
大文字山(如意ヶ嶽西峰第29回)〜!

DSC_3056.jpg
東の休憩広場からのぉ

DSC_3055.jpg
大文字山〜!

DSC_3059.jpg
THE 京都って感じ〜(輝)

DSC_3062.jpg
前回は、緊急事態宣言が出ていて休業中だった

DSC_3063.jpg
人気カフェ 茂庵(もあん)〜!

DSC_3050.JPG
吉田山山頂に到着〜!

DSC_3051.jpg
あちこちのルートを巡りながら、3周して帰ります〜。
ハジメ ノ コウバイ ハ イッキニ アガル ノデ カラダ ヲ ナラシテ カラ デナイト ソリャ キツイ ワ(笑) 3シュウメ デ ヤット イイカンジ

posted by SORA at 20:09| 登山

2020年09月21日

第100回 極楽平〜宝剣岳〜中岳〜木曽駒ケ岳〜伊那前岳



このブログも、プロローグを除き、100回目を迎えました〜! パチパチ〜
記念すべき100回目のお山は……中央アルプスです!

DSC_2921.JPG
4時半に開く、菅の台きっぷ売場は、長蛇の列(汗)

DSC_2922.JPG
運よく、始発のバス&ロープウェイに乗ることができました〜(嬉) しらび平駅の時計は…5:36ですね!

20200921-060244-z0_R.jpg
千畳敷駅をおりると…そこは千畳敷カール〜(輝)
2万年前、氷河期の氷で削りとられたお椀型地形です。

20200921-060420-z0_R.JPG
信州駒ヶ岳神社で、山行きの無事をお参りしたら

20200921-060430-z0_R.jpg
極楽平にむかいます。

20200921-060530-z0_R.jpg
キャ―――!富士山―――!!

20200921-062527-z0_R.jpg
整備された道を、グングン登っていきます。

20200921-063222-z0_R.jpg
極楽平に到着〜!

DSC_2934.jpg
朝焼けに輝く御嶽山〜(美)

20200921-063358-z0_R.jpg
そして、富士山〜。序盤から、なんて素晴らしい景色なんでしょう(幸)

20200921-064248-z0_R.jpg
ヘルメットを装着し、宝剣岳にむかいます。

DSC_2945.JPG
御嶽山、すご過ぎ〜!もうこの景色見られただけで、大満足〜(笑)

20200921-065620-z0_R.jpg
わくわくドキドキ、宝剣岳〜! サア 私は ドコ デショウ

20200921-065824-z0_R.jpg
鎖場、キタ―――!!

20200921-070019-z0_R.JPG
高度感半端ない〜!! さすがにここは…怖い!

20200921-070958-z0_R.jpg
ステップに鎖、超楽しい〜!

20200921-071222-z0_R.JPG
垂直下降ですが…足場はしっかりとあるので、慎重におりれば問題ありません。

20200921-071652-z0_R.jpg
まだまだ続きますよ〜(楽)

20200921-072125-z0_R.jpg
手を使って登るお山…やっぱり好き(笑)

20200921-072308-z0_R.jpg
なにこの岩〜(驚)

20200921-072445-z0_R.jpg
グングン登っていきます。

20200921-072851-z0_R.jpg
ここ!来たかったところ〜(嬉)

20200921-073137-z0_R.jpg
トロルの舌〜! 本家は…ノルウェイにあるらしい(笑) コノ コウドカン! タマリマセン

20200921-073139-z0_R.jpg
ここからも…富士山〜(輝)

20200921-073256-z0_R.jpg
ヤバイ、ここ〜。ステキスギル

20200921-074520-z0_R.png
宝剣岳山頂に、到着〜! 御嶽山も、光輝いています(輝)

20200921-075211-z0_R.jpg
宝剣岳山頂から見る

20200921-074720-z0_R.JPG
千畳敷カール〜!

20200921-080050-z0_R.jpg
今度は…横バイです。

20200921-080605-z0_R.jpg
慎重にくだっていきます。

20200921-081448-z0_R.JPG
あとで行く、伊那前岳方面〜。

20200921-081527-z0_R.JPG
宝剣山荘・天狗荘を通り過ぎ

20200921-082642-z0_R.JPG
中岳にむかいます。

20200921-083430-z0_R.JPG
今日は何回「キレイ〜!」って言っただろう(笑)

20200921-083533-z0_R.JPG
中岳山頂に

20200921-083855-z0_R.JPG
到着〜!

20200921-084542-z0_R.JPG
くだっていくと、駒ヶ岳が見えてきました〜(喜)

20200921-085405-z0_R.JPG
いよいよ、駒ヶ岳に登ります!

DSC_2966.JPG
ここは日本ですよね?? ステキ〜

20200921-091248-z0_R.JPG
駒ヶ岳

20200921-091806-z0_R.png
山頂に

20200921-091042-z0_R.JPG
到着〜!

20200921-091423-z0_R.JPG
木曽駒ヶ嶽神社 奥社に、お参り。

DSC_3008.JPG
歩いてきた道〜。

20200921-120514-z0_R.jpg
さあ、私はどこでしょう?(笑)

DSC_3009.JPG
この絶景を眺めながら、お昼ごはんにします。

DSC_2974.JPG
牛乳パックで作った丸型に、バターを塗ったら、卵を落として、目玉焼き〜。チョット ハミデタ(汗)

DSC_2984.JPG
手作りパテを焼いたら、上からチェダーチーズをのせて、さらに焼きます。

DSC_2999.jpg
オリーブオイルを熱したら、ポテトを揚げ焼きにします。アブラ ガ ハネルノデ フタノデキル ホットサンドメーカー ガ チョウドイイ

DSC_2996.jpg
手作りハンバーガーの完成〜! デカッ(笑)

DSC_2980.jpg
そして、サラダ〜。

DSC_3004.jpg
ボリューム満点〜!

20200921-102633-z0_R.png
う〜ん、美味しい〜!

20200921-121904-z0_R.jpg
散策したり、お茶したり…ゆったりのんびり、至福の時間〜(幸)

20200921-125152-z0_R.jpg
十分に満喫したら…

20200921-130603-z0_R.JPG
中岳巻道にむかいます。ナンショアリッテ カイテ アルケド…(汗)

20200921-130938-z0_R.JPG
この道からの景色

20200921-131037-z0_R.jpg
最高――!

20200921-132017-z0_R.jpg
進んでも進んでも

DSC_3020.jpg
素晴らしい景色が、広がります(嬉)

20200921-132235-z0_R.JPG
岩登りもあり

20200921-132425-z0_R.jpg
なにげに、こっちの道の方が楽しい〜(笑)

DSC_3024.jpg
伊那前岳方面〜。

20200921-134309-z0_R.JPG
乗越(のっこし)浄土に到着〜!

20200921-134401-z0_R.jpg
ここに、ザックをデポして、伊那前岳にむかいます。

DSC_3033.jpg
見たかった、この稜線〜(喜)

20200921-140414-z0_R.jpg
勒銘石(ろくめいせき)と副碑が、見えてきました〜。
1784(天明4)年7月25日、駒ヶ岳検分のために登山した高遠藩(たかとうはん)郡代(ぐんだい)阪本天山が、詠んだ詩を、門人岡村忠彝(ただつね)に篆書させ、石工に彫らせたものなのだとか。

20200921-141240-z0_R.jpg
伊那前岳山頂に到着〜!

20200921-141711-z0_R.jpg
伊那前岳からの千畳敷カール〜(美)

DSC_3035.JPG
まだまだ道は続いているようです。

20200921-143128-z0_R.jpg
宝剣岳を眺めながら、戻ります。

20200921-144358-z0_R.JPG
乗越浄土から、千畳敷駅に下山です。

20200921-144436-z0_R.jpg
高度感がいいね〜。

20200921-145247-z0_R.jpg
人人人です(笑)

DSC_3041.JPG
くだりのロープウェイは、整理券が発行されています。今年1番の混雑と言われていましたが…2時間半待ち(汗)

DSC_3042.jpg
待ち時間が、たっぷりとあるので(笑)…剣ヶ池に、むかいます。

20200921-153919-z0_R.jpg
剣ヶ池に到着〜!

20200921-153837-z0_R.jpg
水が…ありません(泣)

20200921-154056-z0_R.jpg
圧巻の

20200921-154257-z0_R.JPG
千畳敷カール〜!

DSC_3047.JPG
30分、前倒しになりました(嬉)

20200921-172321-z0_R.JPG
日本一標高の高い場所にある駅、千畳敷駅をあとにして、今日も無事に下山完了です。

※菅の台バスセンターでは、チケット購入の列と、バス乗車の列は別。両方で順番待ちが必要。荷物を置いての場所取り可。菅の台バスセンター駐車場、千畳敷駅に無料トイレあり。山荘トイレは使用料200円。

posted by SORA at 20:09| 登山

2020年09月12日

第99回 宇佐山



朝晩、随分涼しくなってきました。
今日は昼から予定があるので、気軽に登れる、お気に入りのお山に決定〜。

DSC_3023.JPG
ここに来るのは3回目(第85,88回)。

DSC_3022.jpg
新たに、案内が設置されていました〜(輝)

DSC_3026.JPG
私が、三の丸テラスと呼んでいた場所は…“宇佐山テラス”になったらしい(笑) アタラシイ ヒョウシキ ガ タチマシタ

DSC_3027.jpg
あちこちに

DSC_3028.JPG
案内が、増えています〜!

DSC_3029.JPG
わっ!

DSC_3030.JPG
こういうの…欲しかった〜(輝) メッチャ エエヤン〜

DSC_3031.JPG
宇佐山城跡に到着〜!(詳細は第85回をご覧ください(笑))

DSC_3033.JPG
本丸跡にむかいます。

DSC_3034.JPG
本丸跡、宇佐山山頂に到着〜!

DSC_3035.JPG
二の丸跡にむかいます。

DSC_3036.JPG
食い違い虎口に、櫓(やぐら)跡〜!

DSC_3037.JPG
貯水地跡に、二の丸跡〜!

DSC_3040.JPG
今日は、二の丸跡の奥に

DSC_3041.JPG
進んでみます。ドキドキ

DSC_3045.JPG
森可成(よしなり)や明智光秀、織田信長も

DSC_3047.JPG
ここを通ったかもしれないと思うと

DSC_3048.JPG
ワクワクが、止まりません(笑)

DSC_3052.JPG
わっ!ひらけた〜(輝)

DSC_3053.jpg
えっ!なにここ〜!

DSC_3056.jpg
えっ、えっ、えっ、えっ!

DSC_3063.JPG
キャ―――!琵琶湖〜! メッチャ キラキラ〜

DSC_3066.jpg
ええとこやん〜!

DSC_3069.jpg
三上山(第10回)、ドドーン!

DSC_3088.JPG
二の丸跡の奥に、こんないい場所があったなんて…(嬉) シラナカッタ

DSC_3072.JPG
宇佐山テラスで朝Cafeしようと思ってたけれど…ここに変更〜!

DSC_3077.JPG
食パンに、トマトケチャップをたっぷりと塗ったら

DSC_3079.JPG
とろけるチーズをのせます。

DSC_3082.JPG
あとは、じっくりと焼くだけ〜。

DSC_3083.jpg
ピザ風チーズトーストの完成〜! う〜ん、美味しい〜!

DSC_3091.jpg
この木がなければ…琵琶湖をドドーンと見渡せて、超 絶景やのになぁ…。

DSC_3095.jpg
のんびりと、この空気感を楽しんだら、三の丸跡にむかいます。

DSC_3099.JPG
えっ!こんなに急な坂やったっけ??(汗)

DSC_3101.JPG
ここにも新たな案内が

DSC_3102.JPG
いっぱい〜(嬉) 三の丸跡、宇佐山テラスに到着〜!

DSC_3103.JPG
フムフム…織田信長は、ここからの風景を見ながら、坂本城・安土城の築城構想を練ったらしい。

DSC_3108.jpg
あぁ〜、やっぱりここからの景色

DSC_3109.jpg
好き〜(好)

DSC_3114.JPG
今日も無事に下山完了です。

posted by SORA at 20:09| 登山

2020年09月05日

第98回 瓢箪崩山 飛騨ノ池周回



今日は、朝と夕に、短時間ずつの用事があるという中途半端な日(汗) じっとしているのはもったいないし…合間に登れるお山、ないかなぁ…。

DSC_3018.jpg
飛騨ノ池から、まずは花園町登山口にむかいます。

DSC_3023.JPG
ここから、山に入ります。

DSC_3026.jpg
トトギ池〜。立入禁止です。

DSC_3027.JPG
登山口に到着〜!

DSC_3029.JPG
いきなり

DSC_3030.JPG
急な坂道がはじまり…そして

DSC_3031.JPG
続きます(汗)

DSC_3032.jpg
やっと、平坦な道に出た〜(嬉)

DSC_3033.jpg
飛騨ノ池方面への分岐&

DSC_3035.JPG
2番標識に到着〜。

DSC_3036.jpg
ここからは

DSC_3037.jpg
楽チン

DSC_3038.jpg
尾根道歩きです〜。

DSC_3040.JPG
3番標識に到着〜!

DSC_3041.jpg
引き続き…楽チンな道〜(笑)

DSC_3045.JPG
八瀬分岐&

DSC_3044.JPG
4番標識に到着〜!

DSC_3050.JPG
2番までの急登は、なんだったのかと思うくらい

DSC_3051.JPG
楽チンな道が、続きます。

DSC_3053.JPG
わぁ〜。

DSC_3055.JPG
ここから

DSC_3056.JPG
いっきに、登っていきます。

DSC_3060.JPG
あまりにも楽チンな道が続いたので…ちょっと嬉しい(笑)

DSC_3061.jpg
あっ、見えた〜(喜)

DSC_3064.jpg
瓢箪崩山(ひょうたんくずれやま)

DSC_3066.jpg
山頂に

DSC_3065.JPG
到着〜!

DSC_3068.jpg
比叡山(第66回)に、八瀬集落〜!左が大比叡、右が四明岳〜(輝)

DSC_3075.JPG
ガーデンミュージアム比叡の建物まで、はっきりと見えます〜。

DSC_3072.jpg
大原から比良山系〜。

DSC_3076.JPG
この絶景を眺めながら、お昼ごはんにします。

DSC_3080.jpg
ごはんの上に、刺身たらこと刻みネギをのせて

DSC_3084.jpg
お茶漬け海苔を投入したら

DSC_3091.jpg
キンキン冷え冷え 氷水を、かけます〜。

DSC_3094.jpg
プチプチ 刺身たらこの冷やし茶漬け、完成〜! う〜ん、美味しい〜。

DSC_3101.jpg
お楽しみは…定番になった(笑) 冷凍ミカン〜。 ココハ…風が通って、涼しい〜(快)
のんびりと休憩したら…

DSC_3103.JPG
寒谷(さむたに)峠にむかいます。

DSC_3108.JPG
さっきまでの道が初心者用なら、こっちは中級者用って感じです。

DSC_3109.jpg
わっ!岩がでてきました〜。ここを、くだります(輝)

DSC_3110.jpg
ハート 見っけっ! イイコトアルカナ〜(笑)

DSC_3111.JPG
寒谷峠に

DSC_3114.JPG
到着〜!

DSC_3118.JPG
ここは、岩倉長谷(ながたに)町と大原井出町を結ぶ峠。

DSC_3117.JPG
岩倉長谷町へ、くだります。

DSC_3119.jpg
京都市内〜。

DSC_3120.JPG
ぐんぐん、くだっていくと

DSC_3124.JPG
沢沿いの道に、出ました〜。

DSC_3128.JPG
わぁ〜、きれい〜(輝)

DSC_3129.jpg
ヤバイ!入りたい〜! ヨクボウガぁ…

DSC_3131.JPG
入ります(笑) キャ―!冷たくて気持ちいい〜(快)

DSC_3133.jpg
遡上〜(笑) 水はいいね〜(癒)

DSC_3139.jpg
想定外の水遊びで、超楽しい〜!

DSC_3143.JPG
聖護院門跡長谷廟所(びょうしょ)に到着〜!
かつて、聖護院が移され、その後、聖護院門跡別荘が営まれていたのだとか。

DSC_3146.JPG
今日も無事に下山完了です。

※飛騨ノ池の駐車場を利用。以降の道は砂利道だが、随分先まで車で来られている方もおられた。

posted by SORA at 20:09| 登山

2020年08月29日

第97回 愛宕山〜書物岩〜小倉山 表参道〜月輪寺道〜東海自然歩道周回



千日詣の際、行きそびれた空也の滝(第89回)。心残りなので行ってきます(笑)

DSC_2923.jpg
ここは、有名な心霊スポット(怖) 学生時代、知らずによくここまで来て遊んでいて…親に叱られた(笑) レイカン ナイッテ コト ヤンネ 青信号だと、霊から招かれている?? ラシイ(怖) もやっている鳴滝トンネルはやっぱり怖いので…

DSC_2924.JPG
試(こころみ)峠から行きます。この峠は、愛宕山に登れるかどうかを試す峠らしい(汗)

DSC_2925.JPG
真下を向いたカーブミラー。自分の姿が映らないと死期が近い?? トカ ナントカ(怖)

DSC_2926.jpg
うわぁ〜、きれい〜。

DSC_2932.JPG
表参道 二の鳥居から、愛宕神社(第76,89回)を目指します。

DSC_2937.jpg
わぁ〜(輝)

DSC_2939.jpg
今日は天気がいい分、早朝でも暑い(汗) シカモ…無風(暑)

DSC_2943.JPG
この辺りから、心地よい空気に変わってきます。

DSC_2945.JPG
水尾わかれ休憩所で21℃(輝) 身体が楽です。

DSC_2946.jpg
亀岡市内〜。

DSC_2949.JPG
この幻想的な空気感…たまりません。

DSC_2951.jpg
愛宕神社(愛宕山山頂)に到着〜! 三角点(第76回)にはよらず…

DSC_2952.JPG
空也の滝を目指して

DSC_2953.jpg
月輪寺(つきのわでら)道に、進みます。

DSC_2955.jpg
とても歩きやすい道が

DSC_2958.jpg
続きます。

DSC_2965.JPG
鎌倉山 月輪寺に、到着〜。

DSC_2964.JPG
704(大宝4)年、泰澄(たいちょう)大師が開山し、781(天応元)年、慶俊(けいしゅん)僧都が中興したお寺。

DSC_2963.jpg
1207(建永2)年、後鳥羽上皇によって、法然上人(当時75歳)・親鸞聖人(当時35歳)が流罪にされた際、公卿(くぎょう) 九条兼実(かねざね)との別れ形見として、親鸞聖人がお手植えされたという時雨(しぐれ)桜。

DSC_2966.JPG
明智光秀が、愛宕山に詣で参籠した際(第80回)に、ひいたといわれる おみくじ(輝)

DSC_2968.jpg
なんか、サラッと書いてるけど…すごい歴史。

DSC_2970.jpg
赤ちゃんを抱いている樹齢1000年以上の子宝紅葉〜。

DSC_2979.jpg
「つらくとも こらえて登れ 皆の衆 大師 聖人に会うと思え」 ナルホド〜

DSC_2981.jpg
空也の滝方面に、進みます。ワクワク

DSC_2982.JPG
シダの道〜。

DSC_2988.JPG
月輪寺参詣道入口から

DSC_2989.JPG
まっすぐに

DSC_2991.JPG
空也の滝を目指します。

DSC_2992.jpg
えっ、ここ、めっちゃええやん〜(癒)

DSC_2995.jpg
空也の滝っていう、大きな滝があるだけやと思ってたけど(汗)

DSC_2997.jpg
こんなに素敵な癒しの道を、あがっていくなんて(喜)

DSC_2999.jpg
たまりません〜。

DSC_3000.JPG
八大龍王の鳥居をくぐり、進んでいくと

DSC_3002.jpg
空也の滝に到着〜!空也上人(903頃〜972年)が修行したといわれる、落差15mの滝。

DSC_3007.JPG
役行者と前鬼(ぜんき) 後鬼(ごき)が見守っています。ミョウ ニ シタシミ ブカイ ノハ カオ ガ オオキイ カラ??(笑)

DSC_3010.JPG
近くに行くと、水しぶきが、降り注いできます。 アリガタヤ〜

DSC_3013.jpg
月輪寺参詣道入口まで戻ると、舗装された林道を、ひたすらくだります。

DSC_3017.JPG
大杉谷道(第89回)と合流〜。

DSC_3020.JPG
落合方面にむかいます。

DSC_3021.JPG
渡猿橋(とえんきょう)を渡り

DSC_3024.JPG
清滝川沿いの道へ、進みます。

DSC_3028.JPG
対岸に渡ったら

DSC_3033.jpg
河原におります(嬉) うわぁ〜!めっちゃきれい〜(輝)

DSC_3034.jpg
キャ―――!気持ちいい〜(冷)

DSC_3038.jpg
幸せ〜。ジカン ワスレル〜

DSC_3041.jpg
ホテリ ガ トレタラ…再出発です。

DSC_3048.jpg
あぁ〜、めっちゃいいところ〜。心が、スーッと洗われます。

DSC_3045.jpg
ロープがでてきました〜。

DSC_3052.jpg
天然ブランコ?? チョット タカスギル ナア…(笑)

DSC_3055.JPG
橋に進むと

DSC_3057.jpg
滝です〜。勢いのある水の流れは もちろん好きだけど…

DSC_3058.jpg
こんな風に、静かで穏やかな水の流れも、好き。

DSC_3061.jpg
半端ない透明度(輝)

DSC_3063.jpg
あぁ〜、ここも落ち着く〜。

DSC_3069.JPG
落合橋に到着〜! 奥のトンネルを抜けると

DSC_3075.jpg
キャ―――!保津川下り(第80回)〜。保津峡とは、亀岡市から嵐山に至る保津川(桂川)の渓谷で、保津川下りは、保津峡を観光する約16qの舟下りです

DSC_3071.JPG
トンネル横の道を進むと

DSC_3082.JPG
展望広場に到着〜!

DSC_3083.JPG
目の前に…書物岩、ドドーン!

DSC_3089.jpg
書物が横積みにされたようなチャート層は、古赤道海域のプランクトンの遺骸が、5万年に5cmのペースで堆積したのち、大陸の地殻変動によってこの地に移動し、隆起したものなのだとか。スゴーイ

DSC_3094.jpg
ここは、鳴滝川と

DSC_3095.jpg
保津川が合流し

DSC_3103.jpg
桂川として流れていく場所。

DSC_3085.jpg
この絶景を眺めながら、お昼ごはんにします。

DSC_3111.jpg
ごはんの上に、筍の土佐煮と刻みネギをのせて

DSC_3117.jpg
お茶漬け海苔を投入したら

DSC_3121.jpg
上から、キンキン冷え冷え 氷水を、かけます〜。

DSC_3129.jpg
鰹だしのきいた 筍の土佐煮冷やし茶漬けが、完成〜! う〜ん、めっちゃ美味しい〜! コレ ハ ゼンカイ ヲ コエタ(笑)

DSC_3134.jpg
お楽しみは…いつもの(笑)冷凍ミカン〜。マチガイナイ ヤツ

DSC_3136.JPG
落合橋を戻って、芭蕉の句碑の道を進みます。

DSC_3138.JPG
振り返って…落合橋を下から〜。

DSC_3140.jpg
お店までの道のようですが、閉店?? 行き止まり。でも景色は最高〜! 左が書物岩、右がさっきまでいた場所〜。そして…保津側下り〜。

DSC_3142.jpg
六丁峠までは…地獄の舗装路のぼりです。アスファルトが焼けて…暑い(汗)

DSC_3146.jpg
六丁峠に到着〜! 京都一周トレイルの破線の道を、進みます。

DSC_3147.jpg
うわぁ〜(輝) 保津峡、ここで見納めかなぁ。

DSC_3148.JPG
えっ!ロープいっぱい。

DSC_3149.JPG
結構はげしい道やね。 キライ ジャ ナイヨ(笑)

DSC_3151.JPG
嵐山-高尾パークウェイの真横を進んできました。

DSC_3152.JPG
小倉山を目指します。

DSC_3154.JPG
鎌倉時代の歌人 藤原定家は、小倉山の山荘で、小倉百人一首をまとめたのだそう。

DSC_3155.JPG
ここを、あがっていくと

DSC_3158.JPG
小倉山山頂に

DSC_3159.JPG
到着〜!

DSC_3157.JPG
眺望はありません。

DSC_3162.JPG
一旦もどり、道なりに歩いて行くと、左手に広場がでてきました〜。
小倉山は双耳峰で、ここは南東の第二峰らしい。

DSC_3164.jpg
キャ―――!(輝)

DSC_3165.jpg
比叡山系に、広沢池(ひろさわのいけ)、ドドーン!

DSC_3166.jpg
大文字山に、京都市内、ドドーン!

DSC_3172.JPG
一旦戻って…舗装路のカーブ脇のここから、右の登山道に入ります。ワカリニクイ(汗)

DSC_3174.jpg
うわぁ〜(嬉)

DSC_3175.JPG
ぐんぐん

DSC_3178.JPG
進んでいきます。

DSC_3179.JPG
わっ、なんやろ??

DSC_3182.JPG
キャ―――!

DSC_3186.JPG
渡月橋、ドドーン! マダマダ ヒト ハ スクナイ デス

DSC_3189.jpg
左手にのぼっていくと…こちらも素敵〜。旧嵯峨御所 大本山大覚寺の大沢池(おおさわのいけ)に、広沢池〜。そして、比叡山から大文字山〜。

DSC_3193.JPG
フェンスに沿って、くだっていくと

DSC_3195.JPG
わぁ〜(輝) ゼイタク〜。

DSC_3198.JPG
小倉山登山口に到着〜! 道なりに、くだっていくと

DSC_3210.JPG
御髪(みかみ)神社に到着〜!

DSC_3206.JPG
“髪は造化の神より賜った美しい自然の冠”なのだそう。ソノ ヒョウゲン ガ ウツクシ スギル

DSC_3207.JPG
むかいには、小倉池〜。

DSC_3204.JPG
蓮根は、髪によい食材のようですが、この看板はそういう意味なのでしょうか?

DSC_3213.JPG
フムフム。

DSC_3215.JPG
すごい数の蓮です〜。

DSC_3217.JPG
なんだか、京都嵯峨野観光みたいになってきました(笑) タベモノ ノ ユウワク ニ マケズ…アルキマス

DSC_3223.JPG
表参道 一の鳥居に到着〜! モウ ヒトガンバリ デス!

DSC_3224.JPG
今日も無事に下山完了です。これまでで最長の20.2qでした!

※鳴滝トンネル下の無料駐車場を利用。金鈴橋を渡ったところに嵯峨清滝公衆トイレが、二尊院のそばに嵯峨落柿舎北公衆便所がある。どちらもきれい。愛宕神社下にもトイレあり。

posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月19日

第96回 イクワタ峠北〜釣瓶岳〜武奈ヶ岳 朽木栃生ピストン



連日の猛暑(汗) こう暑いと、できる限り 標高の高いお山を求めてしまう…(笑)

DSC_2923.JPG
地蔵峠・釣瓶岳登山口から出発します。

DSC_2924.JPG
沢沿いの舗装路をあがっていくと

DSC_2927.JPG
新しそうな標識が。ココ ヲ アガッテ イキマス

DSC_2930.JPG
コメカイ道は… 2021年2月26日まで、砂防えん堤管理用道路の工事中。迂回路を進みます。

DSC_2933.JPG
つづら折りのダラダラとした坂を登っていきます。

DSC_2934.JPG
コメカイ道は、かつて、琵琶湖側に炭を運び、米を求めた道。

DSC_2936.JPG
農林水産省の“日本の棚田100選”に選定されている畑の棚田につながるのだとか。ナルホド〜

DSC_2938.JPG
標識があるので、安心して歩けます。

DSC_2941.JPG
コメカイ道出合に到着〜! コメカイ道は崩落のため、通行不可になっています。

DSC_2942.JPG
登っていくと…こちらも、通行不可です。でも…

DSC_2943.JPG
ちゃんと迂回路があるので、問題ありません。トテモ シンセツ ニ セイビ サレテ イマス

DSC_2946.JPG
わっ!おっきな木〜(驚)

DSC_2953.JPG
ほとんど勾配がない楽チン道が、しばらく続きます。

DSC_2954.JPG
ササ峠出合に到着〜!

DSC_2956.JPG
ここからは

DSC_2959.JPG
グングンと、勾配があがっていきます(汗)

DSC_2962.JPG
わっ!稜線〜(輝)

DSC_2963.JPG
イクワタ峠、もうすぐかな?? ワクワク

DSC_2964.JPG
キャ―――! 尾根に出た〜!

DSC_2968.JPG
蛇谷ヶ峰(第94回)、ドドーン!

DSC_2969.JPG
えっ!めっちゃ、きれいやん〜。

DSC_2970.JPG
イクワタ峠北に

DSC_2976.jpg
到着〜!イエ〜イ! ジツハ…ココヲ イクワタ峠 ダト オモッテ イタ…(笑)

DSC_2978.JPG
キャ―――!なにこの景色〜(輝)

DSC_2982.JPG
日陰もあるし、めっちゃええやん〜!

DSC_2986.JPG
ここって…

DSC_2985.jpg
滋賀県、やんね??

DSC_2990.jpg
素敵すぎる〜(惚)

DSC_2995.jpg
少し登るだけで、また違う味わい。

DSC_2996.jpg
ここを登ると

DSC_2998.JPG
イクワタ峠に

DSC_3013.JPG
到着〜!

DSC_3001.JPG
これからむかう、釣瓶岳〜! メッチャ キュウ ナ サカ ガ…ミエテ イマス(汗)

DSC_3014.jpg
突き出した北東方面にむかうと

DSC_3020.jpg
左に蛇谷ヶ峰、右にリトル比良〜(輝) そして、へびさん〜(第94回)ココカラ ダト ヘビ ニ ミエマセン

DSC_3024.jpg
リトル比良、カッコイイ〜(惚)

DSC_3026.jpg
ポコっとでているのが、行きそびれたままの(笑)釈迦岳(第21回)〜。

DSC_3027.JPG
釣瓶岳に、むかいます。

DSC_3030.JPG
振り返ってぇ〜、ステキ〜(輝)

DSC_3039.JPG
景色に見とれ過ぎていましたが…結構な急登デス(汗)

DSC_3045.jpg
ホント、きれい!

DSC_3046.JPG
ちょっとひらけて

DSC_3052.JPG
ここを登れば、山頂かな??

DSC_3065.JPG
違いました〜(泣)

DSC_3067.JPG
もう1つお山を登ったら

DSC_3070.JPG
釣瓶岳山頂に

DSC_3072.JPG
到着〜! コレ サンカクテン ジャ ナイ ネ(笑)

DSC_3073.JPG
山頂に、眺望はありません。

DSC_3076.JPG
武奈ヶ岳に、むかいます。

DSC_3078.jpg
わっ!武奈ヶ岳の山頂、見えてるやん〜(輝)

DSC_3080.JPG
めちゃくちゃ、くだります。コレッテ アトデ ノボルッテ コト ヤンネ(汗)

DSC_3081.JPG
ここだけ、なぜか…3本もロープがあります(笑)

DSC_3086.JPG
うわっ!ひらけた〜。武奈ヶ岳が、目の前〜(嬉)

DSC_3089.JPG
こんな道が、増えていきます。

DSC_3090.JPG
振り返ってぇ〜、ステキ〜(輝)

DSC_3093.JPG
細川峠に、到着〜!

DSC_3096.JPG
うっそうと茂った

DSC_3097.JPG
草木の間を通っていきます。

DSC_3100.JPG
わっ!ひらけた〜。

DSC_3103.JPG
でも…なかなか簡単には登らせてくれません(汗)

DSC_3106.JPG
武奈ヶ岳(第2回)は

DSC_3107.JPG
初めて

DSC_3109.JPG
登山用ザックを背負って登ったお山。そして

DSC_3113.JPG
初めて

DSC_3118.JPG
下山を経験したお山。ノボリ ヨリ モ ジカン カカッタ ナア…。ヒ ガ カタムイテキテ フアン デ イッパイ ヤッタ ナア…。

DSC_3121.JPG
あれから、随分と

DSC_3122.JPG
たくさんのお山を経験しました。

DSC_3123.JPG
ちゃんと下山も、できるようになったよ―――!(笑)

DSC_3125.JPG
山頂が、近づいてきました〜(嬉)

DSC_3132.JPG
武奈ヶ岳山頂に

DSC_3136.JPG
到着〜!

DSC_3126.JPG
うわぁ〜!

DSC_3138.JPG
誰もいない…。

DSC_3143.JPG
打見山から蓬莱山(第79回)〜、ドドーン!

DSC_3144.JPG
前は、こっちから登ってきたんやねぇ。

DSC_3149.JPG
稜線が、素敵〜(惚)

DSC_3150.JPG
山頂に、戻ります。

DSC_3153.png
1214m、イエーイ!

DSC_3156.jpg
360度の絶景を

DSC_3157.JPG
眺めながら

DSC_3160.JPG
お昼ごはんにします。

DSC_3164.JPG
ごはんの上に、サラダチキンと刻みネギをのせて

DSC_3168.JPG
お茶づけ海苔を投入したら

DSC_3172.jpg
上から、キンキン冷え冷え 氷水を、かけます〜。

DSC_3177.JPG
さっぱりチキンの冷やし茶漬け、完成〜! ヤバッ!これ、めっちゃ美味しい〜!

DSC_3190.jpg
お楽しみは…冷凍ミカン。 シャリシャリカン ト アトアジ ノ スッキリサ ガ サイコウ

DSC_3212.jpg
天空に浮かぶ 湖みたい〜(輝)

DSC_3224.jpg
沖島に、長命寺山から奥島山(第48,58,59,65,70回)〜! ソシテ…ソラカナテラス〜(喜)

DSC_3231.JPG
何度も振り返りながら…下山します。

DSC_3235.JPG
釣瓶岳の

DSC_3240.JPG
山頂をすぎて…

DSC_3247.JPG
登り返した先に〜

DSC_3248.JPG
見渡す限りの

DSC_3249.jpg
絶景が

DSC_3250.JPG
広がります〜!!

DSC_3251.jpg
琵琶湖〜!沖島がちょこっと見えています。

DSC_3252.jpg
蛇谷ヶ峰までのこの景色!ヤバすぎる〜。

DSC_3253.jpg
わけもわからず、涙がこぼれそうになります。

DSC_3254.JPG
こんな景色を眺めながら、歩ける

DSC_3255.JPG
この道!釣瓶岳北尾根っ

DSC_3256.JPG
最っ高―――――!!

DSC_3257.jpg
多景島がこんもりと、かわいい〜。

DSC_3259.jpg
進んでいくと

DSC_3261.JPG
イクワタ峠〜!

DSC_3265.JPG
ここに立つと、比良山系が、Y字を描いているのが、よくわかります。

DSC_3269.JPG
釣瓶岳北尾根からイクワタ峠、そして

DSC_3273.JPG
イクワタ峠北まで…

DSC_3275.JPG
ホントは秘密にしておきたい(笑)…絶景縦走路です!

DSC_3276.JPG
名残りをおしみながら、林の中に入っていきます。

DSC_3285.JPG
あとは、どんどん、くだるだけ〜。

DSC_3293.JPG
今日も無事に下山完了です。

※SNS上で、朽木栃生(とちゅう)バス停裏に駐車可との情報が多数あるが、ギャラリー朽木R367さんの私有地なので駐車は不可。バス停より南の橋を渡り、左折した広場には駐車可。工事が終わると、登山口から少しあがった広場にも駐車可(再開)になるのでは??と。
 ギャラリー朽木R367のオーナーさんはとても親切で、ギャラリーのオープンを翌日(2020/8/20)にひかえているにもかかわらず、快く中に入れてくださり、「手汚れてるんやったら洗っていき。」「山で撮った写真、ええのあったら、ここの壁に貼るし、持ってきてな。」と。お礼がてら、是非また伺いたい。

posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月16日

第95回 八王子山〜三石岳〜衣掛岩 奥宮参道〜大宮谷道周回



今日は、命にかかわる危険な暑さになるらしい(汗) 欲張らず、短めルートで登る…ハズ デシタ(汗)

DSC_3161.JPG
大宮川観光駐車場から、日吉大社にむかい

DSC_3163.JPG
東本宮横の登拝口から

DSC_3166.JPG
八王子山を目指します。 ケッコウ シッカリ ト シタ 坂道 デス

DSC_3168.JPG
八王子山は、日吉大社のご神体山。なので…登山ではなく、登拝です。

DSC_3170.jpg
わぁ〜!琵琶湖〜。朝日を浴びて…めっちゃきれい―――! キラッキラッ

DSC_3173.jpg
琵琶湖大橋のうしろには、沖島、そして、長命寺山から奥島山(第48,58,59,65,70,91回)〜!

DSC_3174.JPG
わっ!おっきい岩〜! …カイダン(汗)

DSC_3175.JPG
八王子山の山上には、日吉大社の奥宮があります。 ミエテ キマシタ〜

DSC_3177.JPG
右が 1595(文禄4)年に建てられた牛尾宮(うしおぐう)、左が 1599(慶応4)年に建てられた三宮(さんのみや)〜。 チナミニ ヒエイザンヤキウチ ハ 1571(元亀2)年

DSC_3201.JPG
間の傾斜角45度の階段は、上の階(かみのきざはし) ト ヨブ ラシイ

DSC_3178.jpg
わぁ〜!

DSC_3183.jpg
わぁ〜!

DSC_3186.jpg
うわっ、オッキー! 大山咋神(オオヤマグイノカミ)が降臨したといわれる磐座・金大巌(こがねのおおいわ)〜。

DSC_3189.jpg
振り返って…うっとり〜(輝)

DSC_3191.jpg
ええ景色やなぁ〜。

DSC_3202.JPG
マークにそって進むと

DSC_3206.JPG
八王子山山頂に到着〜! 神域 ハ タチイリキンシ デス

DSC_3209.JPG
三石岳(みついしだけ)を目指します。

DSC_3211.JPG
わっ!鉄塔の間から、坂本ケーブル ケーブル延暦寺駅が、輝いています。

DSC_3215.JPG
左上の道に進みます。

DSC_3219.jpg
わっ!広場〜。

DSC_3220.JPG
広場からすぐの、ここを、左上に進みます。 ワカリニクッ

DSC_3222.JPG
ホンマにこの道でええん??というような道(笑)を

DSC_3223.JPG
登っていきます。そして…

DSC_3224.JPG
目を疑うような

DSC_3226.jpg
急登が待っています(泣) コノミチ…クダリタク ナイ(汗)

DSC_3227.JPG
登りきると

DSC_3230.JPG
三石岳山頂に

DSC_3232.JPG
到着〜!

DSC_3235.JPG
眺望はありません。

DSC_3236.jpg
山頂をグルっと廻ると…コノ リッパ ナ ミチ ハ ?? 左は山頂に戻るだけでした(笑) 右の道を進んでみます。

DSC_3237.JPG
どこまで、こんなええ道が、続いてるんやろう??

DSC_3238.JPG
どうやら、大宮谷道にでられそうです。 YAMAPニハ ハセン スラ アリマセン

DSC_3239.JPG
踏み跡もあるし

DSC_3240.JPG
マークもあるし…大丈夫そうやね。

DSC_3241.jpg
琵琶湖をチラ見〜。

DSC_3242.JPG
尾根沿いを、延々とくだっていきます。

DSC_3243.JPG
ん?? なにやら、あやしげになってきたけど…(汗)

DSC_3245.JPG
えっ!!この急坂を…くだるの??(驚)

DSC_3246.JPG
大宮川の水の音はするけれど…いったい、どこをどうくだったら正解なのか…(怖)

DSC_3247.JPG
右にルートをとっていくと、なんとかおりられました(泣)

DSC_3249.JPG
振り返って…おりてきた斜面〜(涙)

DSC_3250.JPG
ホッとしたこともあって…とりあえず(笑)

DSC_3256.JPG
靴を脱ぎ(笑)

DSC_3253.jpg
入ります(冷) キャー キモチイイ―

DSC_3254.jpg
ここで…今日のお楽しみっ、冷凍パイナップル〜!

DSC_3257.JPG
う〜ん、美味しい〜。あ〜!なんて贅沢な時間〜。

DSC_3258.JPG
英気が養われたので(笑) 渡渉して

DSC_3260.JPG
大宮谷道を進みます。

DSC_3263.jpg
大宮川のおかげか

DSC_3264.jpg
涼しい〜(嬉)

DSC_3266.jpg
あっ!前(第66回)に 教えていただいた橋〜!

DSC_3267.JPG
もちろん…行きます!

DSC_3269.JPG
衣掛(きぬがけ)岩に、むかいます。

DSC_3270.JPG
わっ!めっちゃ荒れてるやん。 キ ガ タオレタ ン ヤネエ

DSC_3273.JPG
衣掛岩に到着〜! チズ ト バショ ガ チガウ ケレド…

DSC_3276.jpg
コノ ヒョウシキ トハ アッテル(謎)
『逢(あ)のみち、湖(こ)のみち、山歩(さんぽ)みち』ウマイ!(笑)

DSC_3280.jpg
衣掛岩…チズ デ ハ コノ バショ(謎)

DSC_3288.JPG
大宮谷道はここまで〜。

DSC_3289.JPG
延暦寺表参道(本坂)をくだります。

DSC_3295.jpg
鳥居の奥に、八王子山の奥宮〜(輝)

DSC_3303.JPG
「麒麟がくる」まであと2週(笑) 明智光秀一族の菩提寺、西教寺に到着〜!

DSC_3309.JPG
この門は、坂本城門を移築したものらしい(輝)

DSC_3313.JPG
今日も無事に下山完了です。

※大宮川観光駐車場の上、日吉大社鳥居の下にトイレあり。
posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月13日

第94回 蛇谷ヶ峰〜地蔵山 朽木スキー場周回



今日は、比良山系北端にそびえるお山を、縦走します!

DSC_2921.JPG
朽木スキー場の

DSC_2923.jpg
さわらび草原から

DSC_2927.JPG
蛇谷ヶ峰を目指します。

DSC_2928.JPG
水音が心地いい〜。

DSC_2930.JPG
よく整備された

DSC_2932.JPG
つづらおりの道を、登っていきます。

DSC_2933.JPG
ガマガエルが飛び上がってお出迎え(怖) カエル クライ デハ 叫バナク ナリマシタ(笑)

DSC_2937.jpg
琵琶湖が見えてきました〜! アサ ノ 光 ガ キレイ〜

DSC_2940.jpg
見えてくる景色が、ワクワク感をそそります。

DSC_2944.JPG
迷いようのない

DSC_2946.JPG
ストレスフリーな道を、登っていきます。

DSC_2947.jpg
わっ!

DSC_2952.jpg
わぁ〜!(輝) ヘビサン ガ ミエテ キマシタ〜

DSC_2954.JPG
グリーンパーク想い出の森からの道と合流〜。

DSC_2955.JPG
ここから、いっきに高度があがっていきます!

DSC_2957.jpg
キャ―――!へびさん―――!

DSC_2958.jpg
リトル比良(第72回) ドドーン

DSC_2959.jpg
へびさん、超かわいい〜!

DSC_2960.jpg
ヤバイヤバイ、まだ山頂じゃないのに(笑)

DSC_2961.jpg
あと少し〜!

DSC_2972.jpg
蛇谷ヶ峰山頂に

DSC_2974.JPG
到着〜!

DSC_2963.jpg
わぁ〜!360度の絶景です――!

DSC_2964.jpg
へびさんとリトル比良〜!

DSC_2969.jpg
北西、朽木方面〜!

DSC_2982.jpg
イエーイ!

DSC_2985.jpg
いっきにガスが出てきたので、景色はのちほどにして

DSC_2988.JPG
地蔵山を目指します。めちゃくちゃ、くだります(汗)

DSC_2992.JPG
まだまだ、くだります。…トイウコトハ…アトデ マタ ココヲ ノボル ト イウ コトデスネ(汗)

DSC_2993.JPG
比良比叡トレイルの道なので

DSC_2997.JPG
マークがしっかりとあります。

DSC_3079.JPG
滝谷の頭〜!

DSC_3004.JPG
ボボフダ(須川)峠に到着〜!畑(はた)集落からの道と合流〜。

DSC_3006.JPG
アップダウンを繰り返しながら、林の中を進んでいきます。

DSC_3008.JPG
アラ谷峠に到着〜!

DSC_3009.JPG
うわっ!この木、いったい、どうなってるの??

DSC_3014.JPG
ヨコタニ峠に到着〜!ここでも、畑集落からの道と合流〜。

DSC_3015.JPG
静かすぎて…もの寂しい…。 耳ザワリ ナ 虫 ノ オト シカ キコエナイ(泣)

DSC_3017.JPG
わっ!なにここ??

DSC_3018.JPG
車が通れるのかなぁ??

DSC_3023.JPG
地蔵峠に

DSC_3025.JPG
到着〜!

DSC_3026.JPG
この坂を登りきると

DSC_3027.JPG
地蔵山

DSC_3028.JPG
山頂に

DSC_3033.JPG
到着〜!

DSC_3031.jpg
晴れ女パワーにチョット期待していましたが…ナントナント

DSC_3053.jpg
山頂についたとたんに…ガスがドンドン消えていきます(輝) サッキマデ 雨ガ フッテイタ トハ オモエナイ 青空!

DSC_3051.jpg
リトル比良が剱岳のように見えます(笑)

DSC_3056.JPG
地蔵峠からは

DSC_3057.jpg
畑の棚田〜!

DSC_3063.jpg
畑の棚田は、滋賀県内で唯一、農林水産省の“日本の棚田100選”に選定されています。

DSC_3067.JPG
わぁ〜、素敵〜(輝)

DSC_3068.jpg
太陽が照り付けてくると…あんなに静かだった林の中に…鳥がさえずり、セミが鳴き始めます。

DSC_3072.jpg
往路では見られなかった景色が広がります(輝)

DSC_3080.jpg
オブジェのような木〜! ダレカ ツクリ マシタカ??

DSC_3081.JPG
わかっては

DSC_3082.JPG
いたけれど…(汗)

DSC_3083.JPG
蛇谷ヶ峰への

DSC_3084.JPG
登り返し…

DSC_3085.JPG
きっつい―――!

DSC_3086.JPG
あと一息――!
ガスで真っ白だし、先にご飯食べようかなぁとザックをおろした瞬間…

DSC_3088.jpg
またもや…ウソやろ〜!というくらい

DSC_3092.jpg
太陽が顔をだしてくれます(驚) そして…

DSC_3089.jpg
瞬く間に、ガスが消えていきます(輝)

DSC_3091.JPG
この青空〜! チョット コワイ

DSC_3134.jpg
朝は見えなかった比良山系〜。

DSC_3093.JPG
360度の絶景を楽しみながら、お昼ごはんにしま〜す。食パンに

DSC_3098.jpg
マヨネーズであえた、ツナとコーンをたっぷりとのせたら

DSC_3099.JPG
じっくりと焼きます。 できたかなぁ?

DSC_3101.jpg
できた〜!

DSC_3122.jpg
ツナコーンマヨホットサンドの完成〜! う〜ん、美味しい〜!

DSC_3136.jpg
そして…またもや(笑) 冷凍ミカン〜(冷)

DSC_3141.JPG
お腹も心も、満たされたので(笑)…スキー場方面に下山します。

DSC_3145.JPG
さわらび草原からの道に比べると、かなりの急坂です。そして

DSC_3146.JPG
ズルズルと滑りやすい(汗) でも…

DSC_3148.jpg
ビックリするくらい、アッという間に、おりてこられます(笑)

DSC_3149.jpg
林の中にいる間…雨が降っていたのに…ナントッ

DSC_3153.jpg
スキー場に出たとたん、やんでくれます(驚) ヌレナイ ワタシ(笑)

DSC_3155.jpg
わぁ〜!琵琶湖〜。

DSC_3156.JPG
今日も無事に下山完了です。

※朽木スキー場リフト乗り場と駐車場との間にトイレあり。アブ・ブヨその他、無数の虫が、身体の周りを飛び廻る。地蔵山山頂は特にひどい。
posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月10日

第93回 金勝アルプス 北峰縦走線〜落ヶ滝線〜北峰縦走線〜新十九道〜十九道

1007.jpg

今日は山の日。昨年の山の日は…北アルプス 劔岳だったなぁ(懐)。今年は、どこにしよう…。
北アルプスでも南アルプスでもないけれど…私が山に登るきっかけとなった場所…金勝アルプスにします!

DSC_3152.jpg
金勝アルプスは、6回目(プロローグ2,第4,7,18,40回)。
横ヶ峯展望所からは、めちゃくちゃ幻想的な景色が広がっています。

DSC_3154.JPG
馬頭観音堂前から、出発します。

DSC_3155.JPG
ここに連れて来てもらってなかったら…今ごろ、何してたかなぁ…なんて考えているうちに…

DSC_3163.jpg
竜王山に

DSC_3159.JPG
到着〜!

DSC_3161.jpg
穏やかな琵琶湖に、浮かぶように見える比良山系。三上山(近江富士:第10回)に、菩提寺山(甲西富士:第71回)、そして、奥島山(第48,58,59,65,70回)〜。ステキスギル〜

DSC_3170.JPG
茶沸観音様〜。ペコリ

DSC_3175.jpg
耳岩に到着〜!

DSC_3178.JPG
キタ――! 岩にロープ〜(嬉) テンション アガル〜

DSC_3179.JPG
わぁ〜(輝)

DSC_3201.JPG
あっという間に…天狗岩に到着〜!

DSC_3187.JPG
わっ!ロープが新しくなってる〜(輝)

DSC_3188.JPG
キャ―!誰もいない(笑) イツモ ジュウタイ スル トコロ

DSC_3189.JPG
ここに来るのに…手間どってたよなぁ…。

DSC_3192.JPG
人は…成長する生き物です(笑)

DSC_3199.JPG
天狗岩〜(輝)

DSC_3198.jpg
貸し切りです〜! ゼイタク〜

DSC_3197.jpg
朝は、こんなに幻想的な景色なんやねぇ…。

DSC_3200.jpg
原点回帰―――!

DSC_3202.jpg
落ヶ滝を目指します。

DSC_3204.JPG
アスレチック感満載〜!

DSC_3205.JPG
景色最高〜!

DSC_3206.JPG
色々な名前がつけられそうな岩〜!

DSC_3211.JPG
8時を過ぎると、ジリジリと太陽が照り付けてきます。

DSC_3213.JPG
シダのジャングルは…湿度が高い(汗)

DSC_3222.JPG
行き過ぎて…引き返す(泣)

DSC_3224.jpg
落ヶ滝に到着〜! ココ モ カシキリ〜

DSC_3225.JPG
とりあえず…顔洗って、頭からかぶる(笑) イツカラ コンナ コト スル ヒト ニ ナッテ シマッタ ノ ダロウ…

DSC_3226.JPG
足水〜(冷) ヒエヒエ ニ ナル ト ゲンキ カイフク(笑)

DSC_3230.JPG
鶏冠山を目指します。

DSC_3233.JPG
回復した元気って…一瞬で奪われるもんやね(笑)

DSC_3235.JPG
子鶏冠山って…こんなに遠かったっけ??(汗)

DSC_3236.JPG
子鶏冠山に

DSC_3241.JPG
到着〜!

DSC_3238.JPG
中央競馬会のトレーニングセンター、ドドーン!

DSC_3244.JPG
鶏冠山に

DSC_3246.JPG
到着〜!

DSC_3253.JPG
北アルプス 燕岳のイルカ岩ならぬ…金勝アルプスのイルカ岩(笑) バッタモン ポイ カンジ ガ チョウド イイ

DSC_3254.JPG
いい景色〜(輝)

DSC_3255.JPG
十九道ダムを目指します。

DSC_3260.JPG
一旦、舗装路に出て

DSC_3261.JPG
お向かいから、入っていきます。

DSC_3263.JPG
わぁ〜!十九道ダムに、到着〜!

DSC_3264.JPG
ハイキングコースを進むと

DSC_3267.jpg
キャ―――!きた――!エメラルドグリーンの池〜。

DSC_3298.JPG
この美しい池を眺めながら、お昼ごはんにします。

DSC_3274.jpg
バターを塗った食パンに

DSC_3279.jpg
たっぷりきなこと、クリームチーズをのせたら

DSC_3280.JPG
じっくりと焼きます。できたかなぁ?

DSC_3282.jpg
できた〜!

DSC_3286.jpg
きなこクリームチーズホットサンド 完成〜!

DSC_3294.JPG
そして…冷凍みかん〜(冷) う〜ん、美味しい〜!

DSC_3301.JPG
白糸の滝〜!

DSC_3311.JPG
ここから、旧十九道に入っていきます。

DSC_3314.JPG
この道は、涼しいけれど…

DSC_3315.JPG
シダ茂りすぎ〜(泣)ってところが多い。

DSC_3320.JPG
白石峰に到着〜!竜王山方面に戻ります。

DSC_3329.JPG
ここは、これから先もず〜っと…私の原点回帰の場所。

DSC_3330.JPG
山の日に…この場所に来られたことに、感謝!
そして、初めに、私をここに連れて来てくれたヤマトモに感謝!

DSC_3332.JPG
今日も無事に、下山完了です。

※馬頭観音堂前駐車場・十九道ダムに簡易トイレあり。
posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月08日

第92回 松尾山〜嵐山〜烏ヶ岳〜新烏ヶ岳〜沓掛山 京都一周トレイル(西山)〜林道西芳寺谷線周回

986.jpg

もうすぐ山の日(輝) その前に…日頃からお世話になっている お山の神様に、お参りに行ってきます。

DSC_2921.JPG
苔寺として親しまれている西芳寺(さいほうじ)を、さらに進むと

DSC_2924.jpg
山の神さんが、おられます(祈)

DSC_2923.jpg
1906(明治39)年までは、山の神神社があったらしい。村人たちは、山の神さんに、仕事の安全を祈願するとともに、山の恵みに感謝してから、山仕事に出かけたのだとか。ナルホドー

DSC_2925.JPG
まずは、松尾山を目指します。

DSC_2926.JPG
うわっ! 京都って感じ〜(笑)

DSC_2930.JPG
ここは、京都一周トレイル西山コースです。

DSC_2934.jpg
わっ!ひらけた〜!

DSC_2937.JPG
8月5日 京都市では

DSC_2938.jpg
今夏初の猛暑日を記録しました(暑)

DSC_2939.jpg
今日は、カンカン照りにならなくて…いいからね(笑)

DSC_2948.jpg
分岐に

DSC_2942.jpg
到着〜!

DSC_2947.jpg
ここから

DSC_2949.JPG
松尾山山頂に、むかいます。

DSC_2950.jpg
よく整備された道です。

DSC_2951.JPG
わっ!見えた〜!

DSC_2952.jpg
松尾山山頂に

DSC_2953.jpg
到着〜!

DSC_2959.JPG
次は、嵐山をめざします。

DSC_2960.JPG
岩です〜(嬉) イッシュン デ オワリ マシタ(笑)

DSC_2961.JPG
嵐山という名の山があるなんて…お山に登るようになるまで、知らなかった(汗)

DSC_2963.jpg
しかも…そこには、嵐山城というお城があったらしい。

DSC_2964.JPG
右の道を進みます。ここが、嵐山城の曲輪(くるわ)下らしい。

DSC_2966.jpg
結構しっかりとした登りです(汗)

DSC_2970.jpg
嵐山山頂に、そして

DSC_2972.JPG
嵐山城址に到着〜!

DSC_2968.JPG
嵐山城は、1497(明応6)年、管領・細川政元の重臣であった山城国下郡守護代・香西(こうざい)元長によって築かれたお城。

DSC_2974.jpg
木々の間からの眺望〜。

DSC_2975.JPG
次は、烏(からす)ヶ岳を目指します。ノボリ ガ キュウ ナラ クダリ モ キュウ デス(汗) ロープ ハ ツカワナクテモ ダイジョウブ

DSC_2978.JPG
山頂を通らない方の道に行ってしまい(汗)…道なき道を、登り返したけど(笑)

DSC_2979.JPG
烏(からす)ヶ岳山頂に、到着〜!

DSC_2981.jpg
眺望はありません。

DSC_2983.JPG
この図は、よくできた図です(輝)

DSC_2986.JPG
次は、新烏ヶ岳を目指します。

DSC_2991.JPG
こっちの道に行くと…林道西芳寺谷線17号橋にでるようです。

DSC_2992.JPG
わぁ〜、ベンチ〜。 ココカラ サキ…アンナイ ガ ナクナリマス(汗)

DSC_2994.jpg
観光地のすぐそばに、こんなお山があったんやねぇ。

DSC_2998.JPG
分岐に到着〜!左の道を

DSC_3001.JPG
進んでいきます。

DSC_3004.JPG
ピークらしきところを目指して道なき道を進むと…新烏ヶ岳山頂に到着〜!

DSC_3005.JPG
うわっ!スゴッ

DSC_3006.JPG
進んでいくと

DSC_3009.jpg
山の神様の祠です〜!

DSC_3012.jpg
登っていきます。

DSC_3013.JPG
1月は朝に、5月は昼に、9月は夕に、山の神様が木の数を数えられるのだそう。山に入っていると、木と間違って数えられ、山から帰って来られなくなるのだとか。コワッ

DSC_3014.jpg
山の神様は…男根がお好きなのだそう(驚)

DSC_3022.jpg
エッ! コレって…トラレルノ??

DSC_3021.jpg
山で物をなくした時は、男根を露出しながら探すと、山の神様が喜んで、みつけさせてくださるのだそう。ブラブラしてる人を見かけたら、警察に電話する前に「何かお探しですか?」と聞いてあげよう(嘘)

DSC_3025.JPG
沓掛山を目指します。

DSC_3027.JPG
なんだか道が、荒れてきました。

DSC_3028.JPG
リボンに沿っていくと…道をはずれていきます(汗)

DSC_3031.JPG
尾根まで登り返します(泣)

DSC_3032.JPG
しばらく歩くと…また

DSC_3033.JPG
道から はずれています(汗)

DSC_3034.JPG
やっと、人の手が加わったようの道がでてきました〜(嬉)

DSC_3036.JPG
わっ! ベンチ〜(輝)

DSC_3048.JPG
愛宕山展望ベンチに到着〜!

DSC_3042.jpg
愛宕山(第76,89回)…隠れています。

DSC_3049.JPG
愛宕山展望ベンチでお昼ごはんにしようかと思っていたけれど…まだ10時なので

DSC_3050.JPG
先に、進みます!

DSC_3051.JPG
なにがどうなっているのかわからないくらい、複雑に絡み合っています(笑)

DSC_3052.JPG
この辺は、整備が行き届いています〜(嬉)

DSC_3054.JPG
いよいよ、沓掛山山頂が近づいてきました。

DSC_3055.jpg
えっ?? どう考えても…ココ、山頂じゃないよね(笑)

DSC_3057.JPG
沓掛山山頂に

DSC_3059.JPG
到着〜!

DSC_3060.JPG
眺望はありませんが、広場になっています。

DSC_3062.JPG
おお――! 唐櫃越〜。

DSC_3066.JPG
1582(天正10)年6月2日、織田信長を襲撃したするために

DSC_3067.JPG
三隊に分けられた明智光秀軍のうちの一隊が、本能寺へむかった道。

DSC_3068.JPG
ここから、水晶谷に

DSC_3069.JPG
入っていきます。

DSC_3070.JPG
親切なロープが

DSC_3071.JPG
続きます。

DSC_3072.JPG
谷におりると

DSC_3073.JPG
なんだか寂しい雰囲気ですが…

DSC_3075.jpg
水と

DSC_3077.JPG
苔と緑に

DSC_3078.JPG
癒されます〜。

DSC_3080.JPG
木々の隙間の光に、照らしだされる橋(輝)

DSC_3081.jpg
これは…橋じゃないよね(笑) ベンチやんね?? 振り返ると…

DSC_3082.jpg
水晶谷〜!

DSC_3094.jpg
わぁ〜(嬉) 石のテーブルもいっぱいあるし、ここでお昼ごはんにします!

DSC_3091.jpg
今日のお昼は…冷奴に、枝豆に、冷凍みかん〜! シャクネツ ジゴク ヲ ソウテイ(笑) エダマメ トマラナイ〜! そして…冷凍みかん、最高―――!コレ ハ 夏ノ ヒツジュヒン ニ シマス

DSC_3095.JPG
水があると、手が洗えて便利です。トク ニ エダマメ(笑)

DSC_3096.jpg
ひんやり、のんびり休憩したら…下山です。

DSC_3097.jpg
6号橋が見えてきました〜。

DSC_3104.jpg
西芳寺川沿いを

DSC_3106.JPG
くだっていきます。

DSC_3110.jpg
水飲み場に到着〜! 樋(とい)の中の落ち葉…掃除しておきました(笑)

DSC_3111.jpg
水の音が気持ちいい〜(好)

DSC_3115.jpg
西芳寺川古墳にむかいます。

DSC_3116.JPG
古墳時代後期の円墳(直径17m)〜!

DSC_3118.JPG
横穴式石室です〜(輝)

DSC_3124.jpg
こっちにも2つ〜。

DSC_3120.JPG
右の円墳(直径15m)の石室〜。

DSC_3121.JPG
左の円墳(直径14m)の石室〜。

DSC_3125.jpg
古人のベンチ〜。

DSC_3126.JPG
そうやんね、ここって、遠い昔の方の墓地やもんね。

DSC_3127.jpg
滝を愛で

DSC_3128.JPG
水の流れに癒されながら、進んでいくと

DSC_3131.JPG
ペロペロの谷に到着〜! 事故や災害時、場所を確定するために、地名看板が設置されています。

DSC_3135.JPG
一本杉西の谷〜。

DSC_3137.JPG
一本杉東の谷〜。

DSC_3142.jpg
ここに立つと…涼しくて気持ちいい〜(快)

DSC_3146.JPG
今日も無事に下山完了です。

posted by SORA at 20:08| 登山

2020年08月01日

第91回 姨綺耶山(津田山・奥島山)

818.jpg

長かった梅雨が明けました〜!今日は午後からしか、身動きがとれない(汗) 晴れた日の午後といえば…やっぱり…あそこかなっ! “空奏テラス”って勝手に(笑)名前をつけてから…ちょうど6ヶ月目に入ったのを記念??して…(笑)

DSC_0001.JPG
いつもの登山口から出発します!(第48,58,59,65,70回)

DSC_0002.JPG
なんだか

DSC_0003.JPG
立入禁止テープが

DSC_0004.JPG
増えています。

DSC_0005.JPG
長命寺山山頂はスルーです(笑)

DSC_0006.JPG
青々と茂るシダ〜! 盛夏ヤモンネ

DSC_0007.JPG
ここに水が流れてたら、最高やのになぁ…。

DSC_0008.JPG
アマテラスオオミカミ サマ ペコリ

DSC_0010.jpg
どなたかが作ってくださった

DSC_0009.jpg
看板も…年季が入ってきました〜(輝)

DSC_2920.jpg
キャ―――!来ました―――!

DSC_2927.jpg
空奏テラス―――!!

DSC_2930.jpg
中毒性のある

DSC_2928.jpg
この景色〜(輝)

DSC_2924.jpg
あぁ〜、やっぱり、ここが好き〜(恋)

DSC_2925.jpg
この絶景を眺めながら、お昼ごはんです〜。

DSC_2932.jpg
冷凍チャーハンを、もりもりして

DSC_2935.JPG
両面じっくりと焼きます〜。ジュージュー

DSC_2939.JPG
半熟目玉焼きを焼いて

DSC_2946.jpg
炒飯の上にのせたら…半熟たまごのせ炒飯の完成〜!

DSC_2954.jpg
う〜ん、美味しい〜!

DSC_2963.jpg
空奏テラスには、青空があいます(輝)

DSC_2965.JPG
冷え冷えゼリーを食べながら、のんびりと過ごしていると…ケトルクッカーの蓋がぁ!!岩の隙間に…コロコロ―(泣) ギャー ビミョウニ トドカナイ〜。タマタマ居合わせたというだけで…ワタシに無茶な依頼をされたオニイサマ(笑) ブジニ蓋を救出してくださいました〜(嬉) ホントウ ニ アリガトウゴザイマシタ

DSC_2972.jpg
空奏テラスは…夕方になるほど、素敵です〜!

DSC_2974.jpg
比叡山系から比良山系〜(輝)

DSC_2975.jpg
この静寂感といい…やっぱりここは…全てが、たまりません〜(恋)

DSC_2978.jpg
名残りを惜しみながら、先に進みます。

DSC_2979.JPG
アメノミナカヌシノミコト サマ ペコリ

DSC_2981.JPG
姨綺耶山(津田山・奥島山)山頂に、到着〜!

DSC_0020.jpg
あとは一気に下山して…今日も無事に下山完了です。

※私の蓋の救出時に、一緒に救出されたmont-bellの蓋。空奏テラスに置いておこうかと思いましたが、また落ちそうなので、持ち帰りました。つけ置きして何度も洗ったら、きれいになりました(輝) お心あたりの方、おられましたら、YAMAPにコメントいただけたらと思います。
820.jpg
posted by SORA at 20:08| 登山

2020年07月31日

第90回 船岡山

797.jpg

ニュース番組 “京いちにち” を見ていると…比叡山がバーンと映し出され…「今夜ライトアップされます!」ダト。えっ!なんですって?? 山本寛斎プロデュースの“日本元気プロジェクト2020スーパーエネルギー!!”で、比叡山山頂から、未来を照らす光が放たれるらしい(輝)
「20:30からです!」という言葉に、身体が反応してしまった(笑) パッと行けて、比叡山がよく見える場所…あそこしかない!(笑) 自転車を走らせた先は…

DSC_2886.jpg
船岡山(第74回)です〜!

DSC_2888.jpg
予想以上に…真っ暗闇です(汗) しかも…モッテキタ ヘッドランプ ガ ツカナイ(汗)

DSC_2890.jpg
船岡山山頂に到着〜! ヘンナ モノ ガ ウツリ コミ マセン ヨウニ…(願)
三脚を立ててカメラをかまえている方がおられたので、おっ!始まったか??と思いましたが、どう考えても比叡山の方向じゃありません(汗)

DSC_2892.jpg
そう!ここです〜!比叡山(第66回)から大文字山(如意ヶ嶽西峰 第29回)〜(輝)

DSC_2893.jpg
ん?? 何も放たれない(汗)

DSC_2895.jpg
21時前まで待機してみますが…ヘンカ ナシ(汗) 今日はお月様が綺麗です(輝)

家に帰ってから、You Tubeで確認(笑) https://youtu.be/DZ-sFuIau04 
今日の収穫…ヘッドランプ ガ ツカナイ コト ガ ワカッタ コト。アツサ デカ デンチ ガ エキモレ シテ イマシタ(汗)
posted by SORA at 20:07| 登山

2020年07月28日

第89回 愛宕山 表参道〜大杉谷道周回

765.jpg

京都では昔から、家の台所や飲食店の厨房に、愛宕神社(第76回)の“阿多古(あたご)祀符(しふ)火迺要慎(ひのようじん)”のお札を貼る習わしがあります。千日詣(せんにちまいり)といって、7/31夜から8/1朝にかけて、愛宕神社にお参りすると、千日分の御利益があるといわれ、また、3歳までに登ると一生、火難(かなん)から免れるといわれています。

DSC_2669.jpg
私が山に登りはじめたことから…「じゃあ、来年の千日詣は一緒に行こう!」と、毎年千日詣に行っている幼なじみと約束したのが…ちょうど昨年の8月。1年後…まさかwithコロナの世界になっているなんて…(涙) 今年の千日詣は、密を避けるために、7/23から8/1までの昼間に変更されています。

DSC_2674.JPG
表参道 二の鳥居から出発します。ショウガクセイ カラノ オサナナジミ(笑)

DSC_2679.JPG
看板犬クゥちゃんにご挨拶したら

DSC_2681.jpg
大学3回生から70歳までの総勢7名で、ぐんぐん登っていきます。

DSC_2683.jpg
千日詣では、人とすれ違う時…

DSC_2696.JPG
登ってこられる方には下山者が「おのぼりやす。」と、そして、おりてこられる方には登山者が「おくだりやす。」と声をかけます。

DSC_2697.JPG
火燧(ひうち)権現跡に到着〜!

DSC_2698.JPG
千日詣の日程が出た時、7月末の日中って…激アツ チャウ??(汗)って思ったけど、今日はそよそよと風があって気持ちいい〜(嬉)

DSC_2699.JPG
壺割(つぼわり)坂〜。ショウグンサマ ニ ケンジョウ スル オチャツボ ヲ ワッテ シマッタ ヒト ッテ…ショケイ カナ??

DSC_2702.JPG
二十丁目 一文字屋(茶屋)跡に

DSC_2708.JPG
到着〜!

DSC_2709.JPG
二合目〜。

DSC_2711.JPG
鳥居本の一の鳥居から愛宕神社まで、五十丁なのだそう。

DSC_2715.JPG
二十五丁目 なかや(茶屋兼宿屋)跡に到着〜!

DSC_2717.png
ぶらさがり競争〜(笑)

DSC_2722.JPG
三十丁目 水口屋(茶屋)跡に到着〜! 五合目休息所です。

DSC_2731.jpg
眺望〜! イエーイ!

DSC_2734.jpg
桂川〜(輝)

DSC_2743.JPG
遊びながらだと…階段地獄もあまり苦になりません(笑)

DSC_2749.JPG
水尾わかれ休息所に到着〜!

DSC_2755.JPG
ハナ売り場に到着〜! ココカラ ハ 第76回デ キタ ミチ〜

DSC_2756.jpg
サンガスタジアム、ドドーン!

DSC_2757.JPG
ガンバリ坂〜。

DSC_2761.JPG
ちょっとガスが出てきました。

DSC_2766.JPG
黒門に到着〜!

DSC_2773.JPG
幻想的で

DSC_2776.JPG
いい雰囲気です〜(輝)

DSC_2783.JPG
いよいよ、近づいてきました。

DSC_2786.JPG
こんな感じで、かつては、ランドセルを背負っていた二人…(笑)
子友「はよせな、学校、遅れるでぇ。」 子私「待ってぇ。」

DSC_2787.JPG
子友「行けるかぁ?」 子私「うん、頑張る〜!」 …ジッサイ ハ ワタシ ノ ホウガ ゲンキ(笑)

DSC_2789.JPG
さぁ、あと一息――!!

DSC_2792.JPG
愛宕神社に

DSC_2793.JPG
到着〜!

DSC_2796.JPG
今日のお昼は、冷やし素麺〜! う〜ん、さっぱり美味しい〜!

DSC_2800.jpg
みんな、よく頑張ったね〜!(輝)

DSC_2803.JPG
では…大杉谷道から下山します。

DSC_2808.jpg
わっ!岩〜!

DSC_2813.jpg
龍みたい〜! ン??マンガ ニッポン ムカシ バナシ??(笑)

DSC_2814.JPG
大杉谷方面に

DSC_2820.JPG
進みます。

DSC_2822.jpg
わぁ〜、抹茶の滝みたい〜(笑)

DSC_2823.JPG
杉が立ち並ぶつづら折りの道を、おりていきます。

DSC_2829.JPG
第二ベンチに到着〜!

DSC_2824.jpg
京都市内を一望〜(輝)

DSC_2833.JPG
なにこの木〜??(笑)

DSC_2835.jpg
水は

DSC_2836.jpg
癒される〜(嬉)

DSC_2839.JPG
おっきな倒木を乗り越えて

DSC_2842.JPG
橋を渡ると

DSC_2844.JPG
ロープ場です〜(輝)

DSC_2846.JPG
ホントは空也滝に行きたかったけれど…とりつきがわからず…(汗)

DSC_2851.jpg
でも…また次、来る楽しみが残ったカナ

DSC_2856.JPG
緑の広場に出てきました〜!

DSC_2857.JPG
大杉谷道は…福井さんの私道なのだそう。

DSC_2862.JPG
鳴滝方面に戻ります。

DSC_2866.jpg
わっ!滝〜!

DSC_2870.JPG
“森呼吸が一番だよ〜” ナルホド〜(笑)

DSC_2873.jpg
清滝川、きれい〜!

DSC_2874.JPG
今日も無事に下山完了で〜す。

そして…

DSC_2877.jpg
お疲れ様会は、焼肉〜(嬉)

DSC_2881.jpg
めっちゃ、幸せ―――!! ライネン ノ センニチマイリ ハ ヨル ニ モドッテル カナア

※さくらや(青木駐車場)の隣に嵯峨清滝公衆トイレあり。愛宕神社下にもトイレあり。
posted by SORA at 20:07| 登山

2020年07月26日

第88回 宇佐山

724.jpg

梅雨前線…日本列島に停滞中(涙) お山はあきらめ、のんびりと起床。えっ!!めっちゃ陽ぃ照ってるやん――!頭よりも先に…身体が動く(笑) さて、とびだした先は…??

DSC_2685.JPG
宇佐八幡宮から出発します。ココッテ コナイダ キタ バッカリ ヤンネ(笑)(第85回)

DSC_2686.JPG
健脚をお祈りして

DSC_2688.JPG
表参道を登っていきます。

DSC_2689.JPG
ここまでは、車ででも来られるようです。では復習(笑)…

DSC_2690.JPG
宇佐山城は、織田信長の命を受け 森可成(よしなり)が築城し、志賀の陣を経て

DSC_2692.JPG
明智光秀が、坂本城に移るまでの約2年間 居城したお城。フムフム (詳細は第85回)

DSC_2693.jpg
石垣が見えてきました〜(嬉)

DSC_2695.jpg
本丸跡も見えてきました〜(喜)

DSC_2696.JPG
ここは、横堀跡らしい。

DSC_2698.jpg
宇佐山山頂に

DSC_2701.JPG
到着〜!

DSC_2702.JPG
二ノ丸跡〜!振り返って…

DSC_2703.JPG
櫓(やぐら)跡〜(輝)

DSC_2704.JPG
食い違い虎口〜(輝)

DSC_2705.jpg
本丸から三ノ丸への土橋を進みます。

DSC_2731.jpg
そぉっ!見たかったのは、この景色―――! ナガラヤマテラス(第64回)ニ スルカ マヨッタケド…私はコッチの方が好き〜(好)

DSC_2714.jpg
比良山系に

DSC_2708.jpg
沖島から、長命寺山に 空奏テラス〜(輝)(第48,58,59,65,70回) そして

DSC_2710.jpg
近江富士(三上山)〜(輝)(第10回)

DSC_2712.jpg
この景色を眺めながら、朝Cafeしま〜す。

DSC_2715.JPG
わぁ〜、荷物かけまで、ついています〜(輝)

DSC_2727.jpg
たっぷりジューンベリージャムの上に、クリームチーズをのせたら

DSC_2730.jpg
じっくりと焼きます〜。ワクワク

DSC_2733.JPG
できた―!

DSC_2743.jpg
ジューンベリークリームチーズホットサンド完成〜!う〜ん、美味しい〜!

DSC_2765.JPG
ここにブランコがあったら、最高やねぇ〜(笑) 三ノ丸テラスを、満喫したら

DSC_2767.JPG
西側の道に、進んでみます。

DSC_2768.JPG
わっ!これ、本丸からのびてるレールやん〜。

DSC_2769.JPG
こっちの道は、アンテナ施設のスタッフ用かな??

DSC_2771.jpg
わっ!池〜。デハ アリマセン…巨大な水たまりデシタ(汗)

DSC_2772.JPG
むこうに、階段らしきものが… イッテミマス

DSC_2774.JPG
これって…水たまりを抜けたとしても…

DSC_2777.JPG
行き止まりやね(汗)

DSC_2778.JPG
階段地獄を、登り返します(汗)

DSC_2780.JPG
堀切〜(輝)

DSC_2781.JPG
宇佐山城址っ

DSC_2782.JPG
素敵です〜(輝)

DSC_2783.JPG
野面積み〜!

DSC_2787.JPG
宇佐山 オキニイリ トウロク ケッテイ〜!

DSC_2790.JPG
ナヌ?? “境内の榊(さかき)で商う(あきなう)罰当(ばちあたり)に警告す” ソンナコト スルヒト ガ イル ノ デスネ(驚)

DSC_2791.JPG
宇佐八幡宮にお参りしたら

DSC_2792.JPG
今日も無事に下山完了です。 クルマ ニ ノッタラ アメ ガ フッテ キマシタ(笑)

posted by SORA at 20:07| 登山

2020年07月23日

第87回 西野山〜稲荷山

706.jpg

梅雨前線…居座ってますねぇ…(涙) 雨の止み間をぬって、行けるお山…あるかなぁ。
キョウ ハ ミツヒデ デハ アリマセン(笑) 光秀からおよそ130年後の江戸時代…赤穂(あこう)四十七士の総大将 大石内蔵助(くらのすけ)良雄 ゆかりの地にむかいます。

DSC_2698.jpg
大石内蔵助良雄公を御祭神として創建された、大石神社〜。

DSC_2676.jpg
主君 赤穂藩主 浅野内匠頭(たくみのかみ)長矩(ながのり)の仇討ちという、大願を果たした内蔵助にちなみ

DSC_2675.jpg
大願成就の御利益があるのだそう。

DSC_2680.JPG
大石良雄遺髪之塚へ

DSC_2681.JPG
むかいます。

DSC_2683.JPG
唯一切腹を免れた寺坂吉右衛門信行が、内蔵助の母方の大叔父 進藤源四郎俊式(としとも)に届けた 内蔵助の遺髪が、埋められているらしい。

DSC_2684.JPG
神遊山 岩屋寺(いわやじ)に到着〜!
赤穂城あけ渡しの後、内蔵助は、源四郎の一族で近衛家家臣だった進藤長之(ながゆき)が管理するこの地に新築し、家族とともに隠棲(いんせい)。そして、密かに討ち入りの準備を重ねていきます。

DSC_2687.JPG
討ち入りを果たした後は、邸宅・田畑など一切の財産を、岩屋寺に寄進したのだそう。

DSC_2685.jpg
内蔵助邸の古材で建てられた茶室 可笑庵と、内蔵助手植えの梅〜(輝)

DSC_2688.jpg
山科神社に到着〜!

DSC_2690.jpg
897(寛平9)年、第59代天皇 宇多天皇の命により創建されたのだとか。スゴイ レキシ(驚)

DSC_2692.jpg
西野山にむかいます。

DSC_2693.JPG
南東からアプローチして、グルっと周回できるかなぁと…住宅街の一角から、入っていきますが…

DSC_2694.jpg
道が不明瞭すぎて…断念(汗)

DSC_2695.JPG
大石神社まで引き返す途中…内蔵助閑居址の碑が

DSC_2697.jpg
たっていました〜。

DSC_2775.JPG
大石神社の池の端から、とりつけるのかと思いきや…立入禁止??

DSC_2670.JPG
福王寺から、稲荷山トンネル沿いに、極楽寺の墓地の横を進み

DSC_2700.JPG
ここから入っていきます。

DSC_2701.JPG
ちょっと不安になりそうな道を過ぎると…

DSC_2702.JPG
お山に入りました〜(嬉)

DSC_2703.jpg
わっ!橋〜。

DSC_2704.jpg
沢沿いの道を進みます(輝)

DSC_2706.JPG
勾配もしっかりとあって、気持ちのいい山登りです!

DSC_2708.JPG
三叉路?? どこを通っても、同じところにでます(笑)

DSC_2710.JPG
岩もいい感じ〜(嬉)

DSC_2713.jpg
楽しい〜(喜)

DSC_2718.JPG
右上の道を、進みます。

DSC_2722.jpg
う〜ん、いいお山やねぇ〜。

DSC_2723.JPG
ここから、西野山山頂に

DSC_2724.JPG
むかいます。

DSC_2727.JPG
西野山山頂に

DSC_2726.JPG
到着〜!

DSC_2728.JPG
眺望はありません。せっかくなので…というか、もの足りないので(笑) 稲荷山まで行ってみます。

DSC_2730.JPG
えっ?? 将軍菩薩サマ ??

DSC_2731.JPG
くだっていくと

DSC_2734.JPG
ゲッ?? 藪デスカ??

DSC_2735.JPG
振り返ると…ヤマノカミサマ ヲ オコラセテハ イケマセン

DSC_2736.JPG
道は間違っていないようです(笑)

DSC_2737.jpg
ひらけた〜(嬉)

DSC_2740.jpg
わっ!鳥居が見えてきました〜。

DSC_2741.JPG
鳥居をくぐって進んでいくと

DSC_2742.JPG
伏見稲荷大社の参道に合流〜!

DSC_2745.jpg
稲荷山山頂に

DSC_2744.JPG
到着〜!前回来た時(5/10第75回)は緊急事態宣言中。今日はGO TOトラベルキャンペーン中…人多い(汗) スグニ オイトマ イタシマス

DSC_2747.JPG
参道からそれると、誰もいません(寂)

DSC_2748.JPG
違う道から行ってみよう!と階段をおりていくと

DSC_2749.JPG
末廣の滝に到着〜!

DSC_2751.JPG
大岩大神方面に

DSC_2754.JPG
進みます。

DSC_2755.JPG
大岩大神に到着〜! ミチ…ハズレテ イマス(汗) 戻って…

DSC_2756.JPG
ここかな??

DSC_2757.JPG
藪に阻まれ…引き返します(汗) ガーン でも…振り返ったからこそ、わかったこと…

DSC_2758.jpg
景色がきれい――!

DSC_2759.JPG
階段地獄を、登り返します(涙)

DSC_2761.JPG
戻ってきました〜(汗) この階段は…二度とおりません(笑) 来た道を、下山します。

DSC_2762.jpg
ここで、ナンパしたら…警察に連絡されます(笑)

DSC_2764.jpg
歩きやすい道〜。

DSC_2767.jpg
水は癒されるなぁ〜(快)

DSC_2771.jpg
今日も無事に下山完了です。

DSC_2774.jpg
雨は…どこにいったのかなぁ(笑) ハレオンナ ケンザイ ノ ヨウ

DSC_2779.JPG
大石神社に戻って…忠臣蔵宝物殿〜!

DSC_27801.jpg
わっ!キ・ム・タ・クが、ここに来たのね〜(輝)

DSC_2781.jpg
内蔵助が作った香炉〜。 コレ!ズコウ ヤバイ系 ジャ ナイ(爆)

DSC_2782.jpg
内蔵助邸の漬物石で、源四郎が作った内蔵助像〜。コチラハ マズマズ(笑) 

DSC_2672.JPG
虫よけスプレーしていたけれど…素晴らしき数…蚊に襲撃されていました(泣) イカレルカタ オキヲツケ クダサイ

※大石神社・岩屋寺に、参拝者用駐車場・トイレあり。
posted by SORA at 20:07| 登山

2020年07月16日

第86回 城山(八木城跡) 春日神社周回

590.jpg

丹波国は都に近かったため、平安時代から寺社などの荘園が多く、既得権益が強く残る地域だったらしい。そのため、有力な戦国大名が育たず、荘園と地方豪族の衝突が相次ぎ、荒廃していたのだとか。そんな丹波を平定した明智光秀(輝) 今日もっ…追います(笑)

DSC_0005.JPG
春日神社から出発します。
1571(元亀2)年9月比叡山焼き討ち後、宇佐山城主だった明智光秀は、織田信長に近江国志賀郡を与えられ、坂本城を築城。志賀郡の平定にあたりました。ココマデ ゼンカイ ノ オサライ(笑)

DSC_0009.jpg
その後…1575(天正3)年1月、信長に丹波平定を命ぜられます。八木城は、氷上の黒井城・多紀の八上城とならぶ、丹波三大山城の1つです。

DSC_0012.jpg
内藤如安(ジョアン)は、八木城主であった内藤国貞の孫(母が国貞の娘)。

DSC_0185.jpg
国貞の死後、実子の貞勝が家督を継ぎ、如安は執政になったのだそう。 ヤギエキ ニ アッタ ジョアン ノ カンバン(輝)

DSC_0018.jpg
京都縦貫道の下をくぐると

DSC_0019.jpg
登山口に到着〜!城山山頂(八木城跡)を目指します。

DSC_0022.JPG
光秀は、黒井城の赤井(荻野)直正にターゲットを絞ったものの、八上城の波多野秀治(ひではる)に反旗を翻され、命からがら坂本城に撤退します(汗)

DSC_0023.JPG
北屋敷群跡に到着〜!内藤家家臣団の屋敷跡らしい。

DSC_0024.JPG
1576(天正4)年4月には天王寺合戦、翌年2月には紀伊雑賀(さいが)攻め、10月には大和信貴山城の戦いに参戦している光秀ですが

DSC_0025.JPG
同じ10月末から、丹波攻略を再開します。メッチャ イソガシイ ヤン

DSC_0026.JPG
第二次丹波攻略は、波多野秀治をターゲットに、周到に準備を進め、慎重に攻略していきます。

DSC_0027.JPG
そのはじまりが、内藤氏一族の居城であった、ここ八木城と亀山城でした。

DSC_0028.JPG
そして、丹波攻略の拠点とするために、光秀は新たに亀山城(第80回)を築城します(1577年)。

DSC_0029.jpg
対面曲輪(くるわ)所跡に到着〜!斜面上の尾根が、大八木但馬之対面所跡らしい。

DSC_0030.JPG
対面曲輪直下の登城道を進みます。

DSC_0034.JPG
1578(天正6)年、赤井(荻野)直正が病死すると、翌年6月八上城を、8月黒井城を落城させるとともに、塩見信房の居城であった横山城も落城させ、福智(知)山城として改修(城代:明智秀満(娘婿))。

DSC_0035.JPG
そして…10月、長きにわたる丹波平定を成し遂げました〜!(輝)

DSC_0036.JPG
信長は「天下の面目をほどこし候」と絶賛!

DSC_0038.JPG
1580(天正8)年8月、丹波一国を与えられ、光秀は全盛期を迎えます!

DSC_0039.jpg
わっ!石垣がでてきました〜(輝)

DSC_0040.JPG
登ると

DSC_0041.JPG
二の丸跡に

DSC_0043.jpg
到着〜!

DSC_0046.jpg
馬屋跡から、もう一段登ると

DSC_0047.jpg
キャ―――!

DSC_0048.JPG
八木城本丸跡〜! そして

DSC_0053.JPG
城山山頂に

DSC_2955.jpg
到着〜!

DSC_3010.jpg
亀岡市内の奥に、明智越え(第80回)〜! メッチャ キレイ〜

DSC_3021.jpg
三郎ヶ岳(第82回)から、牛松山(第80回)〜! 手前は長老ヶ岳〜。

DSC_3019.jpg
三郎ヶ岳の奥に、愛宕山ドドーン!

DSC_3001.jpg
多国山も〜。

DSC_3023.jpg
この絶景を眺めながら、朝Cafeしま〜す。 ノドカ ヤナ〜

DSC_2964.jpg
食パンに、クリームチーズと、たっぷりハチミツをのせたら

DSC_2968.jpg
じっくりと焼きます。できたかなぁ?

DSC_2973.jpg
できた―!

DSC_2987.jpg
ハニークリームチーズホットサンド〜! う〜ん、美味しい〜!(幸)

DSC_0061.jpg
のんびりと朝Cafeを満喫したら、八木城跡を、散策します。

DSC_0068.jpg
本丸から北東方向の階段をおりると

DSC_0069.JPG
ええやん〜(輝)

DSC_0070.jpg
ロープが出てきました〜(嬉)

DSC_0071.JPG
草をかきわけて進むと

DSC_0073.jpg
わぁ〜、またロープ〜(喜)

DSC_0083.jpg
明智の勝ちどき岩に到着〜!

DSC_3027.jpg
段曲輪の先端部です〜!ここで休憩するのもいいね〜(輝) もう1度山頂に戻って…

DSC_0062.JPG
南方向にむかうと…金の間跡〜!

DSC_0067.jpg
本丸の石垣〜(輝)

DSC_0066.JPG
テンションあがる〜!

DSC_0084.JPG
内藤土佐跡を目指します。八木城の曲輪名は、その曲輪を守備していた家臣の名前らしい。

DSC_0085.JPG
岩くだり〜! 楽しい〜!

DSC_0086.JPG
いい感じの道〜。

DSC_0095.jpg
内藤土佐跡に到着〜!

DSC_0091.JPG
分岐まで進んで、引き返します。

DSC_0096.JPG
岩…久しぶり〜(嬉)

DSC_0097.JPG
二の丸跡まで戻ってきました〜!この辺が、内藤和泉跡です。せっかくなので、チョロギ村方面に行ってみます。

DSC_0103.JPG
八木玄蕃(げんば)跡に到着〜! 八木玄蕃は、如安の義兄(父違い)です。

DSC_0106.JPG
段曲輪になっているのが、わかります(輝)

DSC_0108.JPG
神前峠方面に進むと、烏嶽 内藤法雲跡に行けるようですが…

DSC_0109.JPG
妙見道をくだります。

DSC_0110.JPG
ガーン!通行止でした(涙) 二の丸まで戻って

DSC_0112.JPG
妙見宮方面に進みます。

DSC_0114.JPG
わっ!ロープがでてきました〜。

DSC_0115.JPG
ず―っと

DSC_0117.JPG
ず―っと、ロープです(笑)

DSC_0118.jpg
なに?? 姫の洞窟??

DSC_3037.JPG
えっ!姫、ちっちゃ(笑) ハイレマセ〜ン(汗)

DSC_0124.JPG
ロープ〜

DSC_0127.JPG
また、ロープ〜

DSC_0128.JPG
またまた、ロープ〜(笑)

DSC_0129.JPG
なっが―――! こっちのルート…アスレチック感があって、超楽しい〜!

DSC_0132.JPG
分岐に到着〜!

DSC_0134.JPG
妙見宮跡に、行ってみます。

DSC_0137.JPG
ん?? 上?下? 左の登りを選ぶと…

DSC_0140.JPG
洞窟〜。コレナラ ハイレソウ(笑) でも…
左の道は…間違いでした(泣) 戻って…右の道を進みます。

DSC_0143.jpg
な〜んや、マークついてるやん! ロープもあるし(笑)

DSC_0145.JPG
わっ!また洞窟〜。ニホンコバ(第15回)ナラ キット ナマエ ツイテル ネ
そして、再び…ルート選択…間違いでした(泣)

DSC_0147.JPG
戻って…さっきの道を、そのまま進みます。メッチャ イイ ミチ ヤシ(涙) 人生の岐路で迷った時は、難しい道を選びなさいと教わったけど…ヤマ デハ ツウヨウ シマセン(笑)

DSC_0171.jpg
わっ!また、姫の洞窟〜。

DSC_0166.JPG
またまた、姫の洞窟〜。ヒメノ アナ ニ 近づいてみると…

DSC_0149.jpg
すごい勢いで、コウモリが中から飛び出してきました(怖) オヒメサマ イガイ タチイリ キンシ デス(泣)

DSC_0151.JPG
左に進むと

DSC_0154.JPG
なんとっ!(驚)

DSC_0155.jpg
将軍様が、ここにいらしたんですね(輝)

DSC_0159.JPG
麓の石碑には、京の南蛮寺で洗礼を受けたって書いてあったような…。

DSC_0158.JPG
妙見宮跡に到着〜!

DSC_0161.JPG
瀧が流れていますが

DSC_0160.JPG
大変なことになっています(汗)

DSC_0173.JPG
分岐に戻ってきました〜!

DSC_0174.JPG
妙見道を

DSC_0176.JPG
くだっていきます。

DSC_0177.jpg
今日も無事に

DSC_0181.JPG
下山完了です〜!

※春日神社駐車場を利用。西山墓地駐車場もあり。(八木町観光協会より)
posted by SORA at 20:07| 登山

2020年07月12日

第85回 宇佐山〜壺笠山・神輿山〜坂本城址・明智塚〜聖衆来迎寺

LINE_P2020712_161915.jpg

志賀の陣は、比叡山焼き討ちの原因となった戦い。今日はその舞台を中心に、またまた、明智光秀を追います(笑)

DSC_2665.JPG
浅井長政・朝倉義景連合軍の南進に備えるべく、1570(元亀元)年、織田信長の命により森可成(よしなり:森蘭丸の父)が築城した宇佐山城。近江で初めて、石垣によって築城された貴重な城郭らしい。

DSC_2664.JPG
宇佐八幡宮から出発します。

DSC_2667.JPG
御足形〜。1065(治暦(じりゃく)元)年、鎮守府将軍 源頼義が、八幡宮創建の検分をしていた時、この岩の上に神鳩が現れ、建立の地として誘導したのだそう(驚) 健脚を祈り、霊験をうける人が多いのだとか。ソレハ イノッテ オカナケレバ(祈)

DSC_2668.JPG
表参道に進みます。

DSC_2669.jpg
金殿井(かなどのい)〜。

DSC_2736.jpg
第38代天皇 天智天皇(626〜672年) 御平癒の霊泉らしい。スゴイ レキシ(驚)

DSC_2671.JPG
宇佐山城址を目指します!

DSC_2672.JPG
1570(元亀元)年9月、野田城・福島城の戦いに大坂(石山)本願寺が参戦し、信長が摂津に釘付けになっている隙に、浅井・朝倉の連合軍は、手薄な琵琶湖西岸から南進し、京への侵攻を企てました。

DSC_2673.JPG
それを阻止しようと出陣した宇佐山城主 森可成は、討ち死に(涙) 連合軍は宇佐山城に攻めよるものの、落とすことはできず、京の醍醐・山科まで進軍します。

DSC_2674.JPG
報を受けた信長が京へ引き返すと、連合軍は壺笠山城など比叡の山々に布陣し籠城。信長勢も山麓に布陣するものの、反信長の火の手が近江各所であがり、容易には動けず(汗) 結局、両者は山の上下で膠着状態に。

DSC_2675.JPG
将軍 足利義昭の斡旋で、和睦が成立。互いに陣を引き払って、本国に戻ったのだそう。

DSC_2676.JPG
和睦後、宇佐山城には光秀が入城。土豪の懐柔策を進めたのだそう。

DSC_2677.JPG
これが、もともとの“登城道”らしい(嬉)

DSC_2678.jpg
おっ!いよいよ城郭っぽい地形がみえてきました〜。

DSC_2681.jpg
わっ!本丸への階段〜。

DSC_2682.JPG
ここを登るとぉ

DSC_2683.JPG
本丸の跡地に…NHKと民放のアンテナ施設〜(悲)

DSC_2685.JPG
おっ!遺構かな??

DSC_2686.JPG
ここは櫓(やぐら)跡?? 下は二ノ丸〜!

DSC_2687.JPG
二ノ丸方向から見上げる本丸〜。

DSC_2688.jpg
アンテナ施設の床下。これは遺構??

DSC_2691.JPG
本丸から東の下方向〜。

DSC_2694.JPG
あっ!忘れてた(汗) 宇佐山山頂にっ、到着〜!

DSC_2695.JPG
本丸をくだると

DSC_2697.JPG
石垣〜(輝) コノ ホトケサマ ハ イツ ノ ジダイ カラ ヲ ゴゾンジ ナノ デショウ

DSC_2699.JPG
自然石をそのまま積み上げる、野面(のづら)積み〜。

DSC_2700.JPG
穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれる石工集団がいたので、石垣作りはお手のものです。

DSC_2702.JPG
三ノ丸への土橋〜。

DSC_2727.jpg
キャ―――!

DSC_2724.jpg
宇佐山城三ノ丸から北方向の眺望〜! ミツヒデ モ ミタ ケシキ カナア

DSC_2714.jpg
沖島から、長命寺山・奥島山(第48,58,59,65,70回)ソラカナテラス モ〜!(笑) ステキ〜(恋)

DSC_2716.jpg
近江富士(三上山)(第10回) ドドーン!

DSC_2723.jpg
比叡山(第66回)から比良山系〜(美)

DSC_2720.jpg
音羽山(第60回)〜。

DSC_2728.JPG
眺望と歴史を堪能したら

DSC_2729.JPG
下山します。

DSC_2730.JPG
せっかくなので、宇佐八幡宮にも行ってみます。

DSC_2731.JPG
宇佐山城ができる500年以上も前に建立された神社(当時の社殿は戦火で焼失)なんやねぇ。シミジミ

DSC_2738.JPG
宇佐山より、無事に下山完了〜! 次は、連合軍が籠城した壺笠山城址にむかいます。

DSC_2740.JPG
穴太野添(あのうのぞえ)古墳群は、6世紀中旬〜7世紀初旬に造られた180基ほどからなる円墳群で、大津市野添墓地の中に古墳公園として残されています。マア ドッチモ オハカ ヤモン ネ

DSC_2741.JPG
壺笠山へは、墓地の中を通っていきます。ヨル ハ ゼッタイ ニ ムリ(怖)

DSC_2744.JPG
野添第12号墳〜。琵琶湖を眺められる好立地ですが、下は全て墓地です(汗)

DSC_2752.JPG
野添第16号墳の横穴式石室〜。

DSC_2749.jpg
フムフム。

DSC_2754.jpg
平子谷林道を進みます。

DSC_2756.JPG
ここは、近江穴太と京の一乗寺とを結ぶ街道“白鳥(しらとり)越え(古路(ふるみち)越)”の要所に位置し、壺笠山城は、3世紀後半頃に造られた円墳(壺笠山古墳)頂部の平坦部をそのまま本丸として築城されたのだそう。コノヘン イッタイ コフン ダラケ ヤッタン ヤネエ

DSC_2757.JPG
山之大神様〜(祈) ホコラ ノ ウシロ ガ イワクラ ラシイ

DSC_2760.JPG
キャンプができそうな広場もあります〜。

DSC_2766.JPG
ジブリの世界にでてきそう〜(笑)

DSC_2768.JPG
平子谷川の水音を聞きながら進みます。

DSC_2769.JPG
第貳號(だいにごう)橋〜!

DSC_2770.jpg
キャ―!滝〜(輝)

DSC_2772.jpg
こっちも〜!水量も水勢も半端なくて、吸い込まれそうでちょっと怖い反面…

DSC_2773.jpg
たまらなく心地いい〜(幸)

DSC_2776.jpg
ここからしばらくの間

DSC_2777.jpg
沢の音や流れを楽しみながら、進みます。

DSC_2778.jpg
『つまらない林道をひらすら歩く』とレポされている方がおられましたが…全然つまらない林道なんかじゃありません〜(喜)

DSC_2780.jpg
ヘアピンカーブを登っていきます。カーブせずに進むと、京に出ます。

DSC_2782.JPG
連合軍が布陣した、左が青山(あほ山)、右が壺笠山(つぼ笠山)〜!

DSC_2783.JPG
ここから壺笠山に

DSC_2787.jpg
登っていきます。ワクワク

DSC_2788.JPG
マークをたどって歩いていると、なぜかくだりに…(汗)

DSC_2790.JPG
ここはなに?? レスキューポイントのようです(汗) ムダアシ ヲ クッタ ヨウ デスガ…オカゲデ

DSC_2791.jpg
琵琶湖を見ることが

DSC_2792.jpg
できました〜(輝)

DSC_2793.JPG
せっかくなので、ちょっとだけ別の場所から、登り返します(笑)

DSC_2795.JPG
さっき間違えた場所…上にもちゃんとマークがありました(涙) ソラ ソウ ヤンネ

DSC_2796.JPG
このガッツリ急な登り坂を見て、なぜかワクワクしている自分が…怖い(笑)

DSC_2797.JPG
石がゴロゴロ〜。

DSC_2798.JPG
わっ!石垣がでてきました〜(喜)

DSC_2799.JPG
本丸の下をグル〜っと廻ります。

DSC_2805.JPG
わっ!石段〜(輝) センゴク ブショウ タチ ガ トオッタ ミチ〜(嬉)

DSC_2806.JPG
この坂を登ると

DSC_2808.JPG
壺笠山山頂〜および

DSC_2811.jpg
壺笠山古墳 および 壺笠山城址に

DSC_2810.JPG
到着〜!

DSC_2822.JPG
眺望はありません。

DSC_2818.JPG
志賀の陣の和睦後、壺笠山城は光秀によって修復された??カモ(笑)…ショウサイ ハ フメイ ラシイ

DSC_2825.JPG
神輿山へは

DSC_2826.JPG
マークをたどって

DSC_2827.JPG
進んでいきます。

DSC_2829.JPG
ここにも何かあったのかなぁ??

DSC_2833.jpg
わっ!比叡山のお寺が見える〜(嬉) 右には坂本ケーブル ケーブル延暦寺駅(第66回)〜! レンゴウグン ハ エンリャクジ カラ シエン ヲ ウケテ ロウジョウ シテイタ ンヤモンネ

DSC_2836.JPG
神輿山山頂に

DSC_2835.JPG
到着〜!

DSC_2842.JPG
木がなかったら…

DSC_2844.JPG
360度の眺望やのになぁ…。

DSC_2848.JPG
もと来た道を、戻ります。

DSC_2857.JPG
壺笠山より、無事に下山完了〜! 次は、光秀の居城であった坂本城址にむかいます。

DSC_2871.JPG
坂本城址公園に着くと、坂本城を考える会のボランティアガイドさんが、色々と教えてくださいます(嬉)
「どこかに寄って来られましたか?」「宇佐山と壺笠山に登ってきました。」「えっ?城マニアですか?(笑)」 イエ シロマニア デハ アリマセン(笑)

DSC_2868.jpg
1571(元亀2)年9月、比叡山焼き討ちを行った信長は、宇佐山城城主であった光秀に近江国志賀郡を与え、

DSC_2870.jpg
比叡山と山麓の志賀郡一帯のおさえとして、1572(元亀3)年、坂本城を築かせました。

DSC_2858.jpg
城内に琵琶湖の水を引き入れた水城で、高層の大天主と小天主がそびえていたのだそう。宣教師ルイス・フロイスが、“豪壮華麗で安土城につぐ名城”と記す坂本城は、安土城より4年も早くに着工されており、近世の城郭の先駆的な存在だったようです(輝) スバラシ スギル〜

DSC_2872.JPG
二ノ丸跡地にある東南寺〜。坂本城落城の際の死者を弔う首塚があります。

DSC_2875.JPG
二ノ丸の西南端〜。

DSC_2876.JPG
二ノ丸と三ノ丸の間にあった内堀を進みます。

DSC_2877.JPG
三ノ丸の外堀跡〜。

DSC_2880.JPG
三ノ丸跡地にある酒井神社と両社神社〜。

DSC_2881.JPG
現在の本殿は、のちの坂本城主 浅野長政の次男 長晟(ながあきら)が建立したものだそう。

DSC_2883.JPG
明智家の家紋“桔梗紋”〜! ミツヒデロード ヤネ

DSC_2884.JPG
明智塚に到着〜!

DSC_2885.JPG
坂本城落城の際に、脇差(わきさし)名刀の郷義弘(ごうのよしひろ)並びに宝器物を埋めた跡であり、明智一族の墓所であると伝えられているのだそう(祈)

DSC_2886.jpg
いよいよ、本丸跡に到着〜! キーエンスの保養所跡地が、臨時駐車場として開放されています。

DSC_2887.jpg
キャ―――!本丸から眺める景色―――!

DSC_2888.jpg
約20mにわたって残る石垣は、今は…琵琶湖の中(悲)

DSC_2894.jpg
光秀も眺めたであろう対岸の山並み〜!

DSC_2896.jpg
長命寺山から狼煙(のろし)があがると、長浜城の秀吉、安土城の信長、坂本城の光秀、高溝城の織田(津田)信澄、すべてが見ることができたのだそう。スゴーイ

DSC_2892.jpg
坂本城を築城してから、本能寺の変・山崎の戦いまでの10年間にも、素晴らしい功績を残した光秀に…オモイヲ ハセル

DSC_2904.jpg
本丸の後方には比叡山。サカモト ッテ コンナ トコロ ヤッタンヤネエ

DSC_2905.jpg
今日は、琵琶湖畔でランチです〜! ウミ デハ アリマセン ミズウミ デス

DSC_2908.JPG
お餅と水を投入したら

DSC_2909.JPG
あとは待つだけ〜。

DSC_2911.JPG
う〜ん、トロトロになってきた〜(嬉) 水気がなくなったら

DSC_2921.jpg
砂糖きなこをたっぷりと絡めて、きなこ餅の完成〜!

DSC_2923.jpg
う〜ん!美味しい〜! お腹が満たされたら、次は、聖衆来迎寺(しょうじゅらいこうじ)にむかいます。

DSC_2928.JPG
ここには、宇佐山城主であった森可成の墓があったため、比叡山延暦寺の念仏道場であったにもかかわらず、比叡山焼き討ちの際も、難を逃れたのだそう。

DSC_2930.JPG
この門は

DSC_2935.JPG
坂本城の城門を移築したものです(輝)

DSC_2933.JPG
宇佐山城主 森可成のお墓にお参りしたら、ホンジツ ハ コレニテ シュウリョウ〜

※県営都市公園下坂本湖岸緑地公園駐車場にトイレあり。
posted by SORA at 19:07| 登山

2020年07月04日

第84回 成就山

Screenshot_20200704-145705.png

梅雨だし…コロナもまた拡がってきてるし…。今日は、ドラえもんに頼んで、どこでもドアを借りることにしました(笑)

DSC_2622.JPG
世界遺産 真言宗御室派 総本山仁和寺(にんなじ)の二王門から、成就山登山口にむかいます。

DSC_2623.JPG
1827(文政10)年、仁和寺第29世門跡 済仁法親王(さいにんほっしんのう)が、寺侍 久富遠江守文連(ひさとみとおとうみのかみふみつら)に命じ、四国八十八箇所全てのお堂から砂を持ち帰らせ、“写し”であるお堂(札所)を、成就山に建立させたのだとか。オスナ ハ ソレゾレ ノ オドウ ノ シタ ニ オサメラレタ ラシイ

DSC_2624.JPG
四国八十八箇所全てを巡りきると“結願(けちがん)成就”となり、その後、高野山 奥の院 御廟(ごびょう)に詣でて、全ての札所に参れた報告と感謝を弘法大師様にすると“満願成就”となるのだそう。御室八十八ヶ所霊場を結願(けちがん)成就すれば、四国八十八箇所巡礼したのと、同じご利益を得ることができるのだとか。スゴ〜イ

DSC_2625.jpg
人間には88の煩悩(見惑(けんわく):真実の道理を誤認することによって生じる心の迷い)があり、四国八十八箇所を巡ることによって煩悩が消え、願いが叶うのだそう。

DSC_2626.JPG
ではここでぇ…「どこでもドア〜!」

DSC_2627.JPG
ナント!是より、阿波の国(発心の道場)〜、徳島県にきました〜!

DSC_2628.JPG
わぁ〜!

DSC_2629.JPG
いい感じ〜。

DSC_2630.JPG
こんなお山が、あったんやねぇ。

DSC_2645.jpg
キャ――!第23番札所に到着〜!

DSC_2637.jpg
阿波の国から見るぅ

DSC_2642.jpg
京都市内〜(笑)

DSC_2638.jpg
宇多天皇は第59代天皇(867−931年)、村上天皇は第62代天皇(926-967年)。

DSC_2646.JPG
くだっていくと

DSC_2647.JPG
是より、土佐の国(修行の道場)〜、高知県に入りました〜!

DSC_2650.JPG
阿波から土佐かぁ、スゴイな〜(笑)

DSC_2652.JPG
わっ、おっきな岩!

DSC_2660.jpg
第28番札所に到着〜!ベンチがある〜(嬉)

DSC_2654.jpg
キャ――!

DSC_2657.jpg
素敵〜!

DSC_2663.JPG
いい道やねぇ。

DSC_2666.jpg
第33番札所の弘法大師様〜!その目の前には

DSC_2665.jpg
土佐の国から見る、絶景〜(輝)

DSC_2669.JPG
この坂を登ると

DSC_2670.JPG
是より、伊予の国(菩提の道場)〜、愛媛県に入りました〜!

DSC_2673.jpg
双ヶ岡(第74回)、ドドーン!

DSC_2677.JPG
愛宕方面眺め良 歩1分! ソリャ イク デショ

DSC_2679.JPG
1分行くと…行きすぎてしまいます(汗)

DSC_2680.JPG
ここやんね??

DSC_2683.jpg
愛宕山(第76回)〜! チョット クモ ガ カカッテル カナ

DSC_2692.JPG
第47番札所からは

DSC_2694.jpg
北山から、右手 雲の中に、蓬莱山(第79回)から焼杉山〜!

DSC_2696.jpg
第48番札所、成就山山頂に

DSC_2697.jpg
到着〜! カナリ ノ ボウフウ デス(汗)

DSC_2703.jpg
伊予の国から見る、山上ヶ峰から明智越え最高点(第80回)、そして愛宕山(第76回)〜!

DSC_2713.jpg
天王山から、遠くにうっすら生駒山〜!

DSC_2721.jpg
わっ!またベンチがある〜(喜) えっ!!なにここ――!!ヤバイヤバイ

DSC_2729.jpg
180度の

DSC_2739.jpg
大パノラマが

DSC_2733.jpg
広がります―――(輝) ハナレラレナイ〜

DSC_2741.JPG
こんなに眺望がいいお山やったんやねぇ(幸)

DSC_2742.JPG
第53番札所は、この岩を登っていきます(嬉) そして

DSC_2743.JPG
お堂横の狭い道が、順路です(汗) チョット サマヨイ マシタ(笑)

DSC_2744.JPG
わっ!池〜。

DSC_2748.JPG
橋って…どれのことだろう?? 天保7(1836)年って刻まれてる…スゴッ

DSC_2750.JPG
鯉がいました〜。この辺り…チョットおどろおどろしくて…怖い。

DSC_2752.JPG
わっ!水の勢いスゴッ!

DSC_2753.jpg
成就瀧に到着〜! コノアト シバシ サマヨイマス(汗)

DSC_2754.JPG
戻って、左が順路でした(涙)

DSC_2756.JPG
是より、讃岐の国(涅槃の道場)〜、香川県に入りました〜! イヨ カラ サヌキ ノ ケンキョウ ハ タイヘン デシタ(笑)

DSC_2757.JPG
第68番札所は池の上〜! オシャレ ナ ハシ〜

DSC_2758.JPG
第87・88番札所の仏様は、第86番札所におられると書いてあったね(写真4枚目)

DSC_2759.jpg
わっ!立派なお堂〜。お坊さんに誘われるがまま…お堂にむかいます(笑) 右におられる方は、御室ムスメのプロデューサー鈴木龍道さんです。OMURO88プロジェクトについてお話を伺ったあと、本堂にあがらせていただき、お焼香。そして、一緒に祈ってくださいました(嬉)
「87・88番って行けないんですか?あそこが86番ですよね?」「86番のあとに通ってこられたのが87番で…ここが88番です。」エッ(驚)
「結願でございます!おめでごうございます(笑)」とお二人。コエ ソロッテル(笑) ナルホド〜、ソウイウ コト ヤッタン ヤ〜 コウジ ハ シュウリョウ デスネッ

DSC_2761.jpg
国内外の若い世代に来てもらえるように、88の御本尊を擬人化した御室ムスメ(驚)! キャラクター名は、姓は寺名、山号の1字をとって名を つけられたのだそう。キャラクターが持っている物は、各御本尊の特徴を表しているのだとか。

DSC_2762.jpg
1番背の高い、雲辺千風(うんぺんちか)。第66番札所 雲辺寺は、四国八十八箇所のうち、最も標高が高い場所(902m)にあるからなのだそう。長い髪の下の方の白い線は、雲をイメージしているのだとか。ナルホド〜

DSC_2765.jpg
阿波(徳島県)の23ヶ所はすだちの緑、土佐(高知県)の16ヶ所は海の青、伊予(愛媛県)の26ヶ所はみかんの橙、讃岐(香川県)の23ヶ所はうどんの白を、テーマカラーにしたのだそう。ハジメ ハ ビックリ シタケド イロイロ キクト オモシロイ

DSC_2767.JPG
御室八十八ヶ所霊場、結願(けちがん)成就しました〜。

DSC_2771.jpg
仁和寺二王門まで戻って、今日も無事に下山完了です。

※仁和寺二王門駐輪場を利用。御室八十八ヶ所霊場入口にトイレあり。
posted by SORA at 20:07| 登山

2020年06月26日

第83回 信長首洗池〜南禅寺山〜大日山〜神明山〜粟田口刑場跡〜明智光秀の塚

Screenshot_20200626-093942.png

昨日からまた梅雨空…(涙) 雨が降る前に帰ってこられるルート(←ガンボウ)を必死に考案(笑) マタ 光秀シリーズ デ ス(笑) キリンガクル ハヤク サイカイ シナイカナア 
1582(天正10)年6月2日本能寺で主君 織田信長を襲撃した明智光秀は、6月13日山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れ、坂本城を目指す途中の明智藪で最期を迎えました。ダイ80-81カイ ノ オサライ(笑) 胴の行方までは追ったので、今日は首の行方を追います!

DSC_2621.jpg
まずは、織田信長の首を洗ったとされる、信長首洗池から出発します。
ここは、本能寺(跡)から東に50m、元々は後鳥羽上皇御所があった場所です。本能寺の変を聞きつけた 蓮台山 阿弥陀寺(あみだじ)の清玉上人(せいぎょくじょうにん)は、僧徒を引き連れ駆けつけたものの、本能寺は、光秀の軍勢に取り囲まれており、辛うじて中に入れた時には、すでに信長は亡くなっていたのだとか。阿弥陀寺へ持ち帰る前に、この池で、洗われたのでしょうか??

DSC_2623.jpg
ねじりまんぽ から、南禅寺にむかいます。“まんぽ”とは、トンネルのことです。

DSC_2625.jpg
異次元空間への入口 みたいな感じがします(輝) トンネルの上に敷かれたインクラインの重みに耐えられるよう、内壁のレンガが、斜めに巻かれています。スゴーイ

DSC_2626.jpg
臨済宗大本山 南禅寺に到着〜!

DSC_2628.jpg
石川五右衛門の名台詞で有名な 三門〜!

DSC_2629.jpg
キャ―――!見えてきた〜(嬉)

DSC_2633.jpg
疎水水路閣に到着〜! 1888(明治21)年に作られた、全長93.2m、高さ9mのアーチ型橋脚の水道橋。

DSC_2635.jpg
サスペンスドラマでは、犯人が自白する場所です(笑)

DSC_2636.JPG
駒ヶ瀧 最勝院にむかいます。

DSC_2640.jpg
疎水水路閣の上には

DSC_2639.jpg
琵琶湖からの水が通っています(輝) マザーレイク ビワコ アリガタヤ〜

DSC_2641.jpg
最勝院に到着〜!サルスベリ ノ キ ニ ハエタ 縁結びの松〜。

DSC_2642.JPG
やっと、山に入った感じがします(笑)

DSC_2643.JPG
なんだか ちょっと

DSC_2644.JPG
おどろおどろしい雰囲気です。

DSC_2645.JPG
奥の院駒ケ滝に到着〜!

DSC_2647.JPG
独特の空気感があって…これ以上、近づけません(怖) お参りに来られた方に伺うと、子どもの事を祈願するところなのだとか。大日如来と厳島弁財天が祀ってあるそうです。

DSC_2648.JPG
滝の上の道を

DSC_2650.jpg
進んでいきます。

DSC_2651.jpg
倒木も、アーチのオブジェのよう(輝)

DSC_2652.JPG
若王子山(にゃくおうじやま)分岐に到着〜!右の道を

DSC_2653.JPG
進んでいきます。

DSC_2657.jpg
苔もいい感じ〜。

DSC_2659.JPG
桜花苑・熊野若王子神社分岐に到着〜!

DSC_2661.jpg
右の道を進んでいくと

DSC_2662.JPG
京都一周トレイルに合流〜!左に行くと大文字山(第29回)です。

DSC_2666.JPG
右に進み

DSC_2668.JPG
大日山を目指します。

DSC_2688.JPG
わっ!展望所―――!

DSC_2680.jpg
キャ―――!ウソミタイニ 晴れてきた――! ダレカ ミテマシタカ??(笑) メッチャ アオゾラ ヤン〜(輝)

DSC_2675.jpg
右手前に平安神宮大鳥居〜!真ん中にズドーンと御池通〜!その右には京都御苑、そして信長を祀る建勲神社のある船岡山(第74回)〜!

DSC_2682.jpg
吉田山(第74回)、ドドーン! 眺望期待してなかっただけに、めっちゃ嬉しい〜(喜)

DSC_2686.jpg
ハートの額縁〜! ジカン ツカイスギ〜(笑)

DSC_2689.JPG
あれっ?? 大日山の山頂看板…見落としたカナ(汗) マッ イイカ(笑)

DSC_2690.JPG
七福思案処(しちふくしあんどころ)へむかいます。

DSC_2692.jpg
わっ!また眺望〜(輝)

DSC_2696.jpg
山科方面〜!

DSC_2700.JPG
わぁ〜(喜)

DSC_2701.jpg
いい感じの

DSC_2702.JPG
道〜! ルンルン〜

DSC_2704.jpg
ん?? 展望所?

DSC_2706.jpg
おおぉ〜!目の前にも〜

DSC_2711.jpg
ジャ―ン!

DSC_2714.JPG
この道

DSC_2717.jpg
ええわぁ(好)

DSC_2718.JPG
くだっていくと

DSC_2719.JPG
七福思案処に到着〜! オミセ ミタイナ ナマエヤネ

DSC_2722.JPG
神明山(しんめいやま)を目指します。

DSC_2726.JPG
けっこう急な坂を

DSC_2727.JPG
登っていくと

DSC_2728.JPG
神明山山頂に

DSC_2729.JPG
到着〜!

DSC_2730.JPG
眺望はありません。

DSC_2736.JPG
伊勢神宮遥拝所?? 行ってみま〜す。

DSC_2737.jpg
ホ〜(驚) 伊勢の方向を向き、遥かに伊勢神宮を拝む場所。

DSC_2740.jpg
伊勢神宮遥拝所からの眺望〜(輝)

DSC_2742.JPG
戻って、日向(ひむかい)大神宮にむかいます。

DSC_2745.JPG
日向大神宮に到着〜!第23代天皇 顕宗(けんぞう)天皇の御代(485〜487年)、筑紫(つくし)の高千穂の峯の神蹟を移して、創建されたのだとか。

DSC_2751.JPG
天津彦火瓊々杵尊(アマツヒコホニニギノミコト)と天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)を御祭神とする外宮(げく)(祈)

DSC_2752.JPG
匂玉(まがたま)池で、なんとなく空気が変わります。フシギ

DSC_2753.JPG
天照大御神(アマテラスオオミカミ)と宗像三女神(ムナカタサンジョシン)を御祭神とする内宮(ないく)(祈)

DSC_2755.JPG
天の岩戸にむかいます。

DSC_2756.JPG
天の岩戸くぐり??

DSC_2757.JPG
ちょっと怖い…(汗)

DSC_2758.JPG
開運厄除けの神様(祈)

DSC_2760.JPG
でてきました〜。ホッ

DSC_2762.JPG
九条山(地名)に

DSC_2763.jpg
むかいます。

DSC_2765.JPG
九条山 車石に到着〜!

DSC_2764.JPG
江戸時代、京都周辺の三街道には、人や馬が通る道とは別に、牛車が通る車道があったのだとか。そこに二列に敷かれた花崗岩の石を、車石と呼んだのだそう。

DSC_2770.JPG
粟田口刑場跡に到着〜!

DSC_2773.JPG
光秀の首は、胴とつなぎあわされ、光秀の重臣 斎藤利三(としみつ)とともに、ここにさらされたのだそう。

DSC_2777.JPG
明智光秀の塚にむかいます。

DSC_2778.JPG
こんな街中に、アオサギが!(驚)

DSC_2780.JPG
路地を入っていきます。

DSC_2781.JPG
明智光秀の塚に到着〜!

DSC_2784.JPG
粟田口でさらされたご遺体は

DSC_2786.JPG
再び、首と胴とにわけられたのでしょうか??

DSC_2787.jpg
命がけで世の中を変えようとしてくださった先人に…尊敬と感謝の念を込めて…祈

※南禅寺参拝者用駐輪場を利用。南禅寺・日向大神宮にトイレあり。
posted by SORA at 20:06| 登山

2020年06月20日

第82回 三郎ヶ岳〜呉弥山〜御蔭山

Screenshot_20200620-161505.png

今日行くことに決めていたお山…なんと…なんと…昨晩、たまたま見たサイトで…6月8日から20日まで、補修作業のため立入禁止だとぉ―。ぃえ――!!モウ 22:30 ナンヤケド…(汗) まあ、行ってから知るより、よかったか…(泣) 急遽、行先変更で〜す。

DSC_2622.JPG
水鳥公園駐車場から、三郎ヶ岳登山口にむかいます。

DSC_2626.jpg
防獣フェンスを開けて

DSC_2629.JPG
マークをたどりながら

DSC_2632.JPG
進んでいきます。

DSC_2635.jpg
のどか〜。

DSC_2636.jpg
けっこう急な坂を

DSC_2638.jpg
登っていきます。

DSC_2640.jpg
途切れなくマークがついているので、ストレスフリーです(笑)

DSC_2645.jpg
わっ、なんか見えてきた〜。

DSC_2647.jpg
キャ―――!

DSC_2655.jpg
ここは

DSC_2661.jpg
パラグライダーの

DSC_2666.jpg
離陸基地です〜!

DSC_2658.jpg
180度の絶景が

DSC_2659.jpg
広がります。

DSC_2684.jpg
キャ――!ここから飛び立つんやねぇ〜(輝) キモチイイ ヤロウ ナア

DSC_2728.jpg
平の沢池の下池・中池に、上池〜!左奥には、行者山〜!その奥には半国山(第77回)〜!ステキ〜

DSC_2733.jpg
あとで登る呉弥山(ごややま)〜!

DSC_2676.jpg
この絶景を眺めながら、朝Cafeしま〜す(嬉)

DSC_2689.jpg
食パンにバターを塗ったら

DSC_2696.jpg
黒豆とクリームチーズをのせて

DSC_2698.jpg
じっくりと焼きます。 ワクワク

DSC_2705.jpg
できたかなぁ? ウ-ン イイ ニオイ〜

DSC_2714.jpg
クリームチーズ黒豆のホットサンド、完成〜! う〜ん、美味しい〜!

DSC_2735.jpg
景色と珈琲を堪能したら…名残りを惜しみながら

DSC_2738.JPG
三郎ヶ岳山頂にむかいます。

DSC_2739.JPG
左の道を

DSC_2740.JPG
進んでいくと

DSC_2742.JPG
わっ、なんかひらけた〜。

DSC_2744.JPG
ん??

DSC_2748.jpg
三郎ヶ岳山頂に

DSC_2745.JPG
到着〜!

DSC_2751.JPG
眺望は、ありません。

DSC_2753.JPG
マークをたどりながら、くだっていくと

DSC_2756.jpg
あれって、愛宕山(第76回)やんねっ??(輝)

DSC_2758.JPG
歩きやすい道です。

DSC_2759.JPG
ん?? 『↑正面、三郎ヶ岳』って……木が茂りすぎ〜(汗)

DSC_2760.JPG
少し進んだところから、ようやく見えました(笑)

DSC_2762.jpg
いい道やね〜。

DSC_2767.jpg
案内板もマークもしっかりあって、登りやすいお山やのに、なんでYAMAPにルートないんやろぉ…。

DSC_2770.JPG
展望所??

DSC_2772.JPG
京都府立南丹高校が見えます。

DSC_2774.JPG
どんどん

DSC_2776.JPG
くだっていくと

DSC_2779.JPG
三郎ヶ岳登山口に出てきました〜。

DSC_2788.JPG
呉弥山にむかいます。

DSC_2790.jpg
キャ―――!きれい〜(輝) 牛松山(第80回)〜!

DSC_2792.JPG
下池(東側)〜!ハスの花、もう咲いているのもあるねぇ(輝)

DSC_2793.jpg
華島の妖精…らしい(笑)

DSC_2794.JPG
下池(西側)に、奥が中池〜!

DSC_2795.JPG
とある方のレポによると…呉弥山へは、池尻天満宮の拝殿の左から登れるらしい。

DSC_2797.JPG
ここかな??

DSC_2799.jpg
しばらく進んでみますが…防獣フェンスに阻まれ……あきらめます(泣)

DSC_2800.JPG
呉弥山の東側にある 多賀・金刀比羅・秋葉社に、行ってみます。スゴイ ナマエ ノ ジンジャ ヤネ 

DSC_2802.JPG
わっ!道あるやん〜(輝) アキラメテイマセン(笑)

DSC_2803.JPG
拝殿の左の道を、進んでいきます。

DSC_2806.JPG
途中から、道らしき道はなくなりますが

DSC_2808.jpg
迷うことなく、登っていけます。

DSC_2809.JPG
わっ、なんか見えてきた〜。

DSC_2810.JPG
廃墟でした。ナニニ ツカワレテ イタ ノカナア 呉弥山山頂に

DSC_2811.JPG
到着〜! 眺望は、ありません。

DSC_2813.JPG
道なき道をぬけると

DSC_2814.JPG
道がでてきます〜(笑)

DSC_2816.jpg
上池に到着〜!

DSC_2818.JPG
ここから、水鳥の道に抜けようと思っていたけれど…立入禁止でした(汗)

DSC_2819.JPG
ガーン!! 中池と下池の間の道も、立入禁止でした(泣) 大まわりついでに…日本一の縁結び(ホンマ??)出雲大神宮まで、歩くことにします。

DSC_2821.jpg
千歳車塚古墳に到着〜!6世紀前半(古墳時代後期前半)に造られたとされる前方後円墳で、倭彦王(やまとひこのおおきみ:第14代仲哀(ちゅうあい)天皇5世孫)の墓とする説が有力らしい。

DSC_2823.JPG
出雲大神宮は、スピリチュアルカウンセラー江原啓之や風水師Dr.コパらが

DSC_2825.JPG
“京都一のパワースポット”として紹介してから、急激に参拝者が増えたのだとか。シラナカッタ

DSC_2827.jpg
出雲大神宮に到着〜!

DSC_2840.jpg
フランス“聖ルルドの泉”と同じ、正六角形の水結晶をもつ“真名井の泉”
古来より、御神体山 御蔭山から絶えず湧き出ている清き霊水なのだとか。

DSC_2843.JPG
国常立尊(クニノトコタチノミコト)がお鎮まりになる御神体として、この山が信仰されていたのは、社殿創建より1万年以上前なのだとか。ソウゾウ ガ ツカナイ(汗)

DSC_2846.JPG
パワースポットに入っていきます。シンセイナ バジョ ナノデ ショウサイ ハ アエテ ノセマセン

DSC_2851.jpg
ここからは、たすきが必要です。

DSC_2853.JPG
なんともいえない不思議な空気感を味わえます。

DSC_2854.JPG
御神座 磐座群があります。アリガタイ パワーヲ イタダキ マシタ

DSC_2862.JPG
島根県の出雲大社は、明治時代初期まで杵築(きづき)大社と呼ばれており、江戸時代末までは“出雲の神”といえば、ここを指していたのだとか。それゆえに“元出雲”とも呼ばれているのだそう。ナルホド〜

DSC_2866.JPG
弁財天社と御神体山 御蔭山〜!

DSC_2872.jpg
三郎ヶ岳が見えてきました〜。パラグライダー離陸基地も見えます〜(輝)

DSC_2873.jpg
中池に、呉弥山〜!

DSC_2874.jpg
水鳥公園駐車場に戻ってきました〜!今日も無事に下山(?)完了です〜。

※水鳥公園駐車場、出雲大神宮にトイレあり。
posted by SORA at 20:06| 登山

2020年06月13日

第81回 大岩山〜明智藪〜胴塚〜小栗栖城跡〜本経寺

Screenshot_20200613-133906.png

1582(天正10)年6月13日は、山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れた明智光秀が、勝龍寺城から坂本城を目指す途中の小栗栖で、織田信長の近臣に討たれた日。梅雨入りしてしまったけれど…どうせ行くなら、今日やんね!

DSC_2621.JPG
明智光秀の供養塔のある本経寺から、まずは大岩街道登山口にむかいます。

DSC_2625.jpg
小栗栖(おぐりす)の住宅街をぬけると

DSC_2626.jpg
弘法大師杖の水に到着〜!

DSC_2627.jpg
弘法大師は、この道を何度も通って法淋寺や醍醐寺に行かれたのだそう。その際、杖の先で掘られた穴から、神泉が湧き出てきたのだとか。スゴッ

DSC_2628.jpg
登っていくと

DSC_2631.jpg
キャ――! 時代劇の中に入ったみたい〜。

DSC_2633.jpg
明智光秀も通った道。 思いをはせながら、歩きます。

DSC_2634.jpg
京都1周トレイル&深草トレイルに合流〜!

DSC_2637.jpg
これって…中生代(約2億5217万年前〜約6600万年前)の海底に堆積した丹波層群カナア??

DSC_2638.jpg
太陽光発電〜! ミツヒデ ガ ミタラ ビックリ スル ダロウ ナア(笑)

DSC_2657.jpg
キャ―――! 天王山に、伏見桃山城〜!

DSC_2655.jpg
光秀は、天下分け目の天王山で戦ったあと、ここを通って、坂本城へむかったんやねぇ。シミジミ

DSC_2659.jpg
大岩山展望所に到着〜! ここは、知る人ぞ知る京都の穴場夜景スポット(輝) マサカ アルイテ ノボル ヒガ クルナンテ オモッテモ ミナカッタ(笑)

DSC_2660.jpg
左奥には、あべのハルカス〜! 今日って…大雨予報じゃなかったっけ??(笑)

DSC_2641.jpg
正面に半国山(第77回)〜! そして、嵐山から、光秀が信仰した愛宕山(第76回)〜! ヤバイヤバイ マダ シュッパツチテン ニ ツイテナイノニ ジカン ツカイスギ(汗)

DSC_2666.JPG
とりあえず(笑)…麓まで、おりてきました〜!

DSC_2667.JPG
大岩街道登山口〜(嬉)

DSC_2668.JPG
では、あらためて…大岩山に登ります(笑)

DSC_2670.JPG
深草山の主峰である大岩山は、

DSC_2671.JPG
徳川家康上洛の際、乗馬の飼草(かいぐさ)をまかなったことから、御草山とも呼ばれるらしい。

DSC_2673.jpg
わっ!滝〜(輝)

DSC_2674.JPG
6月2日本能寺の変、そして、6月13日山崎の戦い

DSC_2676.JPG
心も体も、きっと、疲れ果ててただろうなぁ…。

DSC_2678.JPG
マムシ(怖)…出てきませんように(祈)

DSC_2679.JPG
橋を渡ると

DSC_2680.jpg
池に到着〜! ミズノ ナカカラ ナニカガ トビハネマス(怖)

DSC_2682.jpg
光秀は、この池に武具を沈めたのだとか。 ミツケタラ オタカラ ヤネ

DSC_2683.JPG
白姫龍神大神様〜。

DSC_2685.JPG
わぁ――! すご〜い(輝) 京都出身の日本画家 堂本印象が寄進した大鳥居(第一鳥居)〜!

DSC_2686.JPG
印象の母は、幼い頃から病弱だったわが子の健康を願い、熱心に大岩神社に通われたのだそう。病気平癒と母への感謝の気持ちとして、1962(昭和37)年に寄進されたのだとか。

DSC_2687.JPG
大岩神社は、難病、特に心の病や、昔は不治の病であった結核平癒にご利益があるとして

DSC_2691.JPG
かつては、多くの参拝者で、にぎわったようですが

DSC_2692.JPG
今は、荒廃が進んでいます。

DSC_2693.JPG
大岩山展望所に行く前に

DSC_2695.jpg
大岩神社にむかいます。

DSC_2696.JPG
男神様の大岩〜。

DSC_2701.JPG
女神様の小岩〜。ホコラ ノ ウシロ ニ イワクラ ガ アリマス

DSC_2698.JPG
堂本印象が寄進した第二鳥居〜!

DSC_2700.jpg
何十年と、毎月参拝に来ているという和歌山のご夫妻に、大岩神社の変遷を聞くことができました。この建物には、神主様が常駐されていたのだとか。

DSC_2703.jpg
大岩山展望所(山頂)に

DSC_2712.JPG
今日2度目の(笑)、到着〜!

DSC_2715.jpg
天王山から大岩山まで来ると、あとは小栗栖を経て醍醐の山に登り

DSC_2720.JPG
笠取山から石山に抜けるのが

DSC_2727.jpg
近江への最短ルートらしい。

DSC_2729.jpg
光秀終焉の地までのルートを

DSC_2730.jpg
たどっていきます。

DSC_2731.jpg
小雨が降る中、近臣10数名とともに

DSC_2733.jpg
小栗栖にむけて通ったといわれる竹藪。

DSC_2736.JPG
必死に走ったんだろうなぁ…。

DSC_2738.JPG
弘法大師杖の水まで、戻ってきました〜。

DSC_2740.jpg
明智藪に進みます。

DSC_2743.JPG
石碑から

DSC_2744.JPG
左に30m

DSC_2746.JPG
進むと

DSC_2752.JPG
明智藪。ここで光秀は…信長の近臣 小栗栖城の武士集団飯田一党に討たれたんやねぇ(涙)

DSC_2751.jpg
竹槍に刺されて重傷を負った光秀は その場で自害し、家臣 溝尾茂朝(しげとも)によって介錯されたらしい(泣)

DSC_2754.jpg
光秀の胴を埋葬した胴塚にむかいます。

DSC_2756.jpg
新小栗栖街道を進んでいくと…あれかな??

DSC_2759.JPG
光秀の胴塚です(祈)

DSC_2760.JPG
小栗栖城跡にむかいます。

DSC_2762.JPG
864(貞観4)年、男山八幡宮の分霊を迎え、創建された小栗栖八幡宮。

DSC_2764.JPG
戦国時代には、地頭の飯田氏が、小栗栖城主として城砦を構えていたのだとか。

DSC_2765.JPG
今は、石垣だけが残っています。

DSC_2766.JPG
久遠山 本経寺に到着〜。

DSC_2772.JPG
本堂の左手に

DSC_2773.JPG
光秀の供養塔があります(祈)

DSC_2774.jpg
先週に引き続き、光秀に、たっぷりと浸れるルートでした。

DSC_2775.jpg
今日も無事に、下山(?)完了です。

※本経寺に駐車場あり。
posted by SORA at 20:06| 登山

2020年06月06日

第80回 明智越〜高瀬山〜神明峠〜愛宕谷川〜牛松山 

dsc.png

1582(天正10)年6月2日は、明智光秀が、本能寺に滞在中の主君 織田信長を襲撃した日。
備中高松で毛利軍と対峙している羽柴秀吉の援軍を命ぜられた光秀は、5月17日坂本城に入った後、26日亀山城に戻り、翌日には戦勝祈願のため、愛宕山(第76回)に詣で、参籠(さんろう)したのだそう。その時に通ったとされる道が“明智越”。本能寺攻めの際、三隊に分けられた軍のうち、光秀自身が指揮した隊が、本能寺へむかった道でもあるらしい。今日は、光秀に思いをはせながら、明智越からのスタートです。

DSC_2616.jpg
光秀の居城 亀山城跡である南郷公園〜。

DSC_2618.JPG
牛松山登山口駐車場から

DSC_2619.JPG
明智越登山口に、むかいます。

DSC_2621.jpg
要所要所に、保津百景道しるべが立っています。

DSC_2623.JPG
明智越登山口

DSC_2625.jpg
通称 簾戸口(すどぐち)に到着〜!

DSC_2627.JPG
光秀は、どんな思いで、この道に入ったのかなぁ…。

DSC_2628.jpg
ほどなくして、保津城跡に到着〜!築城時期や城主などは明らかになっていないようですが、南北朝時代には存在していたらしい。イマ ッテ レイワ ヤネ(笑)

DSC_2631.JPG
帯解け石に到着〜!山から芝や薪を背負ってきた保津の村人が、家に帰る前に一服する場所だったらしい。

DSC_2632.jpg
進んでいくと

DSC_2633.JPG
眺望の地 大見晴らしに到着〜!でも…

DSC_2634.jpg
眺望はありません(泣) 光秀に攻められ、餘部(あまるべ)城(丸岡城)から落ち延びてきた福井因幡守貞政の子どもたちは、この場所から落城する火の手を見て、自害したのだそう。イマナラ ミエナカッタ ノニネ

DSC_2637.JPG
歴史が

DSC_2641.JPG
つまった場所です。

DSC_2642.JPG
石堂古墳は、2005(平成17)年に発見された39mの前方後円墳で、場所はここよりも手前?? 昔、水尾と保津で喧嘩が起こった際、水尾の石堂丸が、保津の人を殺してしまい「山の神として祀ってくれ。」と言い残して処刑されたのだとか。保津では石堂丸のことを“いしだぁはん”と呼んでいるのだそう。

DSC_2645.JPG
峯の堂は、ここで隠遁(いんとん)生活を送っていた第56代天皇 清和天皇が、お祀りされていた場所。光秀は、5月27日愛宕山参籠の帰り道、ここ峯の堂にも、本能寺攻め必勝の祈願をこめたのだそう。

DSC_2646.JPG
円丘って、これのことかな??

DSC_2648.JPG
進んでいくと

DSC_2650.JPG
鐘撞堂跡に到着〜!ここに番人がいて、外敵が侵入すると、警鐘を鳴らしたのだとか。

DSC_2651.jpg
あとで登る 牛松山〜。

DSC_2652.JPG
気持ちのいい

DSC_2655.JPG
尾根道歩きです(嬉)

DSC_2660.jpg
京都市内方面〜。スイボクガ ミタイデ キレイ〜

DSC_2661.jpg
嵐山山系??

DSC_2663.JPG
土用の霊泉に到着〜!

DSC_2665.JPG
かつては、夏の暑い土用にも涸れなかった清水。本能寺攻めの際、光秀は、止血の37草をこの水に浸したのだそう。

DSC_2670.JPG
左の道を進みます。

DSC_2672.JPG
かわいい看板〜。

DSC_2675.JPG
わっ、一本道〜。

DSC_2677.jpg
鉄塔が見えてきました〜。

DSC_2682.jpg
亀岡市内〜。

DSC_2683.JPG
明智越を

DSC_2684.JPG
進みます。

DSC_2685.JPG
神明峠と明智越の分岐に到着〜!明智越方面に進み

DSC_2687.JPG
高瀬山をめざします。コノ バショ ダケ メッチャ リボン オオイ(笑)

DSC_2689.jpg
愛宕山(第76回)が見えてきました〜。

DSC_2692.JPG
光秀は、愛宕山を見ながら

DSC_2693.JPG
何を思ったのだろう。シミジミ

DSC_2695.JPG
ここから、右の道を

DSC_2696.JPG
進んでいきます。

DSC_2699.JPG
高瀬山 山頂に

DSC_2698.JPG
到着〜!

DSC_2700.JPG
眺望はありません。

DSC_2703.jpg
来た道を

DSC_2706.jpg
戻ります。

DSC_2709.JPG
400mピークまで戻ってきました〜。

DSC_2710.JPG
今度は、神明峠方面に進みます。

DSC_2711.jpg
愛宕山(第76回) ドドーン(輝)

DSC_2719.JPG
わっ!なにここ〜!

DSC_2726.jpg
キャ―――!

DSC_2724.jpg
360度の

DSC_2721.jpg
大パノラマです〜!

DSC_2733.JPG
ここで、お昼ごはんにしたいくらいの、大展望が広がります(輝) アケチゴエ ノ ヒトタチ ニモ ココニハ タチヨッテホシイ ナッ

DSC_2737.JPG
いい感じの道〜(嬉)

DSC_2739.JPG
水尾から神明峠を経て、走ってこられたMTBのお兄さんに

DSC_2747.JPG
MTBの魅力を教えていただきました(笑) ヤマッテ ホント イロンナ タノシミカタガ アルンヤネ〜

DSC_2748.JPG
牛松山と神明峠の分岐に到着〜!

DSC_2750.JPG
左の道を進んでいきます。YAMAPでは、破線ルートです(汗)

DSC_2751.JPG
ここまでは、なんなく来られましたが… ココ マーク アルノニ(涙)

DSC_2752.JPG
この先、よくわからず(泣) 引き返して、神明峠から大廻りすることにします。ソノホウガ キット ハヤイ ハズ

DSC_2753.JPG
蜂さん、いませんようにっ。

DSC_2756.JPG
地蔵山(第76回)ドドーン!

DSC_2757.JPG
わっ、なにこの広場〜。

DSC_2758.JPG
舗装路が見えてきました〜。

DSC_2760.JPG
神明峠に到着〜!

DSC_2761.JPG
ここから愛宕谷林道に入っていきます。

DSC_2766.jpg
キャ――!きれい〜!

DSC_2765.jpg
ため池が2つありました〜(輝)

DSC_2768.JPG
遠廻りも…悪いことばかりでは、ありません(笑)

DSC_2771.JPG
愛宕谷川を渡り

DSC_2773.JPG
もう1度、牛松山への破線ルートにチャレンジします。

DSC_2775.JPG
めっちゃいい道やん〜!

DSC_2776.JPG
ん?? ちょっと細くなってきた?? マダ ダイジョウブ

DSC_2778.JPG
随分進んだところで…倒木に阻まれ…道もよくわからず…引き返します(泣)

DSC_2779.JPG
こんなにいい登山口やのに…(涙)

DSC_2780.JPG
北から牛松山に登るルートはあきらめ、愛宕谷林道を一旦下までくだることにします(汗)

DSC_2783.JPG
愛宕谷川沿いのこの道…

DSC_2784.JPG
実は、めっちゃええやん〜(笑)

DSC_2787.jpg
わっ!滝――!(喜)

DSC_2788.jpg
なになに?? この下、不動の滝?? モチロン 行ってみます!

DSC_2789.JPG
キャ―――!

DSC_2791.jpg
素敵―――!!

DSC_2793.jpg
ヤバイ、時間めっちゃおしてるのに…(笑)

DSC_2795.JPG
「誰や!道の真ん中に、ウ〇コして!」と思ったら…今年2回目のヘビでした〜(怖) ウ〇コだと思って(笑)じっと見たからか、動き始めました。ギャ――

DSC_2796.JPG
おりてくると

DSC_2797.JPG
金比羅神社参拝無料休憩所…ラシイ。コワクテ アケラレナイ

DSC_2799.JPG
ん?金刀比羅(ことひら)神社?? マア イイヤ…牛松山にむかいます。

DSC_2800.JPG
金毘羅宮参道を登っていきます。

DSC_2801.JPG
牛松山登山口手前の福性寺〜。

DSC_2802.JPG
さて、駐車場まで戻ってきましたよ。登るか?帰るか? …登ります!(笑)

DSC_2803.JPG
予想以上に…急坂です(汗)

DSC_2806.JPG
一丁、二丁、三丁と

DSC_2810.JPG
刻んでいくタイプのお山です。

DSC_2813.jpg
わっ、亀岡市内〜。サンガスタジアム、ドドーン!

DSC_2814.JPG
十丁が山頂では…ありません(汗)

DSC_2819.jpg
十四丁から、嵐山方面〜。

DSC_0002.JPG
ん?? 階段??

DSC_0003.JPG
いったい、何丁まであるねん〜(汗) アツクテ アセガ トマリマセン

DSC_0005.JPG
おっ!鳥居が見えてきました〜(嬉) 十八丁が最後かな??

DSC_0006.JPG
金刀比羅神社に、到着〜!

DSC_0008.JPG
金刀比羅神社は、船の神様として、保津川下りの船頭衆に信仰されている神社なのだとか。

DSC_0007.JPG
休憩所には、安全祈願の奉納船が吊るされています。

DSC_0009.JPG
三角点をめざします。

DSC_0013.JPG
牛松山 三角点に

DSC_0012.JPG
到着〜!

DSC_0014.JPG
牛松山 山頂にむかいます。

DSC_0015.JPG
あのピークかな??

DSC_0016.JPG
NHKのパラボラアンテナらしい。

DSC_0018.JPG
牛松山 山頂に到着〜!それほど眺望もないので

DSC_0019.JPG
もと来た道を

DSC_0020.JPG
くだります。

DSC_2821.JPG
亀岡市内を

DSC_0022.jpg
180度

DSC_2823.JPG
見渡せる 

DSC_0021.jpg
ここで、お昼ごはんにしま〜す!

DSC_0027.jpg
今日のお昼は…とん平焼き〜!

DSC_0029.jpg
千切りキャベツ盛り盛りの上に

DSC_0033.jpg
焼いた豚バラをのせたら

DSC_0035.jpg
上から溶き卵を投入〜。

DSC_0042.JPG
じっくりと焼きます。ウ〜ン、イイニオイガ シテキタ〜

DSC_0046.jpg
できたかな?

DSC_00551.jpg
ソースとマヨネーズをたっぷりかけたら

DSC_00611.jpg
かつお節をふりかけて、完成〜! う〜ん、美味しい〜! くつろぎの珈琲タイムをすませたら

DSC_0064.JPG
あとはくだるだけ〜(笑)

DSC_0066.JPG
今日も無事に下山完了です〜! 予定外のルートになったため…過去最長の19.7kmでした(汗)

DSC_0068.jpg
最後は、本能寺跡で終了〜!

※牛松山登山口駐車場(獣害防止扉の先にある)を利用。6台程度駐車可。
posted by SORA at 20:06| 登山

2020年05月28日

第79回 打見山〜蓬莱山 葛川坊村〜白滝谷コースピストン

_20200528_225713.JPG

今年の梅雨入りは、早いらしい…(汗) そんな中、今日は、雲ひとつない青空が広がるとの天気予報(嬉) 晴れ渡る日に登ってみたかった お山に、行ってきます。

CIMG0220.JPG
ここは、私にとって…登山の原点ともいうべき場所(第2回)。

CIMG0222.JPG
まずは、牛(うし)コバを目指して、出発します。

CIMG0223.JPG
沢沿いの林道を、登っていきます。

CIMG0225.JPG
小さな落石がたくさん転がっていて、ちょっと怖い…(汗)

CIMG0227.JPG
二の滝御摩堂に到着〜!比叡山四峰行者が、煩悩を焼き尽くすために、護摩を修(ずす)す道場なのだそう。

CIMG0229.JPG
ここから、三の滝(別名:不動滝)に

CIMG0232.JPG
おりていきます。

CIMG0235.JPG
わっ!見えてきた〜(嬉)

CIMG0239.jpg
三の滝に到着〜!水量と水勢がスゴすぎて

CIMG0240.jpg
真っ白な束になって落ちてきます(輝)

CIMG0270.jpg
三の滝水広場に到着〜!三の滝の源水らしい。

CIMG0271.jpg
伊藤新道出合に到着〜!伊藤新道は、道が不明瞭なようなので…行きません。イヤ…イケマセン(汗)

CIMG0274.JPG
口ノ深谷に到着〜!沢登りの入口のようです。

CIMG0273.jpg
右からも左からも、勢いのよい水音が、響いてきます。

CIMG0276.jpg
朝の木漏れ日も

CIMG0278.jpg
素敵です(輝)

CIMG0281.jpg
牛コバに到着〜! コバとは、山用語で“休憩場”のことらしい。

CIMG0284.jpg
夫婦滝にむかいます。

CIMG0287.jpg
比良山系は

CIMG0291.jpg
やっぱりスケールがおっき〜。

CIMG0293.jpg
落ちないように気を付けながら(汗)、左岸から右岸に渡渉すると

CIMG0294.JPG
目の前 一面が、緑色です〜!スゴーイ

CIMG0296.jpg
ちょっと怖い橋を渡り(笑)

CIMG0298.jpg
今度は、右岸から左岸に、渡渉します。

CIMG0300.jpg
だんだんと、岩が、大きくなってきます。

CIMG0304.jpg
ん?? このはしご いる??(笑)

DSC_2798.jpg
布ヶ滝〜。

DSC_2617.jpg
絵になる

DSC_2618.jpg
景色が

DSC_2620.jpg
続きます(輝)

DSC_2622.jpg
白髭淵に到着〜! ここから川におりると、白滝があるそうです。シラナカッタ…(汗)

DSC_2623.jpg
マークをたどりながら

DSC_2624.jpg
進んでいくと

DSC_2625.jpg
YAMAPのルートからは……はずれていきます(泣)

DSC_2628.jpg
いつの間にやら…夫婦滝を通り過ぎていました(涙) カエリ ニ ゼッタイ イキマス!

DSC_2633.jpg
炭焼跡に到着〜!

DSC_2634.jpg
あれっ??夫婦滝??と思ったら…夫婦ヶ淵でした(汗)

DSC_2635.jpg
ん??白髭淵って…さっきあったけど…いやっ、ここは白髭ノ淵??

DSC_2636.jpg
出逢ノ滝?? タキ… ドコ??

DSC_2639.jpg
ん?橋?? 肝心なところに…かかってなくない??

DSC_2640.jpg
大神橋って名前がついてるんやぁ(笑) アトデ シラベルト…崩壊後の残骸のようです。

DSC_2641.JPG
こっちは、しっかりとした橋

DSC_2642.JPG
乙女橋〜。そして…

DSC_2644.JPG
イワナ橋〜。

DSC_2645.jpg
あちこちに、クリンソウが咲き乱れています。

DSC_2647.jpg
“これより、つれづれ漫歩(まんぽ)道”の表記が。 あてもなくブラブラと歩き回ることを、漫歩というらしい…ハジメテシッタ(汗) 徘徊モ オナジ イミ デシタ(笑)

DSC_2648.jpg
雲ひとつない青空―――!! キャー ステキッ

DSC_2649.jpg
汁谷に到着〜!

DSC_2652.JPG
琵琶湖バレイスキー場のジャイアントクワッドリフト横から

DSC_2653.JPG
打見山をめざします。

DSC_2654.JPG
ジャイアントコースを

DSC_2658.JPG
登っていきます。ココ ケッコウ キツイ(汗)

DSC_2660.jpg
キャ―――!久しぶりに見る琵琶湖――(嬉) 伊吹山(第13回)が、くっきりと見えます〜(輝)

DSC_2666.jpg
びわ湖テラス The Main 〜!

DSC_2667.JPG
リフト券売場〜。オシャレ〜

DSC_2668.JPG
打見山山頂に

DSC_2673.jpg
到着〜!

DSC_2680.jpg
打見ゲレンデをくだり、蓬莱山をめざします。

DSC_2679.jpg
数十種類の

DSC_2682.JPG
無料で遊べる

DSC_2684.jpg
ハンドメイド遊具があります〜!

DSC_2685.jpg
ささ平あそびのひろば〜!

DSC_2687.jpg
キャ―――!ブランコ〜(喜) 

DSC_2690.jpg
そして、目の前には…

DSC_2694.jpg
大好きな、空奏テラス―――!!(嬉)(第48,58,59,65,70回)

DSC_2696.JPG
ホーライクワッドリフト横の、ホーライパノラマゲレンデを登っていきます。

DSC_2699.jpg
キャ―――!

DSC_2697.jpg
映える〜。

DSC_2700.jpg
ここは…

DSC_2701.jpg
ハワイでもグアムでもありません。

DSC_2705.jpg
天空リゾート

DSC_2707.jpg
びわ湖テラスっ!

DSC_2712.JPG
CAFE360(さんろくまる)です〜(笑)

DSC_2713.JPG
蓬莱山

DSC_2715.jpg
山頂に

DSC_2720.JPG
到着〜!

DSC_2721.JPG
360度の

DSC_2722.JPG
大パノラマです―――!!

DSC_2727.JPG
南の縦走路〜(第42回)。

DSC_2730.jpg
北の縦走路〜(第2,28,72回)。

DSC_2733.jpg
比良山系最高峰、武奈ヶ岳!カッコいい〜(輝)

DSC_2725.jpg
南西方面〜。

DSC_2731.jpg
北東方面〜。

DSC_2719.jpg
この絶景の中、今日のお昼は…

DSC_2711.jpg
厚揚げマヨ卵焼き〜!

DSC_2737.jpg
厚揚げに、卵ポケットを作ったら、マヨネーズをたっぷり投入〜。

DSC_2740.jpg
卵を入れて、塩コショウしたら

DSC_2742.jpg
じっくりと焼きます。ワクワク

DSC_2748.jpg
できたかな?

DSC_2754.jpg
完成〜!外はサクッ、中はモッチモチ〜。う〜ん、美味しい〜!

DSC_2758.jpg
半熟卵、最高――(喜) コレッ ヨソウ イジョウ ニ イケマス!

DSC_2702.jpg
リゾート気分で、珈琲タイムを楽しんだら…下山です。

DSC_2769.jpg
びわ湖テラスの この解放感と贅沢すぎる空間は

DSC_2764.jpg
素敵すぎるくらい素敵だけれど…

DSC_2768.JPG
比良山系が背景になる 対岸の…

DSC_2772.jpg
空奏テラスからの景色の方が…私は好きかなぁ〜。ドンダケ スキヤネン(笑)

DSC_2775.JPG
武奈ヶ岳を眺めながら、アルペンコースをくだります。

DSC_2776.jpg
帰りは絶対に、夫婦滝に行かないとっ!

DSC_2778.JPG
彼岸橋まで戻ってきました。サッキ ハ ウラ シカ ミテイナカッタ(汗)

DSC_2779.JPG
出た―(嬉) 夫婦滝の案内板〜!

DSC_2780.JPG
滝見不動明王堂〜。

DSC_2781.JPG
夫婦滝口、明王橋分岐に到着〜!

DSC_2784.JPG
わっ!見えた〜(輝)

DSC_2786.JPG
くだっていきます。

DSC_2787.jpg
キャ―――!めっちゃきれい―――!

DSC_2794.JPG
滝見台からのぉ

DSC_2795.jpg
夫婦滝〜。チョット キ ガ ジャマ

DSC_2796.JPG
元の道までもどります(汗) ドウモ コノアタリ ノ ルート ガ ワカリニクイ

DSC_2804.JPG
渡渉、ちょっとは

DSC_2805.JPG
うまくなったかな??(笑)

DSC_2806.JPG
間違えて、渡ってしまいます(泣)

DSC_2808.JPG
ここっ!垂直降下なんですけど〜(汗)

DSC_2809.jpg
わぁ〜、ソーダみたい〜(輝)

DSC_2810.jpg
もう一度、渡渉したら

DSC_2811.JPG
坊村方面の案内板が出てきた〜。ホッ

DSC_2813.JPG
牛コバまで

DSC_2814.JPG
くると

DSC_2817.JPG
迷わずに

DSC_2819.JPG
戻れます(笑)

DSC_2834.jpg
今日も無事に下山完了です〜!

DSC_2835.JPG
おりてくると…3日前に捜索が打ち切られた お知り合いを、敦賀から探しにこられている男性に出会いました。日にちが経っているので心配ですが、どうかご無事でおられることをお祈りいたします。

※葛川市民センター駐車場を利用。道をはさんでトイレあり。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月24日

第78回 チンコ山〜西山・万灯籠山〜東山(大黒天山) 宝が池公園運動施設駐輪場周回

Screenshot_20200524-140516.png

深泥池(みぞろがいけ)は、池の1/3を浮島が占め、氷河期以来の動植物が今も生き続ける珍しい池。そこに突き出す珍しい名前のお山…別名 大豆島(まめしま)。平安時代の寛平年間(889〜898年)に、鬼窟(きくつ)を埋め立てて、悪鬼を封じ込めた場所なのだとか。深泥池の西(御影像谷)で、節分に大豆を撒く神事が行われていたことからついた名前で “大豆止魔”“魔滅島”とも表記されるらしい。イツ カラ イマノ ヨビカタ ニ ナッタノ ダロウ…??

CIMG0072.JPG
池の北にあるケシ山〜。

CIMG0073.JPG
扉を開けて、出発します。

CIMG0074.JPG
こんなところを歩けるなんて…シラナカッタ

CIMG0077.jpg
左側に転んだら…即、池の中です(汗) シンレイ スポット ダケニ チョット コワイ

CIMG0078.JPG
池の南東端に到着〜!ココニ クルマデニ コンキ ハツ ノ ヘビ ニ ソウグウ(怖) イケノ ナカニ トビコンデ イキマシタ…

CIMG0079.jpg
浮島は、夏には浮かび上り、冬には沈んで冠水するのだとか。タチイリ ハ キンシ サレテイマス

CIMG0080.jpg
白いカキツバタは、もう見頃を終えていました(涙)

CIMG0082.jpg
ここから、チンコ山に入ります。

CIMG0083.JPG
登っていくと

CIMG0084.jpg
チンコ山山頂に

CIMG0092.JPG
到着〜! セイシキ メイショウ デス(笑)

CIMG0085.jpg
先端まで行ってみます。

CIMG0086.jpg
ここが、突き出した部分の先っちょです。

CIMG0088.JPG
池の周りを歩ける道がありました。

CIMG0089.JPG
えっ!なにこれ?? サスガニ ノボリマセン(笑)

CIMG0090.JPG
散策??を終えたら…西山にむかいます。

CIMG0093.jpg
もしかして、ここから、あがれるんちゃう??

CIMG0094.jpg
急登といえば、急登ですが…ワタシノ カンカク ハ ズイブン マヒ シテキテ イマス(笑)

CIMG0095.jpg
南向きに登っていきます。フミアト モ アルノデ コレハ…イケマス!

CIMG0097.jpg
もう少しかな??

CIMG0100.jpg
西山山頂に、到着〜!眺望もなにも…ありません。

CIMG0106.JPG
西向きにくだっていきます。

CIMG0107.jpg
戻ってきました〜!

CIMG0111.jpg
右が、今登ってきた西山(池の南側)〜。奥が高山(池の東側)〜。その手前に突き出しているのが、チンコ山〜。そして、そこからのびる浮島〜。

CIMG0114.JPG
京都五山送り火の1つ“妙”の火床のある、万灯籠山(まんどうろうやま)にむかいます。

CIMG0118.JPG
火床へ直登するルートは、入ってはいけないので

CIMG0121.JPG
松ヶ崎山 涌泉寺(ゆうせんじ)の裏から

CIMG0122.JPG
入っていきます。

CIMG0124.JPG
登って

CIMG0126.JPG
いくと

CIMG0128.jpg
わっ!なんか…見えてきた〜(嬉)

CIMG0140.jpg
“妙”の火床です〜!

CIMG0129.jpg
これ以上、入ってはいけません。ケシズミ ガ マダ ノコッテイマス

CIMG0133.jpg
わぁ〜!大文字山(第29回)が見えるんやねぇ。

CIMG0132.jpg
“大”の5分後に“妙”“法”の点火やもんね。ダイモンジ ニ ヒガ トモッタ トコロヲ ソウゾウ シテミル〜(輝)

CIMG0145.jpg
こんなに市内を一望できるとは!(驚) 中央に、京都タワー〜、その奥には生駒山〜。スゴーイ

CIMG0147.jpg
京都府立植物園の奥に、船岡山(第74回)〜。うしろは天王山から嵐山〜。

CIMG0150.JPG
堪能したら、“法”の火床にむかいます。

CIMG0151.JPG
狐子坂(きつねざか)のヘアピンカーブを、曲がらず右に進みます。

CIMG0153.JPG
七面大天女道を入っていきます。

CIMG0155.JPG
これって…瀧行場やんね??

CIMG0157.JPG
七面宮の右手を

CIMG0160.JPG
登っていくと

CIMG0161.JPG
山間園路に合流〜!

CIMG0163.JPG
ここからは、歩きやすい道になります。

CIMG0165.JPG
扉を開けて進むと

CIMG0167.JPG
すぐにまた扉が〜(驚)

CIMG0168.JPG
なんと、コバノミツバツツジを守るためだけにできた贅沢な扉でした(輝)

CIMG0169.jpg
わぁ〜!いい感じ〜。

CIMG0170.jpg
A分岐、東山(大黒天山)山頂に

CIMG0174.jpg
到着〜!

CIMG0171.jpg
わっ!テレビ中継局〜。

CIMG0176.JPG
城山方面にむかいます…が行き止まり(汗)

CIMG0178.JPG
火床がわからず…ウロウロ ウロウロ(汗) 山頂で休憩中のオジサマを発見!尋ねてみると…「僕も行くところだから、一緒に行きましょうか。」と言ってくださる(嬉)

CIMG0182.JPG
なるほど〜、ここをおりていくのね!キズカナカッタ(汗)

CIMG0196.jpg
“法”の火床です〜。

CIMG0191.JPG
これ以上、入ってはいけません。

CIMG0186.JPG
ここも絶景〜!オジサマ ニ イロイロ ト オシエテ イタダケテ ラッキー!

CIMG0187.jpg
もちろん、大文字山も見えます〜(輝)

CIMG0188.jpg
吉田山(第74回)の右には、平安神宮の鳥居〜。さらに右には、八坂の塔〜。

CIMG0185.jpg
高野川に、下鴨神社〜。その奥には、京都御苑〜。そして、天王山の奥には、あべのハルカス〜。スゴーイ

CIMG0202.JPG
堪能したら、下山です。

CIMG0204.JPG
山間園路を進みます。

CIMG0205.JPG
171ピーク〜。ナニモ アリマセン

CIMG0208.JPG
今日は、京都を見晴らせて、お殿様気分〜(喜) アッ オヒメサマ カナ??

CIMG0211.JPG
無事に下山完了です〜!

CIMG0218.jpg
西山から万灯籠山、ドドーン!!

※京都市宝が池公園運動施設駐輪場を利用。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月23日

第77回 半国山 赤熊コース〜宮川コース

Screenshot_20200523-221615.png

5月21日、京都・大阪・兵庫の緊急事態宣言が解除されました。私の場合、すでにNew Normalな生活が始まっていることもあり、解除によって何かが変わるわけではありませんが、それでもやはり、精神的に なんとなく楽になった気がします(嬉) ノコスハ ホッカイドウ カントウ ガンバロウ!

CIMG9817.jpg
宮川神社下から、赤熊登山口へむかいます。

CIMG9818.JPG
いい味だしてるなぁ…(笑)

CIMG9821.JPG
半国山(はんごくさん)という名前は、山頂から丹波の国が半分見えることから、つけられたのだそう。

CIMG9823.JPG
そして、その美しい山容から“丹波富士”とも呼ばれています。

CIMG9824.jpg
反時計回りに、周回しま〜す。

CIMG9826.JPG
扉を開けて

CIMG9829.jpg
進んで行きます。

CIMG9831.JPG
左側は、ず―っと沢です。ミズ ノ ナガレル オト ガ タマリマセン

CIMG9834.jpg
“めざそう半国山”の旗に、ピンクリボン〜。すごく整備の行き届いたお山です(嬉)

CIMG9836.JPG
あぁ、やっぱり水は…ええなぁ。コノトコロ ミズノ ケシキ ニ ウエテ イマス(笑)

CIMG9839.jpg
≪それなり、まあまあの見所ポイント≫って…(笑)

CIMG9840.jpg
めっちゃくちゃ ええ見所やし〜! ケンソン シスギ デス

CIMG9845.jpg
わぁ〜、ええとこやなぁ。

CIMG9846.jpg
ここも、ええとこ〜(輝) ナカナカ サキニ ススメマセン(汗)

CIMG9847.jpg
こんなに素敵なお山が、こんなに近場にあっただなんて…(喜)

CIMG9848.jpg
なんでこんなに、水に癒されるんやろぉ…。

CIMG9850.jpg
なになに??

CIMG9852.jpg
キャ――!上からず〜っと続いてるやん〜!素敵すぎる―――!

CIMG9853.jpg
進んでも

CIMG9854.jpg
振り返っても、ええとこです〜(輝)

CIMG9855.jpg
今度は、なになに??

CIMG9857.jpg
うわっ!!ホンマや!すご〜い。

CIMG9858.jpg
このお山を、嫌いっていう人…

CIMG9859.jpg
きっと、いいひんやろなぁ…。

CIMG9862.jpg
わ―――!なにここ〜(輝) すご〜い。

CIMG9863.jpg
見る角度によっても、全然違う〜。

CIMG9865.jpg
離れられません〜。

CIMG9882.JPG
えっ!また、なにか見えてきた!

CIMG9885.jpg
音羽の滝に到着〜!

CIMG9883.jpg
わたし的には…さっきの滝の方が、好きかも〜(笑)

CIMG9887.JPG
贅沢な時間が

CIMG9890.jpg
流れていきます。

CIMG9891.jpg
青空に、新緑

CIMG9895.jpg
沢のせせらきに、滝の音

CIMG9897.jpg
鳥のさえずり

CIMG9901.jpg
そして…時折 訪れる、静寂。タマリマセン(幸)

CIMG9902.JPG
牛つなぎ広場に到着〜!

CIMG9903.jpg
半国山 山頂を

CIMG9905.jpg
めざします。

CIMG9968.jpg
キャ―――!

CIMG9911.JPG
半国山

CIMG9921.jpg
山頂に

CIMG9924.JPG
到着〜!

CIMG9959.JPG
北方向一部だけ、眺望はありませんが

CIMG0007.jpg
あとは

CIMG0028.jpg
大パノラマです〜!

CIMG0002.jpg
手前の行者山に、三郎ヶ岳から牛松山〜。そして、ドドーンと地蔵山から愛宕山(第76回)〜!

CIMG10008.jpg
亀岡市内に、小塩山からポンポン山〜。

CIMG0014.jpg
大阪湾から六甲山〜。スゴーイ

CIMG9963.jpg
大阪湾、アップで〜(輝)

CIMG0005.jpg
この絶景を眺めながら…今日の朝ごはんは、中とろっオムライス〜!

CIMG9971.JPG
たまごをかき混ぜながら、半熟に焼いたら

CIMG9974.JPG
ケチャップライスをのせて

CIMG9977.jpg
さらに、たまごを投入〜。

CIMG9980.JPG
じっくりと焼きます。ウーン イイ ニオイ ガ シテキタ〜

CIMG9981.JPG
できたかな?

CIMG9987.JPG
できた〜!

CIMG9994.JPG
ケチャップをかけたら、完成〜!う〜ん、美味しい〜!中のたまごは、半熟トロトロです〜。

CIMG10032.JPG
のんびり 珈琲タイムを過ごしたら、宮川コースで

CIMG10034.JPG
下山します。

CIMG10035.JPG
歩きやすい道が

CIMG10038.JPG
続きます。

CIMG10041.JPG
見所は少ないけれど

CIMG10043.JPG
下山には、このコース いいかも〜。

CIMG10045.JPG
のどかな風景〜。

CIMG10046.JPG
金輪寺(きんりんじ)の分岐に到着〜! 宮川方面は

CIMG10047.JPG
旧山道です。

CIMG10048.JPG
若干、荒れた感のある道を進むと

CIMG10050.JPG
舗装路にでました〜。ん??

CIMG10052.JPG
結局…新登山道を金輪寺方面に進みます(汗)

CIMG10056.JPG
YAMAPでは、このルートですが…さっきの分岐で、金輪寺方面に進んでおいたらよかった…。

CIMG10060.JPG
神尾山 金輪寺に到着〜!

CIMG10058.JPG
戦国時代には、お寺の山続きに、明智光秀の山城の1つ 神尾山城があったのだとか。

CIMG10061.JPG
ここから

CIMG10065.JPG
宮川神社に

CIMG10066.JPG
おりていきます。

CIMG10067.JPG
扉を開けて、進むと

CIMG10068.JPG
宮川神社に到着〜! コチラモ レキシノ アル ジンジャ デス

CIMG10070.JPG
今日も無事に下山完了です〜!

※宮川神社の下に4〜5台分駐車スペースあり。金輪寺にも駐車場と登山口あり。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月17日

第76回 愛宕三山(愛宕山〜竜ヶ岳〜地蔵山) 樒原口〜樒原新道

Screenshot_20200517-172354.png

5月14日、緊急事態宣言が39県で解除されました。京都府は解除見送りとなりましたが…きっと 人 増えてくるんやろなぁ…。今のうちに登っておきたい お山…アリマス アリマス。

CIMG9460.JPG
日本の棚田100選・にほんの里100選に選ばれている 宕陰(とういん)は、樒原(しきみがはら)と越畑(こしはた)の2地区で構成される大字。

CIMG9462.jpg
樒原の棚田はおよそ800枚。鎧の板を 糸でつないだように見えることから“鎧田”と呼ばれています。

CIMG9465.jpg
一の鳥居(愛宕神社参拝道 樒原口)から出発します。

CIMG9466.jpg
“人間らしく”行ってまいります!(笑)

CIMG9467.JPG
平安時代初期から愛宕信仰が広まるにつれて、近隣諸国から参詣(さんけい)されるようになり

CIMG9468.jpg
清滝道を表参道、樒原道を裏参道と呼ぶようになったのだとか。

CIMG9469.JPG
丹波国・丹後国・摂津国 辺りからは、この道が主たる参道だったらしい。

CIMG9470.jpg
わぁ〜、ええ景色やなぁ。

CIMG9472.jpg
山頂までジープが通れるので、車幅分ある広い道が続きます。

CIMG9473.jpg
わっ!ひらけた〜。

CIMG9476.jpg
わぁぁ〜、素敵〜(輝)

CIMG9481.jpg
時折ガスが濃くなり、時代劇にでてきそうな空間が広がります。

CIMG9482.JPG
ちょっと行ってみましたが、あまり道がよくなさそうだったので、引き返します。ッテイウカ…キョリ ミテナカッタ(汗)

CIMG9484.JPG
愛宕神社方面に

CIMG9485.jpg
進んで行くと

CIMG9490.jpg
ひらけた〜! エッ! ヒダリノ キ タチ…ナンカ スゴイ コトニ ナッテマセンカ

CIMG9493.jpg
わぁぁ〜、ガスのむこうには どんな風景が広がってるんやろなぁ…。ゲザンジ ノ オタノシミ ヤネ

CIMG9496.JPG
旧愛宕スキー場跡にむかいます。コレ イコウ アンナイ ガ アリマセン(汗)

CIMG9497.JPG
右の道を登り

CIMG9507.JPG
三叉路を

CIMG9506.JPG
直進していくと 

CIMG9504.jpg
旧愛宕スキー場跡に到着〜!

CIMG9503.JPG
中山先生の銅像も、戦争にもっていかれたんやねぇ(悲)

CIMG9509.JPG
竜ヶ岳分岐を過ぎて、くだっていくと

CIMG9510.JPG
三角点の案内が…。

CIMG9511.JPG
とりあえず、行ってみます!

CIMG9514.JPG
愛宕山三角点に

CIMG9513.JPG
到着〜!ここは名もなき山なのですが…愛宕山に三角点を作る訳にはいかないので、ここが愛宕山の三角点なのだとか。アトデ ジンジャ ノ カタ カラ キキマシタ

CIMG9516.jpg
ガスで真っ白ですが…南東方向に、京都市内を一望できるそうです。ザンネン

CIMG9520.JPG
首無地蔵分岐に到着〜。ここにもお地蔵様がいらっしゃいます。

CIMG9521.JPG
ん?? 白髭社?? 行ってみます〜。

CIMG9524.JPG
なんともいえない 素敵な風景〜(輝)

CIMG9529.JPG
月輪寺コースと合流します。

CIMG9530.JPG
えっ!(驚) めっちゃ怒ってはるやん。

CIMG9545.JPG
“YES,I do.” 長命寺(第48回)に、愛宕太郎坊様が投げられた飛来石がございました(笑)

CIMG9532.JPG
わぁぁ〜、人がうつりこまない写真が撮れた〜(嬉)

CIMG9533.JPG
休息所も〜。ダレモ オラレマセン

CIMG9534.jpg
わぁぁ〜。

CIMG9537.JPG
幻想的〜(輝)

CIMG9540.JPG
「こんなに幻想的な愛宕神社、なかなか撮れへんで。」とオジサマ。

CIMG9542.JPG
愛宕神社本殿に到着〜!

CIMG9543.JPG
若宮・奥宮にも参拝させていただきます。

CIMG9544.JPG
未曾有の災害にみまわれた東日本地域をはじめ、全世界に平穏と静謐(せいひつ)が訪れることを願う”困難に打ち勝てる絵馬” イマ ノ ヨノナカニ ピッタリ ヤン(祈)

CIMG9547.JPG
愛宕山にきたら、どうしても行きたかった場所にむかいます。

CIMG9548.JPG
表参道を

CIMG9549.JPG
くだっていきます。

CIMG9552.JPG
黒門に到着〜!

CIMG9551.JPG
トウゼンノコトナガラ…昔は着物で登っておられたのね。スゴーイ

CIMG9555.JPG
くだっていくと

CIMG9557.JPG
ハナ売り場に到着〜!

CIMG9556.JPG
火災を防ぐ神符(しんぷ)として、樒(しきみ)が売られていたのだそう。

CIMG9558.JPG
先程のオジサマに教えていただいた クリンソウ〜。

CIMG9559.JPG
1928(昭和3)年〜1930(昭和5)年、愛宕山にはケーブルカー・ホテル・遊園地・スキー場などが 次々と建設されましたが、戦時中、ケーブルカーは不要不急線に指定され、軍にレールを供出し廃線に。それと同時に、観光施設も全て閉鎖されたのだそう。
かつて、地上の楽園と報道された場所に…ここから、入っていきます。

CIMG9560.JPG
ここにも何か建っていたのかなぁ…?

CIMG9561.JPG
愛宕遊園地跡に到着〜!飛行塔に、アイススケート場まであったなんて…(驚)

CIMG9564.JPG
かつての賑わいを想像しながら 進みます。

CIMG9565.JPG
これって、当時にしたら、お洒落な外壁やったんやろなぁ。

CIMG9569.JPG
愛宕山ホテル跡に到着〜!

CIMG9568.JPG
石積み外壁の木造平屋建て洋式ホテルかぁ。

CIMG9570.JPG
玄関は、お洒落なタイル張りです〜。

CIMG9574.JPG
わっ!これって…階段の跡やねぇ。くだっていくと

CIMG9575.jpg
キャ――!絵になる光景が――!(輝)

CIMG9577.JPG
ケーブル愛宕駅跡に到着〜!

CIMG9578.jpg
ケーブルカーをおりて、少しあがった高台にホテルがあり、その奥に遊園地かぁ。戦前の日本に…そんなリゾート地があったんやねぇ。

CIMG9603.JPG
お洒落な壁に

CIMG9579.JPG
お洒落な階段。

CIMG9580.JPG
ここ愛宕山には

CIMG9581.JPG
たしかに、かつて 地上の楽園が存在した。ソノコトヲ ジッカン デキマス

CIMG9602.jpg
はしごを登ってみます。

CIMG9585.jpg
うーん、ガスが…(悲)

CIMG9586.JPG
屋上に柵はありません。 ケッコウ タカイ

CIMG9588.jpg
亀岡方面、わずかに景色が見えます。

CIMG9605.JPG
横から見ると3階建て〜!

CIMG9606.JPG
そっか、ケーブルカーが入ってくる場所やね。

CIMG9607.JPG
わっ!ホントに駅やわ(笑)

CIMG9608.JPG
レール跡〜。

CIMG9610.JPG
満喫したので…愛宕神社方面に戻ります。このガスの中…

CIMG9611.jpg
スポットライトを浴びたかのように…亀岡市内だけが、光輝いて見えます。

CIMG9613.jpg
サンガスタジアム、ドドーン!

CIMG9616.JPG
愛宕神社を通り過ぎたら、竜ヶ岳にむかいます。

CIMG9618.JPG
竜ヶ岳は、愛宕山・地蔵山とともに、愛宕三山の1つです。

CIMG9624.JPG
これといって

CIMG9625.JPG
変哲のない道を進んで行くと

CIMG9626.JPG
小ピークが。

CIMG9627.JPG
馬酔木(あせび)のトンネルを抜けて

CIMG9630.jpg
進んで行くと

CIMG9631.JPG
竜ヶ岳山頂に

CIMG9641.jpg
到着〜!

CIMG9687.JPG
木に囲まれているので、眺望はそれほどひらけていません。アンナ タカイ トコロニ ドウヤッテ ツケハッタン カナア??(笑)

CIMG9678.jpg
南東方向 京都市内〜。手前は広沢の池に、桂川〜。中央奥には大文字山(第29回)〜。

CIMG9684.jpg
愛宕山にはガスがかかっています。

CIMG9648.JPG
今日はここでお昼ご飯です〜。ジツハ モウスコシ チョウボウ ガ アルト オモッテ イマシタ(汗)

CIMG9650.JPG
今日のお昼は、シーチキンマヨ 焼きおにぎらず〜。

CIMG9652.JPG
ご飯で 具をはさむだけ(笑) チョット モリスギ カナ…

CIMG9654.JPG
ギューっとはさんだら、じっくりと焼きます。

CIMG9661.JPG
できたかなぁ?

CIMG9668.jpg
できた―!

CIMG9671.jpg
赤だしと一緒にいただきま〜す。ん?? チョット カリカリニ シスギタ カナ?? コレハ…普通…ヤネ(笑) ソシテ ハエ ガ オオスギ〜(泣)

CIMG9688.JPG
ティータイムをすませたら

CIMG9689.jpg
もと来た道を戻ります。

CIMG9691.jpg
竜ヶ岳分岐の少し手前の場所。右に

CIMG9692.jpg
さっきまでいた竜ヶ岳〜。左に

CIMG9693.jpg
これから行く地蔵山〜。

CIMG9696.JPG
分岐まで戻ってきました〜。地蔵山にむかいます。

CIMG9698.jpg
またまた竜ヶ岳〜(笑)

CIMG9701.JPG
旧愛宕山スキー場跡への分岐の 左側の道を進みます。

CIMG9702.JPG
これまでの道と比べると

CIMG9703.JPG
若干、荒れた感じを受けますが、問題ありません。

CIMG9704.jpg
地蔵山が見えてきました〜。ケッコウ トオクニ ミエルンデスケド…(汗)

CIMG9705.JPG
尾根道を

CIMG9707.JPG
進んでいきます。

CIMG9708.jpg
愛宕山〜。

CIMG9709.jpg
キャ―!比叡山(第64回)から大文字山(第29回)まで、めっちゃきれい〜(輝) ビワコ マデハ ミエナイナ〜(涙)

CIMG9711.jpg
比叡山 ドドーン!

CIMG9710.jpg
大文字山 ドドーン!

CIMG9721.jpg
西側は、亀岡市内〜。手前の牛松山に、三郎ヶ岳、後ろに行者山〜。キランッ

CIMG9722.JPG
わっ!反射板です。サッキ トオクカラ ミエテタ ヤツ ヤネ

CIMG9724.jpg
振り返れば…正面に愛宕山 ドドーン!

CIMG9725.JPG
反射板のピークからくだっていきます。

CIMG9726.jpg
わぁぁ〜、新緑の稜線〜(輝)

CIMG9728.JPG
素敵な道〜。ウットリ

CIMG9731.JPG
わっ!なんか見えてきた〜(嬉)

CIMG9738.jpg
地蔵山山頂に

CIMG9734.JPG
到着〜! ヒョウコウハ アタゴヤマ ヨリモ タカイ デス

CIMG9741.JPG
水井山に横高山〜。葉っぱの後ろに比叡山〜(笑) 眺望はそれほどひらけていないけれど

CIMG9733.JPG
竜ヶ岳に比べると、ゆったりとしたスペースがあります。

CIMG9754.JPG
大文字山(第29回)から東山(第68回)〜。そして音羽山(第60回)〜。

CIMG9761.JPG
このおっきな木のすぐ先の

CIMG9762.JPG
ここが、地蔵山分岐です〜。マーク ハ アル ケド アンナイハ アリマセン 入っていくと…

CIMG9764.jpg
わっ!

CIMG9767.jpg
わっ!

CIMG9766.JPG
道はいまいちやけど(笑)…めっちゃきれいやん〜!

CIMG9773.jpg
わぁ――!

CIMG9777.jpg
ここって!!朝、通った道やん〜!(輝)

CIMG9776.jpg
キャ―――! 吸い込まれそう〜! ステキ スギル〜

CIMG9782.jpg
大阪の高層ビル群もくっきり〜。

CIMG9796.jpg
ここ、くだっていけるんやね。

CIMG9798.JPG
名残りを

CIMG9799.JPG
惜しみながら…

CIMG9800.JPG
下山します。

CIMG9802.JPG
わぁ〜。

CIMG9803.JPG
きてよかった〜(幸)

CIMG9807.JPG
あとは、ひたすら くだるだけ(笑)

CIMG9810.JPG
樒原口におりるつもりが、気付いた時には…樒原新道(愛宕神社参詣道)に、でてきていました(汗)

CIMG9811.JPG
棚田を見ながら

CIMG9813.JPG
駐車場にむかいます。

CIMG9814.JPG
今日も無事に下山完了です〜! コレマデデ サイチョウ ノ 18.9km デシタ

※樒原児童公園(右京区役所 宕陰出張所裏)に登山者用駐車場あり。愛宕神社社務所下にトイレあり。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月10日

第75回 稲荷山〜七面山 竹乃下道経由周回

Screenshot_20200516-102926.png

観光客が少ない今だからこそ、そして STAY in KYOTO の今だからこそ、どうしても登っておきたかった 東山三十六峰 最南に位置するお山。

CIMG9312.JPG
ここが、今日の登山口です(笑)

CIMG9313.JPG
稲荷山にむかいます。

CIMG9314.jpg
伏見稲荷大社は、全国に3万社あるといわれる“お稲荷さん”の総本宮。奈良時代 711(和銅4)年2月初午(はつうま)の日、稲荷大神様が 稲荷山に鎮座されたのだそう。

CIMG9316.jpg
千本鳥居に到着〜! スウカゲツ マエニハ ガンガエラレナカッタ ヒトガ ウツリコマナイ センボントリイ! コレヲ トリタカッタ(嬉)

CIMG9318.JPG
あぁ、いい感じ〜。 ココハ、トザンドウ デス(笑)

CIMG9322.jpg
根上りの松〜。

CIMG9321.JPG
“値(根)が上がるのを待つ(松)”縁起の良い松だそうです。

CIMG9323.JPG
稲荷山

CIMG9324.JPG
頂上まで 40分!!

CIMG9397.jpg
強力なパワースポットといわれる熊鷹社の 背後に広がる 新池(別名:谺(こだま)ヶ池)〜!

CIMG9327.JPG
三ツ辻に

CIMG9325.JPG
到着〜!

CIMG9392.jpg
三徳亭を過ぎると

CIMG9329.jpg
キャ――!ひらけました〜(輝) 西南方面〜。左端に、京セラ本社ビルがそびえ立っています。

CIMG9330.JPG
登っていくと

CIMG9332.JPG
四ツ辻に到着〜!

CIMG9337.JPG
俳優 西村和彦さんのご実家

CIMG9338.JPG
にしむら亭〜。

CIMG9336.jpg
ポンポン山に、小塩山

CIMG9363.jpg
ドドーン。

CIMG9364.jpg
愛宕山には…ちょっと雲がかかっています。

CIMG9334.jpg
Fの“nice view”にむかってみたけれど…見つけられず(汗) とりあえず…

CIMG9341.JPG
時計回りで進みます。

CIMG9342.JPG
神様がお鎮まりの場所には、かつて祠があったそうですが、応仁の乱(1467〜1478年)で焼失。

CIMG9343.JPG
再興を試みても永続せず、今は、7つの神蹟(しんせき)として存続しているのだそう。

CIMG9346.jpg
御劔(みつるぎ)社(長者社)に到着〜! ココモ シンセキ ノ ヒトツ デス

CIMG9345.jpg
なに?? パワーストーン??

CIMG9347.JPG
まずは、手を清めて…  ツルギ カッコイイ

CIMG9348.jpg
劔石(雷石)です〜!! 異形の僧が霊力で雷を縛り付けたといわれるパワーストーン。手で触れると御利益があるのだそう(祈)

CIMG9349.JPG
登っていくうちに…不思議と、心が浄化されていく感じがします。

CIMG9354.jpg
稲荷山山頂(一ノ峰)に

CIMG9350.JPG
到着〜!

CIMG9355.JPG
お店の方…随分うんざりされているようです(笑)

CIMG9356.JPG
二ノ峰に

CIMG9356.JPG
到着〜! そして

CIMG9357.jpg
三ノ峰に到着〜!

CIMG9361.JPG
朱色は、魔力に対抗する色なのだそう。

CIMG9365.JPG
四ツ辻に戻ってきました〜! もう一度、“nice view”を探します(笑)

CIMG9367.JPG
ここを登っていくのですが…やっぱりわからず…(汗) あきらめて戻ってきた時に

CIMG9389.JPG
奥村亭のおじさまを発見(笑) 「ごちゃごちゃしてるけど、道があるし進んでったらええ。そのまま行ってしもたら、違うところに出てしまうし、景色見たら戻ってこんとあかんで。」と教えてくださる。

CIMG9368.JPG
キャ―!出られた〜(輝) イッタイ ナンオウフク シタンダロウ(汗)

CIMG9369.jpg
わぁ〜!すご―い! 荒神峰に到着〜!

CIMG9385.jpg
西南から

CIMG9384.jpg
西北までを一望〜(輝)

CIMG9377.jpg
えっ!あの右奥に見えるのって…

CIMG9376.jpg
一番高いビルは、あべのハルカスです〜! スゴーイ

CIMG9388.JPG
この入り組んだ中を、戻ったら

CIMG9393.JPG
下山です。

CIMG9399.JPG
千本鳥居の途中から、伏見神宝神社に

CIMG9400.JPG
進みます。

CIMG9401.JPG
わっ!山道〜。チョット テンション アガル〜(笑)

CIMG9402.JPG
あっという間に、伏見神宝神社に到着〜!

CIMG9403.jpg
平安時代、深草では 別荘・荘園が営まれ、四季折々に、雅な宴が催されたのだとか。そして

CIMG9405.jpg
稲荷山麓から大亀谷方面への道を、竹乃下道と呼ぶのだそう。

CIMG9407.jpg
せっかくなので、進んでみます。

CIMG9410.jpg
わっ!若竹っ!かっこいい〜(輝) 若竹の皮は…取ってしまうと、節の成長が止まってしまうのだそう。

CIMG9411.jpg
こんなに いい道があるなんて…初めて知った。

CIMG9413.JPG
弘法ヶ瀧に到着〜!

CIMG9414.JPG
ここをおりていくと、行場になっていました。ソウゾウスル タキ トハ チガイマス

CIMG9416.JPG
青木ヶ瀧に到着〜!ここも行場です。

CIMG9419.jpg
えっ!あれって、伏見城(伏見桃山城)じゃない??

CIMG9421.JPG
やっぱり〜(嬉)

CIMG9422.JPG
宝塔寺を…というか…七面山を

CIMG9424.JPG
目指します(笑)

CIMG9428.JPG
平安時代、歌枕にもなった月とうずら。霊光寺の角を登っていくと

CIMG9429.JPG
宝塔寺に到着〜!

CIMG9431.JPG
七面宮参道を

CIMG9433.JPG
登ります。

CIMG9437.JPG
池の奥に進み

CIMG9436.JPG
登っていくと

CIMG9435.JPG
七面山に到着〜! ボチ ノ ナカ デス(怖)

CIMG9438.jpg
おりてくると

CIMG9443.jpg
伏見城(伏見桃山城) ドドーン! スゴーイ(喜)

CIMG9430.jpg
景色を満喫したら、くだります。

CIMG9452.JPG
ぬりこべ地蔵を過ぎると

CIMG9453.JPG
ほどなくして、伏見稲荷大社の参道に

CIMG9455.JPG
合流〜! ヒダリノ オクカラ キマシタ

CIMG9456.jpg
今日も無事に下山完了です! コンナトコロ ニモ コロナ ノ エイキョウガ…

※伏見稲荷大社駐車場は無料。参道にトイレあり。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月05日

第74回 葛野三山(吉田山〜船岡山〜双ヶ丘)

Screenshot_20200516-103152_1.png

STAY in KYOTO…。なので…地図とにらめっこの日々(笑) 京都は盆地なので、山に囲まれていることを当たり前だと思っていたけれど…市内には なんと、独立峰が3つもあるのだとか。イワレテミレバ ナットク 藤原京の大和三山に対し、平安京の葛野(かどの)三山と呼ばれる 吉田山・船岡山・双ヶ丘(ならびがおか)。首都正門の羅城門から大内裏(だいだいり)正門の朱雀門までを南北につらぬく朱雀(すざく)大路を作る際、北の基点となったのが 船岡山。そして、西の双ヶ丘と東の吉田山を結んだ線と朱雀大路が交わる場所に、大極殿が建てられたのだとか。スゴイ レキシ(驚) 今日は、葛野三山を巡ってきま〜す。

CIMG9116.JPG
まずは、吉田山からです。

CIMG9115.JPG
吉田神社 北参道の

CIMG9117.JPG
横の道から、出発します。

CIMG9119.JPG
階段です(汗)

CIMG9120.JPG
わっ!東屋が見えてきました〜。

CIMG9126.jpg
山頂休憩広場に到着〜!

CIMG9128.jpg
キャ―!正面に…大文字山(如意ヶ嶽西峰 第29回)〜!

CIMG9130.JPG
火気は使用できません(悲)

CIMG9137.JPG
わっ!東の休憩広場に到着〜!

CIMG9151.jpg
送り火の特等席です〜(輝) スゴ〜イ

CIMG9153.JPG
吉田山公園方面に進むと

CIMG9155.JPG
人気カフェ 茂庵(もあん)〜。当然…臨時休業中です。大正時代、谷川茂次郎が築いた 当時の食堂棟と茶室が使われています。

CIMG9157.JPG
吉田山公園に

CIMG9163.JPG
到着〜!

CIMG9159.JPG
公園の脇に

CIMG9158.JPG
三角点があります!ゲット〜!

CIMG9170.jpg
吉田神社方面に進むと

CIMG9171.JPG
キャ―! 左に

CIMG9174.jpg
左大文字山(大北山)〜!

CIMG9172.jpg
右に、船形(西賀茂船山) ドドーン!

CIMG9175.jpg
菓祖神社〜!お菓子の神様です(笑)

CIMG9178.JPG
吉田神社

CIMG9180.JPG
本宮に

CIMG9182.JPG
到着〜!

CIMG9179.jpg
さざれ石〜(輝)

CIMG9183.JPG
表参道をくだり

CIMG9186.JPG
民家の前を通って、吉田山に戻ります。きっと誰も通ってないよねっ(汗)…って感じの藪を抜けると

CIMG9188.JPG
道らしき道にでました(笑)

CIMG9189.JPG
メインルートに合流し

CIMG9190.JPG
北参道をくだっていくと

CIMG9191.JPG
下山完了です〜! キタサンドウ ノ カイダン ノ ホウガ ソクドウ ヨリモ ダンゼン アルキヤスイ デス

CIMG9192.JPG
続いては…船岡山です。

CIMG9193.JPG
船岡山の東側には、織田信長公をお祀りする建勲(たけいさお)神社(一般名:けんくん神社)があります。

CIMG9194.JPG
南参道から西に行った 南からの階段を登ると

CIMG9195.JPG
すぐに登山道(?)に合流〜。右側に

CIMG9196.JPG
進んでいくと

CIMG9198.JPG
船岡山山頂に

CIMG9197.JPG
到着〜!ハヤッ

CIMG9199.JPG
サイレン塔だそうです。

CIMG9202.JPG
平安京造都以前から信仰されていた神様の岩 磐座(いわくら)〜。スゴッ

CIMG9206.jpg
わぁ―!

CIMG9207.jpg
京都タワー、ドドーン!

CIMG9205.JPG
キャ――!真正面に…左大文字(大北山)〜!!(輝)

CIMG9213.JPG
火床まで見えます〜!

CIMG9216.JPG
左大文字(大北山)を眺めながら

CIMG9229.JPG
コーンツナマヨホットサンドで

CIMG9236.JPG
朝食です〜。う〜ん、美味しい〜。

CIMG9242.JPG
建勲神社方面に進むと

CIMG9249.JPG
キャ―――!比叡山(第66回)から大文字山(如意ヶ嶽西峰 第29回)〜(輝)

CIMG9248.JPG
横高山に水井山も〜(嬉)

CIMG9246.JPG
五山の送り火の日…鳥居形(曼荼羅山)以外 全てを見ることができるので、船岡山はものすごい数の人で埋め尽くされるのだとか。デアッタ オジサマカラ ウカガイマシタ

CIMG9251.JPG
「人の世の50年の歳月は、下天の1日にしかあたらない 夢まぼろしのようなもの」…サスガ ノブナガ サマ

CIMG9252.JPG
建勲神社 本殿〜。北参道を戻ると

CIMG9257.JPG
野外演奏場や公園があります。

CIMG9256.JPG
1466〜77年応仁の乱や1511(永正8)年、ここは戦の場でした。では、続いて…

CIMG9258.JPG
双ヶ丘です。

CIMG9259.JPG
いちおのか にむかいます。

CIMG9260.JPG
急な階段を登っていくと

CIMG9262.JPG
あっというまに、きたのひろば に到着〜!

CIMG9261.jpg
登りきると

CIMG9303.JPG
いちのおか=双ヶ丘山頂に

CIMG9270.JPG
到着〜!

CIMG9263.JPG
キャ―!東映太秦映画村も見えます。サツエイ ハ ヤッテナイン ヤロナア

CIMG9264.jpg
嵐山縦走コース〜!

CIMG9265.JPG
愛宕山〜! そして

CIMG9267.JPG
世界文化遺産 仁和寺〜(輝)

CIMG9271.JPG
ここは、古墳時代後期(6世紀後半〜7世紀初頭)の

CIMG9272.JPG
豪族首長の古墳です。

CIMG9273.JPG
にのおか に

CIMG9278.JPG
進みます。

CIMG9279.JPG
ちょっと山っぽい道(笑)

CIMG9281.JPG
とおみのひろば に到着〜!

CIMG9283.JPG
比良山系 ドドーン! 手前に、法(大黒天山)〜。

CIMG9285.jpg
ほどなくして

CIMG9286.JPG
にのおか に到着〜!

CIMG9288.JPG
京都タワーも見えます〜。

CIMG9291.jpg
大文字山(如意ヶ嶽西峰)に、妙心寺〜。

CIMG9292.JPG
さんのおか の手前に、古墳時代後期(6世紀後半〜7世紀初頭)の群衆墳〜。

CIMG9293.JPG
これも古墳なのかなぁ。

CIMG9294.JPG
さんのおか に到着〜!眺望はありません。

CIMG9297.JPG
にのおか に戻る手前に

CIMG9299.JPG
なんだろう??

CIMG9301.JPG
ツツジが満開できれいですが…とにかく虫が多い(泣) ムシノ キセツガ ヤッテキマシタ(汗)

CIMG9309.JPG
こもれびのひろば で下山完了です〜! 三山 ノボッタケレド ゼンゼン モノタリマセン〜(笑)

※吉田山公園・船岡山公園・こもれびのひろば にトイレあり。吉田山・船岡山は、日課のウォーキングの方が多い。船岡山は子どもも多い。双ヶ丘は家族連れが多い。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年05月03日

第73回 美女山〜城山〜琴滝 市森古市登山口

Screenshot_20200516-103116_0.png

京都のお山探しをしていると… ん?? 美女山?? 口コミによると、男性が登れば“美女と出会えるパワー”を、女性が登れば“美女になれるパワー”を もらえるらしい(笑) “美女になれるパワー”とやらを…いただきに行ってきま〜す(笑)

CIMG8826.JPG
市森古市登山口から

CIMG8827.JPG
出発します。

CIMG8829.JPG
池の端を歩いて行くと

CIMG8830.JPG
オブジェのような遊具が(驚)

CIMG8831.JPG
京丹波町観光協会によると

CIMG8832.JPG
美女山という名前の由来は

CIMG8833.JPG
美女が横たわっている姿説、美女の眉説、眉の上に見上げる山=眉上山が美女山に変化した説など

CIMG8834.JPG
諸説あるようですが

CIMG8840.JPG
“美女になれるパワー”をもらえる説を 信じたい(笑)

CIMG8842.JPG
ロープがでてきました〜!メッチャ ナガイ(笑)

CIMG8843.JPG
さらに続きます〜(笑) コッチモ ナガッ

CIMG8845.JPG
このルート…かなり急勾配です(汗)

CIMG8846.JPG
汗がしたたりおちてきます(暑) ソンナ キセツガ ヤッテキタ ノネ

CIMG8847.JPG
黒尾橋からのルートと合流します。

CIMG8850.JPG
今までとは、うってかわって歩きやすい道です〜(嬉)

CIMG8851.JPG
あっ!モシカシテ モシカシテ

CIMG8876.JPG
美女山

CIMG8873.JPG
山頂に

CIMG8875.JPG
到着〜!

CIMG8910.JPG
“美女になれるパワー”は

CIMG8881.JPG
ここからでてくるのでしょうか??(笑) チャージ――!

CIMG8885.jpg
まずは南方面〜!キャ――!

CIMG8893.jpg
めっちゃきれい―――!

CIMG8889.jpg
水墨画のような

CIMG8890.jpg
幻想的な景色(輝)

CIMG8897.jpg
そして、北方面〜!キャ――!

CIMG8899.jpg
こっちも〜

CIMG8900.jpg
めっちゃきれい〜!(輝)

CIMG8904.JPG
ホント 絵画の世界〜。

CIMG8946.JPG
この絶景を眺めながら、朝カフェしま〜す。

CIMG8947.JPG
食パンをじっくりと焼きます。

CIMG8951.JPG
できたかな?

CIMG8953.JPG
できた〜!

CIMG8954.jpg
たっぷりバターに

CIMG8958.jpg
たっぷりハチミツをしみこませたら

CIMG8979.jpg
ハニーバタートーストの完成〜! う〜ん、美味しい〜。マチガイ ナイ ヤツ

CIMG8984.JPG
満喫したら…市森方面に戻ります。

CIMG8987.JPG
ここって…天狗堂(第16回)の急坂を はるかにこえる勾配やね(汗)

CIMG8988.JPG
どうやらこの辺りから…道をはずれていったようです(泣)

CIMG8989.JPG
とんでもない場所に

CIMG8990.JPG
でてきました(汗)

CIMG8991.JPG
とりあえず…市森古市登山口まで戻ります。

CIMG8994.JPG
戻ってきました〜!ホッ 気をとりなおして…城山(須知(しゅうち)城跡)を目指します。

CIMG8996.JPG
スゴッ!美女の山里!! コノヘンハ ビジョ ダラケ ナノカナア

CIMG9111.JPG
京都縦貫自動車道を横切り

CIMG8998.JPG
明石(あげし)の

CIMG9000.JPG
登山口にむかいます。

CIMG9001.JPG
ここから登ります〜!

CIMG9002.JPG
なかなかの急登です(汗)

CIMG9003.JPG
須知城(別名:市森城)は、室町時代初期、丹波国船井郡の有力国人 須知景光が、城山の山頂に築いた お城。

CIMG9004.JPG
天正7(1579)年、明智光秀の丹波平定の攻撃によって落城し、須知氏は滅亡したらしい。

CIMG9006.JPG
めっちゃ

CIMG9009.JPG
急なんですが…(汗)

CIMG9010.JPG
あっ!山頂かな?? チガイマシタ(笑)

CIMG9011.JPG
キャ―!ミエテ キマシタ〜

CIMG9012.JPG
わっ!スゴッ!!

CIMG9014.JPG
こっちも〜(驚)

CIMG9015.JPG
ず〜っと、石垣〜(驚)

CIMG9032.JPG
須知城跡に到着〜!

CIMG9033.JPG
土塁〜。

CIMG9041.JPG
なにの穴かな??

CIMG9040.JPG
ここにお城があったんやねぇ。レキシ ヲ アジワウ

CIMG9017.jpg
さっき登った美女山〜!美しい形っ(輝) ミツヒデ モ ナガメタ ケシキ カナア…。

CIMG9044.jpg
丹波IC方面〜。ゴールデンウィーク ダケド ガラッ ガラッ コロナ ハヤク オチツイテ クレナイカナア…

CIMG9046.JPG
琴滝を目指します。

CIMG9048.JPG
この岩も土塁の一部らしい。

CIMG9050.JPG
分岐に到着〜!

CIMG9051.JPG
くだっていきます。

CIMG9052.JPG
荒れた感はありますが…じゅうぶん歩けます。

CIMG9053.JPG
わっ!滝の音が聞こえてきました〜。ワクワク

CIMG9054.JPG
キャ――!見えてきました〜。

CIMG9072.png
琴滝に到着〜!

CIMG9058.JPG
高さ43mの一枚岩にそって、流れ落ちてきます〜!

CIMG9069.JPG
13弦の琴糸のように見えることから、琴滝と呼ばれるのだとか。

CIMG9057.JPG
この受け止める角度も、ええわぁ〜。

CIMG9056.JPG
癒される〜。

CIMG9073.JPG
東屋もあります。

CIMG9075.JPG
滝の右側に登っていきます。

CIMG9076.JPG
上から 滝つぼ〜!(輝)

CIMG9079.JPG
進んでいくと

CIMG9081.JPG
滝が落ち始めるところに到着〜!

CIMG9082.JPG
さらに進むと

CIMG9087.JPG
小瀧池〜!ミナモ ヘノ ウツリコミ ガ ステキ(輝)

CIMG9088.JPG
ここまでは、車でも来られます。

CIMG9091.JPG
遊歩道に

CIMG9092.JPG
進みます。

CIMG9094.JPG
整備された

CIMG9095.JPG
道を

CIMG9096.JPG
進んでいくと

CIMG9097.JPG
大滝池に

CIMG9098.JPG
到着〜!

CIMG9100.JPG
琴泉洞をくぐって

CIMG9101.JPG
舗装路を進むと

CIMG9103.JPG
琴滝公園の

CIMG9104.JPG
入口に到着〜!

CIMG9106.JPG
くだっていくと、玉雲寺〜。

CIMG9107.JPG
このお寺の建物・宝物も、明智光秀の須知城攻撃の兵火で焼失したのだそう。スゴイ レキシ

CIMG9108.JPG
この道は

CIMG9109.JPG
歴史散策道です。

CIMG9110.JPG
京都縦貫自動車道を横切り

CIMG9112.JPG
今日も無事に下山完了です〜!

※市森古市登山口に駐車場あり。琴滝公園にトイレあり。
posted by SORA at 20:05| 登山

2020年04月29日

第72回 リトル比良 白坂〜岳山〜オウム岩〜鳥越峰〜見張山 周回


リトル比良は、Y字を描く比良山系の北東(琵琶湖側)にのびる山稜。ちなみに…北西(安曇川側)を奥比良、釈迦岳から堂満岳一帯を北比良、それ以南を南比良と呼ぶのだそう。今日は風もない晴天。リトル比良の北半分を周回しま〜す。

20200429 リトル比良_200430_0633.jpg
大炊(おおい)神社と

20200429 リトル比良_200430_0630.jpg
長谷寺(ちょうこくじ)の前を通り

20200429 リトル比良_200430_0629.jpg
リトル比良登山口に

20200429 リトル比良_200430_0628.jpg
むかいます。

20200429 リトル比良_200430_0627.jpg
獣害対策の扉を開けて進むと

20200429 リトル比良_200430_0625.jpg
音羽の里の案内が。

20200429 リトル比良_200430_0624.jpg
音羽古墳群の古墳公園があるらしい。

20200429 リトル比良_200430_0620.jpg
せっかくなので…行ってみます。

20200429 リトル比良_200430_0618.jpg
えっ!

20200429 リトル比良_200430_0617.jpg
古墳…すごくない??

20200429 リトル比良_200430_0616.jpg
こんなところに、こんな公園があったなんて…シラナカッタ

20200429 リトル比良_200430_0615.jpg
荒れているのが

20200429 リトル比良_200430_0619.jpg
もったいない〜!

20200429 リトル比良_200430_0614.jpg
登山ルートに戻ります。

20200429 リトル比良_200430_0611.jpg
今日は雲ひとつない

20200429 リトル比良_200430_0609.jpg
青空です。シガイセン タイテキ(笑)

20200429 リトル比良_200430_0607.jpg
神楽石(かぐらいし)に到着〜!

20200429 リトル比良_200430_0602.jpg
シダの道を進みます。

20200429 リトル比良_200430_0598.jpg
賽の河原に到着〜! ナンダカ チョット コワイ ナマエ… 奥は、今日 登る岳山(だけやま)です〜。

20200429 リトル比良_200430_0588.jpg
まずは、白坂を

20200429 リトル比良_200430_0586.jpg
目指します。

20200429 リトル比良_200430_0574.jpg
右手に、白坂が見えてきました〜(輝) ワクワク

20200429 リトル比良_200430_0566.jpg
わっ!なにあれ?? 日本庭園みたい〜。

20200429 リトル比良_200430_0560.jpg
キャ――!

20200429 リトル比良_200430_0526.jpg
琵琶湖に浮かぶ 竹生島に、多景島(第63回)〜。

20200429 リトル比良_200430_0527.jpg
伊吹山(第13回)に、霊仙山(第38回) ドドーン!

20200429 リトル比良_200430_0554.jpg
めっちゃきれい〜。

20200429 リトル比良_200430_0552.jpg
同じ景色でも

20200429 リトル比良_200430_0539.jpg
少し上に あがるだけで

20200429 リトル比良_200430_0534.jpg
全然違う〜!

20200429 リトル比良_200430_0521.jpg
なかなか先に進めません。

20200429 リトル比良_200430_0510.jpg
あぁ、岩がいっぱい〜(嬉)

20200429 リトル比良_200430_0508.jpg
素敵なお山っ。

20200429 リトル比良_200430_0505.jpg
いよいよ、白坂に

20200429 リトル比良_200430_0501.jpg
むかいます。

20200429 リトル比良_200430_0499.jpg
キャ――――!!

20200429 リトル比良_200430_0490.jpg
なにここ――――!!

20200429 リトル比良_200430_0495.jpg
見たことのない光景〜(輝)

20200429 リトル比良_200430_0498.jpg
すごすぎる〜!

20200429 リトル比良_200430_0474.jpg
花崗岩が風化してできた 真っ白な大地に、青空が映えます〜!

20200429 リトル比良_200430_0464.jpg
ザレッザレッだけど

20200429 リトル比良_200430_0452.jpg
この光景は

20200429 リトル比良_200430_0459.jpg
素敵すぎる〜。

20200429 リトル比良_200430_0420.jpg
デモ コノアト…上の雑木林の中を進んでいくことになろうとは…(汗)
シバラク シャシン ハ アリマセン(笑)

20200429 リトル比良_200430_0413.jpg
ここ、丁石(ちょうせき)に出てくるまで…バリエーションルート デシタ(汗) 右の道から合流…(笑)

20200429 リトル比良_200430_0412.jpg
岳山を

20200429 リトル比良_200430_0410.jpg
目指します。

20200429 リトル比良_200430_0407.jpg
ロープが

20200429 リトル比良_200430_0403.jpg
あったり

20200429 リトル比良_200430_0399.jpg
楽しい道です〜。

20200429 リトル比良_200430_0386.jpg
キャ―!

20200429 リトル比良_200430_0384.jpg
きれい〜。

20200429 リトル比良_200430_0379.jpg
こっちも〜。

20200429 リトル比良_200430_0373.jpg
こっちも〜。

20200429 リトル比良_200430_0369.jpg
登れる岩が、いっぱい〜。